嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2010.8.8.

旅行の準備やら、家のコトやら、夜中までバタバタとしていたので、いつもより2時間ほど遅くなりました。
あさってから旦那さんが4月から赴任してる上海に行ってまいります。
国立コン前には帰国します。

アルバムにも身が入らないほど沈んでいたんですが、撃沈した国立、行動力溢れるお友達のおかげで入らせていただける事になりました。
どれだけ感謝していいものやら、言葉も見つからないほど感謝です。
「なんの力にもなれなくて」って言って心配してくれたお友達、ありがとうございました。
そして、何より、一緒に凹んで、一緒に前向きに進んで。
私が行けるコトに、本気で喜んでくれて。
一緒に浮きあがれれば言うことなしだったのに…ゴメンね。
でも魂は連れてくから!
ホントに、ホントに、ありがとう。

ハズレて泣いてる人がいれば、それを想って心配してくれる人、ハズレてる人の為に奮闘してくれる人。
嵐って、こうやってファンがファンを想う気持ちも魅力の一つだと思うんです。
もう~1枚にどんだけの価値があることやら。
オークションに出す人なんてなくなればいいのに。
売るなら、チケット申しむなよっ!って、毎回だけど頭に来ます。
わたし、サマージャンボ、今年は珍しくめっちゃ買い込みました。
当たったらやりたいこと。

オークションに出てる嵐チケット全部競り落とす!
そして、そのチケット全てコンサート事務局に提出。
全て無効チケットにして、ハズれた人に復活当選。
復活当選は、引き換えに時間もないし、オークションなんて出す暇もないもんねぇ~。

それ、自前の資金じゃ絶対無理だけど、宝くじの当選金だったら出来そう~。夢だけど。

ちょっと長々と前置きしてしまいましたが。
来週(8/15)のレポは出来ません。
8/22のレポと一緒にUP出来ればと思っています。


上海では、旦那さんのパソコンを借りて、旅日記でも載せようかな~?なんて思っています。
では、行ってきます。

----------------------

整いました。

はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム、えーーー『さとっち2号』さんからいただきました。
えーーー。

「最近、クラスで、さっとち(ねづっちさん)の真似が流行っていて、色んなモノを整えてます。
 その中でも、みんなに『さすが』と言われたモノを紹介します。」と。
「『整いました!嵐とかけまして、猛暑の日とかけます(おそらく「ときます」)。その心は「ナカがイイ」』
 ぜひ、STBYの意見を聞きたいです。」と。
「ぜひ何か例えて下さい。」だって。

どうですか?この…。

STBY: えっ?。

謎かけは?

STBY: えっ…。嵐と…、ときまして…?

いやっ、といてないです。かけるンですね。

STBY: 嵐とかけまして。

はい。

STBY: 猛暑?

の日。

STBY: の日…、猛暑の日に?

と、かけます。

STBY: とかけます。その心は?あっ、とき…、ときます。

あっ、ときます、だね、これはね。

STBY: その心は「ナカがイイ」

うん。

STBY: これ…。ちょっと…。

どうですか?

STBY: 僕の頭ではわかンないですけど…、どういうコトですか?

あっ、じゃっ、これ見た方が…。

STBY: あっ、見た方が…。

はい。

STBY: えっ!?・・・なるほどっ!!

あのぉ~、上手く決まれば決まるほど。

STBY: うん。

笑えないって、おもしろくないですか?

STBY: 確かに。

それがね、オレ、見てて凄いなって、いっつも思うンですよ。

STBY: うぅ~~ん。

はあぁ~~。みたいなコトじゃない?

STBY: うん、ってコトですよね。

なるほどっ!みたいな。

STBY: そうです。そうです。そうです。

ねっ。

STBY: 笑って…、は、いないですよね、皆さんね。確かに。

うん。

STBY: ああ~、すごい、すごい、すごい、みたいな…。

そう、そう。

STBY: 感じですよね。

うん。決まらなきゃ決まらないほど笑えるのに、決まれば決まるほど笑えないお笑いって凄いですよね。

STBY: 確かに。

だっ、古典…、なのかなぁ~?もう。ねえぇ~?

