嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

bay stom 2012.6.10.

にのりんですっ。

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『二宮さんの歌声に惚れました』さんからいただきました。えーー。

「5月31日に放送されたVS嵐の、放送、見ました。」と。えー。
「ももクロさんが相手の回で、二宮くんの自己紹介ですごく可愛かったので、もう1度聞かせて下さい。
 お願いします!」だって。

す…、ごく、ない?
ももいろクローバーZ

STBY: ねぇ~。

楽屋でもあのテンションでやってくれますからねっ。

STBY: ちっ、すばらしい。

ねぇ~。
でもね、私服を見たコトもないもんね。

STBY: ほお~~。

何で帰って…、いやっ、1日密着すン時があれば、私服の時が出て来ンのかな?
そりゃ出て来るか。

STBY: まっ出て来ますねぇ~。

私服…、見たら…、・・・・、私服で出てるのってあんまないですよね?きっと…

STBY: うぅ~~ん。

歌衣装で出てますよね?

STBY: はい。

おそらく…
わっかンないだろうなぁ~、意外と。

STBY: えっ?わかンない?

いやっ、私服だったら…

STBY: あぁ~~~。

私服のイメージないじゃん。

STBY: イメージがないから、ってコトですね。

うぅ~ん。
すぅ~~、いやぁ~、でも、すごい楽しかったけどなぁ~。
10…7歳とか8歳とか。
とか、高校生つってたもんね?

STBY: はい。

いやぁ~すごかったなぁ~。
勝てて良かった、あの回。

STBY: ふっふっふ(笑)

うぅ~ん。
まあねっ、このようにまだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それではKAZUNARI NINOMIYAのBayStorm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
嵐さんの新曲ですねっ。えーー、聞いていただきましょう。
嵐で「Your Eyes」

♪Your Eyes/嵐♪

この曲はあれですよね?

STBY: はいっ。

嵐のぉ~?
相葉さんが、主演をしている、ドラマ、

STBY: 三毛猫ホームズの推理、の、主題歌になってますよね?

まあ~そうですよね。

STBY: はぁ~い。

の、「Your Eyes」です。
 
STBY: Your Eyes

好きですか?

STBY: 大好きですねぇ~。

どこが好きですか?

STBY: サビの部分が…

ちょっと…

STBY: う、歌わないですよ。

サビのどこがイイんですか?

STBY: いやぁ~あの…、曲調…、メロディーラインですね。

んふっ、ふっ、ふっ、ふっ(笑)

STBY: んっふふ(笑)

もう~そ、それ劇的にサビで変わってる印象受けるンですけど…わたし。

STBY: はっはっは(笑)いやぁ~なんか…

通してあんな感じですよね?でもねっ。

STBY: まぁ~、そうですけどねぇ~。

そうですよね。

STBY: なんか、聞きやすいですよね?この曲。

ああぁ~~~。

STBY: なんか、こう~結構、スーっと入って来る…

STBY世代はそうでしょうね。

STBY: そうなンですよ。

でも…、こう~~、よかったなって思いますよ。

STBY: うん。

同時期に、ドラマを2人がやって。

STBY: そうですよ。

まあ~、似た…、ジャンルの物をやってる訳じゃないですか?

STBY: はいはいはい。

いわゆる犯人を捜すヤツで。
こんだけ…、曲で、色が出るとね…

STBY: そうですね。うん。またね…

こちらは助かりますよね。ホントにね。

STBY: んふっ(笑)助かる?

助かりません?
いやっ、なんか…、同じモノを…、ち…、やるとさっ。

STBY: うぅ~ん。

同じ…、曲調になっても、まあ~不思議ではないじゃないですか?

STBY: ないですね。

見事にね…

STBY: そうですね。Face Downとは、ちょっとまた違った…

Face Down…ね、そっ。

STBY: 感じでね、

そう、そう、そう。

STBY: はい~。

いやっよかったと思いますよね?
これが、6月の?

