嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2012.8.26.

今度、一緒に釣りに行きませんか?


あぁ~っぶなかったですねぇ~。

STBY: あぶなかった?

いやぁ~間に合わないかと思った。

STBY: あぁぁ~~。ねぇ~。

あぁ~ぶねぇーー。

STBY: ねぇ~~。ついさっき。

ええ。

STBY: ねぇ~~。

おつかれさまでしたぁ~。

STBY: おつかれさまでした。

いやぁぁ~~、今年もイイ24時間テレビでした。

STBY: そうでしたねぇ~。

でも、まさか、その足でね、ここまで来るっとは、思わなかったですよぉ~。

STBY: まぁ~っだ続いてます。

今日はぁ~、ねぇ~、Lagan de Talk(ラガンデトーク)が2時間スペシャルやってくれるかと思ったら…

STBY: んっふっはははは(笑)

そういうコトだぁ~。
しないンですねぇ~。

STBY: そうですねぇ~。

いやいや、むしろ、ありがたいよぉ~。

STBY: はい。

どこまで出来るか試したいよ、もう~こうなってくると、ホントに。

STBY: そうですね。

ねぇ~。

STBY: はい。

っというコトで、夏のイベント。

STBY: はい。

24時間テレビが。
お疲れ様でした。

STBY: お疲れ様でした。

何時間テレビでした?

STBY: ええっ!?

STBYは?

STBY: いやっ、そりゃぁ~もぉ~24時間テレビです。

あっ、ホントですか。

STBY: はい。

あぁ~無事…

STBY: 無事…

完走して。

STBY: 完走…

あぁ~良かったですねぇ~。

STBY: さしていただいて。

あっ!そうだっ!メール!オープニングのメールですよ。

STBY: あっ、んっふっふふふふ(笑)

そう~そう~そう。
えー、ペンネーム『だって好きなんだもん』さんからいただきましたよ。

STBY: あぁ~、はい。




「私が以前バイトで、小さな和菓子屋さんで働いていた時、
 そのお店の常連のお客様である70代のおじいさんに、突然そう声を掛けられてびっくりしてしまいました。」と。えーー。
「全然いやな感じはなくて、爽やかなお誘いでしたが、
それまで1度も、、特にお話をしたことがなかったので驚いちゃいましたが、
店長さんに聞いたところ、とてもお元気な方で釣りにハマってらっしゃるとの事でした。
数年前の出来事ですが、今でも時々思い出します。
ニノは、おじいちゃんになっても続けたい趣味ってありますか?」だって。

ゲーム。

STBY: ですよねっ。

うぅ~~ん。
かなぁ~。

STBY: まあ~、ずーっと続けられますからねっ、ゲームはね。

そうそうそうそう。
ホントにそう思います。

STBY: ねぇ~。

うぅ~ん。
あと、テレビは見てたいな。

STBY: あぁ~テレビね。ぐふっ(笑)テレビも好きですね。

そうですねぇ~。

STBY: ねぇ~。

だっ、そういうコトでいうと、ほぼ家ん中でテレビの前にずっといますね。

STBY: テレビ見てるか、ゲームしてるか。

うん。
だなぁ~。
まっ好きだからしょうがないっすよねぇ~。

STBY: まあ~、そうですよねぇ~。

でも、好きだから続けられるっていうのは、ねぇ~、イイ熱意です、それは。

STBY: そうです。

うんうん。
サーフィンですか?

STBY: サーフィン…

はいっわかりました。ダイジョブでーーす。
さっ、このようにですね、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来てくだっさい。
それではKAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
嵐で「NA!NA!NA!」

♪NA!NA!NA!/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで「NA!NA!NA!」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう。

【神が来た】

はい、まずこの人、ペンネーム『大宮SK大好き』さんからいただきました。

「私は、起きる時間にいつも目覚まし時計のアラームをセットしているのですが、
 その日はアラームを全て止め、二度寝してしまいました。
 しかし、なぜか携帯からいきなり嵐さんのFaceDownが大音量で流れ始め、びっくりしてすぐに起きました。
 いきなり曲が流れたのはちょっと怖いですが、曲が流れたおかげで遅刻せず、
 しかも流れた曲が嵐さんだったので神が来たっと思いました。」だって。

そんなコトってあるンですね。んふっ(笑)

STBY: ねぇ~。

いきなり曲が、なる…、コトなんてあるン…、ですね。

STBY: あるンですねぇ~。

目覚まし止めてなかったンじゃないの?

