嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

bay storm 2009.6.21. 【お誕生日コメントあり】

ニノちゃんの誕生日は、特製ハンバーグだよっ。

はい、こんばんは。嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニング一言は、ラジオネーム『ニノっちん』さんからいただきました。
ご紹介しましょう。

「私は、社員食堂で、栄養士をやっております。
 私の記念日は、こっそりお祝メニューとして、メンバーの好きな食べ物やデザートを付けたり、
 いつもより、サービス満点で提供しております。
 年間行事でない日に、いきなり豪華になると、コックさんから度々、『今日何の…なんかの日だっけ?』と、
 聞かれますが、『たまにはイイじゃないですかぁ~。』と、ごまかしています。
 ニノちゃんは、自分の誕生日、何か食べましたか?」と。

へぇ~~。
こんなコトやるンですねっ。
すごいなぁ~~。
そういうコト出来るンだなっ、逆に言うと。
僕はねぇ~、あの~、錦戸くんとご飯食べてて、お店で。
で、12時過ぎたら、お店の電気が消えて、で、ケーキが出てきました。
そいで、カウンターのお客さんも、なんか、すげぇ~びっくりしちゃって、電気いきなり消えたからね、ものすごいびっくりしちゃって。
でも、すぐわかったンだけど、オレは。
なんか、その~、カウンターのお客さんを巻き込んでのお祝いでしたね。
ちょっと早かったですけど。
でも、その~、お祝いをしてもらいましたねぇ~。
・・・・・

STBY:おめでとうございます。

おっせぇ~~。

STBY:うっはっははははは(笑)おめでとうございます。誕生日ですねぇ~。

ああの~、J-Stormって誕生日祝わないですよね?

STBY:そぉ~・・ですね・・・でも、気持ちはこもってますから。

んっふふふ(笑)いやいやいやいや、まっ、気持ちはこもってるでしょうけども…

STBY:あの~~、まあ~~、そうですねっ。

ねっ。
あれなんでなンですか?
なんか、あるンですか?やっぱ…

STBY:いや、いや、特に…

その、タレントの、誕生日を祝わないっていう理由は?

STBY:いやぁ~~、そんな理由はないです。

・・・

STBY:して…欲、し、い…感じ?ですか?





いや、いや、なんかね、ほらっ、そっ、例えばさっ、TBSさんだったりとか、日テレさんだったりとか、フジさんだったりとかさっ。

STBY:ああ~~~。

そっ、いろんな各所が祝ってくれるわけじゃん。
いわゆる外の人たちが。

STBY:そうですね。

でも、その~ねっ、抱えてるJ-Stormさんは、少なくとも、オレ、なんか、なかったような気がするンだよね。

STBY:うぅ~ん。なかった…かもしれないです。

二十歳の時ありましたっけ?
いやぁ~~、ないなっ。
そんなわけない。

STBY:何か、何かの時に、こう~、おっきい時に…

おっきい時にってなンすか?んっふふふふふふ(笑)

STBY:んっふふふふふ(笑)

んふふふ(笑)誕生…誕生日、おっきい時って何なンすか?

STBY:何でしょうね?誕生日は毎年…

祝わないですねっ。
そう考えるとね。

STBY:あっ、でも…あの、スタッフ一同、思ってます。

思って、ってなンすか?

STBY:いや、おめでとうございます、って。

あっ、そうなンすか。

STBY:はい…。はい。

あっ、でも、過ぎちゃいましたけど。

STBY:過ぎちゃいましたね。

じゃあ、誕生日にふさわしいギャグを1発を、お願いします。

STBY:あっはははは(笑)ハッピ!

