嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

bay stom 2012.7.29.

うそっ!?高い!!

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『ネームペン』さんからいただきました。
ご紹介いたしましょう。

「これは、私の心の声です。
 先日、母におつかいを頼まれて、豆腐屋さんに行きました。
 木綿2丁を注文すると『600円になります』と言われ、値段の高さにビックリ。
 高いと思いつつも、断る事もできない小心者の私は、お金を準備しました。」えーー。
「すると、このやり取りを聞いていたおじさんが、
 『600円な訳ないだろっ、300円だよ』と、訂正してくれて、本当にホッとしました。
 ニノちゃんは、思っていた違う金額を、レジで言われたら断れますか?」だって。

えーー、オレ、でも、言うと思います、それに関しては。

STBY: あっ、僕も言いますね。あっ、ちょっと待って下さい、みたいな。

あれぇ~~?あれぇ~?そうですかぁ?ってなるよね?

STBY: そうですねぇ~。

うぅ~ん。

STBY: うぅ~ん。

まっ、ゆっちゃうかなぁ~。

STBY: 言いますね。

うぅ~~ん。

STBY: そりゃぁ~、だって、考え変わってきますからねっ。

変わってきますからねぇ~。

STBY: ねぇ~。

でも、ほしかった…、なんか…、僕がドラマとか、映画とかやった後に、昔は…、

STBY: はい。

自分の、褒美として。

STBY: ほっ。

買っていましたけども。
それは、値段を見ずに買っていましたね。

STBY: 欲しい物。

欲しい物。

STBY: へぇ~~。

5、6年前ぐらいに。

STBY: はい。

スピーカーを。

STBY: おぉ~っ!!

買って。

STBY: はい。

それが…、30いかないぐらいかなっ?

STBY: ふぅ~~ん。ずいぶん立派なスピーカーですねぇ~。

ずいぶん立派ですよ。
でも、まあ~、5年で割ってったら、まあ~、

STBY: ほぉ~~。

いつか…

STBY: そうなンですよ。

トントンの日が来るかなぁ~と思うと…

STBY: そう、そう、そう、そう。そういうモンなンですよね。

そう。そう。そう。

STBY: うぅ~ん。

なんか、そこの、メーカーのスピーカーが、すごいイイっていう、話しだったン…

STBY: はい。

んでー、まっ、そうやって、だいたい、スピーカーとか、ああいうモノって、オープン価格とかになってわかンないじゃないスか、聞いてみないコトには、カタログだけだと。

STBY: そうです。

でも、もっ、それ、聞くのやめようよ、と。

STBY: うん。

がんばったンだもん。

STBY: ご褒美だと。

そう。
ってゆって、5,6年前に買ったかなぁ~。

STBY: へぇ~~。

いまだ使ってるし、もぉ~それでずーっと聞いてるから、聞きやすくなっちゃってンですよね。

STBY: うぅ~ん。

ん…、自分で曲作る時とかぁ~、ん、最後の…、ランニングさせてる時とかはぁ~、もぉ~それで聞いてるからぁ~。

STBY: なるほどね。

それで、それの後継機とかじゃないと、やっぱ、もお~、ダメなンでしょうねぇ~、たぶんね。

STBY: でしょうねぇ~。

うぅ~ん。
でも、それは、なんか…、そこの乗っかってる分、使いやすいですよね。
なんか、傷付いても、全然…、むしろ僕は、結構好きなタイプですね。

STBY: あぁ~なるほど。

って、コトで、また来週。

STBY: ええーーっ!? 

えー。

STBY: これからです。

今、すごいイイ話しだったなぁ~っと思ったンだけど…

STBY: んふふ(笑)いやっ、イイ話しでしたよ。

あぁ~、

STBY: もお~オープニングからね、イイ話し…

したなぁ~っと思って…

STBY: さしていただきましたけど。

なんか、今、すごい…、終った感があったンで。

STBY: あっひゃっひゃははは(笑)

おっ!このまま行けば終るかなぁ~っと思ったンすけど。

STBY: いやっ、終らないです。

まだです?