STBY: 6日に、もう~発売をね…

されてるというコトで、ぜひね、チェックしていただきたいと思います。
お送りした曲は、嵐さんの39枚目のシングルでございます「Your Eyes」でした。

さぁてっ、嵐のKAZUNARI NUNOMIYAがお送りしておりますBay Storm。
続いてはこちら。

【カウントダウン500】

さあーっ!先週からスタートしました500回に向けての限定企画というコトで、いよいよ、来週は500回というコトで。

STBY: うおぉっ!

オレ、この、カウントダウン500って、もうちょっと前からやンのかなって思ったら、2,3回、んふっ(笑)だったのね、これね。

STBY: んっふっふふふ(笑)いやっ、そこがねっ…

うん。

STBY: Bay Stormですよ。

あっ、そうなんだ。

STBY: はい。

ゴー(5)とか、ジュウー(10)とかじゃないンだね。カントダウンって。

STBY: ではないです。

もっ3回から来ンのね?

STBY: そうです。そうです。そうです。イイじゃないですかぁ~~。

いやいや、イイ…、んふっ(笑)もちろんイイですよ。ええ。
これはね、何をやってるかと言うとね、皆さんがもう1度聞きたいbay stormは、いつの放送なのかと言うのを、当時のオンエアーを聞きながら、今週もご紹介して行こうと言うコトでございます。
えーーーー、まず、この人。ペンネーム『bay stormもうすぐ500回おめでとうございます』さんからいただきました。

「私が聞きたいのは、2002年の10月4日のbay storm、第1回目の放送です。」と。
「当時、私はまだ6歳だったので、よく覚えていません。」

ええぇ!?
何年やってんの?この番組…
10年やってンの!?
んじゃ、FA出来るってコト?

アソさん: んふっ(笑)
STBY: ええっ!?んっふふ(笑)いやっ。出来ません!!

10年で出来るんじゃないですか?FAって。

STBY: あ、あの…、ん、ラジオですからねっ。出来ないですよね。

そぅ~なんですか。

STBY: そうです。そうです。そうです。

あぁ~なんだ…そうなのか…

STBY: 永遠に、BayFMですよ。

6歳だったんだって。

STBY: ねぇ~。

そりゃそうだよね。んふっ(笑)そりゃそうだよ。だって…16歳だもんね。

STBY: んっふっふふふ(笑)

んっふふ(笑)

「なので、よく覚えていない。」と。
「リスナーの皆さんも聞いたコトがない人がいると思うので、
 500回の節目に、ぜひ聞いて見たいです。」と。

STBY: はいぃ~。

聞くの?

STBY: 聞いちゃいましょっ。

なるほど。じゃあ~聞いてみますぅ~?

STBY: はい。

1回目ねっ。





--------------------

がんばれ!オレ!

こんばんは。嵐の二宮和也です。んふっ(笑)
さてっ、ついに、BayFMで僕のレギュラー番組がスタートしました。
番組タイトルは、

ベェーィ!ストーム!

皆さん覚えてくださいね。
まあ、ただ、BayFMのベイと、自分たち嵐の、ね、レーベルでもあるJ-storm、から、半分ずつ取ってきました。
1+1は、じゃない、間違ったっ、0.5+0.5でー、1、だよっ。ね?
さあ、んふふふふふ(笑)
BayFMでは、ですね、初めてのレギュラー番組ですね。
っていうか、僕が、ラジオを、1人でやるのが初めてですから。
ちょっと、まあ~、ゆっくりね、やろうよ。
ゆったりしよう。これからは。ね?
これから、は、ですね、毎週、この番組を聴いてくれるリスナーの皆さんが、増えたりすると、とてもいいと思います。
きょーー(今日)はね、まっ、始まったばっか、ですからね。
まだ、まだまだだろうけども。
まあ~、なんかね、金曜ですから、土曜学校行ってさ、「昨日聞いた?bay storm?」みたいなさっ。
そういう…、のが、あるとさっ、日本って平和だなって思うよね?
いいよね?
そういうの~、そういうの大好きだからねぇ~、そういうのをね~、ドンドンやってもらいたいと、オレは思うんですよ。
で、嵐の曲もね、ジャンジャンかけちゃおうと。
いいじゃないかっ、アイドル王国バンザイ、だと。
ね?
この番組を通じて、僕は、アイドルの良さもね、んふふふふ(笑)、お届けしようかなと、思いまあぁ~す。
そんなラジオを通してですね、たくさんの友達が増えるように、僕は祈りたい。
まあ~その、友達がいないからってゆうのもあるんですけどもぉ~。
もっホントにね、友達をいっぱい作って、ちょっとみんな、遊びに来ようじゃないか、と。この番組にね。
通じてね、この番組同士で友達とか出来たらさっ、カッコいいじゃん。
ねえ?bay storm繋がりみたいなさ、そういうのが出来たらいいじゃない。
いいじゃない!!
んふふふふふ(笑)
それでは、もっ行きましょうか。
今ね、ラジオを聞いてくれてる…友達にですね、自己紹介がわりに、まずは1曲紹介しましょう。
それでは聞いて下さい。
嵐で「眠らないカラダ」


