嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2008.8.17.

ホントに25歳!?
ふざけてばかりいるんだけど、ホントにたまに、忘れてしまう頃ポロッと、とてもとても打たれる事を言うんだよなぁ。
胸にグサっと刺さるコトバ。
例えば「嵐のためだったら何だって出来る」とか。
「死ぬときは一緒だ」とか。
サラッと、何気なく男前発言するんだよなぁ~。
これだから、生まれて初めて、何があっても応援し続けられるって信じていけるんだなぁ~。

「君の瞳に恋してる」の原曲が生まれたのって、私の生まれた年。
ボーイズ・タウン・ギャングがデイズコ調に生まれ変わって発売されたのが、ニノちゃんの生まれる前の年かぁ~~。
我々がじじい、ばばあ、だって事ですね。
これもまたグサッと刺さるコトバだなぁ~~(笑)
しょうがないっ、それはもぉ~しょうがない。

25歳かぁ~~。生きてる感じが確かに違いすぎると、さらにリスペクトしたベイストでした。
でも、もう!天才って言わないって、き~め~た!

--------------------------------------------------------------------------

タイミングわるぅ~~い!

はいっ、こんばんは。嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『ニノくん大好き娘』さんからいただきました。
ご紹介しましょう。






「この前、家で、映画のクライマックスである告白のシーン観ていた時、
 出かけていた弟が帰って来ました。
 そしたら飼ってる犬が吠えまくり、出演者が何を言ってるのか全くわかりませんでした。
 観たかったシーンだったのに。
 ニノくんは最近、タイミング悪いなぁ~と思ったことはありますか?」

へぇ~~。
こういうのって、やっぱり、流れで観てた方がやっぱ、感動がひとしおなのかねぇ?
まあ、そりゃそっかぁ~。
そういうのだもんね、そもそも映画って。
抜粋して観たってしょうがないもんね。

オーグッシさん:そうですよね。

そっかぁ~。
タイミング悪いなって思った事。
最近、ないんだよなぁ~。
いいタイミングですね、全部。

オーグッシさん:すばらしい。

ん?どいうこと?すばらしいって。

オーグッシさん:いやっいやっ、全てが、タイミングいいと。

んふふっふふ(笑)
そうそう。あんま悪いって感じない、ですよね?
なんかあるかなぁ?
人に物頼むと、でも、基本的にタイミング悪いですよね?
なんか・・・例えば、バラエティー1本撮ってる・・撮る時に、2本撮りだったりする時に、1本目と2本目の間にご飯が食べたいのに、なんか・・・じゃあ、もうとりあえず蕎麦とかでいいかな?と、思って、お蕎麦を頼んだりして、帰ってくると、蕎麦がうどんみたいになってる時とかないですか?

オーグッシさん:くっくっくっく(笑)伸び・・伸びすぎて。

あぁ~~オレの!タイミングと違うな、みたいなさっ。

オーグッシさん:あぁ~~。

そうだよね。オレ、でも、そういうことしかないなっ、タイミング悪いって思うの。
最近、でも、普通だなぁ~。
まあ、このようにですね、まだまだ僕がオープニングで叫ぶ一言を、皆さんから募集していますので、詳しいエピソード付きで送ってきて下さい。
それではカズナリ・ニノミヤのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
UZ(ユージー)で「君の瞳に恋してる」

♪君の瞳に恋してる/UZ(ユージー=織田ユウジ)♪

いったいいつまで語り継がれるんでしょうね。この曲は。

オーグッシさん:もぉ~~、それこそ、出て、20年、30年?

エービービーエー(ABBA)でしょう?

オーグッシさん:これはぁ~~・・

あっ、これ、アバじゃないの?

オーグッシさん:これ、誰でしたっけ?いやっ、アバじゃなかったと思いますよ。

うそっ。
オレらも歌ったね、でも、これね、コンサートで。
kinkiも歌ってますね。

オーグッシさん:英語で?