STBY: まだ始まって…

そうですね。

STBY: 数分ですから。

そりゃそうですね。

STBY: はい。

えーー、このようにね、まだまだオープニングで、僕が叫ぶ一言を皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それではKAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
チャットモンチーで「きらきらひかれ」

♪きらきらひかれ/チャットモンチー♪

お送りした曲は、チャットモンチーで「きらきらひかれ」でした。





さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのお届けしましょう。

STBYコール:どぉ~っか、穏便にっ。(BGM:♪このままもっと/櫻井翔)

さぁ~。

STBY: やってきましたね。

やってきましたね。
じゃっ、いきますかっ。

STBY: いきましょう。

ペンネーム『24時間テレビのチャリティーグッズ全部そろえたよ』さんからいただきました。えーー。

「7月8日の放送で、『見ないで描いたくん』についてお話されてましたよね?
 私は、その放送を聞くまで、『未来で描いたくん』だと思っていました。」と。
「ニノ、STBYさん、ホントにゴメンなさい。」と。

STBY: いやいや、そんな謝るコトないですよ。

おっ!ちっ、やっさしぃ~ねぇ~。懐が広い。
オレ、今、ちょっ怒ろうと思ってましたよ。

STBY: えぇっ?いやいやいやいや…

さすがだなぁ~。

STBY: あります!聞き間違い。

あらっ。

STBY: 僕なんかしょっちゅうですよ。

しょっちゅうはよくないですねぇ~。

STBY: はい~。んっふっふふふふ(笑)

んっふっふふふふふ(笑)

STBY: まあねぇ~、未来で描いたくんねぇ~。見ないで描いたくん…

まあねぇ~。

STBY: まあ~。似てますよね?

でもね、オレ、1回、それ、そこで聞いちゃうとねぇ~、見ないで描いたくんに辿り着く方がすごいと思うよ。
オレもぉ~1回聞き間違え…、それ、思い込みでしょう?

STBY: そう、そう、そう、そう。

それってねぇ~。
かい…、あんま解切れない気がするンだよね。

STBY: うぅ~ん。まあ~。

よく、ここまで辿り着いたよね。

STBY: 確かに。

ホント思うよね。
続いてペンネーム『もうすぐバスケの公式戦、応援してください』さんからいただきました。

「私がどうしても謝りたい人は、ミニバスケット部員の1人です。
 その子は、私と、水筒が全くなので、いつも間違えないよう注意を払っていたのですが、
 とうとうその子の水筒を飲んでしまいました。
 私はお茶を飲んだ後に気づいたのですが、その子は私をとても嫌そうな目で見て来るので、
 謝るにも謝れず、気づかないフリをしてしまいました。
 今思うと、とてもひどい事をしてしまったと思います。 
 ホントにすいませんでした。」だって。

STBY: ふぅ~~ん。

いやっ、その子もすっごいけどね。

STBY: うぅ~ん。

とても嫌そうな、んっふふふ(笑)目で見て来た。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

らしいぃ~んですよ。
もっ、そこまでしたら、もっ、ゆった方が楽ですけどねっ。

STBY: まあ~ねぇ~。ちょっと言いづらかったンでしょうねぇ~。

その子もですか?

STBY: その子も。

こういうのって、なんか、流行りとかあるンですかね?水筒とかって。

STBY: ありそうですねぇ~。

僕らン時とかって、なんか、キャラクターモンとかさぁ~。

STBY: ねぇ~。いろいろありましたけどねぇ~。

ちっちゃい頃とかはさぁ~。

STBY: うぅ~ん。

あるのがね、なんか、イイみたいな、の、ありましたけど。
すぅ~、今は、なんか、あるンですかね?

STBY: ねっ。ってか、昔の方がなんか…、主流だったンじゃないですか?

今、違うンですか?

STBY: いやっわかンないですけど。んっふふ(笑)はいっ?

なんでわかンないのに、急に…

STBY: あっはっはははは(笑)

走りだしたンですか?全速力で。

STBY: いやっ、久しぶりに聞いたなっと思って、魔法瓶って。

言い方が違うのかな?今は。

STBY: 言い方が…

サーモマグ。
へぇ~~。

STBY: あの、フタね。

フタ?

