嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2012.10.7.

10年のすごさ 

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『ぐいぐい来ております』さんからいただきました。
紹介しましょう。

「bay storm10周年おめでとうございます。
 私は10年間ピアノを習っていました。
 4歳から、すーっとピアノがある生活を送って来ました。
 発表会やコンクールに、たくさん参加していたので、
小さい頃は何に対しても消極的だった私が、10年間も人前に出てピアノを弾いてると、
人前に出て何かする事に抵抗がなくなり、どんどん積極的に変わっていきました。
ピアノはやめてしまいましたが、最近ではエレキギターを頑張って練習しています。
ニノみたいに上手く弾けるようになりたいです。」と。
「ニノや、STBYさんの、人生に大きな変化を与えた物って何ですか?」

お答えいただきましょう。

STBY: お答えいただきましょう。

お願いします。

STBY: お願いします。

人生に大きな変化を与えた物。

STBY: 大きな…

STBYさんの。

STBY; えええーーっ!?

ここで、わたし、僕、変わったなっていう。

STBY: あぁぁ~~。

まぁ~ターニングポイント的な物でしょうかねっ。んんっんん(咳払い)

STBY: そりゃぁ~、もう~嵐さんに会えたコトですね。

何が変わったンですか?それで?

STBY: 何が変わった。

いやいやいやいや…、んっふふふ(笑)

STBY: んっふっふふふふ(笑)

いやっ、あれは、あれが、ああなったからぁ~。

STBY: あぁ~そう。あぁぁぁ~~。

あっ、ってコトは、じゃあぁ~、それはやっぱ、ひも解いて行くと、あぁ~嵐と出会ったからかぁ~っになるじゃないですか。

STBY: あぁ~なるほど。

普通にね。

STBY: いやぁ~、そりゃぁ~、人間とは。

人間とは。

STBY: はい。

深いですね。

STBY: そうですね。

イイですよ。深いですね。
人間とは…

STBY: 人間とは、なんか、こう~思いやりとね、

はい。

STBY: 優しさをね。

おぉっ。

STBY: 大事にしなけりゃいけないなぁ~っというのを、まあ~、彼らから吸収しましたね。

もっ、ちょっと、いったいどこの部分…

STBY: あっはっはっははは(笑)

で、吸収したのか、わかりませんけども。
でも、彼が、

STBY: はい。

吸収したとは言ってるンだから、そうなンでしょう。

STBY: そう、そう、そう。

それ、なんか、あの、印象的な場面とかあるンですか?ここだったな?とか。

STBY: いやいやいやいや…、印象的なね、場面っていうのはねぇ~、あんま思い出せないンですけど。

んっふふふふ(笑)

STBY: あっはっははは(笑)

いやっ、変わってないですよ、だから、結局。

STBY: いやっ、違うンですよ。あの…

いやっ、絶対あるはずだもん。

STBY: なんかね。

なんか、覚えてる映像とかあるでしょう。

STBY: あまりにもね、多すぎて。なんか、これっていうのがないンですよ。

いやぁ~でもねぇ~。映像として残ってるのは、1個ぐらいあるでしょう。

STBY: 映像として残ってる…

なんか、ここは、なんか覚えてンすよねぇ~みたいな。

STBY: まあ~、あのう~、なんか、どことは言えないですけど。

うん。

STBY: まっ、とにかくぅ~、人には優しいですよね。みなさん。あの、スタッフさんにしても、ファンの方に対してもね。

あぁ~、嵐の人がってコト?

STBY: あぁ~そう、嵐の人がってコトですよ。

あぁぁ~。

STBY: はい。いやっ、まっ、そういうの見てると、あぁ~僕もね。

うん。

STBY: そういう風にしなきゃいけないンだろうなっと。

うん。

STBY: 人として。

うん。

STBY: もっとね、気を使わなきゃいけないンだろうなっと。

なるほどね。

STBY: っていうのは、まあ~。

教えてもらったンだ。

STBY: 教えてもらって、ターニングポイントですね。

10周年なんですって。

STBY: ねぇ~。10周年。

2002年の10月4日が、第1回目です。

STBY: おぉ~。

でも、まあ~来年の10月まで10周年だから。
だから、10月3日までは、来年の…

STBY: あっはっははは(笑)

10周年なんだよ。

STBY: 1年間…、そうです、そうですね。

うん。

STBY: そう、そう、そりゃそうです。

そりゃそう、1年、365日あンだから。

STBY: そうです。

だっ、ようやく入ったっていうコトだよね?