オレらは英語で歌ったかな?
歌ったよね?
英語で歌えるってことは。

オーグッシさん:あっ、ボーイズ・タウン・ギャングか。

ボーイズ・タウン・ギャングがヒットさせたの?
へぇ~~、それが1982年だもんっ。
え?1982年?
オレが生まれる前の年だ。
え?そうじゃない? 1982年でしょう? オレ1983年だもん。
あれ? なんでそんな驚く?
サバ読んでるオレ?読んでないよね。

オーグッシさん:さぁ~~さぁ~~。

ああ、なるほど、我々がじじい、ばばあ、だって事ですね。なるほど。
まあまあ、いい曲でございますね。
お送りした曲は、UZの「君の瞳に恋してる」でございました。

さてっ、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう。

【お願いD.J.NINOMIYA】

ペンネーム『嵐とアイスが毎日』さんからいただきました。

「私は毎晩テレビを見ながら寝ます。
 寝るときにシーンとした状態が苦手で、どうもテレビを付けてしまいます。
 朝まで付けっぱなしということもよくあります。
 ニノちゃん、テレビなしで上手く眠る方法はないでしょうか?
 一緒に考えて下さい。お願いします。」

僕も、いろんなこと考えますねぇ~。最近。

オーグッシさん:寝る前に?

寝る前に。
いいやっ、寝てる時にだね。

オーグッシさん:あっ、布団に入りながら?

布団に入りながら。
だから、寝れない時ありますね。
朝6時とか、7時とか、平気でなることありますね。

オーグッシさん:考え事で?

うん。
まっ、たぶん、どうでもいいこと考えてんですけど、寝れてるから。
ずっと考えてる時とかありますね。
なんかいい方法ってあるんですか?
寝る方法。

オーグッシさん:ビールをキュッと飲むとか。25歳。

おぉ~。

オーグッシさん:・・・の、方ですから。

意外に見てたねぇ~。ノールックな感じしたよっ、今、オレ。

オーグッシさん:はい、チラッと見ました。

あぁ~、まあね、でも、お酒飲めなかったらどうしよう?
私、ビールダメなんです、みたいな。
何がある? 
でも、ちゃんと仕事してると大変だよねっ。こういう人は。

オーグッシさん:音楽を聞きながら寝るってのはどうなんですかね?

っていうのアリですよね?うん。
ただ、嵐、止めといた方がいいよね?

オーグッシさん:へ?ダメですか?嵐。

あぁ~嵐はダメだよっ。

オーグッシさん:嵐の、こう~バラードばっかり集めて。

ね?時々、UZ入れたりとか、ね?
そうだよね?まぁ~そういうことありえますね。
音楽ってのも、まあ~いいかもしれないですね。

さあ、続いて、ペンネーム『さえっこ』さんからいただきました。

「この前、学校の倫理の問題で、『人間の本質は善であるか?悪であるか?』
 という問題がありました。
 それで私は『悪』と答えました。
 なぜなら、人は誰でも少し悪の心を持ってると思うし、完璧な人間なんていないと思います。
 実際はどうなんでしょう?
 二宮君はどっちだと思いますか?教えて下さい。」

すごい難しいことやってるんだね。
じゃあ、オークシさんっ。

オーグッシさん:はい。

人間の本質は善であるか?悪であるか?
どっちだと思いますか?

オーグッシさん:いやぁ~、これ、深い、ですけれども。
        善だと信じたいですね。

あぁ~~。

オーグッシさん:やはり。

善だと信じたいと。

オーグッシさん:はい。

Aか、Bだと言ってるのに、エーダッシュ(A’)だって答えましたね、あなた。

オーグッシさん:ふふ、そうですよね。

うん。
これはねー、非常に難しいです。
まあ、善でしょう。
ねっ?
うぅ~~ん。
そのぉ~~~、人間の本質ってのがちょっとわかんないですよね。

オーグッシさん:そうですよね。難しいですよね。

人間、一種類じゃないですからねっ。
この本質を唱えるのは、結構ナンセンスな問題ですよね。
でも、自分の思いが、人と違うから、その大衆性を持たないから、悪だってなっちゃうと、それもそれでまたナンセンスですよね。
自分の考えてることを信じてあげられたら、それは善ですけど。
オレね、人のね、その気持ちみたいなのをね、思いみたいな、思想みたいなものを、応援するのって、結構悪な働きだと思ってたんですよ。