STBY: フタがコップだったンですよ。

そうですね。

STBY: まっ、今もあるでしょうけど。

まっ、もちろんあるだろうけどね。

STBY: うぅ~ん。ありますけど。

今、直接飲むのが流行ってンのかなっ。

STBY: ねっ。

意外とね。
ペンネーム『ステッカーが超絶欲しいです』さんからいただきました。

「こないだ、友達の友達を紹介してもらったんです。
 紹介された時、名前を聞き流してしまいました。
 なぜならば、あまり仲良くならないだろうと思い、勝手に大丈夫だろうと思っていたら、
 意外にも仲良くなってしまいました。
 仲良くなれてうれしいんですが、今さら名前も聞けません。
 ゴメンなさい。どうすればいいと思いますか?」だって。

STBY: あぁ~難しいっすねぇ~。どうすればイイすか?

どうやって…、いやっ、じゃっ、連絡、と…、会った時の呼んでる感じと…

STBY: うぅ~ん。いやぁ~、会った時の呼んでる感じ…。ねぇ~ねぇ~っとか。ひったすら、もっ、その人の名前出て来るの待つ、みたいな。これ、ね、僕もありますね。

へぇ~~。
じゃっ、どうするンすか?そういう時って。

STBY: まず、電話の登録は、なんか…、Aとか…、んっふふ(笑)Bとか…

んっふっふふ(笑)

STBY: あっひゃっひゃっひゃははは(笑)

いやっ、AとかBで、よく、あっ!Aから電話だって、んっふふ(笑)

STBY: あっはっははは(笑)

この…、イクオールになるよね。記憶と。

STBY: いやぁ~、まあ~、んっふふ(笑)そうなンです。

Aとか、もぉ~、

STBY: はい。あぁ~ぁ~、あの、あんまりね、そういう人いないンで。

うん。

STBY: うん。

すごいですね。
AとかBでイケるってもぉ~。

STBY: そうですねぇ~。でー、そのうち、わかるンで。

なんでわかるの?それって。

STBY: 誰かが、んっふっふふふ(笑)その人の名前呼んだ時とか。

へぇぇ~~~。

STBY: あっ、そうか。そうだ。そうだ。みたいな感じで。こう~、登録を入れ替えると。Aの…、Aから、何々さんに変える。んふっ(笑)

なるほどね。
山田さん、とかね。

STBY: そうそうそう。山田さん。ね。

まっ、いっちばん!1番!簡単な方法、オレが。

STBY: おっ!

簡単な方法って。

STBY: はい。なんでしょう。

ちょっと、悩みながら、すぅ~、「ちょっとさぁ~、ちょっ、1回フルネーム書いてくンない?」つって、もっ書かしちゃうンですよ。

STBY: おぉぉぉ~~。はい。

んで、書き終わった後に、「へぇぇ~~」とか言って。

STBY: はいはい。

なんか、みえたよ、わたし…

STBY: んっふっふふふっはっははは(笑)

っていう空気をすごい出して。 
「なにぃ~なにぃ~なによぉ~」っとかになって、もぉ~「いやぁ~、もっそうなンだぁ~」なんていって。

STBY: あっはっははは(笑)なるほどねっ。でも、絶対、その後、突っ込まれますよ。

なにが?

STBY: いやっ、「何がへぇ~なの?」とか。

いやっ、それはもう~「それゆっちゃったら、もぉ~次から変わっちゃうもん」とか言えばイイんです。

STBY: うっひゃっはっはははは(笑)

そんなの。

STBY: おもしろいっ。それイイかもしンないですねぇ~。

1番簡単ですよ。それが。

STBY: 確かに簡単。

ちょっと1回、フルネーム書いてもらえる?つって。

STBY: んっふっふふ(笑)なぁ~るほどね。

で、そしたらさぁ~、

STBY: うぅ~ん。

「えー、あー、」って書くじゃん。

STBY: はい。

絶対。
ヤだ、ヤだ。なんて人…、そぉーーンないないと、んっふふ(笑)と思うンだよね、オレ。

STBY: うぅ~ん。いないと思う。友達ですからね。

うぅ~ん。

STBY: うぅ~ん。

そしたら、もお~「あぁぁ~~。すぅ~~。わかったぁ~。」って。

STBY: んっふっはっはっはは(笑)

なんてしちゃえばイイ。うん。

STBY: ぜひっ、そのやり方で。

そう~。
名前じゃないの…、もう~、その…書かせた子の…、その、気になる点を、もっ、変えてやるっていうね。

STBY: んっふふふ(笑)なるほど。

んっふふふ(笑)

STBY: あっはっははは(笑)

そしたら、「なに?なに?」って気になるじゃん。
だって、本人は、もっ名前わかってると思われてるからね。

STBY: そう~ですね。

これとかどうですか?
意外と使える気がしますけどね。

STBY: それ、すぐ使えます。今後。

ねぇ~。

STBY: ねぇ~。

っというコトで、えーー、また来週お会いいたしま…、
えぇっ?

