嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

bay storm 2011.6.12.

b0125211_1656314.jpg
072.gif072.gif6.17.2011.072.gif072.gif
Congratulations On Your 28th Birthday! Wishing you many more.067.gif


2日おくれのbay stormレポ、遅くなりましたぁ~。

---------------------------------------------------

二日おき

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『お昼ご飯は、チョコラBBを飲んで、スープdeおこげを食べてます』さんからいただきました。
紹介しましょう。

「スケジュール帳に、6月15日の所に、嵐のコンサートDVDの発売日を書き込んで気付いたのですが、
 その二日後は、和くんの28歳の誕生日。
 その二日後は、和くんの入所15周年という事です。
 という事で、めでたい事が盛りだくさんです。」と。
「いろいろおめでとうございます。
 DVD楽しみにしています。」と。
「あと、誕生日は、お祝いとして、ケーキを家族で個人的に食べる予定なので、楽しみにしています。」

15日かっ。

STBY: そうです。

DVD。

STBY: そうですねぇ~。

ってコトは、オレ…、何曜日…、金曜日とか?オレの誕生日。

STBY: そうです。金曜日です、今年は。

そっか。 
すぅ~、オレ…、事務所入ったの…、誕生日の二日後なンすね?

STBY: ふぅ~~ん。

設定、難しくないっすか?

STBY: せってい…

いつ入った…

STBY: んはっ(笑)…

ンだろって、オレ、いまだに思ってンすけどぉ~。
でも、ジュニア時代って別にぃ~…、あれなのかな?入ってないじゃん、何にも…

STBY: うん、まあ~、いろいろね、ダンスのレッスンしたりとかっていう…。

そういうコトでもないのかな?
ジャニーズ事務所に関わってる…

STBY: 関わったって言う…ところでの、まっ、あれじゃないンすか?

オレ、二日後に…、なんで二日後なンだろう?
まっ、なんかがあったンだろうねっ、たぶん…。

STBY:  ねっ、なんかがあったンでしょうねっ。

へぇ~~~。そっかぁ~。
誕生日かぁ~、28の。
そっかぁ~~。
そりゃ後輩も増える訳だなぁ~~。ねぇ~~。

STBY: ねぇ~~。

でも、これぐらいが一番イイなっ、なんか。うん。
これぐらいがイイよっ。

STBY: これぐらいがイイっすか? 

うん。
ちょうど真ン中に居るンだなって感じがイイよっ。

STBY: あぁ~~。まっ、そうですねっ。

うん。
でもKis-My-Ftとか…

STBY: はい。

Kis-My-Ft2でしたっけ?

STBY: キスマイフット2ですね。

で、アイツら…、が、入ってくると、真ン中からちょっと抜ける訳ですね。
もう~、おに…(いさん)

STBY: そうですね。ちょっと…

(おに)いさん、世代に…、上世代に上がるンだね。

STBY: ちょっと上上がりますよね。

はあぁ~~、すごいねぇ~、もう~そりゃそっか、もう~10年以上やってンだもんねっ。

STBY: そうです。

なるほどねぇ~~。
オレもDVD見よっ!じゃあ。

STBY: はい。

15日に出るンだ。

STBY: 僕も見ます。

あはっ(笑)

STBY: あっはっはははは(笑)

僕も見ますって可笑しくない?まあ~、まあ~イイけど。
まぁ~、このようにねっ、えーーー、まだまだね、オープニングでね、えーー、僕が叫ぶ一言を皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それではKAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
東京事変で「空が鳴っている」

♪空が鳴っている/東京事変♪

お送りした曲は、東京事変で「空が鳴っている」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお届けしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお送りしましょう。

