嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

bay storm 2011.11.20.

今さら言われても!?

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『私の母はミーハー、ってか20代?』さんからいただきました。えーー。

「私は、先日買い物に…、母と買い物に行った時に、カチューシャを買いました。
 買う時、母は『かわいいね』と言ってくれたのに、最近付けたら、
 『なんだか、それ、安っぽいね』と言われました。
 買う時ならまだしも、今さら言われても!?と思い、私は少しムカッとしました。」えーー。
「ニノは、このように、今さら言われても!?みたいな経験ありますか?」だって。

なるほどねっ。
まっ、親だから言えンだろうなっ、こういうのってなっ。

STBY: ・・・・、はいっ、そうですね。

今日…、そのシャツ1枚ですか?

STBY: あぁ~、ちょっと、うわ…、うわ…、上着ありますけど。 

あぁ~、そうなンだ。

STBY: はい。

それ、もお~、じゃあ~、地肌に…、

STBY: そうです。

シャツオンですか?

STBY: シャツオンです。

へぇ~~~。
なんかあります?

STBY: ん?

今さら…

STBY: 今さら?

今さら言われても!?
なんかあったかなぁ~~?
考えてみよっ。

STBY: うん。なんかありますぅ~?

あんまないかもね。

STBY: うぅ~ん。

うん。

STBY: な、な、ないような気がします。

なんかね、基本的に、みんな、誉めてくれるンすよ。ありがたいコトに。

STBY: まっ、そぉ~~、ですね。

うん。
あんま、なんか、あのう~、ダメ出しするような人が…、悲しいかな、最近、あんまりもお~いなくなりましてぇ~。

STBY: ほお~。

もっ、自分で、節制をしていかなきゃいけない…、年代に入って来たンですね。

STBY: んっふふふ(笑)あぁぁ~なるほどね。

ええ。
なんか、みなさんがすごく持ち上げてくれるので、非常に戦々恐々とした毎日を送っています。

STBY: なるほど。

これくらいの謙虚さでよろしかったですかね?

STBY: いやぁ~イイと思います。

んっふっふふふふ(笑)

STBY: んっふふふふ(笑)謙虚が1番です。

怒られるンすか?

STBY: いやぁ~、怒られっぱなしですよ。

なんで怒られンの?
いくつ?

STBY: 41です。もうすぐ2ですけど。

あぁあぁ~~。

STBY: そりゃぁ~まあ…

本厄だね、本厄。

STBY: 怒られますね。

怒られンの?

STBY: 怒られるコトもありますね。

いやぁ~、まあ~、オレもあるけど、もちろんね。

STBY: うぅ~ん。

でも、なんか、あんまり…、
いやぁ~、じゃあ~STBY怒られンでしょっ?

STBY: 怒られるコトもあります。

何…

STBY: しっかりしなきゃぁ~とか。

何で怒られるンすか?うん。

STBY: まっ、いろいろ仕事の中で…

仕事のコトで…

STBY: うん、そうですね。

まっ、そりゃそっか、仕事のコトじゃないと怒られないもんねぇ~。

STBY: そうなンですよ。

すぅ~、ちゃんとしなきゃいけないっすね。

STBY: そうです。ちゃんとしなきゃ…

えーーー、まあ~まあ~このようにねっ、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それではKAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
ラルクアンシエルさんで、「キス、キス、キス」

♪XXX /L'Arc~en~Ciel♪

お送りした曲は、L'Arc~en~Cielさんで「XXX」でした。


さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナーをお届けしましょう。

STBYコール:どうかっ、オンッ、ビンッ、ニィ~ッ!! (BGM:T.A.B.O.O/櫻井翔)

はいっ、いきまぁーす。(テンション低く)

STBY: ぬっははは(笑)

えーーペンネーム『スーパーマナミン』さんからいただきました。えーー。

「先日、父からものすごい怒られました。
 父は、2年に1度怒るか、怒らないかの、とても優しい父なのですが、
 この前、私が昼過ぎまで寝ていた時、久々に、仕事から家に帰って来た父は、私の部屋を見て驚愕したそうです。
 Tシャツ1枚で、イビキをかいて爆睡する娘、プラス、床が見えないぐらい洋服まみれのきったない部屋を見て、
 たまらず叩き起こし、私を叱りました。
 普段、怒らない父が怒っていて、それはそれは怖かったです。
 ですが、もう20代を過ぎて嫁に行く時の私の事を考えて叱ってくれているのは目に見えていたので、
 あの時は、ホントに申し訳ないと思いました。
 今は、ちゃんと上下寝巻を着て、部屋も常に綺麗にしている…、つもりです。」だって。