STBY: ですよね?

そういうコトじゃないのかなぁ?

STBY: な…、なんででしょうね?

すごいね。

STBY: すごい。

Face Downってどんな曲だっけ?

STBY: ♪たーんたーんたーんたん♪

ゴメンなさい。ちょっと歌ってもらってイイでしょうか?

STBY: あっはっははは(笑)歌ですか?♪たーんたーんたーんたーん、た、た、た、たたた♪(手拍子入りで)んっふっふふふ(笑)

あぁぁ~~はいはい。

STBY: まっ、こういうリズムですよ。

メロディーですよね?

STBY: あっメロディーです。はい。

んっふふふふふ(笑)

STBY: んっふっふふふふ(笑)

こーんなリズムないですよね。

STBY: うぅ~ん、まぁ~、そうですよね。

うん。
あぁぁ~、あれか。はいはいはいはい。

STBY: そうです。

いやぁ~、なんで、いきなり流れたンだろうねっ?

STBY: なんででしょうね?

うぅ~ん。ねっ?

STBY: うぅ~ん。

まっ、遅刻しなかったのね、確かにねっ、神が来たって感じです。
はいっ、ペンネーム『にやこ』さんからいただきました。

「私が飼ってる犬は、猫を見ると、吠えて追いかける習性があるんですが、
 私が猫の鳴きまねをすると、本物だと勘違いして反応するんです。
それがおもしろくて、ある散歩中に、ずーっと鳴きまねをしていたら、
あまりに犬が吠えるので、ふと周りを見たら、本物の猫が座っていました。
猫も騙されてここに来たのかと思って、一瞬神が来たと思いました。」

STBY: ほぉ~。かわいらしいエピソードで。

ねっ。
うちの実家の犬も、すごい追いかけてます猫。
うん、なんか、気になるんでしょうね。

STBY: ねぇ~。

しかしぃ~、

STBY: はい。

なんで、猫、の…

STBY: ほぉ~。

猫を見ると、みんな、ニャァーオ、ニャァーオ、って言うんですか?
あれ、なんでなンすか?

STBY: んっふ(笑)確かに言いますね。

あれ、なんでなンすかねぇ~?

STBY: なんでなンだろぉ~なぁ~。

オレ、すごい不思議な…、ん…、光景だなっと思って、いつも見てるンですけどぉ~。

STBY: うぅ~ん。そうですねぇ~。

だって、犬見た人が、ワンッワンッワンワンワンワンワン!って。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

ゆったコトあります?ゆわないっしょ?

STBY: ゆわない。

犬ん時にさ、あぁぁ~こっち向いてはいはいはい、とかなるじゃん。

STBY: はいはいはいはい、なりますね。

でも猫ん時って、ニャァーオ、ニャァーオ、ってゆってるじゃないっすか?んっふふ(笑)

STBY: んっふっふふふ(笑)

あれ、なんなんすか?

STBY: 確かにそうだ。不思議だなぁ~。

いやぁ~、オレも、あれ、あまりに不思議な光景すぎて、

STBY: うぅ~ん。

子供ん時に、びーっくりした記憶があって。

STBY: へへへ(笑)なんでだろ?みたいな。

でもぉ~、なんでだろうね?っとしか言われないんですよ。
知らないみたいな。

STBY: まあ~そうですよね。

うん。
ま~、確かに知らない話ではあるンだけど。

STBY: はい。知りたいですよね。逆にね。

あれ、誰がやったンすかね?

STBY: ねぇ~。

北の国からっすかね?

STBY: ありましたっけ?そういうシーン。

るぅーるるるるる、ってゆってるじゃないっすか。

STBY: あぁぁはははは(笑)そっかぁ~、んっふっふふふふ(笑)キタキツネねっ。

あれからですかね?
なんなんすかね?
あの、猫だけのニャァーオ。

STBY: なーンでしょうね?でも昔からそうなンでしょうねぇ~。

あれ、不思議なンだよなぁ~。

STBY: そりゃそうだなぁ~。

ペンネーム『24時間テレビは24時間起きてる予定』さんからいただきました。
ちゃんと起きれてたかね?