STBY: そう。そうですね。

に、なったっていうコトなの。

STBY: に、なったと。

すごいね。

STBY: ねぇ~。

いやいや、がんばっていきましょうよ、まだね。

STBY: はい。

まあ、このように、オープニングで僕が叫ぶ一言を皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
っというコトで、今日は?Popcorn

STBY: はいぃ~。

何お茶飲んでンの?

STBY: あぁ~ゴメンなさい。うっははは(笑)

大事なトコですよ。

STBY: はい。

Popcornかけるよっていうトコでしょう?これ。

STBY: そうですよ。10月31日に発売します。

嵐の、ニューアルバム。

STBY: ニューアルバム。Popcornから。

曲を掛けて行くと、いうコトで。
ぜひ、そちらの方も楽しみにしていただきたいと思います。
オープニングナンバーにまいりましょう。
嵐で「ワイルドアットハート」

♪ワイルドアットハート/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの「ワイルドアットハート」でした。





さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう。

(BGM♪夢でいいから/櫻井翔)
STBYコール:祝!10周年!だね。おめ、で、とう。どうか穏便に。

がんばってくれてるじゃないスか。

STBY: ねぇ~、なんか、ちょっと、イイ感じですね。

ありがとうございます言ったの?

STBY: いやっ、ありがとう…いやっありがとうございます。ホントに。なんかねぇ~コラボしてる感じですよね。

んっふ(笑)いやっいやぁ~、勝手にコラボ…

STBY: あっはっははは(笑)

コラボは禁止なんで。ゴメンなさい。やめて下さい。

STBY: あぁ~そうですね。

ペンネーム『にのピノ』さんからいただきました。

「私の弟にゴメンなさいです。」と。
「まだ、小さい頃、弟がお年玉で千円札をもらっていました。
 計算できない事を利用して、千円札と900円を交換しようと言って交換してしまいました。
 ホントにゴメンね。今度何かおごるね。」って書いてあります。

まあぁ~その時代の100円っておっきいですもんね。

STBY: そうなンですよねぇ~。

うん。

STBY: まあ~気づいただけでもねっ。

まあねっ。

STBY: 悪いなと思っただけでも、えらいなっと。

そうですね。

STBY: そうです。そうです。

でも、オレ、そんなに頭良くなかった。まっ、だっ、そっか、オレ下がいないからか。

STBY: なるほどねぇ~。

うぅ~ん。
まっ、その、年代によっての貨幣価値ってありますよね?
なんか、重いほうがさ、うれしかったりするじゃない?

STBY: そうなンですよ。

穴開いてる方がカッコ良かったり。

STBY: はい。プレゼントとかでもね。

うん。

STBY: こう~2つ渡されて、どっちがイイ、みたいな。

もっ、おっきいもんね。

STBY: おっきい方とかね。

んっんん(咳払い)うん。
そう~。すぅ~。なんなンすかね?
まあ~でも、しょうがないのか。
そこって、もう~、自分の、なんか、好き嫌いだもんね。

STBY: そうです。

価値じゃなくてね。

STBY: そうなンですよ。

そういうのあるよな。
ペンネーム…、えっ?『クロちゃんじゃないよ、ブラウンだよ』さんからいただきました。えーー。

「私の学校では9月に体育祭があります。
 毎年ハチマキを学校から貸してもらって、終わったら洗濯して返さないといけないのですが、
 実は、去年の体育祭で使ったハチマキを返せずにいます。
 体育祭が終わって、次学校に行った時に返すんですが、
ずっと持っていくのを忘れてて、返すタイミングを逃してしまいました。
先生、そのハチマキを探してたらゴメンなさい。」だって。

こういうのあるよね。

STBY: ありますねぇ~。

うん。

STBY: 返すタイミングをね、逃すとね、返しづらくなるンですよねぇ~。

うん。
でも、なんか、問題になってる訳じゃないから、大丈夫かって思うよね。

STBY: そう。そうなンですよ。

ハチマキねぇ~。

STBY: ハチマキねぇ~。懐かしいですねぇ~。

懐かしいねぇ~。

STBY: うぅ~ん。

オレも借りてたのかな?
もっ、そんな記憶すらないわ。

STBY: すぅ~。ねぇ~。どうなンでしょうねぇ~。

4…チーム、ぐらいなかった?中学生って。

STBY: うん。結構…、結構ありましたよ。

赤、白、青、黄…ぐらいまでなかった?