さっ、このようにですね、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来てくだっさい。
それでは、カズナリニノミヤのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
嵐さんで「Everything」

♪Everything/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんで、「Everything」でした。
さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm、この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう。

STBYコール:ああ~あぁ~、どうかっ、オンビンにっ、ダァーーッ。(ターザン風)

STBY:懐かしいですねぇ~。なんか…

いやいや、もう、1個前から変わってるから。

STBY:ああ~。ですね。

もう、そのリアクションもね。

STBY:そうですねっ。

録り直そうねっ。

STBY:そうですねっ。

ねっ。
さあっ、ペンネーム、『ダーン、ダンダン』さんからいただきました。

「ある日、電気屋さんに行った時のことです。
 歩いていると、どこからか、二宮さんのソロ曲『虹』が。
 しかもピアノで演奏されて…演奏しているようです。
 思わず、その方向に引きつけられました。行ってみると、
 中学生ぐらいの女の子が展示してあるピアノで『虹』を演奏していました。
 あまりにも上手だったので、ガン見していると、その子が突然こっちを向き、目が合ってしまい、相手の子がびっくり。
 それに私もびっくり。
 思わず逃げ出してしまいました。
 ガン見されて、しかも逃げられて、気持ち悪い思いをさせて、ごめんなさい。」と。

あらららららら。
こういうコトがあるンですね。
STBYは、どっか、町で、嵐の曲とか聞いたコトないンですか?

STBY:いやいや、それはもう~しょっちゅう、聞きますよ。

どこが一番多いですか?

STBY:まっ、コンビニが一番多いですね。

へぇ~~。
コンビニだと、何が流れてるコトが多いンですか?

STBY:いや、もぉ~~、いわゆる、直近の…

直近ってわかるンすかね?

STBY:直…わかンないですかね?

んっふふふ(笑)

STBY:まあ~、ここ最近、リリースした、楽曲とかよく流れてるンで。

おお~~。

STBY:こう~、なんか、ねえ~、何か買おうとしたら、ああ~流れてるぅ~みたいな。

あっ、それ、やっぱうれしいモンなンですか?

STBY:そりゃ、やっぱ、うれしいですね。

レコード会社として。

STBY:そりゃうれしいです。

でも、メンバーの誕生日は、祝わないってコトで。

STBY:って、コトで。すいません。

なるほどねぇ~。
シビアな会社だ。

STBY:ふふ(笑)

さあ、続いて、ペンネーム『前髪の場所』さんからいただきました。

「この前、近くの学校と、スポーツの大会があって、最後にフォークダンスがあったのですが」(ちょい笑いながら)
「途中で列が乱れてしまい、私の相手がいなくなってしまった時に、友達の次の相手を取ってしまいました。
 ホントにごめんなさい。」だって。

スポーツ大会で、最後にフォークダンス、んふっ(笑)するンですね?
する?えっ?これ、結構、なんか、定番?鉄板?
あっ、そっ。
ああ~~、オレ、全然わかンなかったわ。
ああ~、オレ、そんなンあったかなぁ~?
近くの学校と体育祭ってするの?
えっ?女子校と男子校と一緒に体育祭するの。(声のトーンが落ちます)

STBY:あらっ、イイっすね。それ。

楽しそうだね。

STBY:うぅ~ん。

へぇ~~。
まっ、確かに、男子校の体育祭って何をモチベーションに頑張ってイイか、わかンないもんねっ。
ただ、記録を狙うって、そんなストイックなの、も、オリンピックで十分だもんねっ。
へぇ~~。
あっ、この人、ほらっ、欲しいステッカー、STBYのTシャツだって。

STBY:おっ!あらっ。

やっぱ、出てきますねぇ~、出てくるわ。

STBY:イイですねぇ~。

うん。
あっ、でも、この人、Vol.1だ、あっ、この人もVol.1。この人Vol.2だ。ああ~~。なるほねぇ~~。

さっ、続いてペンネーム、『もうすぐドラクエ発売だよ』さんからいただきました。
ホントだねっ。

「もう20年近く前の話なのですが、その頃、家にあったルービックキューブがやりたくて、やり始めたものの、
 全く揃う気配がないので、シールを張り替えて、6面完成させる、という防御に出ました。
 今、考えると、とんでもない事したな、と、思います。お父さん、お母さんごめんなさい。」だって。

ぜーーーーーーったい出来ないでしょう?

STBY:出来ない。同じようなことをやったコトある。んっふふふふ(笑)わかる。

まじすか?