STBY: うぅ~ん。

じゃっ、すいません、なんか…。

STBY: えっ!?

だって、STBY…、何か…、なんだっけ?

STBY: ししし…、んっふふふ(笑)

そして何か例えて下さいって言ってるンで。あっ、整えて下さいって言ってるンで。
わかります?
要は、同義語で…。

STBY: はい。

2種類のモノを編み出せばイイんですよ。

STBY: まっ、あっ…、んっ…、なんとなく…、わかります。

あっ、すげぇ~。

STBY: いやいや、出来るかどうか…、あれですよ。

いやっ大丈夫です。川柳も出来てないンで。

STBY: ですよね。

はい。じゃあ。

STBY: 行きましょう。

はい。

STBY: お題…、お題ないンですか?

こ…、お題はたぶん、んふっ(笑)ないと思います。
お題…、あっ!必要ですか?じゃっ、わかりました。

STBY: はい。

じゃっ、時計で。

STBY: 時計…。最初、な…、何か言わなきゃいけないンですよね?あっ!時計とかけまして…。
  
何ととくか?だよね?

STBY: 針とときます。

針ととく。なるほど。その心は?

STBY: ほっとけい。

・・・・・

STBY: 全く…、あれですねっ。

いやっ…。

STBY: すいません。

いやいやっ、さすがだなぁ~っと思って。
き…、基本あれなンですね?もう~…。

STBY: はい。んっふふふ(笑)誰か笑ってる人いますけど…。あっはっははは(笑)

あれっ?ハマりました?

STBY: あれっ?あっ、ハマった方も居ますねぇ~。

じゃっ、マイクで。

STBY: マイク? えーー、マイクとかけまして、えーー、外国人とときます。

ふっふふふ(笑)あの~、その心は?


STBY: マイケル・ジャクソン

ああぁ~~。

STBY: あっ、ちょっと…、ハズしたかなぁ~。全く…、

ハズした、か、ハズしてないかで…、

STBY: で言ったら…、全く意味が通じてないですよね?

あっ、それはわかってるンですか?

STBY: はい。

それで突き進むって、なかなかの精神力の持ち主ですよね、やっぱり。

STBY: ちょっと…、なんとなくねぇ~、あの~…。

違うンだなぁ~って?

STBY: なんか違うンだなぁ~ってわかるンですけど…。

うん。じゃっ、勉強しましょっか?

STBY: 勉強します。はい。

この30分で。

STBY: そうですね。

お願いしますね。

STBY: はい、わかりました。

ということで、まだまだね、オープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
そして今夜は【クイズ!ラジオなのに】の正解発表をしますので、えー、応募してくれた皆さんは、楽しみにしていただきたいと思います。
それではkazunari Ninomiyaのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
これはぁ~、相葉さんのソロ曲でございますね。聞いていただきましょう。「Magical Song」

♪Magical Song/相葉雅紀♪

ということで、お送りした曲は、相葉さんのソロ曲でございます。「Magical Song」でした。

さてっ、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお届けしておりますbay storm。
この時間は、こちらのコーナーをお届けしましょう。

【神が来た】

はいっ、まずはこの人、ペンネームは、えーーっと『サマーバケーション満喫中』さん…、夏休みなンすねぇ~。

STBY: ねぇ~。楽しんでますかね?みなさん。

暑いからねぇ~、気を付けないと。

STBY: 暑い。暑い。

ホントに、どこ行っても暑いンだから、びっくりしちゃうよ。

「こないだ、体育の選択授業を決めていた時の事です。
 自分が選択した平均台には人が多くて、ジャンケンで決める事になりました。
 なので、よしっ!全部チョキを出そうと思って、チョキを出したら、見事全部ある意味負けて、
 神が来たなと思いました。」だって。

STBY: うぅ~ん。

だいたいグーっすよね?
超真剣な時の試合って。
パー出す勇気あります?
力入っちゃってグーですよね?