【戻りTime】

はい、まず、ペンネーム『会いたくて、会いたくて、夢じゃない本物の君に』さん、から、いただきました。

「私が戻りたいのは、今年の春休みです。
 私には片想いしてる人がいるのですが、その人と初めて居酒屋さんに行ったんだ。」と。えーー。
「ちゃんと話すのは久々だったし、緊張もしたけど、すごく楽しくて幸せな時間だったので、
 またあの時間に戻り…、戻って会いたいなと思いました。」と。
「向こうは、私の事、なんとも思ってないと思う…ンですが、
 実は、もう高校時代から約7年間の片想いになるので、そろそろ気持ちだけでも伝えたいと思ってます。」だって。

STBY: うぅ~~ん。

ヒューヒューだね。

STBY: ヒューヒューですねぇ~。

うん、ヒュー-ヒュ-だよ。

STBY: そりゃぁ~戻りたいですよ。いやっ…

戻らなくてイイんじゃないかっ。

STBY: そう!戻らなくてイイんですよ。

どっちだろっ?んっふ(笑)どっちなのよ?

STBY: 戻りたいけども… 

うん。

STBY: それはそれで、ひとつの思い出として、作ればイイんですよね、次にね。

今も継続してるンだったらね、片想いとして。

STBY: そうそう。

でも、7年片想いしてたら伝える?(アソさんに)
伝えない。

STBY: おお~。伝えない。

ああぁ~、伝える?(STBYに)

STBY: 伝えますよ。

伝える。

STBY: はい。7年も待たないです。すぐ伝えます。

あぁ~なるほどね。
もう~7年も片想いしたら、もう~相当…、すぅ~、カッコ良く鳴り過ぎちゃってる、その人がね。

STBY: うぅ~ん。そっか。

そんな気がしない?
いやっ、でも、楽しかったからね、こないだ飲んだ時は。
すごく楽しくて幸せな時間だったからさぁ~、いいのかもしンないけど…
結構7年経つとねぇ~、美化されてるトコいっぱい…、出て来るよねぇ~、チョロチョロねぇ~。

STBY: うんうんうんうん。









続いてペンネーム『STBYさん、本当に焼肉定食…』んふっ(笑)『好きなんですね』だって。

STBY: 好きです。

先週も言ってましたもんね。焼肉定食…

STBY: 先週も焼肉定食、言ってましたね。はい。

13歳の子に言われてますからねっ。

STBY: んもぉっ、あり…、ありがとうございます。

うん。

「私が戻りたいのは、中1の移動教室だ。」と。
「その時は、クラ…、その時は、帰りのバスの中でした。」と。
「私の隣りには、クラスの女子から人気の男子が座っていました。
 別に、私はその男子には興味なかったのですが、気付くとその男子が寝ちゃってました。
 クラスの女子は、その男子の寝顔を見に来て『カワイイィ~!』と叫んでいました…。騒いでいました。(言い直し)」と。
「その騒ぎが一通り終ったあと、その男子は、バスがカーブする所で、首を曲げて、私の肩の上で寝てしまいました。
 興味がなかったのに、キュンとしてしまいました。」と。
「その後、前の席の男の子に引き離されてしまいました。
 なので、もう~1瞬でも、あの緊張感を味わいたいです。」と。
「ニノやSTBYさんは、乗り物の中で、何か特別な体験ありますか?」

STBY: ありますか?

あっあぁ~っ、あたし?

STBY: はい。

あたしなんかあるかなぁ~?

STBY: 乗り物ぉ~、の、中でねっ。

乗り物の中で、特別な体験…
なんかあるかなぁ~?

STBY: ねっ、なんか…、すぅ~。思い出せないですねぇ~。なんかねぇ~。

でも、こういうのってキュンとするものですか?(アソさんに)
へぇ~~~。

STBY: あぁぁ~~。するモンなンですねぇ~。

へぇ~~えぇ~~。

STBY: へぇ~~。青春ですなっ。

青春ですね。

STBY: はぁ~い。

イイなぁ~~。

STBY: ねぇ~。

移動教室とか行ったコトないもんなぁ~、オレ。

STBY: うぅ~ん。

ペンネーム『クラスに、しまじろうとトリッピーが、います』・・・・・

STBY: はいっ。

んっふっふっふふふふ(笑)

STBY: あっはっははははは(笑)

「はい」で合ってンのかな?それ?

