嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

bay storm 2011.5.1.

全文レポ出来上がりましたぁ~。
楽しいGW過ごして下さいねぇ~。

テレビで、弘前や会津若松の桜の映像がとっても綺麗で、行ってみたいなぁ~なんて提案したら、即
娘に却下された。
だんだん娘が大きくなって来て、親と出かけるのに付きあってくれません(^_^;)
寂しいなぁ~。
末がいつまでも小学生でいて欲しいなんて思ってるGWを過ごしています。
GANTZ PA観に行こうかな。

-------------------------------------


ストップぅ~~

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
ということで、今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『大奥発売おめでとうございます』さんからいただきました。
紹介しましょう。えーー。

「おしゃれイズムに二宮さんが出演した時に、日本一うざいマジシャンとのやりとりが、
 とてもおもしろかったので、マジック中に二宮さんが言った言葉を、もう1度言って欲しくて投稿してみました。」

あぁ~~、なるほど。
ちょっと…、やってもらってイイですか?ちょっと…

STBY: はい。

オレ、思い出せないや。

STBY: はいっ?

あの…、おしゃれイズムん時に…

STBY: はい。

あの…、出た時の、オレの、この「ストップ」って言い方…

STBY: はい…、言い方…

が、

STBY: はい。

良かったンすって。

STBY: なるほど。

だから、ちょっと、言ってもらってイイすか?

STBY: んふっ(笑)えっ!?んっふふふ(笑)

はいっ?

STBY: はいっ?

「ストップ」っていう言い方が…

STBY: あぁ~~ストップ

その、おしゃれイズムの反響たくさんいただいたンですけども。

STBY: あはっ(笑)あぁ~~、なるほど。

はいっ。

STBY: えーーー。

オレが出た時の。

STBY: そうですねぇ~~。出た時はぁ~~、あっははは(笑)

えっ?何?ヘラヘラ笑ってンすか?んふっ(笑)さっきから。

STBY: いやっ、すいません。

あぁ~ゴメンなさいっ。

STBY: はいっ。じゃあ~。

はいっ、お願いします。

STBY:  ストップ!!

ということでね、また、その再来として。

STBY: んふっ(笑)

ねっ。

STBY: 合ってますぅ~?

いやいや…、見て…、

STBY: はいっ、いやっ、あのうぅ~~、

もっ、1週間も経ってるンですけどぉ~~。

STBY: あっはっはははは(笑)1週間経ってますねぇ~。

はい。

STBY: ホッント、ゴメンなさい。あのうぅ~。

何をやってるンですか?1週間。

STBY: いやっ、ちょっと、ホントに…、

もっ、ホントお願いしますよ。

STBY: あはっ(笑)いやっ、もう~、あのう~、やって下さいって言われた瞬間に…、あっははは(笑)

んっふっふふふふ(笑)

STBY: キタなと。

んふっ(笑)何ヘラヘラしてるンですか?

STBY: キタなっと思って…

はいはい。

STBY: ついつい笑っちゃいましたけど。

はい。
じゃっ、もっかい(もう1回)やってもらってイイですか?ストップだけ。

STBY: ストップゥゥ~~↑

んっふふふふ(笑)あっ、見たンスね?

STBY: はいっ?

なんか、そんな感じだったでしたわ。

STBY: そんな感じ…。

う~ん。
あっ、見てたンだね。

STBY: ストップゥ~ですか?

もっかいお願いします。

STBY: ストップゥゥ~~↑ 

あ…

STBY: 合ってます?