STBY: うぅ~ん。イイ話しですねぇ~。

まあ~そうですね。
まあ~愛だよね。





STBY: わかってますね。

でも、部屋はねぇ~、ホンットに…、綺麗にしなきゃダメですよね。

STBY: 綺麗っそうっすよね?部屋。

オレ?

STBY: はい。

んち?
いやぁ~、まあ~、汚なくはないと思いますね、さすがに。

STBY: いつも、なんか、掃除してるイメージありますけど。

物が転がってるコトは、もお~、もはやないっすね。

STBY: おお~。

だっ、部屋が綺麗…、汚れてない…、って、大人だなって、ちょっと思いますね。

STBY: あっははは(笑)

なんか思いました。
部屋が綺麗なのは、別に大人だなっと思わないンですよ。

STBY: うん。

部屋が汚れていないっていうのが…

STBY: 大人な感じ…

って、ゆってる人の…、人って大人だなって思いますね。

STBY: おおっ。

なんか…、綺麗…、な人って、綺麗にしてる訳でしょっ?

STBY: まあ~そうっすね。

なんか、そこにちょっと…、1コ、なんか乗っかってるじゃん。
ん…、おお…、オレの部屋綺麗だよ、みたいな、の人って、1コ乗っかってる感じするンですよ。

STBY: はあ~。

綺麗にしてるンだぞっと。
これはココにあって、こういう風に見え方が…、なってないとダメなんだ、みたいな…。
まっ汚れてはないよねって言う…、いやっ汚なくはない…、って言う…人の方が、なんか、ちょっと、わたし大人な感じしますね。生活感があって。

STBY: はいはいはいはい。へぇ~。

どっちですか?

STBY: うぅ~ん。どっちだろっ?

汚ないっすか?

STBY: いやっ汚なくはないです。

へぇ~~。

STBY: き…、まあ~、そうですね、整ってます。割と。

整ってる!?(失笑)

STBY: んっはっははは(笑)

整ってるとは?

STBY: え…、あのう~、割と、キチンとされてます。

洋室ですか?

STBY: 洋室です。

あぁ~~。

STBY: はい。

机とかあるンですか?

STBY: 机ありますよぉ~。

ソファーも?

STBY: ソファー…、は、ないです。

何があンの?
えっ? あっ、じゃあ~直で座ってンですか?

STBY: そうです。座イスみたいな。

あぁ~~。

STBY: はい。

なるほどね。はいはぁーい、わかりました。

STBY: わかりますぅ?あの…リクリャイ…、リク…、ライニング?

あっ、僕ね、今、座イスのコトでわかンなくなってる訳じゃないンです。

STBY: あっ!

部屋の…

STBY: あぁ~部屋の…あぁ~~なるほど。

はい。

STBY: 部屋のね。

いきなり、座イスのね説明されてもねっ。

STBY: あぁ~~そうか。あっはははは(笑)

もっ、それは、もっわかってるンで、わたし。

STBY: はい。

どういうタイプなのかなっていうのだけね。

STBY: あぁ~、それでわかるンですか?

ソファーとかじゃなく、座イス、で、

STBY: はい。

低いテーブルがあって、みたいな。

STBY: あぁ~そうです、そうです、そうです。

はい。

STBY: どっち派ですか?

なにが?

STBY: 高い派ですか?その…いわゆる…、その、ソファー、だと、ちょっと地面から少し高いじゃないですか?

あっ、ソファーだと?

STBY: はい。

で…、も…、うっち、は、ソファーですね。

STBY: ソファー。あぁ~~。

ん、まっ、ソファー、めったに座ンないですけど。

STBY: あっ、じゃあ~ソファー座らずに下に座ってると。

そうですねぇ~。

STBY: すぅ~。わかるな、それ。

うん。そういう生活ですねぇ~。

STBY: 絨毯っすか?下?