STBY:わかる、こりゃ。

わかる、こりゃ。んふっ(笑)

STBY:んっふふふふ(笑)

ふふふふ(笑)ああ~、そう。
オレも、でも、ルービックキューブとか出来ないな。
あの、なんつーの、こう~、こういうさっ、9…9ぐらいにさっ、9面ぐらいに分かれてて、正面のヤツで。
で、1,2,3,4,5,6、って書いてあってさ。
それを、こう~バラバラに、こう~、組み立て…こう~こうやって、動かして、それを数字順に並べる、みたいなゲームがあったでしょう?
ああ~、もっとわかりやすく言うと、けんちゃんラーメンの、商品のパズルって、覚えてるかな?みんな?(1990年発売のサンヨー食品製品みたいです)
オレぐらいの、年代だったら、すぐわかるンだよなぁ~~。(わかんない(;_;))
けんちゃんラーメンの、商品であったンですよ、ボールペンと、もう1個、揃えるのが。
こう~、最初、バラバラになってて、でね、右、一番右下の所に、なんかね、まあるい輪っかみたいのが、こう~はまってて。
で、それを、こう~ズラしてくの。
でも、それで、そのバラバラになってる、バカ殿様を、こう~合わせるわけですよ、こうやって。
オレ、そういうのとか、全くできなかったもん。
でも、ルービックキューブのやり方って、なんか、どんなにバラバラでも、あれ、絶対揃うンですって。

STBY:あらっ。

同じやり方でやると。

STBY:マジックみたいな?

そう。
だから、これ…そう…だから面白いよね、ルービックキューブってね。
バラバラにしても、おんなじ手順で、切り返してくと、何回目っつったっけな?13回…何…何回目かに全部揃うンですって。

STBY:へぇ~~~。知らなかった。

うん。
錦戸が言ってた。

STBY:んっふふふふ(笑)

錦戸が、家で暇だから、ルービックキューブ1人でやってたら、めちゃくちゃ上手くなりました、って言ってた。

STBY:あはははは(笑)

そう。
なんかね、やり方があるらしいよ。ちゃんと。
それは、1,2…そう6面のヤツかな?6面って言うか、3,3、の、縦3わりのヤツだった気がする。
あるらしいですよ。
でもね、ルービックキューブって、あれ、わかンないよね。
なんであれ?すげぇ~流行ったンでしょう?
それ、STBYの時代ですか?

STBY:そうっすね。割と。

すごいよなぁ~~。あれ。
ちょっと、やってみよう、今度。
まあ、今日はここまででございますけどもね、まだまだね、謝らなければならないコトがあったら、まぁ~、このコーナーに送って来いただきたいと、思いますのでね、よろしくお願いいたします。
それでは、1曲聞いていただきましょう。
YUIさんで「アゲイン」

♪again/YUI♪

お送りした曲は、YUIさんの「アゲイン」でした。

さて、嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますbay storm。続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

はい、まずは、この人、ペンネーム『みんな友達』さんからいただきました。

「7月から『見知らぬ乗客』っていう舞台やるそうですね。
 ニノは、4年ぶりの舞台だす…舞台だそうですが、この舞台は、どんな内容なのですか?
 気になるので、ぜひ教えて下さい。」

っていうコトでねっ。
STBYぜひとも…

STBY:えぇっ!?

お願いします。

STBY:いやぁ~~、む、ず、かしいぃ~…

ええ!?


STBY:いやいや、難しくないです。

そうっすよね。
びっくりしたぁ~。
どういう内容でしたっけ?

STBY:まっ、悪役(わるやく)ですよねっ。

まっ、いわ…いわゆる…

STBY:まあ、まあ、いわゆる悪役(わるやく)…

悪役(わるやく)?

STBY:わるやく?

うん。で?

STBY:細かくですか?

