嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

bay storm 2009.5.17.

歳のせい?

はい、こんばんは。嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『あごチョコ村長』さんからいただきました。
紹介しましょう。

「この前の『王様のブランチ』で、相葉くんが、納豆そばをよく食べると言っていましたが、
 私は、お蕎麦があまり好きではありませんでした。
 しかし、無性に食べたくなり、翌日、納豆蕎麦を作って食べたら、あまりのおいしさにビックリしました。」と。
「歳を取ると味覚が変わると言いますが、ニノは小さい頃嫌いだったのに、今は好きになった食べ物とかありますか?」

ああ~~。あるかなぁ~?
昔、でも、多かったンですが、最近なんでも食べますね、そう考えると。

オーグッシさん:ホントですか?

うぅ~ん。
あります?
今だに食べらンないモノって?オレ、もう、なんか、最近、ないですね。

オーグッシさん:ないっすね。ほぼ。あの~~、見かけがね、気持ち悪いヤツは。魚の…鯛の目玉とか…

あああ~~、そういうのはわかる気がする。

オーグッシさん:ナマコとかはダメですけど。味で、NGってのは、ほとんどないっすね。

ないっすよねぇ~~。
なくなって来てンすよね。

オーグッシさん:ですねぇ~。

鈍くなって来てるンですよね。

オーグッシさん:に…鈍くなって来てるンすかね?

らしいですよ。

オーグッシさん:あっ、ホントっすか。

うん。

オーグッシさん:あっ、なるほど。

なんかね、舌のね、なんか、無くなって来てるンだよねっ。
えーー!?って言わない?
子どもの方がグルメだって言いません?

オーグッシさん:あっ、ホントっすか、初めて聞いたンすけど、わかる気が…

なんか、あるンすよ舌に。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

それが歳取ってくと、どんどんそれが無くなってくンですって。
だから、あんまわかンなくなって来てるンですって、味が。

オーグッシさん:ふぅ~ん。なるほど。苦くて、こんなん嫌だと思ってるのも、
      苦味が薄まって来て、食べれるようになってきたりするかもしれないですね。

なんかね、そう、歳取ると、そういうのがドンドン無くなって行くンですって。

オーグッシさん:へぇ~~。

そうそう。
オレ、でも、最近は、なんでも食べれるなぁ~、そう考えると。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)

うぅ~ん。
よく色んなモン食ったもんな。
このようにね、オープニングでね、まだまだ叫ぶ一言をね、募集しておりますので、ぜひともね、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それではカズナリ・ニノミヤのbay storm。
今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
嵐さんで「Believe」

♪Believe/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの「Believe」でした。
さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナーをお届けしましょう。

【シャッフル・ファイト・キーワード】

懐かしいですね。シャッフル・ファイト・キーワード。
ガサガサガサ…(紙の音)

オーグッシさん:あら、あら。あああ~~。あああ~~。

ガサガサガサガサ…(紙の音)
それっ!

オーグッシさん:あいたっ、あいたっ、目に入った。

んっふっふっふふふふふ(笑)
これにしよっかな。
ペンネーム『次のもうはん(?)はウィーダー』さんからいただきました。
キーワードは、『とばっちり』

「ケンカをしている人にとばっちりを受けた、など、関係のないのに受けたなどのエピソ-ドを教えて下さい。」だって。

オークッスさん、こういうのありそうじゃないですか?

オーグッシさん:僕ですか?二宮さんはどうですか?

僕、あんまないですね。
ケンカをしてる人に、んふっ(笑)なかなか出会わないです、僕。

オーグッシさん:ああ~~。最近はねっ。

ないですか?こういうの?

オーグッシさん:いやっ、昔は、あの~~、ケンカしてる人、止めてぇ~…

えっ!?ケンカするの?

オーグッシさん:いやっ、若い頃は…

へぇ~~~~~。どんな感じですか?