下…、フローリングです。

STBY: フローリング!? でー、地べたに…、直に座る…

そうです。

STBY: あぁ~そうですか。えっ、じゃっ、なんでソファーに座らないン…

いやっ、なんか、ソファーに座ると寝ちゃうンすよねぇ~。

STBY: わかるなぁ~。横になりますからねぇ~。

うん。
結果、座ンないンすよ、横になっちゃうンすよね。

STBY: うぅ~~ん。

んで寝てンですよ。
この時期、危ないじゃないですか?寝ると。
寒いから、意外とね。

STBY: まあねっ。風邪もね。

うん。

STBY: 引きやすくなるしぃ~。

そうそうそう。
だからね、フローリングなンすよね、常に。

STBY: なるほど。

うぅ~ん。
ペンネーム『財布を忘れた陽気なお姉さん』からいただきました。

「先日、大学に行く前に、コンビニエンスストアーで買い物をしていた時の事です。
 お昼ごはんを選んで、レジにもってって、財布を取り出そうとしたその時、
 なんと、家に忘れてる事に気付きました。
 店員さんに、『取りに帰るのでキープしてもらってイイですか?』とだけ告げ、取りに帰りました。」えーー。
「10分ほどで戻って来たものの、今思うと、1買い物客が、一言だけ告げて取りに帰る姿を
 よくぞ信じて戻らせてくれたなと思います。
 その後、きちんとお会計をし、なんとか事なきを得ました。
 店員さんゴメンなさい。そしてありがとうございました。」だって。

すごいねぇ~~。

STBY: ねぇ~。

お財布忘れちゃうンだねぇ~。

STBY: お財布ねぇ~。

でもさ、オレ、お財布って、オレ、ぜーーったい!!忘れないと思ってンのね。オレはね。

STBY: と、と、というのは?

出す?家で?お財布を。
出す瞬間ってある?

STBY: ほとんどないでしょうねぇ~。財布は。

オレないンですよ。
お財布を、家で、家に帰って、お財布を出す瞬間とかないンですよ。
ん、だから、お財布を忘れるってコトがないンですね。

STBY: うぅ~ん。まっ、でも…カバンをね、変えたりとか。

まあ~、ん…、そっか。

STBY: まあ~、そういうねっ、物を出す…

大学生はあるンかな?そういうのが。

STBY: あるのかもしれない。

オレ、カバンを変えないからかもしンない。

STBY: まっ、そういう人は、たぶん、忘れないですよ。

財布って、出さねぇ~ンだよなぁ~、家帰って。

STBY: まあ~使わないっすからねぇ~、財布ね、家では。

使わない。
ん…、オレ、だから、前使ってたお財布に、ある程度お金を入れて、家に置いとく、いうのはありますよ。

STBY: えっ!? なにゆえですか?それ。

だっ財布出すのがメンド臭いンでしょうね。

STBY: そういうコトですか。

そう~。
だから、なんか、物取ったりとか、宅配便のとか…

STBY: あぁ~はいはい。

の、用のお財布はあるンですよ。

STBY: へぇ~~。

1コ。

STBY: 1コ。

だから、もお~、いよいよなンですよ。
出す瞬間がないンですよ。

STBY: それないっすね。それ、ぜーったい忘れないですわ。

そう。

STBY: んふっ(笑)カバンを忘れない限り、財布は忘れない。

そうだよね。

STBY: そう~。

でも、こういう学生さんとかは色々あるのかもしれないね。

STBY: まあ~そうですよ。

女の子とかねっ。

STBY: うぅ~ん。いろいろとね。

カバン…、変え…

STBY: 変えたりとかぁ~。

たりとかね。
洋服に…、合うカバン…

STBY: あぁ~そうです、そうです、そうです。

とか、がんばっている…ンだよね?