いやっ、細かくって言うか、STBYが捉えてる感じで、喋ってもらって構わないですよ。

STBY:いやぁ~~、ちょっと、まだ…観てみないとわかンないっすねぇ~。

ぐふっふふふふ(笑)いやっ、STBYは、どういう感じで捉えてンのかなっての、ちょっと聞きたかっただけなんだ…

STBY:いやっ、まっ、あの~~、まっ、二宮さんが、ねっ?4年ぶりってコトで。えーー闘志燃やす…んっふふふふ(笑)
     出演者、ね、秋吉さん。

はじめ。

STBY:はじめ。

はい。

STBY:ね、二宮さん。

うん。

STBY:だ……

来てましたよね?会見。

STBY:はい。来てました。

って、コトは?

STBY:はい。

会見の言葉を、そのままゆってあげたら、こんなにいいコトはないンじゃないですか?

STBY:いやぁ~~、次、しか、もう~~。頭に残ってない…んっふふふふ(笑)

ダメだなぁ~~。ホントに。

STBY:すい(ません)…いや、もちろん、ちゃんと、聞いてましたよ。

だからねえ~。
物語は、ヒッチコックにより映画化もされた、ミステリー作家のパトリシア・ハイスミスの長編小説が原作。
交換殺人を描いたサスペンスで、資産家の息子で、殺人に手を染めるブルーノを演じる二宮って書いてありますよ。

STBY:はい。サスペンスですよね。

いやっ、ゆったよ、今。
サスペンスだよって。

SYBY:はい。そうですね。

へぇ~~。あっ、もう~殺人に手を染める、なんて、こんなコト書いてあるンだ。

STBY:っふっふふふ(笑)

へぇ~~。
まあねぇ~~、秋吉さんとも、僕、久々ですしね。

STBY:そうですね。

うぅ~ん。

STBY:映画の?映画以来ですか?

はい。

STBY:ですよね。

映画以来。
っていうより、まあ、ね、なんか…なんでしょうねぇ~。
映画化されてるンですよ、今言った通り。ヒッチコックに、より。
でもね、全く映画とは違うらしいですよ。
だっ(だから)まっ、映画観てもらってもイイんすけど、映画とは全然違うンで。
まぁ~、2度楽しめるって感じが、しますよねぇ~。
まっ、でも、34回だったかな?ぐらいやってますので、もう、ぜひともね、お時間ある方、観に来ていただきたい、限りですよ、ホントに。
みなさん、今、一生懸命になって、練習してますンで。
大変ですねっ。
舞台ってのは、本当に。大変だ、これは。

さあ、ペンネーム『あや』ちゃん、17歳からいただきました。

「にのちゃん26歳の誕生日おめでとうございます。
 永遠の17歳と呼ばれたニノちゃんも26歳になったンですね。
 26になったからには、これだけはやったるゾ!と思った事はありますか?教えて下さい。」だって。

まっ、特に、ないっすよね?
あります?26ン時に、絶対コレやったる、みたいの。

STBY:ない、ですね。

ですよね。
26って、別に、なんか…ねぇ~、なんか記念になる年…では、ないっスよね?
そうかな?おお~、26ン時、なんかありました?何?(スタッフさんに)
海外留学!?
英語喋れンのぉ~!?
あっ、じゃ、ちょっ、英会話コーナーみたいの、作ろうよ。

STBY:そうしましょう。

ねえ。
だって、喋れるじゃん。

STBY:まあ~、ちょっとだけ。

でしょう?

STBY:はい。やりましょう。

でぇ~、喋れるからさぁ~、なんか、海外に、これから、たぶん行く人もいると思うしさぁ~。
夏休みとか、なって来たらさぁ~、やっぱみんな海外とか行くンだから、そン時に使える、ね?ワンポイントって言うかさぁ~。
これ言えたら、なんか、スムーズに、海外旅行出来ますよって言うの、2人で、ちょっと、会話形式で、ねえ~。(ニノもやってよ)

STBY:はい。やりましょう。

じゃあ、アズちゃんと、ねっ、STBY,で。

STBY:はい。

ねっ。(だから!ニノも!)
STBYは、どこ行ってたンでしたっけ?

STBY:僕、アメリカ、ですね。

それは、何歳ぐらいの時ですか?

