嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2011.4.24

GANTZ PERFECT ANSWER公開しました~。
初日、地元のシネコン満員でびっくり。
パート1の時より人が溢れていたような…。
最終日、最後のパート1も行ってきたんですが、そこでもたくさんの人が埋まってました~。
暴風雨の中の初日だったけど、大盛況で良かったですね。
もう~ハラハラしたり、ドキドキしたり、考えさせられたり、そして切なく。
長く、長く、上映されますように。
そして、まだ公開されてない映画館でも上映される日が来ますように。

-------------------------------

起立!気を付け!礼!

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『KMCY』さんからいただきました。
紹介いたしましょう。えーー。

「私は中学2年生になり、クラス委員長になりました。」と。えーーー。
「毎時間の号令が上手く出来なくて、毎日、全力投球です。
 それで、二宮さんが委員長だったらイイなぁ~、うれしいなぁ~なんて考えていました。」と。
「これから1年間、号令を、全力投球でがんばりたいと思います。」と。

はぃえぇ~~。

STBY: はい。

えっ!? あ…、すごい遅れて来ましたね。

STBY: あっ!すいません。

いえっ、とんでもないっす。

STBY: いえいえいえいえ。全力投球でねっ。

うぅ~~ん。委員長ねっ。

STBY: うぅ~~ん。

やったコトありますぅ~?

STBY: いやっ、そういう、なんか、こう~リーダーシップ的な、所はぁ…、ない、ですねぇ~。

でも、まあ~、わたしもやったコトあるのかな?そういうコトで言うと。

STBY: おっ!そうなンすか?

たぶん、やったコトあると思うよ。

STBY: へぇ~~。

たぶんね。

STBY: 号令とか…、

あっ、号令とか、日直の人だから、オレの学校は。

STBY: あっ、そっか。ふぅ~~ん。

たぶん、やってたと思いますね。

STBY: そんな過去があったンですねぇ~。

んん…、まっ、そんな…、あのっ、

STBY: はい。

なんて言うのかなぁ~。知られてない、んふっ(笑)過去っていう…、感じでもないけど。

STBY: あっはい。

そんな大きなコトでもなかった…

STBY: まあ~。

すぅ~~。
なんかやってたなぁ~。

STBY: ふぅ~ん。

うん。
でも、代表って感じはしなかったけどねぇ~。
小学校だもん、オレ、だって、やってたの。

STBY: あっ、そっか、小学校だもんね。

うぅ~ん。

STBY: そんなにね、あれですけど…

クスン(花粉症だったのねぇ~++)でもやってないもんなぁ~、別になぁ~。

STBY: 緊張しますよね?

はいっ?

STBY: 緊張しますよね?

あっ、しないです。

STBY: あぁぁ~、はいはい。

このように、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集していますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それでは、KAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
ファンキーモンキーベイビーズで「ランウェイビート」

♪ランウェイビート/FUNKY MONKEY BABYS♪

お送りした曲は、FUNKY MONKEY BABYSさんで「ランウェイビート」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお届けしておりますbay storm、ん…、続いてはこちらのコーナーをお届けしましょう~。

【シャッフルファイト・キーワード】

STBY: シャッフルして下さい。

ガサガサガサガサ、ガサガサ(紙の音)

STBY: んっふっふふふふ(笑)はいっ。

さっ!えーー、キーワードは「季節外れ」ということで、ペンネームは『リーチ』さんからいただきました。えーー。

「先日」えーー。「登校途中に、蝉を見つけて…、ました。」へぇ~~。見つけてた?見つけましたかな?
「最初はおもちゃかと思っていましたが、近づいてみると、やっぱり本物。
 これも地球温暖化の影響でしょうか?
 桜と蝉の、異色のコラボレーション、ある意味、貴重な体験となりました。
 二宮くんは…、STBYさんは、最近、季節外れのモノ見たりしましたか?」だって。

STBY: おおっ!蝉!?

蝉見たンすって。

STBY: へぇ~~。この時期に。

はい。

STBY: 春ですよねぇ~。蝉は、普通、夏ぅ…、なンすかね?