STBY: うぅ~ん。

だから、がんばンなきゃいけないンだよねっ、オレもね。

STBY: んふっ(笑)いやぁ~イイんじゃないっすかねっ。男は。

でも、そういう…、そういうのも大変だよなぁ~、女の人はなぁ~。
いろいろ大変だよなっ。
まあ~、今日はここまでございますけどね、この【どうか穏便に】のコーナーでは、みなさんのゴメンなさいというエピソードを募集しておりますので、ぜひとも送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていだだきましょう。
Sexy Zoneで「Sexy Zone」

♪Sexy Zone /Sexy Zone♪

お送りしたのは、Sexy Zoneで「Sexy Zone」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちら。

【裏嵐】

はいっ、ペンネーム『レディオガガ』さんからいただきました。

「ニノのゲームのCMを見る度思うんですけど、CMの中では、いつも喋りながらゲームをやっていますよね?」えーー。
「数年前に放送された『学校へ行こう』の時にかかった時も、ゲームをしながら喋ってましたが、
 普段、喋りながらゲームをしているんですか?」だって。

STBY: ですかぁ?

いやっ、普段はしないですよ。
だって、うるさいでしょう。

STBY: まあぁ~ねぇ~、ああでもない、こうでもない、ってねぇ~。

ねぇ~。
他者に迷惑かかるようなコトしませんよ。

STBY: なるほど。

うん。
家でも喋んないっす。

STBY: あぁ~そうですか。黙々と。

そうですねぇ~。
家でも黙々とやりますねぇ~、わたしはねぇ~。
マリオやりました?
すごいゲームですね。やっぱりねぇ~。マリオ。

STBY: もう~あれですか?全部クリアしたンすか?

あぁ~いちお、もう~。

STBY: はやっ。

わたしは。
2日で。

STBY: 2日で!?

2日で行きましたねぇ~。今回。
行けるとこまで行ってみようと思ったら、2日で行けましたね。

STBY: すぅ~ごいなぁ~。もっ、全部っクリアーですか?もお~。

あっ、全部、あのう~、メダルも取って。

STBY: へぇぇ~~~。

なんとか2日で間に合いましたね。

STBY: すごいなぁ~。

楽しかったなぁ~~。

STBY: ねぇ~、楽しそうにやってましたもんね、ホント。

楽しそうにやってましたね。ずーっと。

STBY: ねぇ~。あっははは(笑)

ずーっとやってましたよ。

STBY: ずーっとやってましたもんね。

うぅ~ん。
すぅ~。

STBY: すごいっ!!

いやぁ~、終わっちゃったなぁ~~。

STBY: もっかいやりましょう。

そうだね。

STBY: ねっ。

もっかいやろっ。
えー、ペンネーム『どこにでもいる天然』さんからいただきました。

「ミュージックステーション見ました。
 迷宮ラブソングが聞けるのを楽しみにしていました。
 ニノちゃんのウィンクがホントにカッコよくて、キュンキュンしました。」と。
「番組の中で、カラオケの話が出ましたが、A・RA・SHIを歌うと言うことと、
 相葉さんがバスタオルを使うくらい盛り上がるというエピソード以外、なんかエピソードありますか?
 また、ニノちゃんが何をよく歌うのかも、話ししていただけたらうれしいです。」だって。

わたしね、カラオケ行かないンですよ。滅多。

STBY: 行かないですか?

打ち上げぐらいですね。

STBY: あぁ~なるほど。

うぅ~ん。
なんか、曲をぉ~、聞いて、とか、歌って、盛り上がる、っていう…

STBY: うん。

免疫がないンですね、あんまり。

STBY: はい。割と、じゃあ~受け身…な、訳ですね?

はぁ~い。

STBY: 受け身というか…、まあ~

オレ、静かな曲しか聞かないンで。
あんま元気なとか聞かないンですよ。滅多に。

STBY: あぁぁ~。

聞きますよ、そりゃ、もちろん。
ただ、ひとなみ…、以下だとは思うンですよ。聞く、頻度っていうのは。

STBY: うぅ~ん。

だから、だいたい静かな曲聞いてるンですね、僕ね。

STBY: はいはい。

家でもね。
だっ、カラオケで、そんな静かな曲ばっかり入れられても困るでしょっ?

STBY: んっふふふ(笑)まあ~盛り上がりにねっ。

でしょっ?