STBY: まだ終わンないっす。

あぁ~、なんか、今、すごく上手くまとまったンで…

STBY: なんか、今日、結構、まとまりますねぇ~。んっふっふふふ(笑)

んっふっふふふふ(笑)
まとまった感じがあったンですけど。

STBY: はい。

あっ、【どうか穏便に】が終るってコトで…

STBY: そうです。そうです。そうです。またね。

まっ、今日は、ここまでですけどね、えーー、【どうか穏便に】のコーナーでは、皆さんのゴメンなさいエピソードを募集しておりますので、ぜひともね、送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
山下智久で「ラブチェイス」

♪ラブチェイス/山下智久♪

お送りした曲は、山下智久で「ラブチェイス」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちら。

【裏嵐】

はいっ、まずこの人、ペンネーム『ハチミツ(8/3)の日は誕生日』さんからいただきました。

「嵐のシェアハウスについてですが、雑誌のインタビューで、櫻井くんの部屋は風呂しかないと言っていました。」

櫻井くんの部屋は風呂しかない!?

「お風呂しかない、と、言っていました。」

へっ!?

STBY: はい。

「二宮くんの部屋には何がありますか?
 また、実際に、嵐のメンバーの誰かとルームシェアをするなら誰を選びますか?」

STBY: お風呂しかない…

うん。

STBY: なんか、質問が…、なんかあったンでしょうね?

そうでしょうねっ。

STBY: ねっ。

お風呂だけないです、僕には、そういうコトで言うと、自分の部屋には。

STBY: 別にあるっていうコトですね。

お風呂場がありますね。

STBY: お風呂場があるってコトですね。

どういうコトなンだろう?

STBY: どういうコトですかねぇ~?

うん。

STBY: その…、なんか、ね、質問が知りたいですねぇ~。

部屋には…、テレビがあって、

STBY: はい。

でも、部屋じゃないスからね、もはや、家ですから。

STBY: うぅ~ん。

ひとりでなった以上。

STBY: あぁ~、そっか、そっか。

そうそうそう。

STBY: そうですね。

自分の部屋ってのがないなぁ~。
なんか…、その概念がなかった。
実家だと、まっあるかな。と、思うンだけど。

STBY: 実家の…、部屋っていうコトですねぇ~。

ひとりで、いざっ、住んでみた時にぃ~、自分がひとりで住みたいって…、いう動機があって、行動起こして、住んだ以上、自分の部屋って…、ある?
ないよねぇ~。

STBY: うぅ~ん。ですよね。

結婚してからになるのかな?そうなると。
いわゆる、書斎を持つ、とかさ。

STBY: あぁ~。

仕事部屋とか。
まっ、オレ、音楽の部屋とかはあるけどぉ~。
楽器しかないしなぁ~。
ちっ、意外とないのかもなぁ~。
あとルームシェア…

STBY: ルームシェア。

誰かなぁ~。
まっ、Jかな。

STBY: あぁ~そうすっか。

うぅ~ん。

STBY: 掃除してくれるからですか?

時間が合わなそうじゃん。

STBY: 時間が合わなそう?行動…、する、時間が…

そうそうそう。

STBY: あぁぁ~あぁ~。

あと、なんか、いつも友達と飯食ってそうだから。

STBY: んっふっふふふ(笑)

こう~。

STBY: えっ?

シェアをしながらも、ひとりでいる時間が…
これ、だから、大野さんとかと住ンじゃうと。

STBY: はい。

ずーっと。

STBY: ずーーっと。

2人で家にいるコトになるでしょう?