-----------
♪眠らないカラダ/嵐♪

この曲すごい好き。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

眠らないカラダ

STBY: 眠らないカラダね。

うん。
最初に聞いたら、すごくキレイだよね。
そうだよ、オレ、思いだした。
友達をいっぱい作ろう!っという入口だったンだよね。

STBY: うん。そう…、ですよね。

ねっ。

STBY: ですかね。

えっ?聞いてなかったンですか?

STBY: いやっ、聞いてました。あの…

あの…友達ね…

STBY: そうです。そうです。そうです。

いっぱい作る。

STBY: いっぱい作る。

っていう…

STBY: うん。

まあ~副音声で我々ぜんぜん違う話ししてましたけどぉ~。

STBY: あっはっは(笑)まあ~違う話ししてましたけどね。

でもね、そういいうコトなのよ、1回目からさっ、

STBY: そうです。そうです。そうです。

ずーっと一緒にやってる訳じゃない?

STBY: うぅ~ん。

ってコトは、アソちゃんも10年近くやってるってコト?

STBY: 10年ですかぁ~。

そっかぁ~~。

STBY: 死神もねっ

そうだよ10年。やって。

STBY: みんな10年です。

あらっ、貴方違うでしょっ?

STBY: えっ!?わたしぃ~?

貴方…

STBY: あぁ~、まぁ~、そうですねぇ~。とっとねっ。

んっふっふ(笑)とっとね(イントネーションが可笑しかったので)んっふっふふふ(笑)
下手ぁーーっ。

STBY: まあ~~、んっひゃっひゃひゃひゃ(笑)

下手…

STBY: まあ~そうですね。

うん。
ちょっとね。

STBY: ちょっと…

Hey Say(JUMP)に1回…

STBY: まあ~、ちょっと…

タイムスリップして。

STBY: タイムスリップして。

そいでまた戻って来てる訳だから。

STBY: そうです。そうです。そうです。

そっかぁ~~。
長いね。確かそうだよ。

STBY: 長いぃ~。

友達を作ろうってゆって始めて、10年?

STBY: うぅ~ん。

早いねぇ~。

STBY: 早いです。

ん?お腹鳴ってますよ。

STBY: いやっゴメンなさい。ちょっとお腹鳴って…、すいません。

んっふ(笑)

STBY: んはっ(笑)

早いのかなぁ~~?

STBY: ねぇ~。

どっちだったンだろうねっ?

STBY: まあ~、どうでしょうねぇ~。まっこれからも続くでしょうけども。

うん。

STBY: ねっ。

いやぁ~色々あったと思いますよ。

STBY: 色々あってぇ~、色々やりましたけども。

うぅ~ん。
でーっ?何?1回目と言えば?
STBYの。

STBY: はあ?

第1回目の初登場も聞いてみましょう、だって。

STBY: おおーーっ。聞きましょう。

ーーーーーーーーー
2004.4.2.

じゃあ~、ゲストの紹介…、遅れましたけど…
今日のゲストはですね、STBYさんです。
じゃあぁ~、聞いてる皆さんに一言。
マイクに向かって。

STBY: どうも~STBYです。みんな元気ぃ~?