夏、んふっ(笑)じゃない、の?ぐふっ(笑)そりゃ。

STBY:  夏ですよね。

わたしは、夏以外に会ったコトはないスけど。

STBY: なかなかレア…、貴重な体験を、ね。

はい。

STBY: なんかありますぅ~?季節外れの…、あっ、春なのに、こんな…

今日、なんか、すごい喋りますね。

STBY: あれっ?ぐふっ(笑)喋ってますぅ~?

いやっ、結構、今日、なんか…

STBY: あっ、イイ感じですか?

仕切りみたいにして、喋ってますけど。

STBY: あっ、すいません。

いやぁ~~、なンですかねぇ~~。
季節外れのモノってねぇ~。

STBY: ねぇ~。

でも、蝉は見たコトないかもなぁ~~。

STBY: まあぁ~、蝉はなかなか…、この時期は、見ないですよねぇ~。

うん。
桜もすぐ…、なんか、散っちゃいますよね。
桜の季節って、なんで、あんなに風がスゲェ~強く吹くンすかね?

STBY: ねぇ~。ずーっと風吹いてますもんね。

ずーっと吹いてるよね。

STBY: ずーっと吹いてます。

ホントに、何にも無くなっちゃってさぁ~。うぅ~ん。
まあ~、ま、ま、全然、あるにはあるンだけどぉ~。


STBY: ええ。

こう~、散っちゃうよね。

STBY: 散っちゃいますね。

でも、ああいうのがイイんだろうな。桜吹雪とかもな。

STBY: そう、そう、そう、そうですよ。

豪華だよね。

STBY: なんか明るくなるじゃないですか。桜が、咲くと。

あぁ~~ホントですかっ。

STBY: なんか明るくなりません?

えっ、なんで2回言ったンすか?んふっ(笑)

STBY: あっはははは(笑)

2回、おっきな声で。

STBY: いやっ、なんか、こないだね、ふと思ったンすよ。

うぅ~~ん。

STBY: 桜が咲いてる所を通ると、なんか、明るい感じが…

まっ、好きなンでしょうねっ、おたくが。

STBY: あぁ~、なるほど。

うん。
桜の、植えてる、所って、やっぱ、相当計画的に植えてるはずじゃない?ああいう並木になるってコトはさ。

STBY: うぅ~ん。まあね。

学校とかさ。

STBY: はい。

やっぱ、イイとされてる、イイ印象があるな、桜って。

STBY: うぅ~ん。

別に悪くはないンだけどさっ。

STBY: まあね。









なんか、そういう印象があるよね、やっぱね、季節の始まりっていうかさ。
ガサガサガサガサ(紙の音)じゃあ~、これっ!
キーワードは「季節外れ」ということで…

STBY: あぁ~、すいません。

はいっ?

STBY: こちらです。それ、さっき、読みましたよね?

あっ!ゴメンなさいっ。

STBY: すいませんっ。じゃっ、も1回…

ガサガサガサガサ(紙の音)

STBY: これ…、ちょっと…、あの…、読んだンですが。んっふっふふふふ(笑)

ガサガサガサガサ(紙の音)
じゃあ~これっ!

STBY: あぁーーっ!あーーっ!

あーーーぁーーっ!あ~あぁ~。

STBY: はいっっっ!

はいぃ~、破った!STBYが。

STBY: はいぃ~~、すいません。

よくないなぁ~ホントに。
ペンネーム『食べれないけどハマチが好き』さんからいただきました。
キーワードは「片づけ」

「私は、片づけが苦手です。
 気付いたら、タンスに仕舞われていない服が、机の上に山積み。」と。
「物の位置も決まってないっす…」
「決まっていないせいで、どこに…、どれがどこにあるかわからなくなるんです。」と。グーースン(おっつ;;しんどい?)なるほどね。
「だから、毎月…、毎日1回は、何かを探しています。
 二宮くんとSTBYは、片づけ上手ですか?」

STBY: うぅ~~ん。片づけ。

はい。
お上手ですか?