STBY: まっだいたいそうですね。力入れたら、もう~グーですよ。 

そこでチョキ出すって、なかなかですよ。

STBY: なかなかの…、優れモンですよ。

あっ!逆に優れモン。

STBY: 逆に優れモンですよ。

なるほどね。
平均台が人気って凄いですね。

STBY: うぅ~ん。

平均台って、なんで、あぁ~…、あ~ンな感じなンすかねぇ~?
なんであんな細いンすかねぇ?
なんの平均なンでしょう?
別に何の平均でもないンですかね?

STBY: あぁ~そういわれてみれば、そうですねぇ~。なんで平均なンだろう?何の平均なンだろう?ん?なんだ?

あっ、自分がってコト?

STBY: あぁ~。自分が平均。

超ストイックだよな、あれなっ。

STBY: うぅ~ん。

あの上で、でんぐり返しとかしますよね?

STBY: 上手い人になると、そういうのも出来ますよね。

ねっ。
ああいうのとか、最初にやった人、凄いなって思わない?
この上で、でんぐり返ししよっ、バク転とかしてるじゃん。

STBY: ねっ。

体操選手とか見るとさ。
はぁ~~っ、怖くて出来ねぇ~よなっ。






続いてペンネーム『腹筋1個気に入ってます』さんからいただきました。

「新しいアルバム、ニノちゃんのソロのタイトルを見てビックリ。
 私は、マリッジリングに刻んである数…(云い直し)、私のマリッジリングに刻んである数字が並んでいたのです。」だって。
「正確には『1992412』なんですけど、どうして知ってるの?と一瞬、頭が真っ白になりました。
 その後、タイトルの意味を知ってますます感動。
 ホントに神が来たと思いました。
 もう指輪も一生大事にしよう。ニノちゃんを一生応援しよう。と、心に誓いましたよ。
 ありがとう。」だって。

STBY: うぅ~~ん。イイ話しですねぇ~。

マリッジリングって結婚指輪ですか?

STBY: 結婚指輪ですよね?

婚約指輪?
マリッジだから結婚?

STBY: 結婚指輪ですよ。

そっか、結婚か。
あるンすか?STBYも?

STBY: まっ、かつてありました。

かつて!?

stby: はい。

今ないンすか?

STBY: 今ないですよ。 

なんで?

STBY: いやっ…、すぅ~~。

どっか行っちゃった?

STBY: あの~、どっか行った…、シシシシシ(笑)

はいっ!出ました。
出ましたよ、女性の敵はココにいましたぁ~。

STBY: あっはっははは(笑)

最低?やっぱり?

STBY: えっ!?

最低なんだ。
最低ですって、やっぱり。

STBY: ですよねぇ~。

ねぇ~。えっ!?

STBY: はいっ?

離婚は…?

STBY: いやっ、してない。

けど、指輪はぁ…?

STBY: は、してないです。

どういうコトですか?
なんか、謎かけみたいになってるじゃないですか?

STBY: あっはっははは(笑)

んっふっふふふ(笑)
出て来たなっ、ココで謎かけ精神。

STBY: ああぁ~~、謎かけ精神ねぇ~~…。

あっ、どっか行っちゃったンすか?

STBY: なんかどっか行っちゃった…、まっ、元々あんますンの好きじゃないンですよ。こう~、なんかこう~…。

まっ、じゃっ、その~、元々独身の時から、指輪とかする人じゃなかった。

STBY: あぁ~、もう~、しないですねぇ~。

あぁ~、じゃあ~そういう感じになるでしょうねぇ~。

STBY: そうなンです。

ずっといじってる…、感じでしょう?
そっ、オレも、だから、ドラマとかやってる時、そうなりますもん。

STBY: あぁ~なります?

うん。

STBY: 気になってしょうがないンですもん。こう~なんか…。

わかる。
気になってしょうがない。

STBY: 自分の手じゃないって言うか…、こう~なんか、こう~。

んふっ(笑)そこまでいきます?自分の手じゃない、んっふふ(笑)まで。

STBY: あっはははは(笑)

そこまで行きます?