っというコトでですね、えーーお相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週ぅ~。


ーーーーーーーーーーーー

次の週だって

STBY: 次の週…

ーーーーーーーーーーーー
2004.4.9.

それではbay Stormは、そろそろお別れの時間なんですが、ちょっと…、ゲストの方紹介したいと思います。
今日のゲストは、今週も来ていただきましたSTBYさんです。

STBY: どうもぉ~。アローハァー。

しっぐっふっふふふふ、ひぃ~(笑)っというコトでお相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週ぅ~。


ーーーーーーーーーーーー

っという感じで、最初はエンンディングのみだったかと、

STBY: はぁ~い。

いうコトなんですよ。

STBY: どんな流れだったンですかねぇ~。ゲスト。

2004年の4月の2日です。

STBY: はぁ~い。

だっ、何年目ぐらい?
2年目?

STBY: うぅ~ん。

もっ2年目で、相手を要請していたんだね、わたしはね、精神的に。

STBY: んっふっふふふ(笑)なるほど。

ってコトでしょっ?たぶん。

STBY: っというコトですね。

で、中に入ってったってコトなのかな?

STBY: あぁ~~、そう。中に入ってたンじゃないっすかぁ~?

じゃっあすちゃんが忙しかったンだよね。
なんか勝手に生放送とか入れちゃうンだよね。

STBY: んっふっふふふ(笑)

アオキさんがね?
だから…

STBY: 相手がね…

メールとかを渡してくれたりだとか。

STBY: あぁ~はいはい。

オレが喋りかけている係になっていたンだよね?たぶんね。

STBY: そうです。たぶんそうです。

って、まぁ~そこまで言うンだったら、今日喋っちゃえばってコトだったンだよね。

STBY: うん。

ねっ?たぶんね。きっと。

STBY: うん。

入口は。

STBY: まったぶんそうです。

あんな感じだったンですね。

STBY: はいぃ~。変わらないっちゃぁ~変わらないですけどぉ。

うん。
いやっ、じゃっ、めっちゃやってるンだね、そう考えると、めっちゃやってるンだ。

STBY: やってますねぇ~~。

うん。
10年だもんね。

STBY: そうですね。

最後!

STBY: はい。

ペンネーム『bay storm…』あっ、『ベイスト500回放送、にの29歳、おめでとう。パパもお誕生日おめでとう』さんからいただきました。

「私のリクエストは、2005年8月21日、あの幻のユニット、大宮SKからのメッセージです。」と。
「当時、まだ、小さくてほとんど覚えていないのですが、お母さんから話を聞いてると、
 どうしても聞いてみたいと思いました。
 コンサートにもまた来てくれるとイイな。
 どうぞよろしくお願いします。」と。

2005年、今から?7年前?
んふっ(笑)そうだよね、15歳だってね。

STBY: あっはっはっはははは(笑)

んっふふふ(笑)7年前っ…、7年前だってそりゃそうか、そうだよねっ。
これも聞くのね?
じゃあ~聞いてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
2005.8.21.

まあね、皆さん、お待たせ…、お待ちどうさまでした。
待ったでしょう。
7月クイズのね、正解率が50%以上だったのに、1週目にお宝音源がお送り出来ませんでした。
ホンットにね、それは申し訳ないと思ってる訳でございますよ。
でもね、今週オンエアーするからって、許してくれってコトで。
しかも、超ぅ~ビックなね、ユニットからのぉ~、メッセージを紹介したいと思います。
すでにいただきました、ホントに。
このbay stormね、もっ珠玉を尽くした、コメントをご利用さしていただきまして。
ぜひね、みなさんねぇ~、ホントにねぇ~、聞いていただきたい。
心して聞いていただきたいと思います。
それでは聞いて下さい。