STBY: 4チーム以上あったかもしンないです。

あったよね。

STBY: うぅ~ん。

あんま…、地区によって違うのかな?

STBY: まあ~、その、ね、学校の人数にもよりますけどね。

オレ、ね、黄色だったの。

STBY: おっ。

チーム。

STBY: はいはいはいはい。

もっ、すごい難しいよ、モチベーション。

STBY: 難しい?

いやっ、赤と白だったらさぁ~。

STBY: はい。

赤…、自分が赤だったら、白に勝とうって、昔っから思ってンじゃん。

STBY: うん、はいはい。

でも、中学ん時に、黄色と青が急に出て来ちゃうから、

STBY: うん。

えーー!?じゃあ青倒す、の、が、目的かなぁ?みたいな。

STBY: っしっししし(笑)

この、青と黄色の、んっふふ(笑)

STBY: うっはっはははは(笑)

いやっ、なんか、逆に、白とかいっちゃいけないのかなぁ~?みたいな。

STBY: おぉ~。深いですねぇ~。

やっぱ、赤と白って、絶対…

STBY: もお~トップ2みたいな?

うん。

STBY: 感じですか?

もっ、平家の時代からじゃない?赤白の戦いってさ。

STBY: んっふふ(笑)まあ~。

青と黄色、急に出て来てもなぁ~みたいな。
すぅ~。えーっ!?

STBY: んっふふふ(笑)

じゃあぁ~青の人と戦うかぁ~みたいなさぁ~。

STBY: はあぁぁ~~。

なんか、赤、白、赤、白、でさぁ~、4人で徒競走とかしてたのが、この、なんか、4種類になって。

STBY: どうしようかな?みたいな。

そう。そう。そう。

STBY: 誰と戦えばイイのかなぁ?みたいな?

うん。

STBY: 青かぁ~、みたいな。

すぅ~。黄色が勝っても、なんか、締まらないのかなぁ?とかさぁ~。

STBY: いやいや、そんなコトないですよ。

あれ、そう、ビックリしたなぁ。

STBY: ほぉ~。

勝ったのかな?

STBY: ねぇ~。

うぅ~ん。
それすらも、もう~覚えてないなぁ~。
ペンネーム『最近、ポスターが多くなり、部屋の壁がなくなってきた』さんからいただきました。

「この前、授業中にノートを全部書き写すせなかったので、友達に借りたんです。
 そして、夜の11時ぐらいに写して、知らない間に眠っていたらしく、
夜中の3時に目が覚めてみると、ヨダレが広がっていました。
いちお、急いでふき取りました。
けど、ニノならこんな時どうしますか?」だって。

STBY: まあ~状態にもよりますよね。

うん。
でも、オレ、書き写すね。

STBY: 書き写す?

うん。

STBY: して、新しいノートに書き写して…

オリジナルから、自分のに書き写して。

STBY: はい。

書き写したヤツを、またオリジナルに、書き写し…

STBY: ほぉ~。

落とす。

STBY: あぁ~~。

オレ、字ぃ~書くの好きなの。

STBY: あぁ~そうですか。

うん。
だっ、授業中、ずーっと写してたよ。書き写してた。

STBY: ふぅ~ん。覚えようと思って書いてた…

ううん。

STBY: 書いてた訳じゃなくぅ~。

字が好きだから。

STBY: へぇぇ~~。あっそうなンですね。

うん。

STBY: じゃっ自然と頭ン中入ってくるじゃないですか。

ううん。

STBY: へっ?入ってこない?