オーグッシさん:ふぅ~~ん。

ほらっ、死神が・・・んふっ(笑)親指立てるんだから。
うちのディレクター、死神が。
間違いないんだよっ、今の答えは。

オーグッシさん:あぁ~~。

な。ところもある。
逆に言うと、悪なところもあるってことね。
別に、それ、全部が全部、悪って訳ではないよっ。
でも、それは悪なところが、ちょっと、感じられるんですよ。
偽善じゃなくてね、悪ね、どっちかっていうと。
で、自分の思ってることをちゃんと信じれるんであれば、僕は、これは、善だと思います、人間の本質は。

オーグッシさん:うぅ~ん。自分自身が信じることができれば。

うん。そうそうそう。
ちゃんとそれを応援してあげられる、何があっても応援し続けてあげられるって信じてるんだったら、それは僕は善だと思いますよ。

オーグッシさん:うん。

ただね、人間そうじゃないじゃないですか、やっぱり。
違う人の考えが出てきたり、それに、なんか、ね?思いも寄らないなにか受けたりする訳でしょう。
で、人は変わってしまったりする場合もあるから。

オーグッシさん:そうですね。

だから、それがホントに変わらないんであれば、僕は善だと思いますけどね。

オーグッシさん:うぅ~ん、なるほど。

うぅ~~ん。
いやぁ~~、やっぱりな。

オーグッシさん:哲学的ですね。かなり。

うぅ~ん。違うんだよなっ。生きてきた感じが。

オーグッシさん:まだ、お若いのに。

そうなんですよっ。

オーグッシさん:すごいっすね。

オレ、でもね、やっぱり30、5ぐらいまででねっ、死ぬんじゃないかなって。ね。

オーグッシさん:いや、いや、いや。二宮さんが?

あの、天才って言われてる人たちって。
思いません?
けっこう早く短命な気がするんですよ。

オーグッシさん:天才・・・まあ、ミュージシャン系で行くとね?

かなりね?

オーグッシさん:こう~お若く亡くなってる方がいらっしゃいますけども。

いますよね。

オーグッシさん:世界の偉人系でもそうですかね?

たぶん、そうじゃない?

オーグッシさん:ですよね。

でも、基本的に、死んでから、伝説になっちゃうのもかわいそうな話だよね。
ねぇ~。
絶対オレ、そんな気がする。
いやぁ~、でもなぁ~、こういう問題ってよく出てくるんだなぁ~。倫理の問題で。
すばらしい学校だねぇ~。

ということで、今日の悩みはここまでですけど、【お願いD.J.NINOMIYA】では、皆さんからの悩みを募集しておりますので、ぜひとも皆さんね、送ってきていただきたいなぁ~って思います。
それでは、ここで、1曲聞いていただきましょう。
ソノミで「I miss you」

♪I miss you/SONOMI♪

お送りした曲は、SONOMIさんの「I miss you」でした。

さてっ、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナーにいってみましょう。

【裏嵐】のコーナー

はいっ、まず、この人。
ペンネーム『フルチェーーンジ』さんからいただきました。

「この前のドラクエのカジノを制するテクニック教えてくれましたよね?
 ラジオ終了後に実践してみたら、当たる確率が高くなっていました。
 すごいです。」

ほらぁ~。

「ドラクエ好きな人に言ってみたら、『そんなの知らないんだけど』と驚かれました。
 二宮さん、一体何者ですか?
 あと、何かマル秘なことがあるんですか?
 教えて下さい。」

だって。
マル秘なことかぁ~。
基本的に、オレは、あのう~、メタルキングって、いるんですよ、メタルスライムのものすごいおっきい奴。
あいつと出会ったら確実にパルプンテを唱えますね。

オーグッシさん:パルプンテって何でしたっけ?

パルプンテって何が起きるかわかんない呪文なんですよね。

オーグッシさん:あぁ~~はいはい。

それを確実に唱えます、僕。

オーグッシさん:ほぉ~~。かいしんのいちげき狙いではなく?