STBY:それはね、18・・・ぐらいから。

へぇ~~。んっふふふ(笑)

STBY:行ってましたね。

なぁ~ん(笑)…なんで、帰って来ちゃったンすか?
残念っ。残念ですねぇ~。
いい、いいコーナー見つけた。

まあね、えーーゴホン(咳ばらい)、まだまだ嵐や僕へのね、個人的な質問大募集していますので、【裏嵐】のコーナーまで送って来ていただきたいと思います。
そして、ここで、毎年恒例、二宮和也の誕生日記念のスペシャルな、メッセージが届いてるということで、今年は誰がお祝いしてくれるのか、さっそく聞いてもらいましょう。

えーー、二宮くん、26歳のお誕生日おめでとうございます。

んっは(笑)

5時に夢中

おっ!

5代目の司会者の、イッツミーこと、逸見太郎でぇ~す。5時に夢中(TOKYO MXテレビ)
いあぁ~、なんでも、二宮くんが、5時に夢中を見て下さってるということで、まっ、ひじょぉ~~に驚いてます。


今、どっかで、聞いたコト…

しかし、とてもうれしい限りです。

聞いたコトある声だなと思ったンだよなっ。

今回は、そのお礼と、お誕生日のお祝を兼ねて。

はい。

まっ、面識はないンですが、

いえいえ。

まっ、声だけでも届けたい!と、思いまして、メッセージを、えーー贈らしていただきます。
えーー、まっ、僕から見た、二宮くんの印象なンですが…


んっふふふふふ(笑)いえいえいえ…ふふふ(笑)ええーーっ!?


柴犬?

んっふふふふふ(笑)

みたいな、感じで、まぁ~、見た目は、ちょっとこう~草食系なンですが、えーー、実は内面、的に言うと、フツフツと、かなり肉食系、かなりジワジワ、こう~なんて言うンですかね、もう~みなぎってる感じって言うか…

あっ、珍しい。こんなに、感情をあらわにする逸見さん、なかなか聞けないですよ。えーーっ!?

まあ~そんな26歳って言うコトでですね、わたくしの26歳、えーー思いだしてみれば、アメリカ留学してたモンですから。

あっ、同じじゃん。うん。

帰って来て2年目ですか、まあ~、尖ってましたよ。

ああ~~。

ジャパニーズショウビジネスは、なんだ!?と、アメリカと、こんなにも違うのかと、イチイチ、なんか、もう怒ってましたね。

そういうの、学んでたンだね。

二宮くんは、そんなことないと思うンで、大丈夫だと思うンですが。
まあ、そんな感じでですね、ホントにですね。お誕生日おめでとうございます。
Onece again.Happy 26th Birthday Ya~.


んっふっふふふふふ(笑)

それでは、26歳、素敵な年を過ごして下さい。
5時に夢中、司会、逸見太郎でしたぁ~。


いやぁ~~、逸見さん。
たぶん、もう、たぶん、たぶん、ずーっと真顔で、今、言ってくれて思いますよ。
ひたすら真顔で。
目の力がね、やっぱ強いンですよ、ホントに。ねっ。
あっ、でも、そうなんだぁ~。
逸見さんも、やっぱ、海外留学してたってね。
海外留学する歳なンですね。
アメリカの、ショウビジネスと、日本のショウ…なんで、こう~どんだけ違うンだと。
でも、逸見さんも、尖ってた時代があるンですね。

STBY:英語、お上手ですね。

そうですね。いやっ、ちなみに、今、なんて言ってたンですか?

STBY:んふっ(笑)なんて…なんて言ってましたっけ?んふっ(笑)あっ、そう、ハッピーバースディ。

あっ、いやっ、それは、たぶん、ね、冒頭でも言ってくれたと思うンですけど。

STBY:ハッピーバースディー…

大丈夫ですか?この?

