嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2011.1.16.

超共感。

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
えーー、今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『サクラ咲ケ&ファイトソングをヘビロテする受験生』さんからいただきました。
紹介しましょう。

「前にニノが『いいとも』で、名前をストレートに呼ばれた時テンションが上がると言われてましたが、
 私もそんな名前なんです。」と。えーー。
「私の苗字は『ナカシマ』なのですが、絶対初めて会った人には『ナカジマ』と呼ばれてしまいます。」と。
「最近では、もう訂正するのも面倒臭いので、そのままにしてます。」と。

そう~。これはねぇ~、もう~しょうがないンだよ。うぅ~ん。
おじさんもぉ~そうだもん。

STBY: そうですねぇ~~。

うぅ~~ん。
これはねぇ~、もう~しょうがないっ。

STBY: しょうがない。

まあ~…、そうだよねぇ~。
もう、なん…、15?
15歳だったら、そうだねぇ~、もう~メンド臭いねぇ~。
オレも、当時、メンド臭かったもん。
オレ、もう~小4でメンド臭かったもん。

STBY: かず…なり…、かずや…、とか。

うん。
もう~、だから、イイかなって。

STBY: まあねっ。

うぅ~ん。
思うンですよね。
そんなに…、まっ、間違えた所で、たいして…、そんなに…、被害が出る訳でもないですから。
すぅ~、だっ、呼んでる方と、呼ばれてる方が…

STBY: 納得してれば…

わかってれば、イイ…、の、かなって。
いやっ、だいぶ前から…

STBY: 思ってましたか?

思ってますよ。

STBY: うん。

まっ、でもね、これはもうしょうがないンだよねっ。

STBY: しょうがないっ。

まっ、むしろよって届いたなって、思ったね、そこはねぇ~。
まあ~、まあ~、そういうコトもありますけどもね。
まだ、このようにオープニングで叫ぶねっ、一言をみなさんから募集していますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それでは、KAZUNARI NINOMIYAのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう~。
嵐さんで「Love Rainbow」

♪Love Rainbow/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの「Love Rainbow」でした。





さてっ、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう。

STBYコール【どうかぁ~っ!おんっ、びんっ、にぃ~~~】(BGM♪T.A.B.O.O/櫻井翔♪)

2011年もねっ。

STBY: そうです。

あの、いつか録りましょうね、またね。

STBY: 録りましょう。

ええ。

STBY: またね。

『STBYと日本語勉強したい』さんからいただきましたよっ。

STBY: はぁい。

「12月19日の放送で、STBYが、『す』に点々か、『つ』に点々か…」

STBY: ほぉ~~。はいはいはい。

「わからないと言っていたのを聞いて、『えーーーっ!?』と思ったのですが…」

STBY: はい。

「二宮さんが、『片づける』を例に出した時、私もどっちだかわかりませんでした。
 STBYゴメンなさい。」と。

STBY: いやいやっ、そんな、謝るなんてコトは…、とんでもございません。

あぁ~っ、相変わらず…

STBY: はい。

あはっ(笑)おベタな日本語で。

STBY: すいません。あっはっはっははは(笑)そぉ~なンですよね。これねぇ~。

まあっまあっ、しょうがないですよねぇ~~。

STBY: うぅ~ん。

あと、漢字が単純に読めないとかもありますもんね。

STBY: そうです。漢字が読めないとかね。

うぅ~ん。
STBYねぇ~、しょうがないですもんね。

STBY: しょうがない。むつかしぃ~ですねぇ~。

最近は、わかるようになったンですか?

STBY: いやっ、あのぉ~あんまり、「つ」と「す」に出会ってないですねぇ~。

んふっふふふ(笑)「つ」と「す」に出会ってない…。ホントですか?

STBY: はい。

出会いそうなモンですけどねっ。

STBY: あの~、あんまり、そのぉ~、か…書くというコトはないですね。

ああぁ~、なるほどね。

STBY: うぅ~ん。喋ってはいますけど。

まっ、でも、ディーの存在って、おっきいなって話しですもんね。

STBY: おっきい、おっきい。ものすごくおっきいですね。

そうですよね。そりゃよかったです。

STBY: はい。

ペンネーム『常磐線愛用者』

「僕は、あらし…」んっふふふ(笑)

STBY: あっははは(笑)(なんで笑った?)