STBY: いやっ、上手っていうかねぇ~、僕は、すぐ捨ててしまうンすよ。

物を。

STBY: 物を。なんでもかんでも。

あっ、わたしはね、片づけます。

STBY: あっ、片づける派ですか。

はい。
もうねぇ~、オレねぇ~、1回やったら、もう~、なかなかやンないけど、1回やったら凄いってパターンの人です。

STBY: あっ。トコトンまで。

はい。

STBY: やり続けると。

はぁい。
そっち側のパターンですね。

STBY: いやっ、でも、イイ…、イイ…、イイじゃないスか。

だから、なかなかやンないスよ。

STBY: ふぅ~~ん。

ホントに。
ちなみに、何を…、何を捨てるンですか?そんなに?
捨てるモンないでしょっ?そんなに。

STBY: いやっ、まっ、そうなンですけどぉ~、服だったり…、とかぁ~、

はい。

STBY: なんか…、あるじゃないスか?なんか…、こんなのとっててもしょうがないなってヤツ…、を、とっとく…、

あぁ~まあね。

STBY: パターンあるじゃないですか?

うんうん。いっぱいになるよりかはってコトね。

STBY: そうです。

あぁ~~はいはいはい。

STBY: それが、もう~僕は片づけるイコール捨てるです。

へぇ~。
オレはね、もう~なんか、あれですね、たぶん、整理、整頓は、好きだと思います、やらないだけで。

STBY: あっ、なるほど。

やったら、すごい才能は持ってると思います。

STBY: んっふっふふふふ(笑)黙々とやるンすか?それは?

やらないだけですけど。はい。

STBY: へぇ~~。

だっ、パソコンとかは綺麗ですよ。

STBY: あっ、わかる。

ホンットに綺麗。

STBY: あっ、その、画面上に、なんか整理整頓とか、そういうコト?

そうです。

STBY: あぁ~ぁ~。それわかりますね。それ、僕もそうです。

えっ!?

STBY: すぅ~ごい綺麗です、僕も。

一緒なの?

STBY: はい。

うそでしょっ?

STBY: いやっ、ホントに。

ホント。

STBY: 僕もね、それ、許されないンですよね。

うん。

STBY: なんか…、こう~、よく画面上にいっぱい出てるのあるじゃないですか?

あぁ~はいはい。

STBY: それ…、ファイルとかね。

うん。

STBY: あれ、ちょっとダメなンですよね。すぐ、綺麗にフォルダ作って、1つにまとめたりとか、きれぇ~~に。

わたしもそうですね。うん。
でも、最近のパソコンって、やっぱ、頭がイイからね。

STBY: そうですね。

うん。
だっ、オレ、ハードディスクの、アイコンの場所とかも決まってるもんね。

STBY: あっ、同じだ。んっふっふふふ(笑)同じです。

そう。
なんか、起ち上がると、ぼっく(僕)が使ってるパソコンって、起ち上がると、僕の好きな所にアイコンが居てくれないンですよ。

STBY: あぁ~はいはい。

いつも、なんかね、違うトコにね、ホーンパッド(?)されンのよ、アイコンが。
だから…

STBY: 移動する訳ですね。

うん。毎回移動して、いつも並び替えてるの。

STBY: わかります、それ。

なんでなんねぇ~ンだろうなぁ~?ひっかっかてンのかなぁ~?

STBY: 僕は、もう~それ、消しちゃいますけど。

僕は、もう消しちゃう?

STBY: あの、ハードディスクの、その…、なんか、出てくるじゃないですか?

あぁ~はいはいはいはい。

STBY: 出ないようにしちゃいます。設定しちゃいます。

あぁ~、もう、そもそも?

STBY: そもそも。

じゃっ、画面何にもないンですね?

STBY: 画面何にもないっていう。

ふぅ~~ん。
ちなみに…

STBY: はいっ?

壁紙、何ですか?

STBY: 壁紙ですか?

はいはいはい。いやっ、気になるだろうなって思って。

STBY: 壁紙は…、普通の、なんか、こう~海辺の…

うん。

STBY: 壁紙ですけど。

それ、もう~中に入ってる、ヤツなの?

STBY: 違います。

自分で撮ったヤツなの?

STBY: ぐふっ(笑)自分で撮ったヤツ、あっはっははは(笑)そうしたいンです。

何でそんな笑うンですか?