STBY: いやっ…わかンないっすけど。んっふふふふ(笑)

んっふっふふふふふ(笑)

「私がまだ小さかった4・5歳の頃に戻りたいです。」と。
「小さかった頃は、失敗をしても、そこまで怒られず、くだらない事を言っても、みんなから相手にされる年頃でした。
 ですが、今となって、何か昔に比べ、周りの反応が薄い!
 悲しい事もありますね。
 二宮さん、STBYさん、こんな経験ありますか?」だって。

ん、でも、STBY、4・5歳の頃からそうだったンじゃないスか?
なんか言っても、別に…、周りの人の反応薄かったですよね?

STBY: 薄かったですね。まっ、今もそうですけどね。

そうですよね。

STBY: はい。

今ダイィ~ッブ、薄くなりましたもんね。

STBY: 薄くなりましたぁ~?

だいぶ薄くなったンじゃないかなぁ~…思う…

STBY: あっ、そうですねぇ~。

どうなンですか?
それ、やっぱ、サビ…しい…感じはするンですか?
それとも、悲しい…こと…、に、感じてるンですか?

STBY: いやっ、僕、あんまりぃ…

自分がこれ言ったらスゲェ~受けるンだろうなって言うのも、別に…

STBY: ない、ですねぇ~。

リアクションなくても、別に…

STBY: なくても全然。

慣れてくるモンなんですか?じゃあ?

STBY: もう~慣れて…。一方通行で、もう~全然、満足しちゃうンですよね。

あっ、もう~言えたコトで。

STBY: そうなンですよ。

満足しちゃう訳だ。

STBY: はい。

へぇ~。
でも、この子のクラスには、しまじろうとトリッピーがいるンですって。

STBY: ねぇ~。なかなか…、イイ感じで、あはっ(笑)

んっふっふふふ(笑)
その2人は、いないモンですか?クラスには。

STBY: いない…

しまじろうとトリッピーは。

STBY: ちょっと、いないモンですね。

あっ、じゃっ、この2人が…

STBY: はい。

居るってコトは、、やっぱすごいコトなンですね?

STBY: ええ、まあ~、たぶん、すごい…コトだと思いますよ。

じゃなきゃね、わざわざ…

STBY: うん。

ラジオネームに引っ張り出さないもんね。

STBY: そうそうそうそう、ねっ、すごく印象的な…

どれぐらいの凄さなンですか?

STBY: なんかねぇ~、あのう~、楽しくなるみたいですよ。

楽しくなる?

STBY: はい。居るだけで楽しくなるっていう…。

どれぐらいのレアさ加減なンすか?

STBY: いやっ、これ、レアとかじゃないですよ。

あっ、レアとかじゃないンすか?

STBY: レア…

じゃっ、なんで書いてあるンすか?

STBY: ねぇ~。なぁ~ンで書いてあるンでしょうかねぁ~?

ぐっふっふふふ(笑)

STBY: あっはっはははは(笑)

ぐっふっぐふっふふ(笑)ズルッ(笑)
えーーー、ペンネーム『ニノちゃんの笑い方が好き』さんからいただきましたよ。えーー。

「30分前に戻りたい。」と。
「さっき、知人から借りていた『スッピンアラシ』を見ていました。
 タイトルバックがカッコ良かったので、もう1回見ようと巻き戻しをしていたら、
 デッキから怪しい音がして、画面が一気に青くなってしまいました。」

STBY: あらっ!