「さんが、表紙の雑誌を買って、その年の終わりの12月にまとめて整理するのが、習慣になっています。
 嵐さんの載っているページを切り抜くんだ。」と。
「その時、いつも注意しているのは、その裏のページをキチンと確認してから切り抜く事です。
 裏に嵐がいたら、切ってしまう事?事なので…」えーーー。
「そして、いつものように整理をしていると、ニノが載っていたので、いつものように切り抜いたら、
 なんと、翔くんが裏に載っていて、顔が半分になってしまいました。
 翔くん、ホントにゴメンなさい。」と。

STBY: うぅ~~~ん。

難しいですよねっ。

STBY: ねっ。まあ~、そうですねぇ~。難しい。

うぅ~ん。
二宮さんが好きだったら、二宮さんを切り抜けばイイし。
翔さんが好きだったら、翔さんを切り抜けばイイけど。
嵐さんが好きだったらってなると、また、それはそれで難しい。
最近、雑誌にすごく出てますからねっ。

STBY: なぁ~んかねっ、出てますね。

うん。
大変ですよね。こういうのもね。

STBY: そうですね。

うん。

STBY: 切り抜きが…

そっか、翔さんの顔が半分になってしまったンだなっ。

STBY: あっははは(笑)

それは、ホントに、申し訳ない話しだなっ。うぅ~ん。
ペンネーム『STBYに声優やってもらい』あっ、この人も声がイイと思ってるのかなぁ~?

「電車の中からメールしています。
 今、隣りの人を…、隣りに座ってる人をチラッと見たら、
 胸の辺りに、XLというサイズのシールが貼ってあり、思わず2度見してしまいました。
 家に帰ったら気づいて欲しいです。
 教えてあげられなくてゴメンなさい。」と。

STBY: なるほどね。これは…、これはわかりますね。

わかる。

STBY: はい。いやっ、このXLっていうシールって、なかなか、あれじゃないですか。あの…、結構見落としがちじゃないですかっ。

どこに貼ってあるンすか?胸の辺りって。

STBY: とにかく、こういうシャツだったら、ココに貼ってあるンですよ。

ぐふっふふふ(笑)いやいや、だから…

STBY: えっ!?

この人、胸の辺りに貼ってあるっつって。

STBY: えっ?胸の辺り…

なんで、そんなに、首の方、指してたりしたンすか?

STBY: んっふふふふふ(笑)そうですね。

それは、わからないと思いますよ。
この人も、ぐふっ(笑)この人も、わかンないと思いますよ。

STBY: なるほど。そうですね。胸の辺りねぇ~。うぅ~ん。見落としがちじゃないですか?まっ、よくクリーニング出して…。

うん。

STBY: 戻って来た時に、なんて言うンですか?クリーニングの、なん…、なんて言うンですか?

タグ?

STBY: タグ? あれ、もう~、ね、結構、忘れて…、の、人が…

まあねぇ~。

STBY: ねっ。

多いですよね。そういうのがね。

STBY: 多いです、多いです。

でもキビしいぃ~からなぁ~。

STBY: いつか気づきますよ。

うぅ~ん。そりゃ絶対気付くと思うよ。

STBY: 気づきます。

だって、他人が見て気付くトコに貼ってあンだもん。

STBY: そうです。

うん。
でも、自分で胸の辺りって見ないよね?

STBY: 見ないですねぇ~。

うぅ~ん。
鏡に映ったり、服脱ぐ時ぐらいしか、わかンない…、かもね。意外とね。うぅ~ん。
ペンネーム『お腹は割らない主義』さんからいただきました。

「洗濯物を畳んでる時、お兄ちゃんのパンツを、ガン見してしまいました。
 ゴメンなさい。」

どっちだと思います?
お兄ちゃんの、パンツが…

STBY: はい。

すげぇ~~パンツだったのか。

STBY: あぁぁ~~。

か、あと…、何がある?選択肢として。

STBY: その、あまり…、ンンッン(咳払い)

全然洗えてなかったか、ですよね? 

STBY: ふっふ(笑)

んっふっふふふ(笑)

STBY: いやっ、もう~、たぶん、すごく…、すごいデザインだったンでしょうねっ。

あっ、もおぉ~?

STBY: うぅ~ん。

フォルムがすごかったっていうコト?

STBY: そう~、すごい…、お兄ちゃんがこんなの履いてるのぉーっ!?みたいな。

いくつか?にもよりますよね、お兄ちゃんが。

STBY: まあ~、そうですねぇ~。まあ~20代なのかなぁ~。

まあ~、んっふっふふふ(笑)まあ~20代なのかなぁ~、んっふふふ(笑)

STBY: あっはははは(笑)

でも20代…、まっ、まっ、お兄ちゃんってそういう存在かぁ~。でも。

STBY: そうです。そうです。そうです。

結果ね、そういう存在かもしれないね。
でも、そういう時期があるンだね。
うぅ~~ん。
お母さん…、みたいな、時期やなっ。

STBY: はい。

STBYは、いつまでブリーフだったンですか?