STBY: 欠けますからね。

うん。
だから、オレ、歌って盛り上がるって、もお~ライブしかないから。

STBY: はいはいはいはいはい。

人生の中でね。
カラオケでそういうコトしないンですよ。

STBY: うぅ~ん。

だし、盛り上がる、元気な曲っていうのが、覚えてないンすよね。
だっ、カラオケ行って、入れたら、それ、もっサビしか歌えないとか。

STBY: あぁ~。あぁ~、あぁ~。すぅ~。まあ~、そうですねぇ~。

全編通しても歌えないかもしれないですね。

STBY: それ…、よく言いますねぇ~。

うぅ~ん。

STBY: 歌ってるのはパートゴトにね、歌ってますからねぇ~。

うぅ~ん。

STBY: そこしか、まあ~、覚えてないっていう…

そうっすねぇ~。

STBY: ねぇ~。

仕事としては、それが、100%の力ですからねぇ~。

STBY: そうですよねぇ~。

ええ。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

だからぁ~。

STBY: なるほど。

まあ~嵐の曲に関してもそうですよねぇ~。
う…、1回聞きゃぁ~歌えるだろうけど、いきなり5年前とかの歌、とか、歌ってくれって言われて。
2コーラス目の歌ってないトコ歌えるかっつったら、オレ、たぶんね、歌えないと思う。

STBY: んっふっふふ(笑)

ちゃんと勉強し直さないと、んふっ(笑)

STBY: いっぱいねぇ~歌ってますからねぇ~。

いっぱい歌ってますからねぇ~。

STBY: ねぇ~。そりゃそうかもしれない…

意外と、勉強し直さないとねぇ~、わかンないかもねぇ~。

STBY: うぅ~ん。なるほど。

ペンネーム『にいなはニノが好き』さんからいただきました。

「先日、蜷川さんがインタビューで、二宮さんの事を
 『生粋のアイドル。嵐の二宮と松本の舞台での姿は、アイドルという存在のすばらしさを証明するものだった。
  二宮は、なんとも言えない猫背と、寡黙な表情で、時代をちゃんと描けるんだ。
  なのに、常識的な事もちゃんと出来ていて、大人の言語で挨拶もできる。
  こいつらはなんだ!?と何度も驚かされたよ。』
 と、評していました。
 何年経っても、二宮さんの演技を評価してくれるのはうれしいですね。」と。
「また蜷川さんの舞台で、二宮さんの演技を観たいです。」だって。

こないだ潤くんが舞台やってて。さいたまで。

STBY: はい。

の、楽日、相葉さんと観に行ったンですよ。

STBY: どうでした?

したら、蜷川幸雄も居て、

STBY: んふっ(笑)蜷川幸雄さんも、ね。あっはっは(笑)

いて。
「あらっ!久しぶりじゃない。」なんつって。

STBY: はいはいはい。

話ししてたンです。
したらね、やっぱり、ずーっと言ってましたよ。
「やりたいなぁ~」って。「お前と一緒に、また舞台やりたいなぁ~。」って。

STBY: ありがたいっすよね。

うぅ~ん。
「もお~俺、死ぬから」

STBY: いやいや。

「もお~、死ぬから、早くやろうぜ」って言われて。
んんーー、でもねぇ~、

STBY: うぅ~ん。

どおぉ~ですか?

STBY: ん!?

蜷川幸雄が演出する舞台に、わたしが出る…
やっぱりねぇ~。すごく!いやぁ~すごくねぇ~、どう…、いやっやっぱねぇ~、メジャーなンですよね、蜷川幸雄の舞台って。

STBY: うぅ~ん。

エンターテイメント性が、やっぱり、すごくある気がしますねぇ~。
あの…、潤くんの舞台を観ると特に思います。

STBY: ほお~。

やってる者自体は、2、3、4人ぐらいの、世界の枠なンですけど。枠的には。

STBY: はい。

それをね、こお~、2、3人の話しに…、しないっていうのが、こう~いろんな人が出てくるっていうのが、喋らない人でもね。

STBY: うん。

この…、周りにいっぱい、その…、群像劇を創るっていうのは、はやり、天才ですよねぇ~。

STBY: そうですねぇ~。

そこら辺の…、日常にも、こんだけの人がうごめいて、時間経っているんだって、いう…、のを創るのは、ホントに…、天才的ですよね。
でも、わたし、そういうお芝居って苦手なので。

STBY: んふっははは(笑)そんなコトないかもしンないですよ。

オレ、だって、出た時ぃ~、5,6人でしたもん。内容的には。

STBY: うぅ~ん。

内容的には、2人ですけど。

STBY: はい。

出てたのは、6,7、人ぐらい?