STBY: はい、起きてます。

あぁぁ~。

「私が神が来たと思った瞬間は、友達と鼻歌を歌い出すタイミングが同じになった時です。
 友達と一緒に歩いていて、しばらく無言になった時、
私がふと頭の中で流れた歌を鼻歌で歌い始めると、なんと友達も同じタイミングで歌い出して、
しかも、同じ歌を歌い出したんです。
特に、その時に流行っている歌でもなくて、思わず友達と笑ってしまいました。
その友達以外の子とも、よく同じような事があります。
これって神が来たと思いませんか?」だって。

STBY: うぅ~ん。

同じ歌をね、同じタイミングでっていうのは、まあ~確かにそうですよね。

STBY: 確かにそうですね。

鼻歌横取りする人いますよね?
なんか、よく、横取りされるなって。

STBY: んっふふ(笑)横取りされたコトあります?

あります。あります。

STBY: あぁ~あります。

うん。
すごい横取りされません?っていう…

STBY: うぅ~ん。

あんまなかった…ん、まあ、鼻歌歌わないっすもんねぇ~。

STBY: 鼻歌はぁ~、あんま歌わないっすねぇ~。

んっふふ(笑)

STBY: 鼻歌は、どういう時…、あれですか?無意識ですか?あれは?

鼻歌!?

STBY: はい。意識…、意識的にあるものなンすか?

でもさぁ~、意識的にさぁ~、よしっ!鼻歌しよっ!ってなる?

STBY: まあ~そうですね。

そしたら、もお~絶対歌うよね。

STBY: そうですね。

うん。
だから無意識なンじゃないですか?

STBY: あぁ~無意識なンですね~。

うぅ~ん。
あんま意識的に鼻歌歌ってる人いないンじゃない?

STBY: そうですねぇ~。そぉ~考えるとすごくないですか?

でも、年代近しいと、やっぱり…、あたるコトもあるンじゃないですか?

STBY: うぅ~ん。

全然…、もっおじいちゃんとかと一緒に、歌って…、

STBY: 同じ曲とかね?

同じだったらね。まじっ!かと思うけど。

STBY: んっふ(笑)それ、ホントにすごいっすよね?

うん。
年代が近しいと、やっぱりこう~、思い出になってる曲も…

STBY: あぁ~。まあ~知ってる曲もね。

うん。
近いンじゃない?やっぱりね。
ペンネーム『しおざわもとか』さんからいただきました。

STBY: はいっ。

「二宮さんがCMでやってるポッキーのキャリーバックが当たりました。」

STBY: おーーっ!おめでとうございます。

「当たらないなっと思って応募してみたら当たって、これは神が来たと思いました。」だって。

すごぉいっ!

STBY: すごい! まっ、そういうモンなンすかねぇ~。

だから、オレ1回それで当ててみよう、って。

STBY: はい。

相葉くんと2人で、懸賞やったコトあるンですよ。

STBY: ほぉ~。

ジャンプの、

STBY: はい。

ヤツで、いつも懸賞があって。

STBY: ええ。

それを送ったのね。

STBY: うん。

でも、1名様とか、5名様とか、それ、もお~ゆわゆる人気のモノ?

STBY: うん。

に、送っても、まっ当たンないだろうっと。
そしたら、それ全部見てたら100名様ってのがあったの、1個。

STBY: ええ、ええ。

で、まっこれかな、と思ったのが、瓶の中に入ってる立体パズルみたいので。梅干しの。

STBY: ほぉ~。

パズルなンすよ。

STBY: んっふふふ(笑)梅干しのパズル。

んで、瓶の…、瓶の中に、上手くやったら全部入りますよっていう…

STBY: へぇ~~~。

まっパズルですわ。

STBY: はいはいはい。

それが、梅干しパズルが100名様だったのね。

STBY: ほぉ~。これならイケるだろうっと。

これならイケるだろうと思ったけど、当たンなかったもんね。

STBY: ほぉ~。

やっぱり。100…、100名って…、多いようで少ないかもね。

STBY: そぉ~っすよねぇ~。全国ですからね。

まあ~~そうだよねぇ~。

STBY: それは、番組でやったンですか?

ううん、リアルでやりました。

STBY: あっ、リアルで。んっふふ(笑)

ええ。

STBY: あっはっははは(笑)

んっふふ(笑)
当ててみようってなって。

STBY: すごいなっ。

うん。

STBY: まっ、なかなかね、当たらないもんスよね?