STBY: いやっ、なんか…、あっはっははは(笑)笑っちゃった。あっはっはは(笑)

あぁ~なるほど。

STBY: そうなンです。ダメなンです。あの…、元々付いてる物じゃなく、こう~オリジナルティーを出したいって言う…

あっ、もう~そういう風にしたいって…

STBY: そうです。

へぇ~~。

STBY:  そういうタイプです。

あっ、全然、僕も壁紙変えてますよ、普通に。

STBY: あっ、じゃっ、自分仕様の。壁紙ですね。

自分…、う…うん、そうっスね、自分仕様っスね。
でも、結構、ねんか、最近って、ああいうの、あの~、ホームページとかに行くと、そういう壁紙とか、ダウンロード…

STBY: ああぁ~。

出来る、トコとか、いっぱいありますよねぇ~。

STBY: あぁ~なんかありますねぇ~。

だっ、わかンない。GANTZとかやってンのかなぁ~?
わかンないけど。

STBY: あぁ~~。

たとえばGANTZのホームページ行ったら、そのGANTZの、なんかオリジナルの壁紙、ダウンロード、とか…、あるよね?

STBY: あぁ~~。ある、の、かな?

いやっGANTZがどうこうじゃなくて。

STBY: あぁ~、まあ~、そういうね、あぁ~、映画…、とかね。

とかね。

STBY: なんか、いろいろありますよね。

あるよね。

STBY: はい。

ああいうので、やっぱ、みんな全然変わってたりするンだろうね?壁紙とかね。
ああいうのとか、やっぱ必要なンだろうなっ。

STBY: うぅ~ん。

うぅ~~ん。

STBY: まぁ~そうですよね。

パスワードとか設定するンですか?すぐ?

STBY: します。します。

何ですか?

STBY: えっ!? ここで発表するンですか?

はい。ピー入れるンで。

STBY: ホントにピー入ります?

はい。

STBY: 僕は暗証番号は全て、んっふふ(笑)知ってるじゃないっすか?あっははは(笑)

奥さんの誕生日ですよね?

STBY: そうです。そうです。そうです。あっははは(笑)

なんで、それ、奥さんの誕生日にしたンすか?

STBY: いやっ、忘れないっていう…、絶対に。

それ何?

STBY: ん?

暗証番号を忘れないのか、奥さんの誕生日を忘れないのか、どっちなンすか?

STBY: 暗証番号を忘れない。

あぁ~~。なるほどねぇ~。

STBY: はい。忘れない。

忘れちゃうもんね。

STBY:  忘れるンですもんね、これ、結構。

忘れちゃう。オレも忘れちゃうもんなぁ~。

STBY: そうです。

はいっ?

STBY: 以上です。

あっ以上?

STBY: 以上です。次いきましょう~。

あっ、はい。

STBY: はい。

なるほど。
じゃあ…

STBY: はいっ?

なんか…

STBY: 行きづらくなっちゃいましたぁ~?

いやいや、おもしろいコト言って、下さい。

STBY: おもしろいこと!?

うん。

STBY: うぅ~ん… 

今日あった、おもしろいコトにします?じゃあ。

STBY: なんかないかなぁ~?

ココに来るまで、とか。

STBY: うぅ~ん。さっきね、相葉さんと一緒だったンですよ。

へぇ~~。仕事で?

STBY: 仕事で。

はいはい。

STBY: で、ちょっと、服ぅ~、服の話しになったンですよね。

うぅ~ん。

STBY: んっふふふ(笑)

おシャレな、トークのゾーンに行ってしまった…

STBY: いえいえ、あの…、全然オシャレとかじゃなくてぇ~、僕が、いつも、二宮さんに、同じ服着てるね、つって、んふっ(笑)新しいトコに挑戦したらって、んふっ(笑)言われたって言っときました。そしたら笑ってました。あっはっはは(笑)