STBY: うぅ~ん。

でしたから。
すごい、蜷川さんの舞台ン中では、少ない…、芝居だったンですよね。

STBY: うぅ~ん。

でも、いろんな人…、潤くんの舞台ン時は、ホントいろんな人いたンで。

STBY: はい。

いろんなトコに挨拶行けましたしぃ~。
非常に、なんか…、評価を受けるだろうなぁ~っと言う舞台でしたねぇ~。

STBY: うぅ~ん。

値する…、舞台でした。
ただ、まあ~相葉さんは…、ん…、なんかよくわかンねぇ~なぁ~っとは言ってましたけどね。

STBY: あぁ~そうですか。

はい。
潤くんには「素晴らしかった」って言ったみたいですけど。

STBY: はい。

ん…、もお~、わたしには、なんか、俺ちょっとよくわかンなかったなって。

STBY: んっふふふふ(笑)

ゆってましたけどね。

STBY: まっ、もいっかいね、観たらね、わかるかもしれないですね。

そうですね。

STBY: ねっ。

今回、特殊なンでね。
さいたまでやって、青山でやったりとかするからね。

STBY: そうですね。

大変だから、ホントに。

STBY: ねぇ~~。

でもねぇ~、ホントに…、いやっ、ホントにねぇ~、イイ!舞台だと思いましたよ。

STBY: おお~。すばらしい。

がんばっていただきたいね。

STBY: ねっ。

楽日まで。

STBY: はい。

と、いうコトで。
えーー、まだまだ、嵐やね、僕への個人的な質問、大募集しておりますので、【裏嵐】のコーナーまで送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「迷宮ラブソング」

♪迷宮ラブソング/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで「迷宮ラブソング」でした。

はいっ、今週の大賞は、ペンネーム『スーパーマナミマン』さん…に。
そして、ペンネーム大賞は、『財布を忘れた陽気なお姉さん』に…、んっふっふふふ(笑)
それぞれ、あの…、ゆっていた…、ステッカーを、送りたいと思います。んっふっふふふ(笑)

STBY: えっ!?んっふふふふ(笑)

なんだっけ?
あっ!ひまわりさんとね。

STBY: はい。

人は、人を…

STBY: 人は人を呼ぶ人さん

呼ぶ人さん。
あげたいと思います。

STBY: なるほどね。はい。

そこら辺の…、うぅ~ん、流れが、なんか、下手になって来た。

STBY: あっはっははは(笑)

なんかわかンないけど。

STBY: っふふふ(笑)

何年か経って下手になって来たよ、だんだん。

STBY: はい。

えーー、そして、それぞれのレギュラーコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方はwww.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式ページにアクセスして番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。

それではbay stormもそろそろお別れの時間ですが。
なんか…、おっしゃりたいコトありますか?

STBY: いやっ、ないです。

嵐情報ないンですか?

STBY: いやっ、いーーっぱいあるじゃないですか?

あぁ~、じゃあ~それ言ってください。

STBY: なんか、お薦めなのありますか?

お薦めなの?

STBY: んっふふふ(笑)

わたしが言うンですか?んふっ(笑)
わたしがお薦めの嵐情報…

STBY: んっふふふふふ(笑)まっそれもおかしいですけどね。

そう~っすね。

STBY: まあ~、でも、年末に向けてね、いろいろと…、ねぇ~紅白の司会もあり。

はい。

STBY: ねぇ~。いろいろと。いろんな音楽番組にも出れたらイイですね。

そう~ですね。
あっ!だから11月の23日じゃないっすか?

STBY: はい。

NHKで。

STBY: あっ!そうだ。

3日後じゃないですか、たぶん。

STBY: 明日に、架ける…なんでしたっけ?

旅です。

STBY: 旅ですね。

はい。

STBY: やりますよね。

それが、3日後?勤労感謝の日かな?

STBY: そうです。ぜひねチェックしていただきたい。

ありますので。

STBY: はい。

えーー、ぜひともね、えーー見ていただきたいなという風に思います。
と、いうコトで、えーー、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週~。
by arashic-ageha | 2011-11-21 17:04 | bay storm