オーグッシさん:いやっ、いやっ…

ちょっと、今、本気でやって下さいよ。

オーグッシさん:くすっ(笑)ケンカの話は…

本気でやって下さい。今、ちょっと一瞬。

オーグッシさん:へえっ!?

一番最初は何て言うのかな?と思って。

オーグッシさん:いやっ、大阪ですから。

うん。

オーグッシさん:ワレこらぁ~。みたいなねっ。ワレって、言う、こう~、まあまあ。

んっふふふふ(笑)

オーグッシさん:ここら辺にしときましょっかね。

何で、ちょっと自慢気に… 

オーグッシさん:いやっ、いやっ。

顔がドンドン。
強かったンですか?ケンカ?

オーグッシさん:いや、全然。強くないっす。

何…何て呼ばれてたンですか?あの…

オーグッシさん:いやっ、そんなぁ~。

異名(いみょう)みたのはあったンすか?

オーグッシさん:そんなのはないっす。ないっす。

えっ!?

オーグッシさん:そんなのはないっす。普通に。

オークシで。

オーグッシさん:普通に、オークシで。

通してたンですか?

オーグッシさん:はい。

へぇ~~。
なんか、そういう異名がある人に出会いたいね。

オーグッシさん:ああ~確かにね。

うん。
続いて、ペンネーム『まりも』ちゃんからいただきました。
キーワード『靴ずれ』






「最近、私は、新しい靴を買って、見事に靴ずれを起こしてしまい、悲惨な目に会いました。
 そこで、衣装で、新しい靴を履く機会の多い二宮くんは、靴ずれなど起こすことってありますか?」だって。

すっげぇ~変なコト言ってイイですか?

オーグッシさん:はい。

靴ずれって、男子にも起きるモノなンですか?

オーグッシさん:もちろん。もちろん。

ああ。そうなんだ。

オーグッシさん:ってことは、靴ずれの経験がない、と。

オレ、ないっス。1回もないッスね。

オーグッシさん:すごいなぁ~。

強いンでしょうね、皮膚が。

オーグッシさん:ねえ。皮膚は、でも、弱そう…弱そうって言うか、デリケート、っぽい。

まあ、そこは手首ですからね、残念ながら。

オーグッシさん:ああ、そうか。んっふふふふ(笑)

そうそう。
手首で履いてたら、こう~起きるかなぁ~っと思いますけども。誰だって。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

んふっ(笑)足は、ほらっ、みんなね、厚かったりするじゃない。
オレ、全然、ないっすね。

オーグッシさん:へぇ~~。うらやましい。

まっ、長時間履かないからじゃないですか?

オーグッシさん:ふぅ~ん。

普段、履かないようのとかも、別にそんなに履くこともないですしね。
撮影とかって、基本的に止まってますし。

オーグッシさん:そうですね。やっぱ、皮靴、ですかね、なりやすいのは。

硬いのがなるンすか?
あの、ちょっと、カカトのちょっと上、アキレス腱のね、ちょっと下ら辺のトコとか。

オーグッシさん:そうですね。

なりますよね。

オーグッシさん:くるぶしのトコとか。

あれ、痛そうですけどね。ああいうの。

オーグッシさん:痛いです。

ああいうの、ああいうのが、地味に痛いンだよねっ。
地味なのが一番痛いよね。
派手なのって、そんな痛くないのに。
可哀そうよね、でも。
でも、それ…だっ(だから)オレ、そういうの1回もないからさっ。

オーグッシさん:へぇ~~。

そう。ホンットにないンですよ。1回も。
ガサガサガサガサガサ…(紙の音)

オーグッシさん:あああぁ~~。ああ~。あららら。んっふふふ(笑)

さっ!続いて、えーー、『普通の土に戻してほしい』さんからいただきましたよ。
キーワードは『びっくり』

「先日、ご先祖様のお墓に行ったら、墓地に白い砂利が敷き詰められ、
 うちの墓だけ真夏のビーチみたいに光り輝いていました。」と。
「最近、びっくりしたコトありますか?」だって。

最近、サイパン行ったンですよ。

オーグッシさん:ぉああ~~。この…あれですね?