STBY: いや…、なんか…、くっついて…こう~…、どうにかなンないかなぁ~?みたいな…。なるンですねぇ~。

でも、失くしちゃったらねぇ~、そりゃ女性の敵だよ、マジで。

STBY: そうですね。失くさないで下さい、ホントに。

いやっ、ホントです。それ言ったンすか?嫁さんに?

STBY: あの~、ちなみに奥さんも、もう~失くしてます。

えっ!?

STBY: はいっ?

どっちが先に失くしたンですか?

STBY: んっふふふ(笑)これはねぇ~・・・。まぁ~わかンないンですよねぇ~。

たぶんで言うと?

STBY: たぶんで言うと、たぶん僕だと思います。

えっ?結婚何年ですか?

STBY: もっ、10…、3年ぐらいですか?

13年ぐらい。

STBY: はい。

で、失くなったの、何年前ぐらいですか?

STBY: えーー、おそらく10年前に失くなってます。んふふ(笑)

あっはっはははは(笑)

STBY: あっはっはははは(笑)

あぁ~あ、こりゃ最低な顔になってる。

STBY: いやっ、もっ、すぐ外したンで。

いやぁ~、もう~そんなコトじゃない。
アソちゃんの顔が、もう~。

STBY: なぁ~るほど。

やっぱ、ずっと付けてて欲しい?
でも、付けると逆にモテるって言わない?
うん。

STBY: あっ、そうですか。

そ…、それはそれでイイの?
自分の旦那が…、自分との指輪付けてて、モテてンのは?
モテんのはイイんだ。へぇ~~。 

STBY: へぇ~。

まぁ~、でも、STBY、完全に、もう~服とかから見てもね、結婚してるようには、やっぱ思われないじゃないですか?

STBY: そうっすねぇ~。

絶対。
「あっ、してるンですかぁ?」って言われない?

STBY: 言われますよ。

でしょう。「えっ!?」って。
だからちゃんと付けとかないとねぇ~。

STBY: うぅ~ん。

ダメだよ、ホントに。

STBY: ねぇ~。

買ってあげなきゃ。

STBY: 頑張ります。

10…、14年ン時に買ってあげよう。じゃっ、もう~。イイよ。
15年とか、もう~区切らないでさっ。

STBY: 頑張ります。

うぅ~ん。お願いしますよ。

STBY: はいっ。

そんなぁ~ンで…。

STBY: あっはっははは(笑)

ホントに。お願いしますよ。

STBY: はい。

ということでね、今日はここまでございますけど。
まだまだ、皆さんから、【神が来た】と思った出来ごとがあったら、どんなコトでもokですので、たくさん送って来ていただきたいと思います。
それではここで1曲聞いていただきましょう。
翔ちゃんのソロ曲でございますね。「T.A.B.O.O」

♪T.A.B.O.O/櫻井翔♪

さあ~。というコトで。

STBY: はい。

われわれ、BayFMが、勝手に押してる、コトになりますけども。
櫻井翔のソロ曲ですよね。

STBY: はい。

T.A.B.O.O

STBY: タブー。

どうですか?

STBY: いやぁ~~~っ。

1番最初に聞いた時どう思いました?

STBY: んふっ(笑)ちょっとね、ビックリしましたね。

おっ!

STBY: ちょっと、今までに聞いたコトないような…。

攻めてるなって言ってましたねぇ~。

STBY: ましたねぇ~。

こっちが不安になるぐらい攻めてるって言う…。

STBY: んふっ(笑)そうですねっ。んっふ(笑)

んっふふふ(笑)

STBY: ホントそうですね。

言ってましたもんね。

STBY: はい。

でも、まあ~、新たな一面ですよね?

STBY: そうです。ホントそうですねぇ~。

うぅ~ん。
これは、もう~ホントに、押してキましょう!この夏!

STBY: いやぁ~、もう、押しましょう!

なんて曲でしたっけ?