いやぁ~、やっぱねぇ~、ああいうの当たらない。
だから、そっか、ってコトはすごいンだなっ、やっぱ、この人はなっ。

STBY: ねぇ~。

神が来てンだなっ。
まあ~、っというコトで、今日はここまででございますけどもね、まだまだ、皆さんのね、神が来たと思った出来事があったら、どんなコトでもOKですので、たくさんお待ちしております。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「Di-Li-Li」

♪Di-Li-Li /嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで「Di-Li-Li」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

はい、まずこの人、ペンネーム『おかしなダンスを踊っているナウ』さんからいただきました。えーー。

「8月2日の、VS嵐で、カリスマ主婦モデルチームが来た時の事です。 
 ジャングルビンゴの時、相葉氏がおかしなダンスみたいな事をやっていたら、
ニノちゃんも同じことをやっていました。
しかも、最後の10秒嵐でも、相葉氏がそのおかしなダンスをやっていました。
その、おかしなダンスは、今、嵐の中で流行ってるんですか?
教えてほしいです。」だって。

そんなのやってました?

STBY: おかしなダンス…

やってたんですって。

STBY: やってたんですねぇ~。

うん。
あれ何なンですか?

STBY: はいっ?

ぎゃんっふっふふふ(笑)

STBY: んっふっふふふふ(笑)

んふっ(笑)あのダンス何なンですかぁ~?

STBY: なんなんスかねぇ~。

いやっ、何だと思いますぅ?じゃあ。

STBY: えっ?いやっ…、んっふっふふふ(笑)

ぐっっふふふ(笑)

STBY: っはっはっはははは(笑)

コワいですね、記憶にないって。

STBY: コワい。

うん。

STBY: まっ、それも無意識なンでしょうねっ。

いや…、無意識ってコトは…

STBY: いやっ無意識ではないか。ダンスはね。

ねぇ~。
おそろしいですねぇ~、ホントにねぇ~。

STBY: んっふ(笑)覚えてないっすか?

はいっ?

STBY: 覚えてないンですか?

覚えてますよ!

STBY: あっ、覚えてますよね。

おかしなダンスでしょう?

STBY: はいぃ~。

ん…、も…、

STBY: 流行って…、る、ンですか?

ん…、流行ってないですね。

STBY: 流行ってないですよね。

ん…、なんでそんなのやってたンですかね?

STBY: ねぇ~。

ちょっと…、帰って見直してみます。

STBY: そうですね。

はい。

STBY: そうします。

そうします…、んっふふ(笑)いやっ、わたしがするンです。んっふ(笑)

STBY: あっ。

はいっ、ペンネーム『暑くて溶けそう』さんからいただきました。

「私は、先日、人生で初めてもんじゃ焼きを食べました。
 お好み焼きは、家でもよく食べますが、もんじゃはなかなかお店がない…」お店がないのですだって。
「とてもおいしかったのですが、なにしろ初めてで上手く焼けたのかどうか?
 もんじゃを焼くときのコツって何ですか?
 もんじゃ好きのニノちゃんに教えて欲しいです。」だって。

でも、珍しいですね、初めてもんじゃを…

STBY: うん。食べた。

食べた。
でも、そっか。まぁ~地域的に食べないトコは、

STBY: いやぁ~。

ホントに食べないですもんね。

STBY: そうですよ。

まあ~お好み焼きみたいにメジャーではないし。

STBY: 西ぃ~~~の、方はね、あんまり…、食べる機会、の、人は少ないンじゃないンですか?

うぅ~ん、少ないかもしれないね。
あれ、コツ、何ですか?

STBY: コツ…

あれ、よく、焼けたタイミングがわかンないって言いますよね?

STBY: あぁ~それは聞きますね。

出来上がりのタイミングが。

STBY: はいはいはいはい。

なんだかわかンないって。
でも、わたしもわかンないっすよ。
あれ、どこが出来上がってンのか。

STBY: ふぅ~~ん。

食って、あっ食えるなって思ったら、もっ出来上がって…、ん、スよね?
じゃないの?あれって。

STBY: まあ~そう。そう。

なんか、詳しく、やったコトがない。

STBY: んっふふふふふ(笑)

はいっ出来た!とかってのがない気がする。

STBY: もんじゃはそうかもしンないっすねぇ~。

うぅ~ん。

STBY: みんな、それぞれ、あぁ~もうイイかなぁ~つったら、こう~、ねっ、手に取って行ってって感じで…

そうだねぇ~。
コツなんかあんのかなぁ~?
逆に教えて欲しいなぁ~。
なんか、もっ知らない内に、もお~、やってたよ。

STBY: あぁ~そうですか。

うん。
ちっちゃい頃から。

STBY: ほぉ~。あっ、家で?