もっそれで満足なの。

STBY: あっ、もっ、書いて。

そう。

STBY: 書けたと。綺麗に書けた…、それはあれですか?綺麗に書けたとか、バランス良く書けたとか、色々あるじゃないですか?

すぅ~。なんだろうねっ?字ぃ~書くのが好きだったンだよね。

STBY: あぁ~。書くコトが好きだった。

そうそうそう。
だっ、何にも覚えてないの。

STBY: へぇ~。

でも、1回も授業寝てない。

STBY: まっ、そりゃぁ~イイことですよね。

学生時代。

STBY: うん。

小学校から、高校まで。

STBY: ほぉ~。

1回も寝てない。

STBY: へぇ~。すばらしい。

で、1回も書きこぼしてない。けど、1個も覚えてない。

STBY: んっふっはっははは(笑)

んっふっふふふふ(笑)無駄な時間だったなぁ~。

STBY: いやいや、無駄なコトはないですけど。

ずーっと書いてたよ。

STBY: ふぅ~~ん。

ひったすら。

STBY: ひたすら。 

うん。

STBY: そりゃぁ~、もうね、先生も、あっこの子は一生懸命、んっふ(笑)書いて偉いなぁ~、んっふ(笑)っと。

うん。

STBY: 思ってるけども、実は、頭ん中何も入ってない。

なんも入ってない。

STBY: んっふっふふふ(笑)

だから、解説とかがされる時間が、すごいもお~、書くものから。

STBY: ふぅ~~ん。

暇で、暇で。

STBY: なるほどね。

やっぱ、ああいうの聞く、んっふ(笑)べきだったンだね。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

でないと、覚えないもん。無理だもん。
ペンネーム『季節は1番秋が好き』さんからいただきました。

「私は喫茶店でバイトをしています。
 私のバイト先では、手書きで伝票を書くのですが、この間、とても混んでいる時、レジを押していたら、
1、2分ほど前に、会計したお客様が戻って来て、私に話掛けて来ました。
何かと思ったら、私がおかわりの代金をもらいそびれてしまったのです。
わざわざ戻って来て下さり、しかも私が社員さんに怒られないようこっそり教えてくれました。
私のミスなのに、ホントに優しい方でした。
あの時はすいませんでした。そしてホントにありがとうございました。」

STBY: すばらしいですね。

イイ人いるよねっ。

STBY: ねぇ~。

ホントにいる、イイ人いっぱい。

STBY: いると思います。

戻ります?

STBY: うぅ~~ん。まあ~~、まあ~、もど…、もど…、戻…、らなきゃいけないンでしょうね。

いやっ、でもね、オレ、戻れないと思う。

STBY: 戻れないンすかね。

そうやって、提示された金額払ったら、オレ、見返すコトってあんまないから。
あれぇ?これ?おかわりの値段入ってねぇ~ぞってコトにならないと思うンだ、自分で。

STBY: あぁ~、まあ~確かに。

いくらいくらです。
あぁ~はい。出して。

STBY: うぅ~ん。

ありがとぉ~ございましたぁ~。ごちそうさまでしたぁ~。って出てくじゃん。

STBY: 気づかないですよね。

気づかないと思うンだよね。

STBY: 確かに。確かに。

よく気づいたよねって思って、オレ、この話見て。

STBY: あぁ~確かにそうですね。

オレだったら、絶対、戻れないと思う。

STBY: うぅ~ん。戻れないっていうか、気づかない…気づかないってコトですよね?

そうそうそう。だから気づかないから戻れないってコト。

STBY: 戻れないってコトですよね。

うん。
すごいよね。
ホントにイイ人だと思うよ。

STBY: ねぇ~、イイ人だ、ホンット。

ねぇ~。
あっ、今日はここまで。

STBY: はい。

で、ございますけどね。
この【どうか穏便に】のコーナーでは、皆さんのゴメンなさいエピソードを募集しておりますので、ぜひともねっ、送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「Your Eyes」

♪Your Eyes/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで「Your Eyes」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちら。

【裏嵐】

はい、まずこの人、ペンネーム『ポップコーン食べたいな』さんからいただきました。

「最近、ポッキーのCMの、デビルニノちゃんをよく見ます。 
 もし、本当にデビルになったらどうしますか?
 あと、撮影の時に大変だった事、裏話があれば教えて下さい。」だって。

STBY: はい。

もし、本当に、

STBY: はい。

デビルになったらどうしますか?