だって、

STBY: はい。

ざっくり…、相葉さん、STBYのコト嫌いですもんね。

STBY: あっ、そうなンですか?あっ、知らなかった。

だっ、いっつも笑ってるじゃないですか?STBYの言ってるコトに。

STBY: 確かに。嫌いの裏返しってコトですね。

えっ!?それ…、ん…、嫌いの裏返し…、

STBY: んーんー違う…

まあ~、まあ~、あんま…

STBY: あっ。

ゴメンなさい、なんか…、急に、シビアな方放り込ンじゃやって…。

STBY:  あっ、そうだったンですねぇ~。

まっ、今日はね、ここまででございますけど、まだまだね、トークのお題ね、キーワード募集しておりますので、送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう~。
ミスターチルドレンで「かぞえうた」

♪かぞえうた/Mr.Children♪

お送りした曲は、Mr.Childrenさんで「かぞえうた」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

ペンネーム『STBYさんってMですか?Sですか?』さんからいただきました。

「二宮くんは、よくマジックを鳴らす…、する時、指を鳴らすじゃないですか?」と。
「あれって、どうしたら鳴るようになるのですか?
 私は、何回もやっても鳴らないんです。
 あと、鳴るようになったのって何歳ぐらいでしたか?教えて下さい。」だって。

じゃっ、まず、Sですか?Mですか?から答えましょっか。

STBY: んふっふふふふ(笑)いやぁ~、あんま自分を計ったコトないっすけどぉ~。

計る機械があるンですか?

STBY: ないです。

うん。

STBY: いやっ、どっちなンすかねぇ~。

どっちなンすか?

STBY: どっちに見えます?

うぅ~~~~~~ん。

STBY: うぅ~~~ん。

M…、ですかねぇ~、S…、ですかねぇ~~。

STBY: まっ、Mだと思います。

んっふっふふふ(笑)

STBY: おそらく…

あれっ?今、わかンないって言った…

STBY: いやっ、わかンないですど、おそらくね。

んん、あっ、おそらくね。あっ、なるほど。

STBY: はい。

じゃっ、続きまして…

STBY: えっ!?指の…、指の、あの、トークは、どうなったンですか?

あっ、指のトーク。

STBY: ええ。どうやるンですか?こう~?こういうコトですか?パチン(指の音)パチン(音)

あっ、そう~じゃないスか。

STBY: これ、僕もね、あんま鳴ンないンですよ。

パチン(STBYより高い音)パチン。でも、オレも鳴ンないです、そんなに。パチン、パチン、パチン。

STBY: あっ、そうそうそう、なんか、こう~、なんか、たかぁーい感じの、音が、なんか、キーンって…

ずーっと、鳴らし続けたらイイんじゃないスか?

STBY: あぁ~~~。

パチン、パチン、パチン。

STBY: あぁ~、綺麗…、綺麗に鳴りますねぇ~~。

うぅ~~ん。
でも、昔…、踊ってる時からずっと…

STBY: うぅ~~ん。

なんか、踊りの、振り付けン時に、必ず、こう~指鳴らす…、

STBY: はいはいはい。

振り付け師の人…、で、

STBY: あっ、居ますよね。

それで、振り付け教えてもらってたンで。

STBY: それがなんとなく、こう~移ってた、みたいな。

うん。

STBY: ふぅ~~ん。

実際、だから、鳴るようになったのって何歳ぐらいなンすかね?
入ってからじゃないスか?ジュニアになってから…

STBY: ふぅ~~ん。

もう~13歳ぐらいから、すっと。
パチンパチンパチンパチン…
何万回も鳴らしてるからね、そう考えると。

STBY: じゃっ、訓練すればある程度はなるっていうコトですね?

なるなる、全然なるンじゃないスか。

STBY: へぇ~~。すごいな。

パチンパチンパチン…
どうやって鳴らしてンだろ?
うん、でも、なんか…、うん。なんか、こう~練習してればなるンじゃないスか?
パチンパチンパチンパチン…
絶対、だって、オレも練習してるつもりなかったけど、踊りの振りで…

STBY: やってるうちに、なんとなく出来ちゃった。

そうそう、あるから、絶対。だから鳴っちゃったンだよね。

STBY: うぅ~~ん。

鳴っちゃったっていう言い方もおかしいけどねっ。

STBY: まあ~鳴るようになっていうね。

そうそうそう。
ペンネーム『鍵探しやってみたい』さんからいただきました。

「おしゃれイズム見ました。
 ニノちゃんは、お酒を飲んだら、鍵を自分で隠して、探すゲームをする言っていましたが、昨日はどこに隠したんですか?
 ゲームのエピソードなど、よかったら教えて下さい。」

やったコトあります?