ドラマで。

オーグッシさん:ドラマで。えーー。

でぇ~~。

オーグッシさん:はい。

一番最初に、お墓で撮ったンですよ。

オーグッシさん:サイパン?

サイパンの。

オーグッシさん:はい。

あの~~、サイパンって、えーっと、日本人もいれば、韓国の人もいたり、もちろん、向こうのねっ。

オーグッシさん:現地の…

現地の人もいるし。
お墓が、だから、みんな、バラバラなンですよ。

オーグッシさん:形がですか?

そうそう。

オーグッシさん:ああ~~。

すごい、おもしろい…おもしろいって言ったら変だけど。
その~ハングルで書かれている墓石があったり、日本語で書かれてる墓石があったり、あの、木の、十字架の木のヤツだったり。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

で、舗装されてないンですよ。

オーグッシさん:地面が?

そう。
だから、どこ歩いてイイか、わかンないの。
怖かったぁ~。
だから、盛り上がってる所は歩かないで下さい、とか言われたンだけど。

オーグッシさん:んふふふ(笑)なるほど。

もう、最初っから、ボコボコだから、どこがこれ盛り上がってンの?みたいな。

オーグッシさん:へぇ~~。

怖かったですよぉ~。

オーグッシさん:ホントですかぁ~。

魔界村ですよ。ホンットに。

オーグッシさん:んふっ(笑)魔界村…

まっさに。

オーグッシさん:それじゃ、ドラマぁ~で?それは…そのシーンは見れるというコトですね?

そうそうそう。
で、そこの、撮影の現場に行くまでが大変で。

オーグッシさん:はい。

あれ~、これ、どこ歩いてイイんだろう?みたいな。
すげぇ~緊張した。

オーグッシさん:なるほど。

でも、すごいおもしろかった…そう、おもしいっちゃあ変だけど。
すごい、色んな…だっ(だから)、墓石屋さんとか大変だろうなと思って。

オーグッシさん:形が全然違うンですか?

そうそうそうそう。
ほらっ、棺みたいな、なんて言うンですか?四角く囲ってあるトコもあれば。
日本の、普通の墓石の形もあるし。
って、いろんな、たぶん、国の、が、集まってるンですね。やっぱ、ああいう、サイパンってのはね。
すごいっ…
なんか…
そう、なんかビックリした、あれ見てた時。

オーグッシさん:TBS系スペシャルドラマ「天国で…

さあ!続いては…

オーグッシさん:君に会えたら…の…

大丈夫。もう大丈夫っ。

オーグッシさん:もう大丈夫…

はい、オッケ、オッケ。
あっ、ごめんなさい、なんか…

オーグッシさん:いや、いや、いちお宣伝を。TBS系スペシャルドラマ…

さあっ!今日はここまでで

オーグッシさん:天国で君に会えたら…

ございますけどもねっ。
まだまだ、このキーワードで話して欲しいというトークのお題を、お待ちして

オーグッシさん:放送時間は…(どんどん小声でフェードアウト…)

おります。
【シャッフル・ファイト・キーワード】のコーナーまでね、送って来ていただきたいと思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
滝沢秀明で「シャ・ラ・ラ」

♪シャ・ラ・ラ/滝沢秀明♪

お送りした曲は、滝沢秀明で、「シャ・ラ・ラ」でした。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm。
続いては、こちらのコーナー。

【裏嵐】

まずこの人、ペンネーム、えーっと、『コンブとコブの違いは何?』さんからいただきました。

「先日、ある番組で、生田斗真くんが、ジュニア時代に、ジャージ派とスーツ派で分かれていたと言っていました。
 翔くんはジャージ派で、松潤はスーツ派だったそうですが、ニノはどっち派だったンですか?
 またスーツで踊るのは大変ではないのですか?教えて下さい。」だって。

でも、トーマが、松潤はスーツ派って言ってるってコトは、オレもいるンだろうなっ。

オーグッシさん:何のシチュエーションの時ですかね?