STBY: えっ? いやぁ~~いつだったかなぁ~~?

小学生…

STBY: 小学校…、ぐらいじゃないスか?

オレも小学校…何年ぐらいまで履いてたンだろうなぁ~?

STBY: 何年かは、ちょっと、覚えてないスけどね。

うぅ~ん。
でも、そういうコトでしょうねっ。

STBY: そういうコトです。

変わって来たンだなって言う。

STBY: はい。

でも、あるでしょうねっ。
まあ~、まあ~、今日はここまででございますけどもね、この【どうか穏便に】のコーナーでは、皆さんのゴメンなさいエピソードを募集していますので、ぜひとも送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう~。
嵐さんで「over」

♪over/嵐♪

嵐さんの「over」でした。

さて、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

まずはこの人、ペンネーム『まこ』さんからいただきました。

「以前、Mステのサイトの、『Mステ国民投票』で、
 『ちょっと冷えただけで風邪を引きそうなアーティストは?』と、
 『すぐにバイトを辞めてしまいそうなアーティストは?』というランキングで、
 カズくんが両方とも1位でした。」

STBY: ぬっははは(笑)あらっ。

「バイトはわからないと思いますが、風邪は…」んふっ(笑)「ホント引きやすいですか?」

STBY: あっははは(笑)

まあなっ、ホント…。

STBY: いやっ、これはね、たぶん、ドラマの影響ですね。
 
ああぁ~、まあ~まあ~まあ~。

STBY: まあねっ。

そうですね。

STBY: そうですね。

そうですよ。ドラマの影響ですよ。

STBY: か…、風邪引きませんよね?そう言われてみれば。

そうですね。僕は引かないです。

STBY: ですよねぇ~。

はい。

STBY: たぶん、5人の中で最も引かないンじゃないかなと思うぐらい…。

そうなンですよ。

STBY: 引かないですよ。

僕の、健康状態っていうのが、たぶん、普通の人の…、すげぇ~不健康状態、の、トコに、基準があるンで。

STBY: あっははは(笑)

普通の人が結構な風邪を引いてるぐらい、じゃないと、僕、ホントにみんなが思ってる、あっ風邪引いたかなって言う所まで辿りつかないです。

STBY: そうですよね。

はい。

STBY: それぐらい言ってもおかしくないぐらい、引かないですよね。

そうですね。

STBY: 引いてる感じがしないです。

すぅ~。引かないンですよ。
風邪とか、ホントに。

STBY: ねぇ~。

なんででしょうね?

STBY: なんででしょうね?

だっ、たぶん、ホントにそうなンですよ。
普段の生活が、すげぇ~不健康だから…。

STBY: うぅ~ん。

みんながスゲェ~風邪引いたっつっても、オレ、1回も移ったコトないンすよ。

STBY: 確かに。

みんなから貰ったコトないンす、風邪。

STBY: ないですね。

ただ、傷とか治ンの、めっちゃ遅いンですよ。

STBY: あっははは(笑)

昔っから。

STBY: 傷とか。

こないだも、踊ってたら…。

STBY: はい。

ココに、傷が…、の、腕んトコに、こう~傷があったンですよ。

STBY: あらまっ。

で、これ、何の傷だっけかなぁ~?と思って、考えてたら。
なんか、リーダーが、「あれ?それ、まだあンの?」みたいなコト言って来て。
オレ、3,4ヵ月ぐらい前に、登ったクリフクライムで傷付いたらしいンですよ、これ。

STBY: うん。

それとかも全然治ンなくて。

STBY: うん。うん。うん。

もう~、ドラマ終わっちゃったンすよ。

STBY: んっふふふ(笑)

なんか、ドラマ…、やったか、やり始めたぐらいン時の傷なのに、全然治ンないスよねぇ~。

STBY: なるほどね。そうか。

なんででしょうねぇ~?