----------------------------------------
タカ&ユウジ: 大宮SKでぇ~す。

タカ: んーーんーーんーー。うーー、うーー、ねーー。

ユウジ: んーー、んーー、うるせぇ~ねぇ~。ダッ、ご飯食べたらイイんだよね。

タカ: ウーーン、ご飯食べたらイイねー。

ユウジ: うーーん、ご飯粒がぁーー、1番おいしいよねーー。

タカ: あのサイズ、イイねーー。

ユウジ: うぅーん。あのサイズ…、んっふふふ(笑)ほーーんとに、たぁ~まらないねーー。

タカ: たまらないねーー。

ユウジ: もーー、さあーー、なんていうのおーー。こお、のさーー、なっとーみたいなー、ネバネバしてるぅー。

タカ: ウーーン。

ユウジ: だよねーー。

タカ: そーだよねーー。

ユウジ: ねーー。

タカ: はやくのりたいなー。

ユウジ: んっふふふふ(笑)いっぱいのりーたいねえーー。たのしみたいねーー。きりきりまいだよ。 

タカ: きりきりまいよぉー。700でーー

ユウジ: んっふっふっふふふ(笑)

タカ: なんきろ?120きろだしてーー。

ユウジ: うーん、うー、そんなおそいのーー。おれなんか180だしちゃうよーー。

タカ: うあっ、うあっ、はえーー。

ユウジ: キリキリまいだよーー。

タカ: キリキリまえねーー。

ユウジ: うーーん。

タカ: 700だよーーー。

ユウジ: んっふっふっふふふふ(笑)

タカ: いっひっひひひひ(笑)

ユウジ: ぼおーくうーねー、めちゃくちゃまもりたいよーー。

タカ: ひっ、ひっ(笑)

ユウジ: おもいっきり、まもりたいよーー。

タカ: いひっひっひ(笑)おもいっきりねーー。

ユウジ: うん、おもいっきりにぃーー、みんなをおー♪まもりぃーたいぃーー♪

タカ: まもりたぁーーいぃーー♪

タカ&ユウジ: ×△&%$#(もお~何言ってんのかわからない)

ユウジ: んーーとおー、初回はぁ~20万枚だよーー。

タカ: 20万枚だよーー。

ユウジ: こおーれがあーー、こおーれえでえー、あれですよーー。

タカ: こおーれがあーー、こおーれえでえー、あれですよーー。

ユウジ: こおーれがー、こーれでー、あれですよー。

タカ: こおーれが、あれぇーでー、あれですよー。んふっ(笑)

ユウジ: まもりたいぃーー。

タカ: はあーーーっ、はあーーーっ。

ユウジ: んっふっふっふふふふ(笑)やりたいねーー。

タカ: やりたいねーー。

ユウジ: すごくねーーー。

「あーーっ」って、翔ちゃん。
「あっはははは(笑)」って笑ってるのは相葉ちゃん?潤くん?のような…。
「あーーあーーあーーあーー」翔ちゃん

タカ: おこってるよおーー。

ユウジ: おこってるよおーー。こわいよおーー。どうしよう。

タカ: どうしよう。

「あーー、あーー、あーー、あーー、あーー」これは翔ちゃんだな。

ユウジ: 聞こえないよーー。ぼくらのこえがあー。

タカ: ぼくらのこええーー。

ユウジ: んっふっふふふふ(笑)じゃああーー、さいごに。

タカ: さいごにいーー。

ユウジ: あれやろっ。

タカ: あれやろっか。

ユウジ: うん。

タカ: うん。

タカ&ユウジ: せーーの。♪%$#&%$#$%&♪(なに言ってんのか訳わかめ) んっふっふふふ(笑)

------------------------------------

パチパチパチパチパチ(拍手)
すぅ~ばらしいねっ。

STBY: すばらしいです。

ねぇ~。
まさか、あのキンキキッズが、コメントをくれるとはねえ~。

STBY: あっはっはははは(笑)

違うべ?

STBY: 違う、違う。

違ったっけ?
大宮SKだね。
たぶんー、コンサート以外のメディアに出たのは、初じゃないスか?