そうなンですよね。全くわからないんですよね。

オーグッシさん:スーツとジャージが混在する現場?

すぅ~~。
なんで、スーツなんか着てくる訳じゃないですか、だって。

オーグッシさん:なぁ~んでしょうねぇ~。

でも、まあ、トーマには見えたンでしょうね、ジャージ派かスーツ派に。

オーグッシさん:現場に来る時の格好?スーツ着ないですもんね?

ですかね?
オレ、でも、潤くんは、もう、制服のイメージしか、もう、ないから。

オーグッシさん:なるほど。うぅ~~ん。

翔くんはジャージ派ってのが、ちょっと、オレ、よくわかンないもんね。
ジャージ派って…どういうコトなンだろう?
まあ~、ジャージ派じゃないですか?そしたら。

オーグッシさん:二宮さんも。

うん。
たぶんね。
これ、何の時のこと言ってるンだろうねっ。(少クラで、ジュニア時代のレッスンでジャージ派とスーツ派がいたって…確か言ってたような…)
でも、まあ、どう考えてもスーツで踊るのは大変ではない、の、ですか?って言ってるンだから、そういう時なンすかね?

オーグッシさん:現場…ですね…

でも、まあ、普通にスーツとかで踊ってましたけどね。

オーグッシさん:衣装として。

そうそうそう。
踊るのは、別に大変じゃないンじゃない。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

だから…

オーグッシさん:まっ、今でもね、嵐も、こう~ね、カッチリした格好でねっ。

うん。

オーグッシさん:年末の特番とか。

まあ、あんな派手なの着てないですけどね、普段からね。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

ギラギラしてるようなの。

オーグッシさん:そうですね。

まあ、別に踊るのは大変じゃない気がするけどな、オレはな。

オーグッシさん:なるほど。

ペンネーム『ピッカピカの1年生』からいただきましたよ。

「私は、友達と写真を撮る時や、歩く時、右側にいると落ち着きます。
 ニノちゃんは、宿題くんでは右側、アラシちゃんとVS嵐は、左側にいますよね。」と。ああ~。
「好きなポジション、また、メンバーの誰の隣が落ち着くとかありますか?教えて下さい。」だって。

こういうのあるンですかね?
全くないですね、どこにいても。

オーグッシさん:あっ、ホントっすか。

うん。
あるのかな?こういうのって?

オーグッシさん:いやぁ~~、人に寄っては、なんか、こう~得意な側があったり、するのかもしれない…

でも、別に、決まってないですもんね。立ち位置ってのは、そもそも、存在しないから。
立ち位置っていうのが存在していれば、まあまあね、なんかヤなトコは、気持ち悪いって事は出てくるンだろうけど。
毎回違うからさっ、そんなにもなんか、あの~、違和感を感じるってのはないンでしょうね。

オーグッシさん:なるほど。ふぅ~~ん。

だっ(だから)KAT-TUN、の隣とかに立ってたら、たぶん、違和感…

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

感じるンじゃないですか?

オーグッシさん:なるほどね。嵐ン中では、もう~、どこに居ても。

そうそう。

オーグッシさん:ですよね。

なんか、田口くんと聖の間にいる、とかさ。

オーグッシさん:はいはいはい。そりゃぁ~おかしいな、ははは(笑)

そういうのとかだとさ、なんか、たぶん、まあ~オレよりも、見てる人が違和感を感じると思うけど。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)確かに。

ねえ。
ああいうの、カウントダウンじゃないとやんないっすもんね。やっぱりね。

オーグッシさん:うぅ~~ん。まあ、おもしろいっすけどね、見てる側は。

ああいうの、たぶん、ああいうのが、たぶん、逆に、落ち着かないンじゃない、グループ、で、混ざると。

オーグッシさん:はい、はい、はい。

たぶん、そうだと思いますよ。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

と、いうことで、今、さんざん話してましたけども。
オオクシさんがね、今週で…

オーグッシさん:はい。

卒業だと言うことで。

オーグッシさん:はい。ありがとうございました。

ホンットにね。

オーグッシさん:ええ。

ちっ、残念だなぁ~。

オーグッシさん:いっひひひひ(笑)ホントっすか?んふふふ(笑)

うぅ~ん。

オーグッシさん:いやっ、いやっ。

BayFM的に、残念ですよ。

オーグッシさん:いやっ、BayFMさん的に…

これっ、次は、何やられるンですか?仕事?