そっ、みんな魔人斬りとかするんですよ。メタル斬りとか。
そんなのってファイブにあるのかなぁ?
少なくとも、オレが、持ってるモンスターでそれ持ってる人っていないんだよね。
今は、主人公と、モンスターで言うと、ヘルバトラーって言うモンスターがいるんですけど、ヘルバトラー2匹と、あとアンクロフォンってのが1匹、ゴーレムが1匹と、スライムナイトが1匹と、えーっと、キメラが1匹と、あとプチタークっていうモンスターが1人と、プオンってモンスターが1人。1匹ずつ。
なんだけど、まぁ~それぐらいかなぁ~。
オレがやってんのは、最近。
難しいんだよねぇ~、ドラクエⅤ、でもドラクエⅤ、PS版だと、オラクルベリーって町があるんですけど、あそこでセーブして、1回電源切って、また立ち上げて、そのセーブした記録から、教会から、ものすごい最短距離で、100賭けのスロットに行って、18回目に確実に大当たりになるっていうのはあります。
プレステ版で。

オーグッシさん:ファイブ?

ファイブ。
でも、最短で行かなきゃダメなんだよっ。
ただぁ~なんか道具屋のオヤジみたいのが、ホントに邪魔んとこにいるのね。
最短距離にいっつもいるの。
0.2秒で確変していくんですよ、ドンドン。

オーグッシさん:へぇ~。

確率変動が起こるんで、だから、その18回目まで100枚だけ賭けてて、あっ、17回目まで、18回目に100賭けすると、当たるんですよ、30万枚。
そこで、もっかいセーブして18回目狙ってもいいし、そのまんまやって、さらに、28回目にもっかい大当たりが出ます。
18回目に大当たりが出たら、28回目だったかな?38回目かな?28回目にもっかい当たりが出ます。

オーグッシさん:へぇ~~。裏技、ですね、それ。

そう、確率の問題らしいですね。
でも、それが0.2秒でドンドン確率が変わっていくから、最短距離で向かうって言うのが。
でも、1回も壁とかにぶつかっちゃダメなの。
ただね、道具屋のオヤジみたいのが、ホントにね、いいとこにいるんですよ。
あとね、あの、髪の毛をアップにまとめたおばあちゃんね。
おばあちゃんなんだから、カジノ来んなよって思うんだけど、オレは。

続いてこの人、ペンネーム『アラシックのカズシック』さんからいただきました。

「この前、ゲームニッキXで、
 ニノのお姉ちゃんは仕事でたくさんの名刺を使ってると書いてありましたが、
 インド人の名刺を持ってるなんて、どんな仕事をしてるのかな?って気になりました。
 良かったら教えて下さい。」

まっ、それを知ってたらオレも、書いてるだろうねっ。
何やってるんだろうねっ。
インド人の名刺がないって言ってたよ。
何やってるんだろうね。
でも、辞めて、大学行くつってましたよ。

オーグッシさん:お姉さん?

うん。
何したいんだろうね?
大学卒業して、仕事して、仕事辞めて、また大学・・・あっ、大学院に行くって言ってたかな?
なんか、そういうのやるって言ってましたよ。
大学院に入って。
ただ、問題は大学院に入れるかってのが最大の問題なんですけどねっ、あれねっ。

続いてこの人、ペンネーム『キノコと呼ばれて三年目』さんからいただきました。

「私は、いつも一人で嵐のコンサートに足を運ぶ50代のファンです。
 今年になって思うことがあり、生まれて初めて車の免許を取り、パスポートを取り、
 スポーツクラブに入会しました。
 二宮さんは、最近何か生まれて初めてのことはありますか?」

まっ、でも、マジックでしょうなっ。
マジックを習ってるっていう。
で、人だったらいいですけど、僕、本から習ってますから。

オーグッシさん:ですよね。

うん。
まっ、そこはちょっと、おミソな感じですよね。
そぉ~とぉ~やってますね。今。
それは生まれて初めてですね。

オーグッシさん:なるほど。

うん。
本で何かを学ぶっていうのは。
カーブの投げ方以来だから、でも、そう考えると。

オーグッシさん:カーブ・・・野球のカーブ、ですよね。

野球の、カーブの投げ方、とか、本とか見なかった?本とかあってさぁ~。
なんか、ここを持て、みたいな。

オーグッシさん:はい、はい、ありました。縫い目のとこを持て、とか。

そうそう。
ここを持って、手首をひねれ、みたいな。
書いてある本とか。

オーグッシさん:ありましたね。

でも、あの、ほんとに、本格的に実践してるのは、たぶんマジックだなぁ。

オーグッシさん:本だけで、でも、よく、あれだけ、ね?やりますね。

そうなんですよ。

オーグッシさん:いや、ホントに。

だから、教えてもらう方がホントに、楽チンですよ。
僕も、教えてもらったのが何個かありますけど、うん、でもやっぱり、難しいっちゃー難しい。
でも、オレは、あれを生まれて初めてっぽいなぁ~、うん。