「やばい!と思って、デッキを分解してテープを取り出してみたら、
 途中でテープが切れていました。」と。
「だいぶ前から使っていたデッキだったので、劣化していたのだと思います。
 私は、これを見た瞬間に、人生が終ったと思いました。」と。
「できることなら、」えーーー。「30分前に戻って巻き戻しをする自分を阻止したいです。」と。

STBY: うぅ~~ん。

ビデオあるあるですね。(わるわる!?われわれ!?不明…)

STBY: ビデオねぇ。

ビデオ…

STBY: ちょっとねぇ~、残念ですねぇ~。

最近、使って…、ないもんなぁ~~。ビデオって。

STBY: ねぇ~。使ってないですねぇ~。

使ってます?
その…

STBY: VHS?

その…、仕事の現場で使います、まだ?

STBY: 使います。使います。

あの…、Mステの確認とかじゃなくてだよ。

STBY: あぁ~あぁ~、使わないです。もはや。

あぁ~そう。

STBY: うぅ~ん。もう、確かに使わないですね。 

もう使わなくなったよね?

STBY: はい。

ビデオって大変なンすよ。
いやっ、オレ、DVDになった時、あぁ~これは楽だなって思ったのが、ドラマの完パケですよね?

STBY: あぁ~はいはいはい。

ドラマの完パケを前の日にもらうンですよ。
明日放送するヤツを。

STBY: ふんふんふんふん。

その、ビデオ時代って、もっ12本貯まるンすよ、家に。

STBY: まっ、ねっ、かさばっちゃいますもんね。

めちゃめちゃかさばるンですよ。もっ重たいし。
でも、資料用だから、捨てるに捨てらンないし。

STBY: そうです。

で、オレは、もう~何度もその上から、録ってやろうと思ったンだけど。
うちの母ちゃん…、は、そういうの…は、珍しいから、取っておきたい。

STBY: はい。

っで、取っておかれる訳ですよ。
だから、もお~、これ…、もう~ホントに、ヤだなぁ~っと思って、たンだけど。
もっ、DVDになってから、こんな物だもんねっ。

STBY: そうなンですよ。

ドラマの数も減ったってのもあるけど、もちろん。
12話だったのがね、11話とは10話とかになったってのもあるけど。

STBY: 便利になりました、ホント。

もっ、ホント、こんなンだもんね。

STBY: ねっ。

全部あっても。
あれ楽チンだなっと思って。

STBY: うん。わかります、それは。

なんか寂しいンだよねっ、また。

STBY: うんうん。

自分の、その…、1作品1本だけじゃないのよ。
もったいないじゃん、それもそれで。
だから、こう~、そこに上書きされる訳ですよ、ビデオ詰められる限り。

STBY: うんうんうんうん。

だから、自分のタイトル…、こうやって…消されて、違うタイトルとかのぉ~、を、持って走ってるスタッフとか見ると、あっ、あぁ~オレの作品…消されたンだなぁ~って。

STBY: さみしいなぁ~みたいな。

そうそう。
とかってとかがね、それが、ビデオん時はありましたけども。

STBY: まぁ~今はないっすもんね、DVD…

今はもう~DVDだからね。

STBY: ねっ。

いまだに、そういう現場では使うけど。

STBY: はい。

もう~常用的に使ってる人って、あんま居ないかもね、もう~ね、DVDになって来たかもね。

STBY: んん、もう~。

まっ、今日はここまででございますけどもねっ、まあ~、まだまだみんなのね、あの時に戻りたいというエピソードを大募集しておりますので、ぜひともね、えーー、エピソードも添えて送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
平井堅さんで「いとしき日々よ」

♪いとしき日々よ/平井堅♪

お送りした曲は、平井堅さんで「いとしき日々よ」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

はい、まず、この人、ペンネーム『ニノの大ファンです』さんからいただきました。

「リーダーのラジオを聞いていたら、最近の趣味がつり↑と…」んふっ(笑)つり↑とじゃない。
「釣りと絵を描くことと、ラジコンと、鉄道模型だそうです。
 ラジコンと鉄道模型は最近らしいのですが、ニノちゃん何か聞いていますか?」と。

STBY: おっ。

まっ、こないだ、も、言いましたけど、飯食ったと。

STBY: そうですねぇ~。

時に、やっぱ絵描いたりとか、ラジコンして、秋葉原がすごい!魅力的なトコだって、彼は言ってます。

STBY: 気付いた訳ですね。

うん。
なんか、街とかに出て、メイドさんが、チラシを配ってる、んだって。

STBY: はい。

僕にゆってました。

STBY: んふっ(笑)なるほど。

はい。

STBY: んふっ(笑)このタイミングで。

はい。
秋葉原って、そういう町なンだぜって…

STBY: ええ。語られました?