STBY: なるほどね。お互い、ちょっと、気になっちゃう、みたいな。

そう~。
それは、ちょっとヤだなぁ~っと思うと…

STBY: うぅ~ん。

1番家にいないの誰だろう?と思うと、Jがすごくアクティブに動いてくるンじゃないかなっ。

STBY: あっはっはははは(笑)なるほどね。

そう。
っと思うと、こんな広いトコを、半額で住めるンだっていうコトで言うと、やっぱJでしょうねっ。

STBY: んっふっふふふ(笑)

お得感…、を…、もろもろ取ると。

STBY: なるほど、なるほど。そういうコトですね。

そういうコトよ。
ペンネーム『千葉のダウジングザムライ』さんからいただきました。

「だいぶ前の話しなんですけど、関ジャニ∞村上くんと安田くんが、
 『取材中や、家など、自分たちの曲が流れるとつい踊ってしまう』と、言ってました。
 また『これはジャニーズの習性だ』と、言っていたのですが、ニノはそういう事ありますか?
 よかったら教えて下さい。」だって。

ない。

STBY: ないですね。見たコトないです。

うん。
大変じゃん。そんなコトになってたら。

STBY: んっふ(笑)

曲を決める時とかさっ。

STBY: そうですねぇ~。

セットリストを決める時って、大変じゃん、もぉ~汗だくじゃん。

STBY: 大変。汗だくです。

そんな動いちゃったら。
街中、コンビニとかで流れて、コワいよぉ~、踊ってたら。

STBY: んっふっふふふ(笑)

本人が踊ってるってのが、1番コワいよ、コンビニで。

STBY: んっふふふ(笑)

ねぇ~、好きな、ね、ファンの人たちがさ…

STBY: はい。

「これ、あれだよね」とかってやってたら、まだ…

STBY: あぁぁ~まあね。

まだ、まだ、全然イイと思うけど。
本人が踊ってたら、もっ絶対、コワいと思う、そんなの。

STBY: あっはっははは(笑)

そんな恐怖ないよ。
だっ、この人達も、100パー反応するって訳じゃないと思うンですよ。たぶん。

STBY: うぅ~ん。

取材中とかにねっ、

STBY: まあ~、そうですね。

なんか、気を使って流してくれた時に、ちょっと動いちゃう、とか、そういうコトだと思うンですよ。

STBY: はい。

年がら年中動いてたら、大変ですよ、ホンットゥ~に。

STBY: 疲れちゃいます。

疲れちゃいますよ、そんなの。

STBY: んっふっふふふ(笑)

大変だよ。そんなの。
『ステッカーください』さんからいただきました。

「24時間テレビのスペシャルドラマ『車いすで僕は空を飛ぶ』の撮影がクランクアップしたそうですね。
 お疲れ様でした。
 撮影現場での裏話、エピソードがあったら教えて下さい。」と。
「また12日から始まった、日産のCMで和くんが茶髪でしたが、ドラマの撮影が終ったから元に戻したんですか?
 今は何色の髪の毛ですか?よかったら教えて下さい。」だって。

もっ、何年ぶりですかね?
こう~、日焼けをしたっていう。

STBY: ほぉ~。

なんか、その日ぃ~、お風呂入って、痛くて。
水を使うって言う…、行為が、すぅ~、何年ぶりだったかな、っていうのが、すごく印象的です。

STBY: ロケが。ロケでね、日焼けしてしまうってコトですね。

うん。
ホントにね、日焼けするンすよ。
なんか、わかンないけど。
あんまり陽が出てない感じだったンで。
その…、曇りの方が焼けるって、でも、言うじゃないスか?
んで、まさにそれで。
いつもだと、そういう時って、なんか、テントみたいな、の、作っ…、仮設のテントみたいな屋根を付けて、みんな、そこに、使う物とか、チェック用のモニターとか置いて、撮影を進行して行くんですね。
カメラの映ンないトコら辺に。ちょっと遠くに。

STBY: はい。

で、撮影…、1回、カットを撮って、で、次の準備まで、お待ち下さいぃ~なんてなると、そこに戻って、みんな、まっ涼しいし、単純に、待つンですけど。
僕、車イスずっと乗ってたンで。
特に、お休み下さいって言われても、もっ、その、座ってるから…

STBY: うぅぅ~~ん。はいはいはいはい。

その、一緒に芝居してる人たち、とかは、また別個ですけど。
もっ座れてたンです…、ってか休めてた、休めてたっていうか、そこ座れてたンす、常に。
で、ずーっと、こうやって、おんなじ形で、座ってたら、もぉ~、腕とか…、

STBY: へぇ~~。

すごいね、焼けたンすよ、ホントに。

STBY: ほーんとだ、焼けてる。

いまだに焼けてるでしょう?