STBY: えっ!? 鍵を自分で失くす?あっ、隠す?

隠すンですよ。

STBY: 自分で隠した物を探すってコトですよね?

そうそう、お酒飲んで。

STBY: それ、だって、わかるじゃないですか?自分で隠してる訳ですから。

いやいや、もお~、これ、ちょっと案外わかンないンですよね。

STBY: はいっ?

うん、案外わかンないンだよなっ。

STBY: 何がわかンないンですか?

鍵の場所だろうね。

STBY: あぁ~鍵の場所。意外にわかンないですか?

わかンないよ。

STBY: こう~、ちょっとほろ酔い気分なので。

うん。
だって、昨日食ったモンとかだって、だって別に、たいして瞬時に思い出せないっしょっ?

STBY:  そうなンですよ。それは、そうです。

そうでしょっ?

STBY: うぅ~ん。

それと、ほとんど一緒だから。
どこに隠したっけなぁ~って、なるンすよ!
最初はねぇ~、なんか、別室とかに隠しに行っちゃいますけど。
わかりやすいようなトコに。
わかりにくいトコに行ったりするンすよねぇ~。時々ねぇ~。

STBY: 本気で見つからない時とかあるンすか?

あるよ。そんなの。何回も。
ありますよ。

STBY: どうするンすか?

だって、あの、写真撮ってますから。

STBY: あぁ~~~!賢い。

いやっ、賢いって、そんなリアルにやらないしょっ。

STBY: あっはははは(笑)

家出れないわ。

STBY: あっはははは(笑)

それ。

STBY: あぁ~~。なるほどね。

うん。

STBY: あぁ~~はいはいはいはいはい。

えっ!?っていうか。

STBY: えっ!?

おしゃれイズム…、見て…、ないン…、ですか?
この話を、なんか事細かく聞いてくるから。

STBY: いやぁ~~。

すごい、オレ、ちょっとビックリしてンすけど。

STBY: えっ!?

えっ!?
いやっ、もう~、これ、全部、おしゃれイズムで言ってるコトなンです…

STBY: そうですね。

ねっ。
あれっ?

STBY: ちょっと、録画してて、まだ…、見てないンですよ。

いやっ、なんか、すぐ、それ言うじゃないスか?録画してて見れてないって。

STBY: いやいや。このねぇ~、やっぱ録画に頼っちゃダメですね。

う、う、そうだし、もう~何テラあるのかもわかンないですよ。
STBYの、その、ハードディ(スク)…、どこで売ってるンですか?

STBY: んっふっふふふふ(笑)

そのレコーダー。

STBY: いやっ、あの、会社で録ってあるンですよ。

もっ何10テラぐらいの、容量ですよね。

STBY: はい。

さっきからずーっと。

STBY: はい。会社の…

これも、じゃあ、まだ見てない。録画したから。

STBY: 見てないです。

あと、他に、何見てないンですか?

STBY: んん?ふ?ふ?

んふふん、じゃなくて。

STBY: んっふふふふ(笑)

なんで急に陽気になるンですか?

STBY: あっはっはははは(笑)

おかしいでしょっ?

STBY: いやっ、見ます、見ます。ねぇ~。

あぁ~お願いします。

STBY: はい。

ぜひ。

STBY: 次行きましょう~。

なんで…、見てないンだろうなぁ~~。
えーーー、ペンネーム『就活にもサクラ咲ケ』さんからいただきました。

「anan買いました。」と。
「私が大好きな、青山さんというコトで、即買いしました。」と。
「二宮さん×青山さんの写真は素晴らしかったです。」と。
「写真を眺めていて、青山さんらしい写真が何枚かあったのですが、
 やっぱり、撮影時の様子や雰囲気って、そのカメラマンさんによって、かなり違ったりするのでしょうか?
 教えて下さい。」ってコトで。