はい。
メイドさんが、

STBY: はい。

町に出て、チラシ配ってるンだぜって、ゆってました。

STBY: ああぁ~%$#”(一言聞きとれません)訳ですね。

うん。
まっ、たぶんそういう町なンでしょうねっ。

STBY: ねっ。

秋葉原って言うのはね。

STBY: で、それに対してどんなリアクション…

そうなンだぁ~って。

STBY: あっ、そうなンだぁ~って。

へぇ~~って。

STBY: はあ~~。

行ったらイイのにねっ、メイド喫茶とか。うん。

STBY: はっはっはっははは(笑)

いやっ、あの人はね、やっぱり、ちょっと、こう~、1個乗っかると、そのキャラクターでずっと走って行けるっていう特性を持ってますから。

STBY: ああぁ~なるほどね。

うぅ~ん。

STBY: はい。

順応できるンじゃないかなぁ~っと思いますよ。
でも、最近、中国人の、メイドさんがすげぇ~増えてるって、聞きますね。

STBY: ふぅ~~ん。

やっぱ、考えてンでしょうねっ、メイド喫茶業界も。
秋葉原、電気街って…、最近、電気街って、中国の人すごい来るじゃない?

STBY: ああぁ~~、中国語も、こう~話せる…

メイドさんが、やっぱすげぇ~多いンだって。

STBY: ああぁ~あぁ~。

だから、意外に、あすこ(あそこ)で働いてる人たちって、あの…、英検持ってる人多かったンですよ、メイドさんって。

STBY: へぇ~~。

アメリカ人とか、メイド喫茶に連れてこっ!みたいな…

STBY: ふぅ~~ん。

…のがあったから。

STBY: 観光名物の1つとなってる訳ですね。

そう、だから、外人さんとか、よくメイドさんに話しかけてますよ。

STBY: へぇ~~。

ここどこですか?みたいなの。

STBY: へぇ~~。

でも、最近は、なんか、中国の人も多くなったって。

STBY: 国際化ですね。

うん。
で、もっ、チラシ配ってるンだって。
って、ゆってた。大野さんは。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

ペンネーム、来ました!『STBYの曲名候補に感動』さんからいただきました。

STBY: おおっ!ありがとぉ~ざいます。

じゃっ、もう~、先出しちゃおうか、今日、今、ここで。ねっ。

STBY: そうしますか。

うん、出そう。

STBY: いきますよ。

うん。

STBY: 青空。

青空。

STBY: はい。

はあ~~。

STBY: これはですね。

はい。

STBY: 空は広いじゃないすか?

空は広い…、なんか、広い感じの…、あっ、エンドレスでしたっけ、ね?

STBY: はい、そうです。エンドレス。

はい。空は広い。

STBY: 空は広い。

はい。

STBY: 繋がってる。

繋がってる。

STBY: って、いう意味も込めて。青空です。そのまんまです。はい。青空…

あと、後半にもう1個、お願いします。

STBY: はい。

えーーー。

「この前、相葉くんのラジオで、『2010年に出した嵐のシングル曲を、発売順に言って下さい』と言う問題に、
 相葉くんは2問しか答えられませんでした。
 ラジオでは、『芸能界1嵐に詳しい男』と言ってますが、ニノから見て、率直な感想お願いします。」だって。

まっ、でも、よく出来た方じゃないスか。
相葉さん、今何年かもわかってないのに。

STBY: はい。

2010年っていう、ワード出されて…

STBY: はい。

2コ当てられたっていうのは、僕は奇跡的だと思いますけどね。

STBY: ねっ。そうですよ。

うん。
相葉さん、今何年かわかってないですから。

STBY: んっふっふふふ(笑)何年かわかってない…

わかってないですから。

STBY: ねぇ~。

へぇ~~。

STBY: 天然ですねぇ~。

2010年の、1番最初って何ですか?Troublemakerの年ですか?