あっ、てへっ(笑)ん…、ん…、たぶん間違ってると…

STBY: 間違ってますね。

まっ、このようにですね、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を皆さんから募集していますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それではKAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
DEENで「ブランニューウィング」

♪ブランニューウィング/DEEN♪

お送りした曲は、DEENさんで「ブランニューウィング」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう~。

【神が来た~~】

はいっ、まずこの人、ペンネーム『大奥の、DVD、初回買いました』
ありがとぉ~ざいます。

STBY: ありがとう~ございます。

えーーー。

「こないだの放送で、野球の登場曲の話がありましたよね?」と。

STBY: ふんふんふん。

「私は、中日ファンで、ナゴヤドームによく試合を見に行くのですが、
 ある選手が、登場曲で『Oh!Yeah』を選んでいました。」

STBY: へぇ~~~。

「『Oh!Yeah』が流れてる時は、会場全体が一体感があって、ノリノリでとてもうれしかったです。
 まさか野球を観に行った時に、ナゴヤドームのコンサートを思い出すような出来事があって、
 神が来たという瞬間でした。」と。

STBY: ほお~~~、うれしいですね。

うれしいですねぇ~。

STBY: ねぇ~~。

ええ~。
「Oh!Yeah」が流れてるってコトは、アルバムですか?「Oh!Yeah」

STBY:  そうですね。

ねぇ~~。
素晴らしいじゃないっスか。

STBY: いやぁ~、うれしいですねぇ~、そういった形、を、ねっ。

はい。

STBY: 使っていただいて。

うん。

STBY: ねぇ~。

えーーー、誰なンすかねぇ~?どなたがねぇ~「Oh!Yeah」掛けてくれンすかねぇ~?

STBY: ねぇ~。ありがたいです。

ありがたいです。ホントに。




続いては、ペンネーム『嵐以外にも片想い中』さんからいただきました。

「最近、友達と遊んだ時、UFOキャッチャーに夢中になり過ぎて、お金を使い過ぎてしまった。」と。
「それでバス代が足りないと焦っていたら、なんとお財布の隙間から100円玉が出て来たんです。
 さらに、もう100円。
 私にとっては、まさに神様がくれた200円でした。」と。

STBY: うぅ~~ん。確かにわかる。神が来たって感じですよね。

確かにわかる?

STBY: うぅ~~ん。

おおぉ~~、何?この、状況が?

STBY: な、な、なんとなく、その…

出て来たコトあるンですか?

STBY: うわぁ~お金がない、と、思って、なんか、ふと冷静になった時に。

うん。

STBY: あっ!そういえば、机の中に、千円札を入れてた、みたいな。

何?外に出てってコトではなくて?

STBY: まあ~、ちょっと、この話とは、ね、だいぶ、でも、離れますけど…

んっふふふふ(笑)離れるンですね。

STBY: あっはっはははは(笑)

離れないで欲しかったンですけどね。

STBY: あぁ~そうですか。

うん。

STBY: はいっ?

でも、僕、絶対、お財布の中に、1万円入れてますけどね。

STBY: 入れてますよね。

うん。入れてます。あの…

STBY: なんか折りたたんで、何か、仕舞ってますよね?

そうスね。

STBY: ねぇ~

そうしてますねぇ~。

STBY: ねぇ~。

絶対。
なんか…、なんかあった時にねぇ~、困りますから。

STBY: そうですね。

うぅ~ん。
だっ、それは入れてるなぁ~、ちゃんと。
それ以外は、あんまりなぁ~、使わないもんなぁ~。
STBYとかも、やっぱあるンですか?そういうのは?

STBY: 何ですか?

お財布の中に、ちゃんと…、

STBY: お財布ン中に。

お財布ん中に、その、緊急用って言ったら変だけど、ま~お金が見つからない時に、使えるようなお金って言うのは?

STBY: いやっ、入れてないです。

(STBYにかぶって)ペンネームは、えーー、『しな…、しなんのもやし』さんからいただきましたよ。

STBY: はい。

あるンですか?

STBY: ないです。

「私は、美術部員なんですが、この前、美術部唯一の男子部員が、嵐ファンだと言う事が発覚した。」んだと!