STBY: 初ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

STBY: ねぇ~~。すごい。

あれが2005年なんですって。

STBY: 2005年…んっふっふふふふ(笑)

「当時、小さくてほとんど覚えていないのですが」って言うけど。

STBY: はい。

オレは、ほとんど覚えてなかったよ。21ぐらいでも。

STBY: そうですね。

全然覚えてない。

STBY: 覚えてないもんです。

はあ~~~。これもあったのか。

STBY: うん。

2000…、だって、STBYが、2004年でしょう?

STBY: 4年ですから。完全出てますね。

聞いてる…、下手したら一緒に聞いてたでしょうね。

STBY: はい。

この回ね。
でも、2人とも覚えてなかったですね。

STBY: 覚えてなかったっすねぇ~~。

やったな。

STBY: うーん。

確かに。
っていうのは、字面を見ると思うのよ。
このメールを見て、あぁ~~やったよね。うぅ~ん。
と、思ったけど。
うん…、何をやったンですかね?

STBY: んっふっふふふふ(笑)色々やってますねぇ~。でも。

まっ、10年ですからね。

STBY: ねっ。ほーーんと色々やってる。

こーんなにゲストが来ないのも、番組も、ないンじゃないですか?でも。

STBY: あっはっはは(笑)

そう考えると。

STBY: 確かにね。ゲストはほぼね…

いないよね。

STBY: いないですよね。

いやっ、いないよね?

STBY: いやっいない、いない、いない。

いたっけ?いないよね?

STBY: うぅ~ん。

あぁ~~コメントとかはね、なんか、すごく…、

STBY: うぅ~ん。

ありがたいことにいただいたり…

STBY: そうです。そうです。そうです。そうです。ありましたけどね。

ありましたけどぉ~。

STBY: 実際ね…

こーーこ、に来て、って言うのは、ねぇ~。
ないねぇ~。
そっか。

STBY: うぅ~ん。

うちの人たちだけだわ。

STBY: そうですね。

まあ~あれも企画だもんね。
呼ぼう、つって、呼んだ訳じゃないンだからね。

STBY: 企画ですからね。

もお~~。

STBY: なんか印象に残ってるもんありますぅ~?過去にあった中で。覚えてるのって。

bay storm?

STBY: はい。ベイストーム。

ベイストーム?

STBY: うん。

・・・・・・

STBY: んっふっふふふふ(笑)ないってコトですね。

いやいや、もっ全部覚えてるから、

STBY: いやぁ~、全部覚えてるから、これって言うのはないコトですよね?

だっ、ゆうのは、もお~だから、もし、ホントに聞きたいンだったら、もっ、また、あと向こう10年は掛かるよ。

STBY: ぐっふ(笑)まぁ~掛かりますねぇ~。

んっふ(笑)もっ、じゃあ~、全部聞きたいって言うンだったら、オレはね、

STBY: はい。

言いたいモン。
でも、ん…、オレが、言い出しちゃうと。

STBY: はい。

もっ、また10年掛かっちゃうから、

STBY: はい。

それはイヤじゃん。

STBY: まあ~、

だから今は言わないってコト。

STBY: あぁ~なるほど。

まあ~、ゆえないってコト。
うん。んっふふ(笑)
そりゃそうだよ。
STBYは、何が残ってます?

STBY: いやいや、もっ、いーっぱいありますけどねぇ~、すぅ~、やっぱり、あのう~、川柳とか、

なるほと。

STBY: あれは、結構、刺激的でしたねぇ~。

んっふ(笑)刺激的…

STBY: あっはっははは(笑)

まあ~刺激的ではありましたよねぇ~。

STBY: 刺激的でしたねぇ~。この…振られて、すぐ答えなきゃいけないっていう…

なるほど。

STBY: はい。一向にね、

うん。

STBY: いまだに成立してませんが。

いや…、いや…、だから…

STBY: えっ?