STBY: 2010年…、去年ですよね?去年、Troublemaker…

あぁ~あぁ~、の、年か。
まっ、忙しかったのかなっ。ねっ。相葉さん。

STBY: 忙しかったです。

うぅ~ん。

STBY: はい。

まっ、しょうがない…、ンだよね。

STBY: はい。

そりゃ、もう~しょうがない…、しょうがないンだよっ。
問題にするとかじゃなくて。

STBY: しょうがない。

しょうがないンだよねっ、相葉さんに関しては。うん。
ペンネーム『嵐の皆さん、今年もライブがんばって下さい』さんからいただきました。

「『ニッポンの嵐』一般にも発売される事が決まりましたね。」と。
「私は、今年から中学生で、去年私が通っていた小学校にもあったので、
 よく図書館で…、図書室に行き読んでました。」と。えー。
「嵐の皆さんが、それぞれ行った場所の方々にお話しを聞いて、体験したりしていて、
 読んでいて、とてもおもしろかったです。」と。
「二宮さんは、任天堂に行って、マリオの描いてある色紙をもらっていましたよね。
 その色紙は、今どこに飾ってあるんですか?よかったら教えて下さい。」

STBY: ふぅ~~ん。

色紙…、あの色紙というか…、台帳みたいなヤツです。

STBY: あぁ~~、デザイン…画みたいな。

いやっ、あの、普通の、手帳みたいな…

STBY: あっ、そうなンですか。

はい。

STBY: ふぅ~ん。

あと、あの、Wiiの、スーパーマリオの、表紙にサインしてもらった…

STBY: ふぅ~~ん。

それじゃないですか。

STBY: すごい!
 
マリオも描いてもらって。

STBY: へぇ~~。

それはずっと飾ってますねぇ~。

STBY: それは飾りますよね。

飾りますね。

STBY: ねっ。

ええ、ええ。

STBY: そりゃ飾りますよ。

いやぁ~~ぁ~、あれ見る度、ホントすごいコトして来たンだなぁ~って、思いますよねぇぇ~、ホンットに。
いあぁ~、すごい、マリオだもん。

STBY: ねっ。はい。

でも、そうだよね、ニッポンの嵐も発売される…

STBY: そうです、発売されますね。

ねっ。
決定しましたから。

STBY: はい。

ぜひね。

STBY: ぜひね。

ポケットサイズみたいな形になってね。

STBY: そうです。

その…

STBY: ちょっとね、まっ、持ちやすいって言うか…

寄贈図書とは、また、変わった形で、普通に発売されるってコトですもんね。

STBY: はい。

ぜひね、あの、見ていただきたいな、と…

STBY: そうですね。

ねっ。思いますので、ぜひともチェックしていただきたいと思います。

STBY: はい。

ということで、ここで1曲聞いていただきたいンですけど。
なんと!7月の、6日に!

STBY: はい。

発売される、嵐さんの、10枚目のアルバム。

STBY: はい。

「Beautiful World」の、中から、1曲。

STBY: そうですね。

えーっと、「青空」でしたっけ?

STBY: いやっ、違います、違います。

えっ!?

STBY: それは、あの…、タイトル…、候補です。

違いましたっけ?

STBY: 違いますね。 

「ABX」でしたっけ?

STBY: あっ、違いますね。

えっ!?今日掛ける曲…

STBY: 今日掛ける曲は…、ほらっ!発表して下さいよ。

「NKL」ですね。

STBY: 違います。

えっ!?