STBY: た、ぶぅ~。

やっぱ、ちょっと、バカにしてるンですよね。

STBY: いやぁ~、してないですよ。

バブーとそっくりですよ、だって。

STBY: あっはははっはは(笑)バブーと…。

おかしいなぁ~。
バブーって言ってもらってイイですか?じゃあ。

STBY: ば、ぶぅ~。

タブーは?

STBY: たぶぅ~。

あぁ~、やっぱ、そうなンだよなぁ~。

STBY: んっふふふ(笑)怒られますよ。

別に怒られないですよ。

STBY: あっ、怒られないですか?

うん。
言い方の問題ですよね?

STBY: 言い方の問題。

うん。でもねっ。この曲押して行こうよ。

STBY: そうですね。

もう発売してるンだよね、アルバム?

STBY: してますよ。どうですか?皆さん?聞いていただけましたか?

さっ、ということで、お送りした曲は、翔さんのソロ曲でございますね。
えーー、「T.A.B.O.O」でした。

さてっ、嵐のKAZUNARI NINOMIYAがお送りしておりますbay storm。
続いてはこちらのコーナー行ってみましょう~。

【裏嵐】

さぁ~というコトで、ペンネーム『私の地元に嵐さんがキター』というコトでございます。えーー。

「ひみつの嵐ちゃんの告知で、越谷レイクタウンでマネキン5のコーディネートしたのが、
 赤坂Sacasで投票できるのを知って行ったのですが、人だかりがすごく、
 スタッフの人に聞いたら、3時間待ちだと言われてしまい、渋々帰りました。
 改めて嵐さんの人気はすごいなぁ~っと思いました。
 ところで、あの展示された服は、実際プライベートで着てるんですか?」

STBY: すごいですね。

すごいですね。3時間!ですよ。

STBY: あっ、でもねぇ~、TBS?

うん。

STBY: 行きまして。

うん。

STBY: なんだろうなぁ~、この人だかりと思って…。

オレもだから、あっ…。

STBY: あっ、そうですよ。

行ってるでしょう?一緒に。

STBY: そうですよね。

うん。

STBY: みんなね、並んで…。 

大変ですよねぇ~、気を付けていただかないと。

STBY: そうですよねぇ~。

中にあるンすよねぇ~。あれねぇ~。

STBY: 中にあります。 

1階の展示場みたいなトコにあるンすよね。

STBY: そうです。そうです。そうです。

あそこでよく飯食ってたのになぁ~。

STBY: あぁ~、なんか、レストランありますよねぇ~。あの~。

奥の、喫茶店みたいなトコねぇ~。

STBY: はい。

あそこで、TBSのドラマやる時とか、ホント…、顔合わせン時とか、ちょっと早く行っちゃってる時とかさぁ~、ご飯食べて、るンだけどさぁ~。
だっ、そこら辺に飾ってあるってコトだよねぇ~。

STBY: そうです。そうです。もう~入口入ってすぐの…。

すごいよなぁ~。

STBY: ねぇ~。

でも、実際、あの展示された服ってのも、まっ、今ンとこ、まだ展示中なんで、着れないっすよねぇ~、あの服ねぇ~。

STBY: はい。

着たら、オレのマネキン素っ裸なりますからねぇ~。
1位になるとイイなぁ~。
いやっ、そういうコトじゃない。ビリになンなきゃイイ。
恥ずかしいから。ビリになったら。
あの、バスとか恥ずかしいもんね。
ペンネーム『日焼けしちゃって、指がコッペパン』さんからいただきました。

「先日、ラジオのエンディングで、STBYさんが、『ニノの服可愛い』って言ってましたが、
 どんな服を着ていましたか?」えーー。
「教えて下さい。」

っと言うコトで。STBYさん、お願いします。

STBY: Tシャツでしたよね?

Tシャツでした。

STBY: はい、あの~、何だろうなぁ~、あの~絵画…、じゃないかど、何だろう?

何の絵でした?

STBY: 何の絵だったかなぁ~?

でも、可愛いって言ってるみたいですよ。

STBY: そうそうそうそう。いやぁ~、イイなぁ~っと…。まあぁ~良かったですよ。 

んっふっふふふ(笑)

STBY: あっはっははは(笑)

覚えて…、ない?