オーグッシさん:いやっ、あの~~~。

お弁当屋さんとか?

オーグッシさん:いやっ、仕事は転職しないですよっ。

あっ!えっ、会社を辞めるンじゃない…

オーグッシさん:いや、いや、違います。辞めないです、辞めないです。

ああ、そうなんだ。

オーグッシさん:いやいや、そぉ~んなねっ。

ビックリした。

オーグッシさん:嵐さんと共に、がんばっていきたいと思ってはいるんですけどっ。
       あの、同じ会社の中で、ちょっと別のセクションで…

んっんっゴホン(咳ばらい)

オーグッシさん:引き続き、嵐さんを応援して行ければな、と、思っております。

もう、最後ですからねっ。

オーグッシさん:はい。

ちょっと、もう~友達紹介してもらってもイイですか?次の。

オーグッシさん:そうですね、次ぃ~、は、ちょっと有望な…

そう、もうソロソロね。

オーグッシさん:人間を。はい。

もう~。

オーグッシさん:後を託そうかと。

男子で、若手でよく喋る系が、ねっ。

オーグッシさん:そうですね。ちょっと頭のキレた感じの。

キレる系が、空気読める系がイイですね。

プルルルルルル(電話掛けてます)

オーグッシさん:うぅ~~ん。あっ、電話がかかりましたね。

○×▽:もしもし。

オーグッシさん:あぁ~もしもし、オオクスです。

○×▽:ああぁ~、どぉ~も、どぉ~も。

オーグッシさん:おはよー。

○×▽:あれぇ?

オーグッシさん:大丈夫?今?

○×▽:あれ?あ、どうぞ。大丈夫ですよ。

オーグッシさん:今、ちょっと、あの~~、ラジオで。

○×▽:はい、はい、はい。

オーグッシさん:ちょっと、後任の、人間を、ちょっと紹介するというコーナーをやっててね。

○×▽:はい。

オーグッシさん:君、ちょっと仙台だけど、電話しました。スタジオから。

○×▽:ああ~~、なるほど。

オーグッシさん:ちょっと、あの~~。

○×▽:あっはっははは(笑)どうぞ。

オーグッシさん:ちょっと、あの、なんか、聞いたコト…あれ?二宮さん、彼は、知ってますか?

いや、ごめんさい、ちょっと…えっ!?

○×▽:えぇっ!?

オーグッシさん:いや、オンエアー中なンですけども。

○×▽:あらららららら。ちょっとぉ~思い出して下さいよ、って言って下さいよ。

オーグッシさん:いやいや、横で聞いてるよ。

○×▽:横で聞いてます?

あの、すいません。
あの~、すいません、二宮ですけど。

○×▽:あっ!これは、これは。

オーグッシさん:あっはははは(笑)

STBY:STBYです。(おかえりぃ~~~♪♪♪)

あはっ(笑)ああ~どうもぉ~!

STBY:どうも、どうも。元気ですか?

いや、いや、ホントにね。

STBY:はい。

あなたがいなくなってから、聞く人もすごいいっぱい増えて。

STBY:ねえ、スーパースターになって。もう~。

あっ、僕の話してンすか?
もうさっそく噛み合わない感じでね。

オーグッシさん:あっははははは(笑)

STBY:あはははははは(笑)

懐かしい感じしますけど。
ちょっと、STBY、あの~、得意な一発ギャクを。

STBY:一発ギャグを。

ちょっと、久々に。

STBY:じゃ、行きます。

はい。

STBY:5秒前、2,1、シェーーイッ!!