STBY: ほお~。

「なぜ、発覚したかというと、部員のみんなでカラオケに行ったら、何を歌うかを話していた時に、
 その男子部員が、『キャラメルソングは外せないんだよね』と、言ったからなンです。」と。

STBY: うぅ~~ん。

「その後、いろいろ嵐について語り合ったのですが、かなり熱狂的ファンだと言う事がわかりました。
 私は、とても意外な一面を見た気がしました。」と。
「ニノや、STBYは、身近な人の意外な一面を発見した事はありますか?」って。

STBY: ふぅ~~ん。ま、まずは、ちょっと…、うれしいじゃないですか!

…はい。そうですね。

STBY: まっ、全然ね、恥ずかしがるコトもないですしぃ~、

ってっふふ(笑)別に恥ずかしがってないですよ。

STBY: あぁ~~恥ずかしがってない。

キャラメルソングは外せないんだよね、と。

STBY: あぁ~~。

ゆったから発覚しただけで。

STBY: なんかあります?

そんな隠れてもなかったと思いますよ。この彼に関してはね。

STBY: あぁ~~。

ええ。

STBY: うれしいじゃないですか。

意外な一面ですよね、身近な人の。ありますぅ~?

STBY: いやっ、ない…

ありますね。

STBY: ありますぅ?

お願いします。 

STBY: お願いします?んふふ(笑)意外な?

うん。

STBY: うぅ~~ん。あんまりね、そういうコト気付かないンですよね。結構…、鈍感なんで。

意外に。

STBY: 意外にも。

あぁ~、オニギリ、おはようございます。

STBY: オニギリくん。

おはようございます。

STBY: なんかありますぅ?最近、なんか、こう~、この人と付き合い長いのに、なんか…、こんな一面もあったなぁ~、みたいな。

意外な一面?

STBY: うぅ~ん。意外なってコトは、よっぽど驚くってコトですよね?

あっ、ファミコンが。

STBY: はい。

意外に、お酒飲むっていうのは?

STBY: へぇ~~~、あっ、そうなんですか。

うん、うちのマーネジャーさん。

STBY: ふぅぅ~~ん。

なんか、まっ、変な髪型してンすけど。

STBY: はいはいはい。

なんか、何て言っていつも切ってンのかな?っていうような髪型してる…

STBY: うんうんうんうん。

まっ、愛称が、ファミコンなンですけど。

STBY: 愛称がね。

これ意外に飲むンですよ。

STBY: あっそうなンですか。

お酒。うん。

STBY: へぇ~。

なんか、最近、GANTZの、映画の、キャンペーンで、その、いろんな各地に…

STBY: あぁ~はいはい。

お邪魔さしてもらってるンですけど。

STBY: うんうん。

そこで、やっぱ、なんか、みんなで、あの、ご飯とか食べる時に、意外にね、

STBY: ほ~~。

あのう~。

STBY: 飲むと。

飲んでるの見て。

STBY: はい。

嵐の、マネージャーの人って、飲めない人、いっぱいなンすよ。

STBY: うん、多いっすね。多い多い。

うん。

STBY: うん。

3…、えっ?ファミコン…、飲めるのって誰?ファミコンと、ディーぐらい?

STBY: あぁ~~はいはい。

まっ、嵐のマネージャーで飲めるのはファミコンとディーっていう…、謎の愛称の人たちばっかりだから。

STBY: んふっ(笑)まっ、2人ってコトですよね?