STBY: えーー、まあ~~…。

まあまあまあまあ。

STBY: まあまあまあまあ。

また着たら、当たるかもしれないですね。

STBY: そうですね。

そン時に、じゃあ言いましょうか。

STBY: そうですね。あっ、わかりました。

というコトでーーっ!
えーー、【裏嵐】ねぇ~、募集してますので、ぜひとも送って来ていただきたいと思います。
そして、スペシャルコーナーに行ってみましょう。

【クイズ!ラジオなのに】

さあーっ、このコーナーは1ヵ月に1度のスペシャルコーナーと言うコトで。
まずは、リスナーの皆さんが、正解率でゲット出来るプレゼントを紹介しましょう~。
えーー、35%以上でSTBYのお土産。
50%以上でお宝音源。
そして70%以上でレアグッズというコトで。
クイズのおさらいをしましょう~。
先月のクイズは、こんな出題をしました。

「STBYが踏んだニノくんの足は?」
1、両足
2、右足
3、左足

ということで、さあ~みんな、何番だったと思うのか?
えーー、理由を紹介しましょう。
まずはこの人、えーーペンネームは『国立のコンサート当たったよ』さんからいただきました。
えーー「1番」
「わたしが1番だと思ったのは、STBYさんは、そういう意地悪なコトをするのが好きそうだと思ったからです。」と。なるほどね。
そして2番の方は、ペンネーム『あおい』さんからいただきました。
「自分がよく左足を踏んじゃうので、相手は右足だから、そのままあてはめました。」
あっ、左足で踏んじゃうから、右足だってコトで。

STBY: あぁ~~。

2番だと。
そして3番。左の人は、ペンネーム『丁髷にのカッコイイ』さんは、「STBYさんは、優しいので、ニノの足を…、ニノの両足を踏むコトは出来ないと思ったので、せめて左足じゃないかなぁ~?っと思いました。」だって。

STBY: うぅ~ん。なるほど。

こん時、よく、オレの足踏んでたンですよね。

STBY: んっふ(笑)踏んでましたね。踏んでました。

ねっ。そうなンですよ。

STBY: はい。

踏んでて、で、今踏んだのどっちだって話しを…。

STBY: そうです。そうです。そうです。

したンすよね?

STBY: そうです。

じゃっ、正解の発表に行きたいと思います。
正解は、

2番の右足でした。

さあ~、それではですね、正解した方の中から、1名様に当たるという、僕が描いたイラス…、イラストのステッカーセット。
は、ペンネーム『サマーレインボウ』さんに。
2番だと。うん。
「クイズ出題の前に、ニノがSTBYに足踏まないで下さいと言っていた時から、右足を踏まれたニノを想像していました。」
なるほど。
この人に全部あげたいと思います。大事にして下さい。
そして正解率は、なんと!

33%

STBY: おっ!

というコトで。

STBY:  はい。

残念だったが…。

STBY: 残念です。

また、次回チャレンジしていただきたいな。

STBY: そうですね。

じゃあ、クイズ…。
あぁ~、全然考えてなかったね、クイズね。

STBY: ねぇ~、どうしましょう?

何する?

STBY: 何しましょうかねぇ~?

ちょっと、それ見して。
中に何か入ってるでしょう?絶対。
カチャッ、ジーーー(なんかの音?)
あっ、笛とか入ってるンだよなっ、アソちゃん。変わってンだよなぁ~。(アソさん、防犯用に笛を持ってるって話しを前にしてました)

STBY: 笛…。 

アソちゃんの仕事って何してる人なの?
放送作家。
じゃあ、アソちゃんの、ペンケース。

STBY: はい。

の、中に、赤ペンは、何本入っているでしょう?
1番。

STBY: はい。

6本。
2番、7本。
3番、8本。

STBY: おっ。

この、通常の、放送作家さんの。

STBY: はい。

ペンケースん中に、赤ペンって言うのは、まっ、みんな使うモノなンですよね。
一番、消費が激しいのが赤ペンなんじゃないでしょうか。放送作家で言うトコのね。

STBY: そうですね。

その赤ペン、まっ、仕事道具ですよね?
が、アソちゃんのペンケースの中には、何本入っているのか?
というのがクイズです。

STBY: はい。

1番 6本
2番 7本
3番 8本
14本ぐらい入ってンのかっ。このペンケースん中に…。
14本の内、6本なのか?7本なのか?8本なのか?

