嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

bay storm 2009.5.3.

この100円、誰のですかぁ~?

はい、こんばんは。嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『にのんちょ』さんからいただきました。
ご紹介しましょう。えーーっと。

「会社のコーヒーサーバーの所に、100円が置いたままになっています。
 最初は、特になんとも思ってなかったのですが、もう半年そのままになっているので、
 コーヒーを取りに行くたびに『まだある』と確認してしまいます。
 ニノちゃん、楽屋やスタジオなどで、所有者がわからないけれど、ずっと置いてあって気になるモノってありますか?」だって。

楽屋って、でも、違うしね。

オーグッシさん:んっふふっ(笑)(メール読んでる間静かに笑ってました)

毎回、毎回。

オーグッシさん:そうですねぇ~。

へぇ~~。
でも、100円…いくらなんだろうね?じゃあ、コーヒー?

オーグッシさん:まあ100円・・・でしょうかねぇ~? あの~~。

100円で買うのに、100円が置いてあるって、でも、おかしいよね?

オーグッシさん:どうなンでしょうねぇ~~? でも、半年?置きっぱなし。

まあ、取れないよね、半年置きっぱなしになってたら。
でも、取ってあげないとかわいそうだよね?その100円も。

オーグッシさん:そうですねぇ~。

何の為に、生まれて来たの?って話だよっ。

オーグッシさん:うぅ~~ん。

100円からするとだよっ。

オーグッシさん:んふふ(笑)100円からするとねっ。ふふ(笑)

100円目線からするとさっ。

オーグッシさん:放置はかわいそうですよね。あまりにも。

かわいそうだよ。使ってあげないと。

オーグッシさん:う~ん。う~ん。

早くコーヒーに生まれ変わりたいと思ってるハズだもん。100円自体も。

オーグッシさん:んふふふ(笑)ホントそうですねっ。せっかくね。

せっかく。

オーグッシさん:はい。

そぉ~んな近くにいンのに。自分じゃ入れないンだから。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)無理ですねっ。

うぅ~ん。
かわいそうだよねっ。半年…
こういうのあります? 起きて…

オーグッシさん:はい?

カバン見て、誰のか…誰のかわかンないモノが入ってたりとか?

オーグッシさん:ああ~んまりないっすねぇ~。誰のかわかンない…ライターとかは。

うん。

オーグッシさん:知らん間に、こう~入れ替わってたり。

ああ~~。

オーグッシさん:しますけど。

でも、ないな。
台本…台本とかもなぁ~、まっそもそも現場に持ってかないからなぁ~~。

オーグッシさん:いっひっひひひひ(笑)

カバンに唐揚げが入ってたの?(スタッフさんの聞いて)

オーグッシさん:まじですかぁ~。

それはさぁ~、あの、答えは出たの?ちゃんと?
あっ、あっ、ちゃんと答えは出てンのねぇ~。

オーグッシさん:ああ~~。

それ、答え出ないと、もう、ホント…

オーグッシさん:ビックリしますねっ。

ねえ。
怖すぎるよね?

オーグッシさん:んっふふふ(笑)はい。

唐揚げ入ってるって。

オーグッシさん:うぅ~ん。

もう、ギットギトになってただろうねっ、カバンの中ね。

オーグッシさん:んっふっふふふふふ(笑)

まあまあね、このように、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたい。
そして、今夜はですね、嵐オリジナルグッズ・ディスプレイクリーナー当選者の発表もありますので、メールを送ってくれた皆さんは、楽しみにしていただきたいと思います。
それでは、カズナリ・ニノミヤのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
嵐で「Crazy Moon ~キミ・ハ・ムテキ~」

♪Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの「Cazy Moon~キミ・ハ・ムテキ」でした。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしているbay storm、続いてはこちらのコーナーをお届けしましょう。

オーグッシさんコール:【ドウカッ!オンビンニッ!!】

はいっ、まず、この人、ペンネームは、『治安維持法』さんからいただきましたよ。

「ついこないだ、学校帰りに、友達がの家に遊びに行きました。」と。えーっと。
「その子が、『うちの部屋綺麗じゃないけど』と言われてたので、それを承知でお邪魔しました。」と。えーっと。
「思っていたよりも綺麗で『汚なくないじゃん、綺麗じゃん』と思って、それを言おうとしたら、
 『綺麗じゃないじゃん』と言ってしまいました。」と。
「『綺麗じゃん』と、『汚なくないじゃん』が混ざって言ってしまった一言で、ホントにごめんなさい。」と。

ありますよね。

オーグッシさん:うん。

ホンットに。こういうコトって。ありそう。オークスさん。

オーグッシさん:へえ!?僕ですか?