家で。家で。

STBY: へぇ~~。

だっ、オレ、逆に、お店で食ったコト、あんまないです。

STBY: あぁ~そうなンすねぇ~。

うぅ~ん。
家のモンだったねぇ~。
昔っから。

STBY: へぇ~~。外で食べるモンだと思ってました。

あぁ~、ん…、オレ、そうだねぇ~。
だっ、だって、お好み焼きとかだって、家でやったでしょう?大阪。

STBY: ん…、まあ~、やりました。やりました。

うん。まっ、そんな感覚ですわ。
ペンネーム『毎週bay storm聞いてます』さんからいただきました。

「この間のラジオで、大野さん、相葉さん、松本さんがニューヨークに行ったという話をしていましたね。」と。
「その時、ニノが『いっつもそういうのに誘ってくれないんだよなぁ~』と言っていました。ね。
 ニノは、そういう海外旅行とかに誘って欲しいですか?
 それとも家でゆっくりしたですか?
 ちなみに、もし誘われたら断りますか?教えて下さい。」だって。

モノによります。

STBY: あっはっはははは(笑)

モノによる。

STBY: 基本、でも、家にいるのが好きですからねっ。

ん…、まあ~基本はそうですね。

STBY: うぅ~ん。でも、これが仕事だったりとかぁ~。

はい。

STBY: 何だったり、とかだったら、まあ~、行きますよね。

ん、まあ~、そうですねぇ~。

STBY: そうですよね。

ただ、わたしもねっ、24時間のドラマ撮ってましたから、こン時は。

STBY: そうです。そうなンです。

まっ、行けなくて当然なンですけど。

STBY: うぅ~ん。

でも、だから、こそ、久々に行けて、ねぇ~、リフレッシュも兼ねて、出来たンじゃないのかなぁ?

STBY: ねぇ~。

まっ、わたしは家にいたいですね。
そういうコトで言うと。

STBY: 居たい派ですもんね。

うぅ~ん。
まだ、勉強、できる、レベルじゃないです。

STBY: いやぁ~、そんなコトないです。

いやぁ~、観たところでね。

STBY: いやぁ~。

いやぁ~そんなコトはない。

STBY: んっふふふふ(笑)いやぁ~、まっ、でも、経験…としてね、

ねっ、何かね。

STBY: ねっ。ん…、まあ~経験にはなりますからね。

うぅ~ん。
それを観て、何か反映し…、する、コトがね、

STBY: ねっ。

出来ればイイですけどねっ。

STBY: まあ~そうです。うぅ~ん。

うぅ~ん。
まあ~それは3人に期待しましょうよ。

STBY: はい。

はいっ、ペンネーム『大宮SKに会いたい』さんからいただきました。えーー。

「以前、相葉くんと翔ちゃんが、今まで1番辛かった仕事は何かという話をしていました。
 翔ちゃんは濡れたYシャツがスカイダイビングで乾くのか!?という実験と、
 1月の対馬で、アワビとサザエを素潜りで獲る、でした。
 相葉くんは鳥人間だと言ってました。
 ニノちゃんは、1番辛かったお仕事は何ですか?」

えーーーっ!?

STBY: 難しぃ~っすよねぇ~、これ。

天城越え。

STBY: 天城越え。

うん。
天城越え辛かったぁ~。
あっ、オレの1番最初のドラマです。

STBY: あぁ~はいはいはい。撮影がってコトですか?

はい。

STBY: 慣れてないし…

辛かったなぁ~、あれ。

STBY: っていうコトですか?

うぅ~ん、なんか、過酷でした。

STBY: ほぉ~。ロケが多くて?

う~ん、ロケも多くて。

STBY: 時間にも追われ…

寒くてね。

STBY: あぁ~そういうコトですね。

うぅ~ん。
なんか…、ボロボロの着物、浴衣か、ボロボロの浴衣1枚だったしさぁ~。

STBY: あぁぁ~。

さっむぅ~くてさ。

STBY: そうかぁ~。リハーサルとか本番の時は、その~う、ね、うすぅ~い着物?

はい。
着物じゃないっす、浴衣っすねぇ~。

STBY: んふっ(笑)浴衣。

1枚だから。

STBY: でーー、やらなきゃいけないってコトですよね?