STBY: さぁ~、果たして!?

それでも入り過ぎですよね?
そんなぁ~バランス悪い…、コトってあるのかなぁ~って思いますよね?
普通のペンケー…、ペンケース持ってる?

STBY: 持ってないです。ペンケースは持たないですねぇ~。

何持ってンすか?じゃあ?

STBY: ペン1本だけです。

あのぉ~、手帳みたいな?

STBY: 手帳…?

手帳みたいな中に、挟まってるヤツ?

STBY: 挟まってるヤツです。

あれ1本だけなンだ?

STBY: はい。

まっ、でも、男の人ってそうかなぁ~?
書きモンの仕事してない人以外はねっ。

STBY: そうですね。

ということで、ぜひ、当てていただきたい。
千葉で、鰯の、漁をやってる、ね。

STBY: はい。

アソちゃん。
ねっ。ぜひ見かけ…、あっ、アソちゃんやってないの?
ああぁ~、あんた放送作家。

STBY: 放送作家、さん、ねっ。

ぜひね、お近くの放送作家さんのね、ペンケース見てみたら?

STBY: 参考になるかもしれなですよね。

なるかもしれないですよ。

STBY: はい。

ぜひ、クイズに、参加していただきたい。今日からやってるンだもんね、これね、もうね?
ぜひ、参加していただきたいと、いう風に思います。
ということで、ここで1曲聞いていただきましょう。
これは、二宮さんのソロ曲でございますね。

STBY: はい。

とくべつ。

STBY: とくべつ。

はい。聞いていただきましょう。

♪1992*4##111/二宮和也♪

このピアノあるじゃないですか?

STBY: はい。

このピアノ、→Pia-no-jaC←に弾いてもらってるンですけど。

STBY: ほお~~。

こないだ。

STBY: はい。

雑貨屋行ったら。

STBY: ええ。

→Pia-no-jaC←に会ったンですよ。たまたま。

STBY: おおーーっ!みたいな?

ビックリしちゃった。
なんかね、ピアノジャックの、2人の、声聞こえるなぁ~っと思って、その声辿ってったら、普通に…。
今度CD出す、そのCDのプロモーションみたいので。

STBY: へぇ~~。

来てたンすよ。

STBY: へぇ~。すごい。すごい偶然ですね。

すごい偶然でしょっ?

STBY: 【神が来た】って感じですねぇ~。

あっ、いやいや、今、ソロ曲の話ししてンすけど。

STBY: あっ、ゴメンなさい。すいません。

いやっ、全然…。大丈夫ですけど。
だから、ビックリしちゃってさ。

STBY: ほお~。

そんなコトってあるンだなぁ~って思って。

STBY: へぇ~。

どうですか?STBY,この曲は?

STBY: 僕ね、あの、このメロディー好きなンですよ。

うん。

STBY: まっ、デモの段階で、1回聞かしてもらいましたけどね。

どこが好きなンですか?
何メロの、メロディーが好きなンですか?

STBY: 何メロ?んふふ(笑)

Aメロ、Bメロ。

STBY: あぁ~~。

サビありますけど。

STBY: あぁ~、基本的にはサビが…、好きなンですけど。サビにちょっと入る前の、トコだったかなっ?

うぅ~ん。

STBY: だったかな? 

歌って下さいよ。

STBY: 歌う!?

ちょっとだけ、ちょっとだけだよ。

STBY: んふふ(笑)ちょっと歌うのは止めましょう。これ放送事故になりますから。

ホントに好きなのかな?