STBY: うぅぅ~~~ん。デビルぅ~、さんは、何が出来るンですかね?もともと?まあ~あのう、魔法使いみたいなモンですか?

んっふ(笑)いやっ、たぶん、ま…、悪魔ですね。たぶんね。

STBY: 悪魔ですよね。んっふふふ(笑)

んっふふ(笑)魔法使いではないのかなぁ?と、思うンすけど。

STBY: じゃあないですか。

わたしだったら、まっ仲良く分け合います。んっふふ(笑)デビルになったら。

STBY: んっふふ(笑)

でもね、STBYだったら、デビルになったら、どうすンのかなぁ?って。

STBY: ほおお~。

まあ~、一般的には、悪い…

STBY: 悪いね。

ね、役に回るコトが多いのかなぁ?デビルは。

STBY: まあ~、そう。デビルですからね。

わたしだったら、分け合いますけど、仲良く。
でもSTBYだったらどうすンのかな?っていうのを、ぜひ。

STBY: わたしだったらねぇ~。

お聞かせ願いたいですね。

STBY: そうですねぇ~。何やるなぁ?空を飛びます。

おお~。
飛んで?

STBY: 飛んで、自分で、空からの景色を楽しむ。

そりゃそうでしょうね。自分で飛んでるンですから。

STBY: そうです。

飛んで?

STBY: でーー、ついでに宇宙までいっちゃおうかな、みたいな。

おおっ!

STBY: はい。

宇宙に行って?

STBY: 宇宙に行って。で、月に着陸する。

おお~~。
じゃっ、月に着陸した感じをイメージしていただいて。

STBY: はい。

そこでの川柳お願いします。

STBY: うっはっはっははは(笑)

もっ、月にいますよ、今。

STBY: あっ、今、月にいる。いやあぁぁ~地球は青いなぁ~、いやっ太陽の方が黄色いかも。

んっふっふっふふふ(笑)

アソさん:んっふっふふふふ(笑)

なるほど。
オレンジじゃないンすね、太陽って、もうね。

STBY: 黄色です。わたしは。

月行って見てンすもんね。

STBY: はい。見てます。

あっついっす?

STBY: ちょっと暑いっすね。

あぁ~やっぱりそうなンだぁ~。

STBY: はいぃ~。ちょっと暑いっす。

戻って来ます?地球。

STBY: ん?戻って来ます。戻らさ、っさせて下さい。

んっふっふふふ(笑)

STBY: あっはっはっははは(笑)

はい、ペンネーム『二宮さんの下唇が好き』さんからいただきました。

「中島美嘉ちゃんがゲストの嵐ちゃんで、潔癖症の話をしていましたね。」と。
「ニノさんは、あまり共感できなかったみたいですが。
 そこで、質問です。
 ゲームをしながら、ポテチを食べる人いますよね?」と。
「その手で、その食べた手で、コントローラーを持つと、油が付いてヌルヌルしますが、
 もし友達とゲームをしてる時に、そういう事されても平気ですか?」だって。

STBY: あんま気にしない。

友達とゲームしないからねぇ~。

STBY: しないっすか。

あんまりしない。

STBY: あんまりしない。まっ、ちなみに、じゃあ~自分でやりながら、こう~お菓子食べたりとかぁ~。

あぁ~オレ、食べないかもしンないですねぇ~。

STBY: ゲームはゲーム。お菓子はお菓子。

うぅ~ん。

STBY: ま~食べるンでしょうけど、ゲームやってる時は食べないっていうヤツですね。

そう。
あんま、お腹も減らないですねぇ~。

STBY: うぅ~ん。

だっ、お腹減らないからかもしンない。

STBY: あぁ~そういうコトか。

そうだねぇ~。
ご飯食べる時はしないしぃ~。

STBY: うぅ~ん。

あんまり手で食べる、手で直で食べるご飯って…、家で食べないしぃ~。

STBY: はい。

うぅ~ん。

STBY: ま~そうですね。

最近、出前なんで、僕、ずーっと。

STBY: んっふふ(笑)出前!?