うん。

オーグッシさん:僕はぁ~~~。

ベンゾウさんになったりとかする訳じゃん。

オーグッシさん:んふっ(笑)

ねえ。

オーグッシさん:2つの言葉を、こう~1つにして言ってしまう、事はありますけどねぇ~。

うん。

オーグッシさん:でも、こういうシチュエーションだと、謝りますよね?その場で。

でも、謝ったらさぁ~。

オーグッシさん:はい。

認めるコトになるわけじゃない?

オーグッシさん:ああ~~、そっかぁ~。





基本謝るってそういう行為じゃない?

オーグッシさん:そうですね。そっか。

綺麗じゃないじゃん、つって、あっ!ごめんなさいっ、んふふ(笑)言ったらさ。もう~。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

なんか、もう、いよいよ、もう、取り返しの付かない…

オーグッシさん:そっか。ますます…

行為をしてるよねぇ~。

オーグッシさん:ああ~~。

謝れないよね?やっぱりね。

オーグッシさん:うぅ~ん。

こういうコトで言っちゃったって、いう風に言うのも、なんかだしね。

オーグッシさん:うぅ~ん。

まあ、難しいなぁ~。あぁ~ん。
いや、全然、うち汚ないよぉ~、って言ってるヤツに限って、結構綺麗だったりしますもんね。

オーグッシさん:そうですね。

あれ、オレ、ドラマの影響っておっきいと思うンだよなっ。

オーグッシさん:ドラマ?

うん。
結構80年代のドラマって、そういうのって多くなかったですか?
入る時にさ、全然汚ないけど…

オーグッシさん:どうぞ、みたいな。

そうそう。

オーグッシさん:うぅ~ん。

って言う部屋に限って、すごいスタイリッシュな部屋だったりするじゃん。

オーグッシさん:ああ~~。バブル時代。

そうそう。

オーグッシさん:うぅ~ん。

あそこからキテんだなぁ~、やっぱりなぁ~。
さあ、続いて、ペンネーム『蜷川実花さんは私の学校の先輩です』ふぅ~~ん。

「私は、なぜか、電車で寝ている人に、肩に寄っかかられるコトが多く、登校中の電車の中で、誰かに寄っかかられるのですが、
 私は、前かがみに座ってゲームをしていたら、電車の椅子から、前かがみになっている…」
「前かがみになって座っている私の背中までスペースが開いており、そこの間に隣で寝ていたおじさんが寝てしまい、
 その時、私は何か機嫌が悪かったのか、すごくイライラしていて、
 その表情を思いっきり顔に出しながらゲームをしていたと思います。
 向かいの列に座ってた人たちと、寝ていたおじさん、すごい顔をしていたと思うので、ごめんなさい。」だって。

まっ、でも、顔に出すぐらいだったらね、イイんじゃないの?

オーグッシさん:そうですね。

あります?でも、人の、こうやって、寄っかかって、こう~寝たこと?

オーグッシさん:あの~~、寄っかかって寝たこともありますし、寝られたこともあります。最近ないスけど。
      
オレも、寝られたコトはあるけど、寝たコトはないな。
 
オーグッシさん:ないっすか?

寝れます?

オーグッシさん:電車で?

電車で。
あの、逆に言うと、端の席じゃないトコで寝れるかってコトなンですよ。

オーグッシさん:いや、もう、全然、こう~腕組みして、こう~下を向きながら。

オレ、そこのバランス能力が、すごい低いンですよね。
寝れないの、なんか…

オーグッシさん:眠気が…来ない?

頭の、なんか、支えがないと。

オーグッシさん:はい。はい。はい。

手だとか、なんだとか。

オーグッシさん:うぅ~ん。カバンをね、膝の上に置いて、そこに肘をついて、こう~…

ぐふっ(笑)

オーグッシさん:アゴを固定して、寝ることはありますけどね。

オレ、それがないンだよなっ。

オーグッシさん:ないっすか?

だから、あの、端の、手すりの、こう~、所に…

オーグッシさん:はい。はい。はい。あれは、もう~最高ですよねっ。

掛けて寝るコトぐらいしかできないンですよ。

オーグッシさん:うぅ~ん。

ダッメなんだよなぁ~~。

オーグッシさん:ホントっすか。

そう。頭が重たいの。頭が、ほらっ一番重たいって言うじゃないですか?

オーグッシさん:はい。

人間の。ねえ。
オレはね、それが支えらンないとダメなンだよねぇ~。

オーグッシさん:ふぅ~~ん。

窓? いやぁ~窓もないなぁ~~。
ああ~~、やっぱ、寄りかかるって、やっぱ横なんだよね、オレの中で。イメージとして。

オーグッシさん:なるほどねっ。うぅ~ん。

そう。
何の話してたの?