STBY: ねぇ~。なんででしょうねぇ~。まあ~まあ~健康だってコトですよ。

そう。
だから、健康って、その…、定義ってないンですよ。

STBY: ないンですね。

そう。

STBY: うぅ~ん。人それぞれ。

そう、そう、人それぞれなのよ。

STBY: うぅ~ん。

でも、ホントかぁ~。1位か。

STBY: んっふふ、ははは、んっふふふ(笑)

まっ、1位はイイことだよね。

STBY: まっイイことです。

うん。

STBY: はい。

ホントにそう思います。
えーー、ペンネーム『人は人を呼ぶ人さんが欲しい人』からいただきました。

「元日に放送されたTOKIOと嵐のスペシャル番組の、番…、宣伝CMを撮った時の
 TOKIOの皆さんとのエピソードがあったら教えて下さい。
 もちろん、嵐の…、嵐のメンバーとのエピソードもあったら教えて下さい。」だって。

STBY: はい。なんかありますか?

なんかあるか?

STBY: はい、エピソード。

あっ、でも、なんか、2人組みになるンすよ。
まっ、10人いるから。

STBY: はいはい。

で、その2人組とかも、普段見た事ない2人組にしよう、って言って。
あんな…、あんま関係性?が、ない人たちが、対になって、その、番組の宣伝をしてみよう、みたいのがあって。
でぇ~、長瀬くんと、翔くん?

STBY: ほお~。はい。はい。はい。

えーっと、山口くんと相葉くん。
でーー、太一くんと大野くん。
で、オレと茂くん。

STBY: うんうん。

で、松岡くんと潤くん。
で、やったンですよ。

STBY: どうでしたか?

えっ?
まあ~それなりにぎこちないンじゃないスか。

STBY: んっふふふふ(笑)

あっはははは(笑)まあ~そりゃぁ~そうでしょう。

STBY: まあぁ~そうでしょうね。それが狙いで…

それが狙いでやってるハズですから。

STBY: うん。そうですよね。

だから、問題なのは、新鮮ですね、みたいな切り口だったらイイんすけど、なんか…、2人の思い出ありますか?みたいな、の、聞かれちゃうと、まあ~そんなないっすよね。

STBY: ですよねぇ~。

うぅ~ん。
そう。
だから、すぅ~、あぁ~でもそんなのは聞かれなかったなぁ~。

STBY: うぅ~ん。

聞かれたら、何言えばイイのかなぁ~?って思ってたけど。
あんまりなかった気がするな。
なんか、新鮮ですね、みたいな、切り口はあったけど。
でも、まあ~、それ以外は、ふつうに、話して、ましたよね、みんなとねぇ~。
まあ~、なんか、完全に、初めて会ったグループではないので。グループとグループが、こう~、会うってのが。
歌番組とかでも、特番とかでも会ってるしね。

STBY: そうです。

そうそう。だから、まっ、ふつうに楽しかったですけどね。CM撮ってる時は。うん。
一緒に、なんか、番組やるって訳じゃなかったから、それはそれで、またおもしろかったろうけど。
やってみたいなと思ったけど。
まあ~、でも、宣伝だけでも一緒に出来たからね。
楽しかったですけどね、あれ。

ペンネーム『二宮くんのCMが見たい』さんからいただきましたよ。

「フリ家の番宣の生放送で、二宮くんの髪型が変わってない事にびっくりしました。
 いつもドラマが終わると髪型が変わっていた印象があったので、
 出来れば明るめの髪型が見てみたいです。
 何か、髪型を変えられない事情があるんでしょうか。」んふっふふふふ(笑)

STBY: あっはっははは(笑)

優しい。

STBY: ねぇ~。優しい。

うん。

STBY: おもしろい。

まっ、事情はいくらでもあるでしょうね。

STBY: うぅ~ん。

うん。

STBY: まっ、事情ね。色々とね。

あっ、例えば時間がないとか、単純に。

STBY: そうそうそうそう。

お金がないとかね。

STBY: ね。んっふふ(笑)

んっふふ(笑)そういう事情はいくらでもあるでしょうけど。

STBY: まあ~、事情ね。

でも、僕は、ホントに、まっ、次GANTZなんで。

STBY: あぁ~~。

その、まあ~、GANTZまで、どぉ~しよぉ~かなぁ~?とは思ってるンすけど。

STBY: まっ、プロモーションとかも色々ありますしね。

でもね、これは、変えた方がイイんですよ。

STBY: うぅ~ん。

ちょっとね、あの~、まっ、イヤらしい話にはなって来るンですけど。

STBY: はい。

変えた方がイイんですよ、基本的には。終わったら。

STBY: 終わったら。そのイメージは、そこで終わりと。

そうそうそうそう。
なんでもそうだけど。
だからね、戦争物の、番組とか、作品やった時の、宣伝がすごく難しい…、と思いますよ。
その、すぐね、もう~撮って出しとかになってくると、大変だなぁ~って思いますね、見てていつも。