うん。
チーフも、まあ~、別に飲めなくはないけど、まあ~、強くもない。

STBY: まあ~。

ですし。

STBY: うん。

ハマも飲めない、アイツは飲めないでしょっ。
だから、意外に少ないンだよね。

STBY: へぇ~~。そうなンすねぇ~。

うん。

STBY: はいはいはいはい。

晩酌するマネージャーって、やっぱいないンじゃない?
たぶん、ファミコンぐらいだと思いますよ。

STBY: うぅ~~ん。お酒、じゃあ、好きなンですね。

うん。
か、まあ~、相当ストレスが貯まってるンでしょうね、過度のストレスが。

STBY: んふふっ(笑)か、ど、の、ストレス。

ねっ。ファミコンには。

STBY: なるほど。

降りかかってるンだと、思いますねぇ~。

STBY: なるほどぉ~。

でもね、まっ、そういうストレス発散法があるのは、イイですよねぇ~。

STBY: そうです。そうです。貯め込むよりはね。そういった形でね。

うん。

STBY: 発散するのはイイ事だと思います。

そうそう。なるほどねぇ~。
ということで、えーー、今日はここまででございますけど。
まだね、えーー、みなさんから、神が来たなと思った出来事があれば、どんなコトでもOKでございますので、ぜひともね、えーー、送って来ていただきたいと思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
柴崎コウちゃんで「ウィッシュ」

♪wish/柴崎コウ♪

お送りした曲は、柴崎コウちゃんで「wish」でした。

えーー、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

どうしたンすか?今、急に。

STBY: えっ!? いやっ、ゴメンなさいっ、すいません。

どうした…

STBY: ひとり言のように…。

あっ、そういうコト…
ペンネーム『ニノちゃんの家政婦のおばさんになりたい』さんです。
いいなぁ~~。そんな生活してみたいなぁ~。

STBY: ねぇ~。

えっ、家政婦…、さんって、何ですか?

STBY: だっ、家のお仕事…

コトをやってくれる…

STBY: 全部、掃除だったり…、ね。

ああぁ~~、助かるなぁ~~。

STBY: いやぁ~~、そりゃぁ~助かりますよ。

ねぇ~。うん。
じゃあ、続いて…

STBY: ええっ!!?

えっ!?

STBY: あっ、ゴメンなさいっ、読んで…、あの…

読んでない。すいません。すいません。えーー。

「私には、今年で10歳になる息子がいる。」と。
「今は、一緒にお風呂に入っていますが、そろそろ年頃なので考えています。」と。
「二宮くんは、いつまでお母さんと一緒にお風呂に入ってましたか?」

いつまで入ってたンだろうか?

STBY: うぅ~~ん。覚えてないモンですよね?

覚えてないねぇ~~。でも、10歳のトコまで入ってたかなぁ~~?たぶん入ってたと思いますけどね。

STBY: うぅ~~ん。

10歳って言うと?

STBY: えーーー、と、小学校…

5年生ぐらいかな?

STBY: そうですね。

4、5年ぐらいだね。

STBY: まっ、4,5年ぐらいですかね。

いやぁ~入ってたと思うけどなぁ~。
でも、イイんじゃないスか?

STBY: うん、イイと思いますよ。

あのう~、本人が嫌がってからでも遅くないと思いますよ。

STBY: はい。親子ですしぃ~。

うん。
親子ですしね。

STBY: そうですよ。

うん、そうそうそう。
イイと思うンだけどなっ。

STBY: イイと思いますよ。

得てしてね、こういうのは、子供から先に嫌がるンすよ、絶対。

STBY: そうですね。

ねっ。
んんっ(笑)まっ、子供いないですけど。

STBY: あっはっははははは(笑)

僕、子供代表としてね。

STBY: 代表としてね。

うん。
ペンネーム『和くんの明星魂が好き』さんからいただきましたよ。

「映画雑誌で、GANTZの神戸ロケのトイレが怖い場所にあったというのを読みました。」と。
「おもしろそうなので、ぜひ、この話し聞かして下さい。」だって。

STBY: えっ?どこのトイレだろ?神戸ロケでの?

神戸の…

STBY: あの、セットの中ですかね?

あっ、中です。中です。

STBY:  トイレ…、僕も行きましたけど…。

怖くなかったっスか?
めっちゃ遠かったでしょっ?