オーグッシさん:おじさん。

ああ、おじさんの話か。そうだ。
最近、こういうのよく多いね。
まあね、今日はここまででございますけども。
この【どうか穏便に】のコーナーでは、皆さんからのエピソードを募集しておりますので、ぜひとも皆さん送って来ていただきたいなぁ~っと思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
綾香で「夢を味方に」

♪夢を味方に/綾香♪

お送りした曲は、綾香さんの「夢を味方に」でした。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm。
それでは、ここで、プレゼントの当選者の発表に行きたいと思います。
プレゼントは、嵐オリジナル・ディスプレイクリーナーを5名様にあげると言うことで。
今回の宿題のダジャレのお題は、クリーナー・巾着・ビリーブでした、と。
それでは当選者5名を発表します。
まずは、この人、ペンネーム『さみだれ』さん。えーーとぉー。

「この戦い、さっさとキンチャク付けよう。」

さあ、つづいて『リコピン』さん、でございます。

「ちゃんとクリーナーかけとくンだぞっ、ゆっクリーナー。」

オーグッシさん:おお~。

シシシシ(笑)さあ、続いてダジャレ、ああ~じゃないっペンネーム『たこみぃ~にのみぃ~』さんからいただきました。

「いそキンチャク」

オーグッシさん:んふっ(笑)

オークスさんの、ハードルね…すごい…
ペンネーム『春一番、にの一番』さんからいただきました。

「かけっこで、ビリー、ブーいんぐの嵐」

オーグッシさん:っふっふ(笑)

いやっ、喋ってイイんですよ、別に。

オーグッシさん:あっ、イイんすか?ィッヒッヒッヒ(笑)

はぁ~みたいな感じ、だけど。

オーグッシさん:ふぅ~~(笑)

ペンネーム『中学校生活に慣れたよ』さん。

「クリーナーで画面を拭いたら、画面がクリーナー。」

オーグッシさん:へえ!? あっ、おお~~。

暗い…暗いなって、コト。

オーグッシさん:はい。

みたいです。
あれ?5名終わった?
おめでとうございます。パチパチパチパチパチ(拍手)
じゃあ、オーグッシさん?

オーグッシさん:はい?

オーグシさんの中でのベスト1はどれでした?

オーグッシさん:僕ン中っすか?

うん。

オーグッシさん:いやぁ~~、やはりぃ~~、いそキンチャク、んふっ(笑)ですかねっ。

もう、言いながら笑ってますもんねっ。

オーグッシさん:っふっふふふふ、ふふふっ(笑)はい。

んふふ(笑)じゃあ、そういう路線ねっ。

オーグッシさん:はい。

みんな、覚えておいてもらいたい。
もうだからナンバーワン紹介してもらいましょうよ、いつもねっ。

オーグッシさん:ははは(笑)

こういうテイストを、なんだねっ、やっぱりね。

オーグッシさん:はい、そうっすね。

ダジャレって、そういうコトなンだろうなっ。
じゃあ、【裏嵐】行きますか?

オーグッシさん:はい。

えーっと、ペンネーム『さきんこ』さんからいただきました。

「VS嵐スペシャル見ました。」と。
「2位ってのが残念だけど、すごくおもしろくて、時間の流れが早く感じました。」と。
「ところで、今回のVS嵐で、ニノが、前ラジオで好きだと言っていたフルーツポンチさんとお会いしたと思うンですが、 
 何か話したり、ネタを見せてもらったり、なんてコトはしましたか?
 最近お気に入りの芸人さんなんかいたら教えて下さい。」だって。

フルポンねぇ~~。
別に、話とか特になかったですけど。

オーグッシさん:ホントっすか。

やっぱりおもしろいですよね。

オーグッシさん:ふぅ~~ん。

すごく、なんて…芝居が上手いンだろうねっ。
キャラクターに入ったら強い人っているじゃないですか?

オーグッシさん:はい。

ねっ。それ…、まさにそれだと思いますね。

オーグッシさん:なるほど。

いやぁ~~、オレ好きだなぁ~。
いつでも見ていられるもんな、いつまでも。
続いて、この人、ペンネーム『バドっこ』さんからいただきました。

「ラジオで『Crazy Moon ~キミ・ハ・ムテキ』が解禁になりましたね。
 ずっと楽しみにしていたので、とてもうれしかったです。
 初回限定2に、PVが付くということですが、PVの撮影時、裏話などがあったらぜひ教えて下さい。」だって。

お願いします。

オーグッシさん:はい?わたくしですか?

PVの現場いたっけ?