STBY: ああぁ~。

なんか、宣伝してる人も、スーツ着て坊主だし、みたいな。

STBY: あはは(笑)

なんか。そうそうそうそう。
変えた方が、まっ、ゆうたら役者感は出ますよね。

STBY: うん。そうですね。

うぅ~ん。
その、キャラクター感というよりかは、役者感つぅ~の?は出ますよね。
それぇ~、僕がぁ~演じた作品見て下さい、って言う方が、なんか役者っぽいよね。
その、キャラクターの、宣伝とかしちゃうと、まっ、見る方はこんがらがるよね、単純に。
なんか、テレビ…、例えば、怪物くんの格好して、宣伝とかするのも、ありだけど。
そこで、なんか、嵐の、話とかされちゃうと、なんか、もう~訳わけねぇ~なっ、みたいな風になっちゃうじゃん。
まっ、それと一緒で、ああいうのは切り離した方が、ホントはね、そう、そう、なんか…、作品の、感じも、なんか、ちょっと上がるじゃん。
いやっ、あン時が…(イケメン風に)

STBY: んっふふ(笑)

まあ~、大変だったけどぉ~(イケメン風に)

STBY: あっははは(笑)

いいの出来たと思いますね(イケメン風に)みたいな方が、っぽいじゃん、なんか。
っぽさ、よ、全て。
そういうモンよ、うん。

続いてペンネーム『ヤマンバメイクしてみたい』さんからいただきました。

「前の、【お願い!新コーナー】で、ニノちゃんが関西弁を使っていて、とても可愛かったです。
 ぜひっ!このコーナーだけでも関西弁で話して下さい。」

STBY,そういえば、関西弁ってそんなに出ないンですね。

STBY: っていうか、まあ~、僕は、あの~、あれですよ。育ちは東京なんで。そんな、関西弁って言えるほどの…、こう~関西ではないです。

でも、なんでやねんっ、とか言わないの?

STBY: 言わないですね。

あっ、言わないの?

STBY: 言わないですよ、僕は。なんで!?みたいな。

へぇ~~。

STBY: はい。

そうなんだ。

STBY: そうです。基本、標準語ですから。標準語?まあ~東京弁?って言うヤツですか?

東京弁ってヤツですか?

STBY: はい。

へぇ~~~。
オレは、時々使いますけどね。

STBY: なんでやねんって感じですか?

なんでやねんって感じですね。んっふふふふ(笑)

STBY: んっふふふふ(笑)大阪…、大阪弁。

うん。関西弁って言うンすか?
すぅ~。なんか、その方が、あの~、場を切り易い時ありますよね。

STBY: あぁ~、なるほどね。

うん。

STBY: はいはいはい。

はいっ、この行、ここで1回終わりって言う…の、の、一個のキャラクターはありますよねぇ~。
そういう時はあるけど、あとはほとんど、使わないですよねぇ~。
あんまりねぇ~、滅多なこと…

STBY:  まぁ~そうですよねぇ~。

が、ない限り。

STBY: まあ~相手が、ねぇ~、関西弁で喋ってたら、移るンじゃないスか?ちょっと。

あっ、それは移ると思いますね。
すぅ~、でもそれぐらいじゃないの?

STBY: ですよねぇ~。

うぅ~ん。
なんか、東京弁って、ホントに喋るのが難しいぃ~なって思う時、ちょっと、なんか冷たく聞こえたりするとホントに…

STBY: そうそうそうそう。

なんか…、ねっ。そっけない感じとか。

STBY: はい。

聞こえますよね。
抑揚があんまりないのかな?ね?
さっ、まだまだですね、嵐や僕への個人的な質問大募集していますので、【裏嵐】のコーナーまで送って下さい。
それではここで1曲聞いて下さい。
嵐さんで「maboroshi」

♪maboroshi/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの「maboroshi」でした。

はい、今週の大賞は、ペンネーム『まこ』さんに、おにあし君を。
そして、ペンネーム大賞は、『ヤマンバメイクしてみたい』さんに、銭湯に行くって言うさんをあげたいと思います。
そして、それぞれのコーナーへのメールもお待ちしています。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMへの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。

さっ、というコトで。

STBY: はい。

一言いただいて終わりましょう。

STBY: さようならぁ~。

っていうコトで、お相手は、嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週。
by arashic-ageha | 2011-01-19 00:35 | bay storm