STBY: あっ!遠かった!!あぁ~遠かった、遠かった。はいはい、思いだした。

めーっちゃ遠いトコにあって。

STBY: あった。あった。

自分らの待機場所、から。

STBY: はいはいはい。

あのう~、なんかさ、駐車場の、

STBY: うん。

2階とか屋上に上がる階段の横にあったでしょっ?トイレが。

STBY: 確かに怖い。

あれ、怖かったよね。
で、あそこにユーレイが居るっていう、噂が流れて。

STBY: んっふっふふふふ(笑)

1人で行くのとか、めっちゃ怖かったンすよぉ~。

STBY: あぁ~怖い、怖い。怖い、怖いっすねぇ~、確かに。夜は。

いやぁ~、まっ、夜しか行ってないからさぁ~、あそこ。しかも。

STBY: あっ、そっか、そっか、そうですよねぇ~。

怖かったぁ~~。
いやぁ~、だいぶお世話になった場所ではあるンだけど。

STBY: そうですねぇ~。

なぁ~ンで、あの待機場所の近くにトイレがなかったンすかね?

STBY: ねぇ~。

待機場所の、あの、ビルって言うか、建物の中にトイレ1個あってもイイものなのに。

STBY: うぅ~ん、なかったですねぇ~。

そう、なかったのよ。

STBY: ですよね。

うん。

STBY: 確かにそうだ。

そう~、不思議な造りでしたよね?

STBY: ねぇ~。不思議でしたねぇ~。

あぁ~~、怖かったなぁ~、あれ。

STBY: あぁ~確かに。僕も、あそこは怖かったです。

来てましたっけ?

STBY: 1回…、1度お邪魔しましたけど。そン時に、トイレ行ったンですよ。「トイレどこですか?」っつったら、なんか「あっちの方…」

えっ、えっ、何で来たンすか?

STBY: いやっ、ちょっと、差し入れを…、お持ちし…

なにぃ~?差し入れって。差し入れしましたっけ?

STBY: はい。

あっ全然覚えてないやっ。

STBY: 覚えてないッスか。残念。

ねぇ~。

STBY: はい。

来てたンだ。

STBY: はい。行きました。

その日に帰ったンすか?あっ、泊ったよね?

STBY: そう、泊って…

あぁ~思い出した。

STBY: 泊りましたよ。

ねぇ~。

STBY: はい。確か同じホテルだったような気がします。

んふふっ(笑)確かだよ、たぶん。
同じホテルでしょっ、それは。

STBY: そうですね。

懐かしいぃ~。
続いて、ペンネーム『ハナミズキ』さんからいただきました。
えーとー。

「この前の、VS嵐スペシャルがありましたよね。」と。
「新ゲーム、キッキングスナイパー、ニノが考案したということですが、実際にやってみてどうですか?
 また、このコーナーや、スペシャルでの裏話があったら教えて下さい。」だって。

やっぱサッカー…、蹴るモンやっぱ欲しくないですか?

STBY: うんうんうんうん。

まっ、あなた、出てないから、まっ何とも思わないでしょうけど。

STBY: ぬはっ(笑)思わないですけどぉ~。まあ~、あれ、おもしろいじゃないですか。

そう。

STBY: ねっ。

やっぱ、蹴るモノって、やっぱねぇ~、なんか、ストレス発散になりますよね。

STBY: うん。

倒れたら。

STBY: そう。だから、あれ、蹴って、なんか上手いコト、こう~全部バーって倒れたら…

そう。

STBY: 気持ちイイっすよね。見てる方も、楽しいっすよ、あれ。

え…、MDAって言う…

STBY: あぁ~はいはいはいはい。

コーナーがあるじゃないスか?