出前なンすよ。

STBY: あぁ~そうなンですか。

ずーーっと。

STBY: ちょっと…

ずーーっとだよ。

STBY: 作るのも、ちょっとメンド臭い。

いやっ、なんかね、出前と競争したいンすよ。

STBY: 出前と競争したい?

うん。

STBY: えっとぉ~~。出前が来るまでに、何かをする、とか。

そう。
風呂入りきる、とかね。

STBY: あぁぁ~なるほどね。お風呂入ってる時に、ピンポーンって鳴ったら、もう負けだと。

負けです。
もう~それはゴメンなさいっと。

STBY: あっはっははは(笑)

わたし今出れませんよっと。

STBY: なるほど。

申し訳ないと。

STBY: 勝つ為にはピンポンの前にあがっとくと。

そう。

STBY: あぁ~なるほど。

早いからね。出前って早いからね。

STBY: 出前…

待ってると長いけど。
競争すると早いからね。

STBY: なるほどね。そういうコトか。

そうですよ。
待ってると長い。

STBY: 確かに待ってると長いですね。

うん。
まだか、まだか、に、なるけど。

STBY: うん。

競争するとね、早いよ。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

ギリギリだもんよ。ホンットに。

STBY: はぁ~~。日々戦ってる訳ですね。そうやって。

戦ってますよ。
だからね、ゲームもそうなの。
出前で頼んで。

STBY: うぅ~ん。

例えば、レベル上がるヤツだったら、出前来る前にレベル上がンのか、とか。

STBY: あぁ~なるほどね。

そういうコトをしながら。

STBY: 待ってると。

待ってるンで、あんまりゲームしてる最中に、コントローラーを持ちながら、何かほかの物を触るってコトがないかもしンない。

STBY: ふぅ~ん。

ペンネーム『作ったうちわを酢飯冷ますのに使われたよ』さんからいただきました。

「ウラアラマニア届きました。ヘビロテ中です。」と。
「私は、このアルバムを聞いて、『スーパーフレッシュ』にハマってしまいました。
 『マイガール』に入ってる時には気にならなかったのに。
 ニノちゃんはウラアラマニア聞きましたか?
 何か気になっちゃう曲とかあれば教えて下さい。
 ニューアルバム楽しみです。」と。

ありがとぉ~ざいます。

STBY: ありがとうございます。ねぇ~。ありがたい話ですけどね。

まだ聞いてないっす。

STBY: 聞いてない。まあ~、ちょっとね、あの、アラフェスでね、色々準備とかで…、まあ~そこでは聞いてますよねぇ~?

うぅ~ん。

STBY: うぅ~ん。

なんかさ。

STBY: はい。

オレ、もらったヤツさ。

STBY: はい。

やっぱり入ってなくて。情報が。

STBY: 情報?

曲が、タイトルとか。アルバム名とか。

STBY: あぁ~、はい。

もっ。それ入れたら聞いた気になっちゃってぇ~、もっ聞いてない。
60何曲ですか?

STBY: 2。62曲でしたよね。

62?

STBY: はい。

打ち込んでると。もっ聞いた感じになるよ。
ず-っと打ってたよ。タイトルを。

STBY: あっ。タイトル。

うん。
大変だよ。

STBY: うぅ~ん。

聞いた気になっちゃった、あれ。
何が好きですか?

STBY: すぅ~。何が好きかな?まあ~スケッチとか。

はあぁ~はあぁ~はぁ~。

STBY: 好きですね。まっ、もっ、ずっと好きだったンですね。

あぁ~スケッチは。

STBY: うん。スケッチはね。

ウラアラマニア。

STBY: ね。

でも、最近の曲の方が聞いてないかもな。カップリングって。

STBY: そう。そうかもしンない。

昔のヤツは聞いてたりする…、まっ、コンサートで歌ってるってのもあるのなぁ?

STBY: そう。

いくらか免疫あるンだけど。
Disk4?

STBY: はい。

とかって、あんまり免疫なかったな。

STBY: うん。

やっぱ、聞いてない…、聞いてないモンなんだなって、思って。
でも、うちも結構流してますよね?カップリングね。

STBY: そう。結構…

掛けてるよね?