そういうコトじゃない。
ちゃんとね、五七五…

STBY: 五七五…

だよねっ。

STBY: そうですね。

だっ、あれは、何でもイイんだもんね、季語とかを、入れずに…

STBY: うぅ~~ん。

その、ちゃんと、自由にね、やってイイっていう…、コトだから、別に…、うん、じゃっ、ワイシャツでお願いします。

STBY: ワイシャツで。

はい。

STBY: 行きます。んっふふ(笑)明日はぁ~、晴れるかなぁ~?いやっ今日もワイシャツでいっとこう。

ぐぐっ(笑)
これ、どういう?

STBY: えっ?

気持ちを詠っているンですか?

STBY: これはですね、えっとぉ~~、明日の天気も気にしつつ

うん。

STBY: 今日は何着て行こうかなってのも気にしつつ

うん。

STBY: ワイシャツでいっとこう、と。

ワイシャツでいっとこう、なんですね。

STBY: はい。

12.15ですね。

STBY: んっふっふふ(笑)

均等に分けたら、2つぐらい詠めるンじゃないすか、んふっ(笑)たぶん。

STBY: そうですね。

12・15あったら。

STBY: まあ~確かに。

さすがですね。やっぱりね。

STBY: っていうコトですよ。

いやっこれでイイんですよ。

STBY: イイんですか?

んふっ(笑)たぶんイイんじゃないっすか、んっふっふふふ(笑)

STBY: あっはっははは(笑)1度はね、ちょっと成立させたいなっと。

まあ、でも、ねっ、来週500回ですから。

STBY: ほぉ。

そこでね、バシッと。

STBY: キメる、と。

キメていただければ。
イイんじゃない?

STBY: わかりました。がん…がんばります。

うん。

STBY: はい。

ホント、500回記念の、当日が、来週っていうコトで。

STBY: はい~。

さらに、わたしの誕生日でも…

STBY: あーー、ですよ。そうだ。

あるっていうコトなンで。

STBY: 誕生日だっ。これ、また、すごい筋書きと言うか、あれですよね。

500回が。

STBY: 500回。誕生日。ねえ~。

はいっ?

STBY: はい? あっはっはっははは(笑)

んっはっはっははは(笑)

STBY: いやいや、なんか、こう~絵に描いたような。

あぁ~~、まあ~、500回ってね。

STBY: ね~。

計算出来るモンじゃないからぁねぇ~。

STBY: そそそそそそ。そうなンですよ。

うん。

STBY: うぅ~ん。すごいなぁ~っと。

そうだねっ。

STBY: ねぇ~。

だから、まあ~、いろいろ、ある…、と、言うコトなのかな?

STBY: 楽しみですね。

たの…うん、楽しみにしていただきたいっと。

STBY: はい。

っというコトでございます。
それでは、1曲ね、聞いていただきましょう。
今週も、この時間の曲はですね、お宝音源をお届けします。
聞いていただきましょう。「楽園」

♪楽園/二宮和也♪

さぁー、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしてまいりましたbay storm、そろそろお別れの時間なのですが。
今週もメールを紹介さしてもらった人、全員に【500回放送記念シール】見ないで描いたくんをプレゼントします。

STBY: はい。

来週以降は、通常のコーナー、またね、始めて行きたいっていうコトなのでございますので、それぞれのコーナー
へのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp  からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からはBayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたい。

STBY: はい。

あれっ?

STBY: えっ?

ちょっと早くないですか?今日の。来週ですよ。

STBY: んっ?

来週なのに来るのが早くないですか?

STBY: ねぇ~。早い。ちょっと早いですねぇ~。

だいじょぶ…。
ちょっと痩せたぁ~?
ねぇ~。

STBY: うん。痩せた。ん…。感ですかね?

スッキリしてるけど。

STBY: はい。

すぅ~~。いや…
来週、スペシャルゲストが…、

STBY: っというコトでね。

早いですね。

STBY: 早いっすねぇ~。

来週なのに。

STBY: ちょっとねぇ~。

うぅ~ん。

STBY: フライングですよ。

まあ~まあ~でも、ちょっと、ぜひ、ね、

STBY: はい。

来週の500回、聞いていただきたいと思います。
っというコトで、お相手は、嵐の二宮和也でしたぁ~。
また来週ぅ~。
by arashic-ageha | 2012-09-13 18:18 | bay storm