あっははははははは(笑)はははははは(笑)

オーグッシさん:なンすか。今の。

STBY:シェイッ!

オーグッシさん:シェイ?

STBY:あははははは(笑)

オーグッシさん:仕事中に、この人は、何を?

あの~、今、何やってンの?

STBY:今、仙台で、ちょうど、今ですね、あの~、お別れを告げてきまして、はははは(笑)

お別れを告げ…仙台でお別れを告げてきた。

STBY:ちょっとぉ~、諸々色々ありまして。

あっ、じゃあ、そんな、悲しい時に電話しててすいませんでした。

STBY:いやいやいやいや、もう楽しくてですねぇ~。ホントに。

んふっ(笑)楽しくて?お別れをして来たンですよね?

STBY:ははははは(笑)

楽しかった。
すいません、じゃあ、そんな時に、あのちょっと空気を変えるような、一発ギャグお願いします。

STBY:わかりました。5秒前、2、1、…あっ、すいません、もっかいイイですか?

っはっはははは(笑)ははははは(笑)

オーグッシさん:うははははは(笑)

STBY:すいません。頭真っ白になりました。今。

いやっ、もう、すいません。もう、いっぱい、いっぱいなんで。

オーグッシさん:二宮さん、この人、知らない人も…ね、

そうですね。

オーグッシさん:リスナーの中いる、とは思うンですけど。

STBY:そうですねぇ~~。

オーグッシさん:1年半ぐらい前…

はいはい。

STBY:はい。

オーグッシさん:この番組で、二宮さんと一緒に出ていたSTBYという…

STBY:はい、そうですね、STBYという…

オーグッシさん:J-Stormの。

STBY、ちょっとなんか、すごい生き生きして…生き生きしてますね。
やっぱ、現場が、変わってたのか。

オーグッシさん:なんかね。

STBY:いやぁ~、もう、そりゃそうですよ、生き生きしてますよ。

うははははは(笑)

STBY:うははははは(笑)

STBY、今、どこにいたの?どこにいたの?ずっと。

STBY:はい?

現場は?現場どこにいたの?

STBY:現場はですね、あの~~、そうっすね、ちょっと若いぃ~~、そうですね、いっぱい人数のいる、トコにいまして。

ジュニアですか?

STBY:はい。渋谷?渋谷ですか?

あははははははは(笑)

オーグッシさん:あははははっは(笑)しぶっ…

どうもありがとうございましたぁ~。

STBY:あっ、ありがとうございましたぁ~。どうも。よろしくお願いしまぁ~す。

はぁ~い。

オーグッシさん:よろしくお願いします、今後とも、あっ、今後をよろしくお願いします。

どういうコトだったンでしょうね。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

ジュニアにいたのかなと思ったら、渋谷に、渋谷に…どうやら彼、渋谷担当だったみたいですね。

オーグッシさん:いやぁ~わかンないっすねぇ~。

そりゃ生き生きするわけだ。
オレ、てっきりジュニアとかの担当なのかな?と思ってたんだ。

オーグッシさん:ああ~渋谷だった、ですねぇ~。

渋谷でしたね。

オーグッシさん:あれは、ちょっと、はい。

あっ、そういう担当もあるンだねっ。

オーグッシさん:いやっ聞いたことないすね。

えっ!?

オーグッシさん:聞いたことないすね。

ああ、そうなんだ。

オーグッシさん:んふふ(笑)渋谷担当…

でも、渋谷担当って、ちゃんと自分で言ったよ。

オーグッシさん:言ってましたね。

だから、あの、あの、んふっ(笑)シェイって何なんですかね?