STBY: かけてますよぉ~。

だから、、後半戦、たぶん、ほとんど聞いたら、ラジオのイメージしか、んっふ(笑)ないかもしれません、わたし。

STBY: あっは(笑)ラジオのイメージってコトですね?

うん。
いっぱいあるからね。

STBY: そうですね。 

まっ。ちょくちょく流、さしてもらいましょうよ。

STBY: そうしましょう。

ウラアラマニアの方もね。

STBY: はい。

っというコトで、えーー、まだまだね、えーー、僕への個人的な質問大募集しておりますので、ぜひともね【裏嵐】のコーナーまで送って来ていただきたいと思います。
っというコトで。
ここで1曲聞いていただきたいと思います。
嵐ニューアルバムPopcornからですね、えーー、1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「Welcome to a party」

♪Welcome to a party/嵐♪

ウェルカムトゥーアパーティー

STBY: はい。ウェルカム、とぅー、あわぁ~、ファイ…、パーティー。あっはっはは(笑)

んっふふふふ(笑)

STBY: ねぇ~。

はい。

STBY: ポップですねぇ~~。

ありがとぉ~ざいまぁ~す。

STBY: Popcorn10月31日に、ね、

出ますからね。
何枚目のアルバムでしょう?

STBY: 10…、1枚目ですね。

えーーっ!

STBY: オリジナルとしては。

すぅ~ごい。

STBY: ねぇ~~。

11枚、んっふ(笑)も出してンの?

STBY: 11枚ですよ。

そりゃ膨大になるわ。

STBY: まあね。

うぅ~ん。

STBY: 今回はね、ソロ曲。メンバーのね、各ソロ曲も入ってますンで。

何曲入りですか?

STBY: 16曲入りですね。

なるほど。

STBY: で、シングルが、ワイルドアットハート、

Face Down

STBY: Face Down、迷宮ラブソング、

迷宮ラブソング

STBY: Your Eyes

Your Eyes
証も入ってるンですよね?

STBY: あっ、そう、証もね。

うん。

STBY: あと、日産のねCM…

駆け抜けろ

STBY: 駆け抜けろ

色々ありますのでね。
ぜひともね、チェックしていただきたいと思います。
っというコトで、「Welcome to a party」でした。

はい、えー、今日の大賞は、ペンネーム『季節は1番秋が好き』さんに、人は人を呼ぶ人さんを。
そしてペンネーム大賞は、『ポップコーン食べたいな』に、オニアシくんあげたいと思います。大事にしてください。
そして、まだまだ、それぞれのコーナーへのメールもお待ちしておりますが。
10周年の企画の1つとして募集している、10年続けているコト、モノ、10年続けたコト、モノも、随時ね、来年まで募集して…もっ、来てるン、でしょっ?
ぜひね、えーー、まだ募集しておりますので、えーー、紹介していきたいと思います。
コーナー名はどうしましょう?

STBY: コーナー名。

10周年…、続けているモノ、コト、続けた事、物。

STBY: どうしましょうかね。10…

おっ。

STBY: 10…

おっ。

STBY: 10…。10…。

なんでもイイですよ。

STBY: 10物。10事。

10もの。10こと。

STBY: はい。わかるかなぁ?

いやっ、わかりますよ。

STBY: 大丈夫っすか?【10もの10こと】で行きましょう。どうですか?

はい。

STBY: んっはっはっははは(笑)

んっふっふふふふ(笑)
送っていただきたいっと。
パソコンの方はwww.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。

それではbay storm、そろそろお別れの時間なのですが。
アルバムも、えーー、今、聞いていただきましたけども。

STBY: そうですねっ。

えーー、10月31日に出て、そしてツアーが。

STBY: はい。

始まるというコトなのでね。
11月の16日の大阪から、始まって。来年の1月の13日まで。

STBY: はい。名古屋。

名古屋ドームで締めるっと。

STBY: はい。

いうコトでございますのでね、ぜひとも遊びに来ていただきたいと思います。
っというコトで、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週。
by arashic-ageha | 2012-12-12 01:43 | bay storm