STBY: 全然違います。

全然違うンですか。

STBY: 全然違います。

あっ!まだ、この曲だけなンですね。

STBY: そうです。

流せンのは。

STBY: はい。

来週は違うの聞きたいね。

STBY: 聞きたいっすね。

うん。もっ1回聞いたもん、この曲。

STBY: そうですね。

ぐっふっふっふふふ(笑)ねっ。

STBY: はい。

われわれ、、もう~そんな…、ね、バカじゃないンだから、耳だって。ねっ。

STBY: はい。

われわれリスナーをなめてもらったら困りますよ。

STBY: そうですか。まっ、徐々に、いっぱい…いろいろね…

もっ、聞いたもん。ってね、なるよ。

STBY: もっかい聞きましょっ。

ホント、じゃあ、もう~あと1回だけですよ、ホンットに。

STBY: はい。聞きましょっ。

じゃ、ねっ。

STBY: はい。

聞いていただきましょう。嵐さんで「まだ見ぬ世界へ」

♪まだ見ぬ世界へ/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの、ニューアルバム「Beautiful World」の中から、えーー1曲聞いていただきました。
「まだ見ぬ世界へ」でした。

はい、今週の大賞は、ペンネーム『STBYさんは本当に焼肉定食が好きですね』さんに、ひまわりさんを。
そして、ペンネーム大賞は、『クラスに、しまじろうのトリッピーがいます』…
あっ!しまじろうのトリッピーだって。
しまじろう「と」じゃないンだ。

STBY: あっ!

オレ、ん…、ずーっと言い方間違えてた。

STBY: あぁ~ぁぁ~。

あれ?でも、それで、なんか、話合わして…

STBY: まっ、話・・・・・まっ、合って…ね…。

あれっ?どういうコトですか?

STBY: あれっ?あぁ~ぁ~~。

しまじろう「の」トリッピー…

STBY: の!トリッピーがいる、と。しまじろうとトリッピーが居るかと思いました。まっ、あの…、ん…、そういうコトですよ。

んふっ(笑)そういうコト?ぐふっ(笑)

STBY: そういう…、なんか…あの…

なんか、そういうコトですよ、ねっ?

STBY: うん、そういうコトですね、うん。

この人に、ひまわりさんあげたいと思います。

STBY: はい。

というコトで、それぞれのレギュラーコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
そして、携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと。

いうコトで、bay storm、27歳最後の、放送でした、ということで。

STBY: もっ、そうなンですねぇ~~。

あっ、そっか。
じゃっ、次、18日ってコト?6月の?19?

STBY: あぁ~19。

あっ。19か。

STBY: そうなンですねぇ~。

いやぁ~、どうしよう。誕生日だなぁ~~。

STBY: どうしましょう。

いやいや、もう~、ぜひ…

STBY: ねえ~。

盛大に祝っていただいて。

STBY: はい。

やっぱ、腐っても芸能人ですから。

STBY: まっ、芸能人…、は、間違いないですけどね。

うん。

STBY: はい。

やっぱ芸能人の誕生日って、すげぇ~派手だと思ってるンすよ。

STBY: あぁ~~。イメージがね。

いやっ、イメージがっていうかねっ!

STBY: はい。

うん、基本の、標準装備として、やっぱり、派手だってのがあると思うので。
来週は、たぶん、すごく派手に、してくれるのかなっと。

STBY: そりゃ、もう~…、派手に、もう~。派手に!

お願いしますね。

STBY: 派手にしましょう!

ぜひとも。

STBY: ねぇ~。

来週も…。
来週?

STBY: はい。

は、もう~28になってる訳だから。
お願いしますね。

STBY: わかりました。

じゃっ、楽しみに。

STBY: はい。

また来週。

STBY: 来週。

お会いしましょう。

STBY: あっ!でも、その…、あの…、思いだした!

はい。
というコトで、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週。 
by arashic-ageha | 2011-06-14 12:16 | bay storm