STBY(アズちゃんと):んっふふふふ(笑)

じゃ、2人で、なんか…

STBY:あっははははは(笑)

なんかさ、なんか、ほらっ、英単語みたいの流して、2人で、ちょっと…

STBY:あっ、なるほど。

解読する、みたいのが、イイかもしれない。

STBY:あっ、それ、いいですね。

そっちの方がイイかもしれない。

STBY:いやっ、だから、発音がすごくきれいだったンで。

いやっ、いやっ、すごい。
だから、未だに、喋ってンでしょうねぇ~、やっぱ、活かされてるンでしょうねっ。
その、留学の経験が。
いやぁ~~、うれしいなぁ~~、ありがたい。
僕、毎日見てるからね。ちゃんとビデオに録って。
だから、もう、なんて言うのかな?うん、5時に夢中、ひいては、やっぱMXテレビって言うのがねっ、すごいンですよ。まじで。
でもね、5時に夢中ね、ホントに、ちょっと、みなさん、見ていただきたい。
ホントに夢中になりますから。
ぜひともね、見ていただきたい。
いや、ありがたいな。
やっぱ、こういうのもらうとさ、なんつーのかな、26になったンだなっていうさ、そうのがありますよね。
こうやって祝っていただくと。
これもそうだし、さっきも言った錦戸が祝ってくれるのもそうだし、ねっ、メンバーが祝ってくれるもそうだしさっ。
こうやってメールで、誕生日おめでとうございます、なんて言われるとさ、誕生日なんだなって、ホントにね、ありがたいな、と思うの。
ホント、ほらっ、ねっ、番組に、おめでとうメールを送ってくれてね、人も、ホントね、リスナーの皆さんも、ホントありがとうございますよ、ホントに。
じゃあ、最後に、ねっ、STBYから。
誕生日の、おめでとう、の、1発ギャグで、締めたいと思います。
じゃあ、お願いします。

STBY:おめぇ~、でとう~。んっふふふふ(笑)

さあっ!それではここで、1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「season」

♪season/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの、「season」でした。

はい!えー、お送りしてまいりましたけどもねっ。今日の大賞の発表。
えー、今日は、この人、『もうすぐドラクエ発売だよ』に、STBYのTシャツ!

STBY:おっ!

これさ、もう、なんか、オレさ、Tシャツステッカーにしたほうがイイね。

STBY:ああ~~。

STBYのTシャツあげる、みたいになってくるじゃん。

STBY:確かに。

なくなって…なくなっちゃうでしょう?Tシャツ。

STBY:んふっ(笑)なくなっちゃう。

ね。
この人、ペンネーム大賞は、『前髪の場所』さん、にも、んふっ(笑)STBYのTシャツを。

STBY:ステッカーを。

ね。
もう~10回に、1回ぐらい、STBYのTシャツ贈ろっか、もう~こんななって来たら、もう~。

STBY:あっははははは(笑)

ねっ。送りますンで、大事にしていただきたいと思います。
そして、現在、大募集中のプレゼント、「明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」のオリジナルグッズ、オリジナルメモパットを抽選で5名様に、プレゼントします。
今回の、ダジャレのお題は、「メモ」か「パット」ということでねっ。
締切は、6月30日でございます。
プレゼントの応募、レギュラーコーナーへの応募はこちらから。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jpから、bay stormに、アクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックして下さい。

ということで、今日はメモリアルな1日でしたね。

STBY:そうですね。

逸見さんに、祝っていただけるなんて。

STBY:はい、素晴らしいコメントを。ちょうだいしまして。

いや、いや、思いもしませんでしたよね。
じゃ、最後に、ねっ、逸見さん、聞いてるかわかりませんけども。

STBY:はい。

ねっ。
誠意をね、御返ししたいな、というコトで。
STBYから。

STBY:いやいや、ここは二宮さんから。

逸見さんで、ねっ!
逸見さんのギャグで。

STBY:逸見さんのギャグですか?

うん。

STBY:逸見さんのギャグ…

逸見さんのギャグで、お別れしたいな、と。
太郎でもイイですよ。
でも、太郎だと…やっぱ、いっぱいるから。

STBY:逸見さんねぇ~…

はい。

STBY:イッツ、ミー。

ということで、お相手は、嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週。
by arashic-ageha | 2009-06-22 02:30 | bay storm