まっ、このコーナーはですね、嵐に関する質問だったり、私に関する個人的な質問を、お待ちしておりますので、ぜひとも皆さん送ってきていただきたいと思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「truth」

♪truth/嵐♪

えーーー、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしてきましたbay storm、そろそろお別れの時間なのですが、今日の大賞の発表は、この人。
『さえっこ』さんに、サカナくんあげたいと思います。
そして、ペンネーム大賞は『キノコと呼ばれて三年目』さんに、山崎さんあげたいと思います。
大事にしてください。
そして、それぞれのコーナーへのメールもジャンジャンお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして番組一覧からbay stormをクリックして下さい。
それでは、bay storm、そろそろお別れの時間なんですが。
えーーニューシングル「truth」「風の向こうへ」が、今度の水曜日、8月20日に、発売されるという事で。
ね?そういうことですよね?

オーグッシさん:はい。そうです。

もう大ヒットしますか?これ?

オーグッシさん:もちろん。これは、もぉ~売れます。

すごい自信ですよねぇ~。ここだけは。
あと、なんか、「One Love」、の通常版、映画「花より男子F大ヒット記念仕様」

オーグッシさん:はい。

っていうのが、発売されてるんですよね?

オーグッシさん:そうなんです。

でも、これ、8月いっぱいで。

オーグッシさん:なんとなくまぁ~8月いっぱいぐらいで、えーー終了するような企画。

あっ、そこは結構、フワッフワーした企画なんですね。
なんとなぁ~く8月いっぱいで終了するような企画、が、今行われてるってことですね。

オーグッシさん:今のところ、はい。

なるほどねっ。
もう、それ、言い切っちゃった方が、みんな急げーって事になるんじゃないですか?

オーグッシさん:いやぁ~、もう、ぜひ8月中に。

店頭へ急げ、みたいな。

オーグッシさん:店頭へ急いでいただいて。

なんか、そんな、フワッフワーした企画なんですね。
大ヒット、を記念しよう、と言っときながら。
これは、なんか、いろんな仕様がされてる訳ですよね?

オーグッシさん:はい。

CDに。

オーグッシさん:はい。あのぉ~道明寺さんのセリフが入っております。

うん。名セリフが。

オーグッシさん:名セリフ。

ボーナスコンテンツとして。

オーグッシさん:そうなんです。

特別仕様されてると。
いう事なんだ。
え?外装の貼り付き?シールって言うの?これ?

オーグッシさん:あっ、シールが、大ヒット記念版仕様っていうシールが。

へぇ~~。

オーグッシさん:っていうのが貼ってるのが、この特別仕様版なんで。

じゃあ、全部が全部じゃないんだね。
まだ、普通の初回版とか、通常版とか、ありつつも。

オーグッシさん:そうですね。

だから、このシールが貼ってるのを買わないと・・・

オーグッシさん:初回版はもう全然ないんですけど。

んふふふふふ(笑)

オーグッシさん:通常版ぐらいしか残ってない。

全然ないって、だからあるんでしょう?

オーグッシさん:初回版?

うん。

オーグッシさん:初回版は、もう店頭にはないですね。

うそ!

オーグッシさん:ホントっす。

へぇ~~。

オーグッシさん:もうスッカラカンです、初回版は。

スッカラカン。んふふふふふ(笑)っふふ(笑)作りゃーいいのに。(ごもっとも)
だから、このシールが入ってないと、この名ゼリフが入ってないんでしょう?

オーグッシさん:そうでございます。

うん、じゃあ、それをぜひね、注目して、探していただきたいな、と。
そして、「truth」も、3日後?3日後に発売されますので、ぜひともね、みなさんね、えーーチェックしていただきたいなと、思います。
ということで、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週。
by arashic-ageha | 2008-08-19 02:17 | bay storm