STBY: いやっ、ホント、ホント、ホント。

いやいや、あんま好きじゃない。

STBY: いやいや、ホント、ホント。

だって歌わないンだもん。

STBY: いやっ、そんなコトはないです。

じゃっ、歌ってよ。

STBY: あっはっははは(笑)ちょっともうちょい勉強してからにします。

じゃあ、どうします?

STBY: はい。

まあまあ、2週に渡って。

STBY: ねぇ~。

まあ~われわれ、BayFMはね、ソロ曲に、焦点を当て、掛けましたけど。

STBY: はい。はい。

どれで、【どうか穏便に】録ります?
正直な話、もう~このソロ曲で、あの~、オープニングとかを作っちゃうから、このソロ曲は、もう~除外して下さい。

STBY: そうですよね。

どれで録るか?ですよね?

STBY: まっ、タブー。

んっふっふふふ(笑)

STBY: あっはははは(笑)タブーですよね?

「まっ、タブー」って言いましたよね?

STBY: はい。

まっ、じゃっ、それで。

STBY: はい。それで、録りましょう。

じゃあ、今度【穏便に】やる時、録りましょうね。

STBY: タブー。録りましょう。

タブーじゃないっすよ。どうか…。

STBY: た、ぶぅ~~。

ちがっ、言い方違う。
あっ、またバカにした!

STBY: ああぁ~~ぁ~~。すいません、ゴメンなさい。

【どうか穏便に】録るのに、タブー録りましょう、みたいなコト言い出して…。

STBY: そう、そう、どうか穏便に、ねっ。

録りますからね。

STBY: はい。

ちょっと、それ聞いて、どんな【どうか穏便に】がイイかって言うのを、ちょっと、自分で考えて来て下さいね。

STBY: わかりました。

お送りした曲は、えーー、あたしのソロ曲でございやした。
えーー、「とくべつ」でした。

はい、今日の大賞は、『サマーバケーション満喫中』さんに、山崎さんあげたいと思います。
そして、ペンネーム大賞は、『わたしの地元に嵐さんがキター』が、Vol.1。
大事にしていただきたいと思います。
そして、それぞれのコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jpからbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたいと思います。
というコトで。

STBY: はい。

なんか情報下さい。

STBY: じょうほ…、んっふふ(笑)まもなくコンサートねぇ~、皆さん、もう知ってますけども。

ええ。

STBY: 始まりますが。ねっ、アルバムもねっ、発売しましたし。

どうなンですか?

STBY: いっぱい聞いて下さい。はいっ?

アルバム売れてるンですか?

STBY: いやぁ~~、ねぇ~~、たくさん聞いて、んふっ(笑)いただいてるようで…。

大ヒットですか?

STBY: ねっ、たくさん聞いていただいてますよねっ。

あっ、そうなンですか?

STBY: はい。いっぱい聞いてコンサート来て欲しいですよね?

もっ、何回も聞いてってコトですか?

STBY: 何回も、何回も聞いて…。

どれ聞いてたらイイんですかね?

STBY: た、ぶぅ~、あっははははは(笑)

んっふっふふふ(笑)
あっ!バカにした!
あっ、完全バカにしてる、もう~今日…。
 
STBY: いやいや、そんな、バカにしてないですよ。

じゃっ、タブーで。

STBY: タブーで。

最後。

STBY: えっ!? 

謎かけ。

STBY: いやぁ~~。

で、締めましょう。

STBY: タブーとかけまして。

はい。

STBY: 赤ちゃんとときます。

ダメですね。

STBY: ダメですか?

とけない。とけないです。

STBY: とけない…。

とけないです。

STBY: タブーとかけまして。

んっふっふふふ(笑)

STBY: 櫻井翔とときます。

おぉっ!
櫻井翔ととく。

STBY: はい。
  
その心は。

STBY: 心は、ムキムキッ!

というコトで、お相手は嵐の、んっふふふ(笑)二宮和也でした。また来週ぅっ!
どいうコト?ムキムキって…。

STBY: んっふふふ(笑)

何?ムキムキッって、んっふふふ(笑)
by arashic-ageha | 2010-08-09 03:28 | bay storm