オーグッシさん:いやっ、シェイ…って、わかンない…んふふふ(笑)

なんか、初めて聞いたけど。

オーグッシさん:いやっ、僕も。

5、2,でしたもんね。
3とか…3、なんか、3抜けギャグなのかな、と、思ったら、シェイ!でしたから。

オーグッシさん:いやぁ~~~、心配ですけども。なんとか大丈夫だと思いますけども。

また帰って来るンですね。

オオクスさん:ですね。STBY。

ねえ。
そっか。
さっそく噛み合ってなかったからなぁ~。

オオクスさん:相変わらずでしたね。うぅ~ん。

まあ、色々、うん、聞きますよ。ホントにね。

オオクスさん:ですね。

ホントに、これから。
まあまあ、ここね。

オオクスさん:はい。

このコーナーはね、電話のコーナーなんてないよね?うん。

オオクスさん:んふふふふ(笑)

【裏嵐】のコーナーやってたからねっ。
まあまあ、ここで1曲聞いていただきましょうか。
えーっと、嵐で「トビラ」です。

♪トビラ/嵐♪

さて、えー、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしてまいりましたbay storm、そろそろお別れの時間なのですが。
今日の大賞は、えーっと『普通の土に戻してほしい』さんに房総さんをあげたいと思います。
そして、えーー、ペンネーム大賞は、『あごチョコ村長』さんに、Vol.3をあげたいと思います。えーー、大事にしていただきたいと思います。
またそれぞれのコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp  からbay stormに、アクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックして下さい。

ということで、さあ!bay storm、そろそろお別れの時間なのですが。
オオクシさん、もうね、最後ということで。

オオクスさん:はい、ありがとうございました。ホントに。

はい。

オオクスさん:ねえ、あの~つたない部分も多かったンですけれど、すごく、ね、イイ経験をさしていただきまして。楽しかった、です。

いやっ。

オオクスさん:これからも、嵐を…応援して行きます。

さあ、つたない部分があったとか言うけどさっ、ねえ。

オオクスさん:んふふふ(笑)

これ、STBYが来てね、ホントどれだけ良かったのかってのがね。

オオクスさん:いや、いや、いや。

逆に、STBYが!どこまで成長して戻って来るのかってコトですよね。

オオクスさん:うぅ~ん。楽しみですね。

その部分ね。

オオクスさん:はい。

まぁ~~~。

オオクスさん:二宮さんの予想的には、どうですか?

さっきの話した感じ1ミリも成長してないンじゃないかなっと。

オオクスさん:んふふふふ(笑)なるほど。

ジュニアを渋谷ですからねぇ~。

オオクスさん:そうですねぇ~。

まあ、でも、来て、もし、あの、1ミリも成長してなかったら?

オオクスさん:はい。

まっ、1人でやって行きます。(わぁ~い♪)

オオクスさん:あはははは(笑)

がんばって。
ホントの初期の頃にリセットしますわ。(わぁ~~い♪大歓迎♪)

オオクスさん:ああ~なるほど。

まあまあ、でもね、来週からもね、ぜひとも聞いていただきたいな、ということで。

オオクスさん:はい。

お相手は、嵐の二宮和也でした。また来週!

---------------------------------------------
2008年、5大ドームツアー、2回目のアジアツアー、初めての国立コンサート。
STBYも一緒にいたらなぁ~、なんて思ったりしなかったのかな?嵐さんら。って何回か思ってました。
10周年を迎えた2009年、STBYが戻って来て良かった、ホント良かった。
どこからのマネージャーかわかりませんが、2004年のbay stormには、渋い声がチラホラと。
Wishだったかなぁ~?シークレットトークで、シングルの発売日を確認してた時、翔ちゃんがSTBYに話しかけていたのも。
ずっと嵐さんらと一緒だったンですよね。
オオクシさんとのトークは、ニノちゃんドS炸裂しまくってたのもすごい楽しかったです。
でも、なんか、STBYがニノちゃんの話し聞いてないような…そんな2人のやり取りも好きでした。
STBYって、これ、声がまたイイんですよねぇ~。ニノちゃんほどではないですが…
Hey!Say!ちゃんトコから帰って来たSTBYに、今日はテンション上がりました。
ニノちゃんの声も甲高かったです。
おかえりなさい。STBY!
by arashic-ageha | 2009-05-18 01:23 | bay storm