STBY: ありますね。

落ち…、誰かが落ちると、その、下に、こう~バーって、四角い…、色んなサイズの四角いスポンジが入ってるンですよ、怪我しないように。

STBY: 入ってますね。

それがね、溢れちゃうわけですよ。

STBY: はい。

人が、そこに入ると。

STBY:  はい。

そうすっと、その溢れたのを、蹴って、中に入れて…

STBY:  あぁ~~。

戻してたンすよ。

STBY: はいはいはいはい。

そン時に、あっ!蹴るゲーム欲しいね、つって話しになって。

STBY: ほぉっ。

ほんで、それになったンすよね。

STBY: へぇ~~。そうだったンすねぇ~。

うん。
あれ、絶対やりたいと思うわ。

STBY: あぁ~、あれ、僕もやってみたい…

小学生のサッカーやってるヤツとか。

STBY: 楽しいですね。

絶対やりたいと思うよ。
あれ、楽しいもん。

STBY: 見てて…、見てても楽しいですもん。

まだ1回しかやったコトないけど。

STBY: ねっ。

うん。

STBY: ぜひ、継続していただければ…

あっ、はい。ゲームの方は…、継続してますよ。

STBY: あっはっはははは(笑)

わたしは1回しかやってないっていうだけで。

STBY:  あっ、そうか、1回しかやってない…あっひゃっひゃっひゃ(笑)

ペンネーム『二宮くん…みたいにギターを弾く』さんからいただきましたよ。

STBY: はい。

「二宮くんは野球が好きで得意とよく聞きますが、特にどこのポジションを守るのですか?
 わたしも結構、野球が好きなので、とても気になっちゃいました。
 どうか教えて下さい。」と。

STBY: うん。

まっ、わたしはファーストですね。
でもっ、もっ、最近のお気に入りは外野です。

STBY: 外野…、外野のどちらですか?レフト…

いやっ、どこでもイイっす。もう~外野、結構楽しいンで。

STBY: あっ、外野か。ほお~。

あの、バッターを見て、こう~守備範囲を、移動させるって、いう…、予測がすごく楽しいですね。

STBY: あぁ~~。

なんか、キャッチャーやってるみたいで。

STBY: あぁ~なるほどね。

うん。
そう、それがすごい楽しいンですよ。ええ。
1歩も動かないで捕った時とか。

STBY: うん。

もう~、なんか楽しくてしょうがないっスよね。

STBY: 神が来たって感じですか? 

うん。
センター守ってて、ああぁ~もうちょいこっちの奥だな、みたいなトコ動いてって。

STBY: はいはい。

もっ1歩も動かないで捕った時とかあるンですよ。

STBY: ほお~。

そういう時とか、なんか、もう~、

STBY: 当たったぁ!みたいな。

うん。
ヤッタね!つって。

STBY: あぁ~~。

なるよね。

STBY: わかりますね、それ。

わかる?

STBY:  わかります。

野球やってたモンね。

STBY: 野球やってたからわかりますよ。

どこ守ってたンでしたっけ?

STBY: 僕は、サード…、を、守ってましたね。

あぁ~サードね。

STBY: はい。

ガッツがあればって、トコね。

STBY: そうですね。割と。

ねっ、それが1番大変だよ、サードが。

STBY: サード…、大変ですね。

うん。

STBY: ファーストも大変ですけどぉ~。

でも、ファースト…、飛んでくるコトって、ほとんど…、あんまないから。

STBY: まあ~、飛んでくるコトないですけどぉ~。

うん。

STBY: こう~投げたヤツが飛んでくる…、じゃないですか?

うん。

STBY: もう~それ全て処理しなくてはいけないのでぇ~、あれは難しいだろうなっと思って。

でも、投げて来るのとかもさぁ~。

STBY: うん。

もう~練習である程度…

STBY: まあ~。

わかるじゃん、速度とかさぁ~。
ワンバウンドになった所でさぁ~。

STBY: まあね。

予測できるじゃん。

STBY: うぅ~ん。

だっ、な…、打球ってあんま予測出来ないじゃん。
どのスピードで来るか、とかもさ。

STBY: まあ~確かに、打球はね。

そう考えるとね、結構ファースト楽ですよ。

STBY: ほお~。

楽って言うか、捕りやすいっすよ、結構。
続いて、ペンネーム『STBYの事を、スペシャル・トラブル・ビジネス・エールさんって呼んでいいですか?』

STBY: はい、どうぞ。

あっ、トラベル…

STBY: あぁ~、なるほど。

スペシャル・トラベル…、あっ書いてあった、ちゃんと。ビジネス・エールさんって呼んでイイですか?