いやぁ~、もっ、ずーっとそれですよ。

STBY: うっわぁ~。それは辛いわ。

寒くてねぇ~。
で、雨のシーンがあってさぁ~、

STBY: はい。

雨ん中、山を、駆け降りるみたいなシーンあるンだけど。

STBY: ええ、ええ。

出来たの1発で。

STBY: ほお~。

で、雨のシーンってだいたい1発なンだけど。

STBY: うん。

で、オッケーっとか言って、チェックしまぁ~っすとか言って、その間、もお~脱いでさぁ~、

STBY: はい。

あったまってさぁ~、やってたら、

STBY: はい。

ゴメンなさい、もっかいやらして下さいとかになって。

STBY: あっはっははは(笑)

で、なんでですかぁ?っていう話をしてたら。

STBY: はい。

なんか、まあ、あまりにも寒いから、

STBY: はいはいはいはい。

体から湯気が出てるんですって言われて。

STBY: そーーんなに寒いンですか?

そう。

STBY: それは相当体温奪われてますよね?

うん。
体から湯気が出ちゃってるから、走ってる時に。

STBY: はい。

なんか、すげぇ~人みたいになっちゃってるから。

STBY: んっはっはははは(笑)湯気が出ないように。

そう湯気が出ないように、体温下げるつって、雨降らしのシーンん時に、ずーっと水浴びて。

STBY: えっ!?

で、照明の前に立って、あっまだちょっと出てる、とか、はいっ大丈夫、みたいな。

STBY: そーーれはすごいなぁ~。

それはキツかった。

STBY: それはキツいですよ。

うん。

STBY: 寒い中で冷たい水を浴びて、湯気が出ないようにするわけですよね?

そうそうそう。

STBY: んでー、本番1発でこなさなきゃいけないってコトですよね?

うぅ~ん。

STBY: うわぁぁ~。

キツかった。あれはキツかった。

STBY: それは聞いてるだけでキツそうです。

うん。
でも、なんか、夏の設定なンすよね、全部が。

STBY: あぁぁ~。そっかぁ~。

でも、お正月のドラマだから、11月ぐらいに撮ってる訳ですよ。

STBY: うぅ~ん。

だから、ずーっと氷なめてました。

STBY: っふっふふふふ(笑)

息が…、吐く息が白くなっちゃうから。

STBY: はいはいはいはい。

そうならないように、ずーっと氷なめてて、で、ずーっと汗かいてて。

STBY: はぁ~~。へぇ~~。

ん、まっ、基本の装備として、

STBY: うん。

もっ、ずーっと寒いンですよ。

STBY: んっふ(笑)

寒いのに汗とかすごい付け…、すごい水とか付けられて。

STBY: ほぉ~。

氷なめて。

STBY: それは辛い。

こぉーんなに辛いものかと思ったよね。

STBY: はぁ~すごいな。

うん。
あれはね、キツかったっすねぇ~。

STBY: 見てみよう。

うん。
やっぱり、こう~辛かったコトって、こんなにもスラスラしゃべれるンですね。

STBY: んっふふふふ(笑)

うぅ~ん。

STBY: ねぇ~。昨日のコトのように。

ねぇ~。

STBY: ねぇ~。

すごいしゃべれたなぁ~。
まあね、えー、まだまだ、嵐やね、僕、個人的な質問、大募集しておりすので【裏嵐】のコーナーまで送って来て下さい。
それではここで1曲聞いていただきましょう。嵐さんで「Lai-Lai-Lai」

♪Lai-Lai-Lai/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで「Lai-Lai-Lai」でした。

はいっ、今日の大賞は、ペンネーム『大宮SKに会いたい』さんに見ないで描いたくんを。
そして、ペンネーム大賞は『24時間テレビは24時間起きてます』さんに、見ないで描いたくんをあげたいと思います。
大事にしてください。
そして、それぞれのコーナー宛てへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして番組一覧からbay stormをクリックして下さい。

っというコトで、ニノフェス。

STBY: はい。

今回は。

STBY: お送りしましたね。

NA!NA!NA!
Di-Li-Li
Lai-Lai-Lai
っというコトで。

STBY: っはっはははは(笑)

良かったですね。ええ。ひじょうに。
NA!NA!NA!やっぱりイイですねぇ~。
あたしは好きですねぇ~。ええ~。うぅ~ん。
いやぁ~、今回の3点もすばらしかった。ええ。
ぜひね。

STBY: 次回も。

楽しみにしていただきたいと。

STBY: はい。

っというコトで、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週。
by arashic-ageha | 2012-10-27 16:57 | bay storm