STBY: はい。

これ、痛かったンすよねぇ~。

STBY: あっはっははは(笑)

意外と。
こんなに痛かったンだって、思うぐらい痛かったですよ。

STBY: 久しぶりにね。 日焼けして。

金髪にした時も、こんなに痛かったンだと思ったンすけどぉ~。

STBY: ほぉ~。

日焼けも、こんな痛いの!!っと思って。
あの…、シャワー、

STBY: 水の。

もぉ~水でしたね。

STBY: 水に近い…

うぅ~ん。

STBY: シャワーで。

寝てても、なんか、ずーっと腕だけ、あつ…

STBY: あっはははは(笑)

腕の位置だけ、ずーっとわかるみたいな。

STBY: あっはっははは(笑) 

こう~、どこにあっても。

STBY: へぇ~~~。

ちょっと…、それが、なんかね、新鮮でしたわ、もはや。

STBY: なるほどね。

もっ、焼かないンだろうと思ってから。

STBY: うぅ~ん。

オレ、国立のリハとかしてても、そんなに焼けないンすよ。

STBY: そうですね。

うん。

STBY: 確かに。

オレ、そんなに焼けないじゃない?

STBY: 焼けない。

なっても、なんか、ちょっと、赤くなってる…、ぐらいじゃない?

STBY: うぅ~ん。

こんなコトって、な…、珍しいよね?

STBY: 珍しい。珍しいです。

だから、ホント、ずーっと長時間いたんだなって思ったよ。

STBY: なるほど。

うぅ~ん。
まあ~ね、【裏嵐】

STBY: はい。

まだまだ、嵐だったり、僕への個人的な質問、大募集しておりますので、【裏嵐】のコーナーまで送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
これがっ!

STBY: はい。日本テレビ系…

系。

STBY: ロンドン…

ロンドン2012、の、

STBY: テーマソングになっておりますンで。

なっておりますね。

STBY: はい。

ぜひとも、聞いていただきたいと思います。
嵐で「証」

♪証/嵐♪

「証」日本テレビ系の

STBY: 日本テレビ系の…

ロンドン2012の、テーマソング

STBY: はい。勇気が出るような感じで…、ねぇ~。

うん。
こういう感じはなかったですもんね。
この、アテネと…、北京?

STBY: 北京

も、やらせていただいたじゃないですか?

STBY: はい。そうですね。はい。

そういうコトで言うと、ちょっと…、そこン中でも、毛色が違う方かもしれないですね。

STBY: はい。

意外とねぇ~。
落ち着いた感じですねぇ~。
ぜひっ。

STBY: ぜひっ。

オリンピックを見ながら。

STBY: 見ながら。

聞いていただけると。

STBY: はい。

うれしぃ~なと思います。
ってコトで、お送りした曲は、嵐さんで「証」でした。

はいっ、大賞はこの人、ペンネーム『ステッカーが超絶ほしいです』さんに、えーー、銭湯に行くって言うさんを。
そして、ペンネーム大賞は、『もうすぐバシキの…』んふっ(笑)『もうすぐバスケの公式戦、応援して下さい』さんに、人は人を呼ぶ人さんをあげたいと思います。
そして、まだまだ、それぞれのレギュラーコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話の方は、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。

ってコトで、bay stormは、そろそろお別れの時間なのですが。
なにか?

STBY: はい。

嵐情報があれば。

STBY: んふっ(笑)嵐情報。

はいぃ。29日。

STBY: もぉーすぐ…、や、もう~1ヵ月後ぐらい…、には、24時間テレビですねぇ~。

そうですね。

STBY: はい。楽しみです。

っというコトで、お相手は、嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週。
by arashic-ageha | 2012-10-03 00:33 | bay storm