STBY: イイですよぉ~。

イイんですか?

STBY: あぁ~イイっすよ。もちろんです。
 
うん。

「こないだの放送で、STBYは、あのう~『ホ』の付くマンションに住んでるって…、言ってましたよね?」

STBY: んふっ(笑)はいはいはい。

「そこでふと思ったんですが、STBYの住んでる所って、『ホーンテッドマンション』ですか?」
「1階付近を捜していれば、会えますか?」

STBY: んっふっふふ(笑)

ぜひお答えくださぁ~い。

STBY: いやっ、ではないです。

ああぁ~↓

STBY: はい。

一生懸命のボケを「それではない」っていうコトでイイですね?
一生懸命…

STBY: はい。

15歳の中学3年生が、一生懸命ボケてくれたボケに対しての…

STBY: あっひゃっひゃっひゃ(笑)

一言は「それではないですけど」でイイんですね?

STBY: はい。

イイんですよね?

STBY: いやっ…

ホーンテッドマンションですか?

STBY: はい。

ええーーーっ!なんだ。

STBY: そうです。そうです。

やっぱり!

STBY: はい。ホーンテッドマンションです。

ああぁ~~。ホーンテッドマンション…、ん。なるほどねぇ~~。

STBY:  そうです。

そりゃどうりでわかンないわけだ。
あっ、で、L字の庭が付いてるトコ捜せばイイんだ。

STBY: そうです。そうです。そうです。ホーンテッドマンションです。

あったかなぁ~~?ホーンテッドマンションでL字の…、庭がある所…

STBY: うぅ~~ん。ホーンテッドマンション…。

あっ、じゃっ、唯一の…、人間…、なンですね?

STBY: そうなンですよ。唯一の、人間、んふっ(笑)なンですよ。あはっ(笑)

んっふふ(笑)何ヘラヘラ笑ってるンですか?

STBY: んっふふふ(笑)なんとなく…

えーーー、あーー、そうなンすねぇ~~。

STBY: はい。

あぁ~、良かったね、この子もねぇ~。うん。

STBY: ねぇ~。ありがとうございますホントに。 

見たンじゃないンすか?この子、たぶん。

STBY: ねっ。たぶん、見て…

うん。

STBY: 1階付近を…

なんか、STBY似てるなぁ~みたな、あの人STBYかなぁ~っていう風に…。

STBY: ああぁ~~。

たぶん、探して… 
だからゆってるンじゃないですか?

STBY: あぁ~なるほどねぇ~。

ホーンテッドマンションなンですよね?

STBY: そうです。そうです。

うん。

STBY: はい。

それでダイジョ(大丈夫)…

STBY: んっふっふふふ、あっはっはははは(笑)

まあ~。

STBY: まあ~。

まあ~。

STBY: ま~、ま~、ま~。

まだね、えーー。

STBY: うん。

このね、嵐だったり、僕への個人的な質問、大募集しておりますので、ぜひとも、【裏嵐】のコーナーまで送って来ていただきたいと思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
シーモさんで「約束」

♪約束/SEAMO♪

はいっ、今週の大賞は、『STBYの事を、スペシャル・トラベル・ビジネス・エールさんって呼んでイイですか?』さんに、銭湯に行くって言うさんを。
ペンネーム大賞は、『しなっしなのモヤシ』さんに、ひまわりさんをあげたいと思います。大事にして下さい。
そして、それぞれのレギュラーコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。

ということで。
bay stormそろそろお別れの時間なのですが。
最後に、じゃあ、STBYから一言ね…

STBY: はい。

いただきましょう~。

STBY: ゴールデンウィーク

というコトで、お相手は、嵐の二宮和也でした。また来週。
by arashic-ageha | 2011-05-02 23:40 | bay storm