STBY: ふぅ~~ん。

ぜひ。

STBY: まあ~、それは、そうでしょうねぇ~。

うん。

STBY: まあ~、映画とかぁ~、ドラマとかも、たぶんそうだと思いますよ。

そうですねぇ~。

STBY: 撮る、方によって、いろいろね…

うぅ~ん。

STBY: 雰囲気も変わってくるでしょうし。

まあ~、違うンじゃないスかねぇ~。
雰囲気ってねぇ~。
みんな、人それぞれだと思いますよ。

STBY: そうですよね。

ってコトは、やっぱ違うンでしょうね。

STBY: 違うと思います。

雰囲気ってモノは。

STBY: うぅ~ん。

まあ~、どれがイイ、悪い、なんて、もう~、こちらサイドはないですけどね。
うぅ~ん。撮られる側は。

STBY: まあね、撮られる側はね。

うぅ~ん。
だって、撮られる側の、環境設定とかを作ってる人とか居ンのかなぁ~?
あんま…、まあ~、もちろん居る…、そういう人も居るだろうけど。

STBY: もちろん、そういう方もいらっしゃるでしょうけど。

でも、まあ~極端に少ないでしょうね。
カメラマンさんの、やりやすいように、被写体が合わせてる方が、ほとんどじゃないっすか?

STBY: たいがいそうだと思います。

ねぇ~。
だから、たぶん、みんなによっては違うンじゃないかなぁ~。

STBY: そうですねぇ~。

うぅ~ん。

STBY: ・・・・・・

はいっ?

STBY: んふっ(笑)もう大丈夫だそうです。次行きましょう~。

いやっ、もう~終わっちゃいますよ。
次行っちゃうって…

STBY: いや、もう~、なんか…、今日は結構喋りましたねぇ~~。

あっホントですか?

STBY: はい。なんか…長々としゃべったような気がします。

ぐふっ(笑)長々と…

STBY: んっふ(笑)長々と。

長々とっていうか、そういう番組なんでね。

STBY: ええ、なんかね、イイ感じのトークでしたね。

あっ、ホントですか?

STBY: はい。

ありがとぉ~ざいます。
じゃあ、

STBY: はい。 行きづらくなっちゃいましたねぇ~。

いやっいやっ、全然行きづらくないっすよ。
あっ、今日あったおもしろい話しお願いします。

STBY: んふっ(笑)今日あったおもしろい話し。

はい。

STBY: うぅ~ん。あんまりねぇ~面白い話し持ってないンですよねぇ~。

ん、だから、イイんですよ、今日あったって言う…

STBY: 今日あった…

しばりですから、大丈夫です。

STBY: うぅ~ん。今日は、すぅ~、そうですねぇ~、お昼御飯に、

はい。

STBY: どうしてもカツ丼が食べたくなって。

ほ~ほ~ほ~。

STBY: トンカツ屋に入ったンすけど。

うん。

STBY: カツ丼と、いう、メニューがですね。

うん。

STBY: なかったですね。

あららら、はいはい。

STBY: なんでトンカツ屋さんなのに、カツ丼がない、の、だと。

うん。

STBY: 思いつつも。

まあ~なりますねぇ~。はいはい。

STBY: 店員さんに。

うん。

STBY: カツ丼ってないですよね?っつったら。

うん。

STBY: ありますよぉ~~って言われて。

うん。

STBY: じゃあカツ丼って、いうことがありました。 

はいっ!っというコトで、1曲聞いていただきましょう~。
嵐で「Believe」

♪Believe/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで「Believe」でした。

さあ~今日の大賞はペンネーム『リーチ』さんでございます。『リーチ』さんに、銭湯に行くっていうさんをあげたいと思います。
そして、ペンネーム大賞は、『食べられないけどハマチが好きです』さんに、銭湯に行くっていうさんをあげたいと思います。大事にして下さい。
そして、それぞれのレギュラーコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からはBayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。


というコトで、最後一言。グスン。

STBY: 一言。

はい。お願いしまぁ~す。

STBY: 天ぷら定食。

ということで、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週。
by arashic-ageha | 2011-04-25 01:20 | bay storm