オーグッシさん:はい。

ああ、いた。全く記憶にない…

オーグッシさん:んふふふ(笑)いや、いや、お話…ね?いろいろした…将来に向けて…

した?しましたっけ?

オーグッシさん:してないっすね。んっふふふふ(笑)

してない。

オーグッシさん:すいません。いました。いました。

なんだっけな?

オーグッシさん:あれはぁ~、あの~。

クレイジームーン…

オーグッシさん:幕張メッセ。

幕張メッセ。はい。はい。はい。

オーグッシさん:でぇ~~~、まあ、あの踊ってましたよね。

ずっと、踊ってましたねぇ~~、まじで。

オーグッシさん:しかも、あれぇ~幕張メッセ、すごいデカいンですけど。
      そん中で、ねえ? こう~全面を使うっていう訳じゃなく…

な、なん、どういうこと?

オーグッシさん:はい?いやっ、PV。

ぐふっ(笑)全面を使うって使うっていうコトでなくぅ?じゃあ?

オーグッシさん:あんまりぃ~、ワンポイントで、ね?撮影してましたからぁ~。

じゃあ、あんなにおっきいトコ借りる必要はなかったってコト?

オーグッシさん:いやいやいやいや。それでこそ、この背景の、抜けた感が、いっぱいねっ、出せたと言う…

正直な話。

オーグッシさん:はい。

BelieveとCrazy Moonだったら、どっちの方がお金掛ってるンですか?PV?
いやっ、ああやってセットを立て…立てるのと…

オーグッシさん:うぅ~ん~はいはいはい。デッカイ…

あんだけデッカイとこポーーンと借りるのとだと。

オーグッシさん:うぅ~~ん。

まっ、時間の拘束もあるンだろうけど。

オーグッシさん:はい。

セット立てる方が、やっぱ、お金も掛るか。
そうだよ。スタジオも借りてンだから。

オーグッシさん:まあ~そうですね。作り込みがやっぱり色々と…あれ、水も使ってましたし。

うん。

オーグッシさん:うぅ~ん。木ぃ~もね色々とね、取り寄せて。

木? ああ~~ああ~。

オーグッシさん:背景の?

うん。

オーグッシさん:ウッドですね。はい。んふっ(笑)すいません。

グッフッフフフフ(笑)

オーグッシさん:イッヒヒヒヒ(笑)ええ。まあ~あの~そういう意味で言うと、弱冠Believeかもしれないですけれども。

そっか。そうだよっ。

オーグッシさん:うぅ~ん。

単純計算して、そうだよ。
そりゃそうだよな。

オーグッシさん:そうですねぇ~~。

ええ!? じゃあCrazy Moonで浮いたお金は、どこに行ったンすか?

オーグッシさん:そりゃぁ~、もう~、宣伝に、もう~ガッツリと。

ああ~、そっちに、ちっ、ああ~そっちに回ってしまう訳だっ。

オーグッシさん:はい。

しょうがないねっ。

オーグッシさん:んっふふふふふふ(笑)

じゃあ、続いてこの人、ペンネーム『のりっこかずこ』さんからいただきました。

「前に、ラジオでオークスさんが、キミ・ハ・ムテキを歌わされて、
 ちゃんと歌えなかったから来週聞かせて下さい、って言ってやつは、どうなりましたか?
 歌詞がまだよくわからないので、もう一度お願いします。」

と、言うことで。今から、オークシさん!に、歌っていただこうと思います。

オーグッシさん:ふふふふ(笑)へえ!?それ、聞いてなかった…

いやっ、別に、本気じゃなくてイイんですよ、歌詞が知りたいって言うから。

オーグッシさん:いやっいやっ、歌詞!?

逆に、歌詞を読んでくれればイイです。お願いします。

オーグッシさん:あっ…えーー、♪ムゥ~テキィ~♪(歌ってます)えーっと、ちょっと待って…
(ボールペンの先をカチャカチャして)

それ、カチャカチャと入ってますよ。

オーグッシさん:んふっ(笑)きん…緊張しちゃいますからねっ。

緊張しちゃいますからね、って言うのが、サビの歌詞でイイんですか?

オーグッシさん:いやっ、違います。

えっ!?どうこと?
もう、ムテキ緊張しちゃいます、ですか?

オーグッシさん:♪ムゥ~テキ、求めるキミはっ、手に届かないぃ~♪
      ・・・♪振りム…♪

いいよ、イケイケ。

オーグッシさん:あれ?

振りむけ。

オーグッシさん:♪振り向く…

く。振り向く?

オーグッシさん:♪振り向くぅ~~♪ああ~ちょっと待って下さい。ああ~~これねぇ~~。

振り向く3回?

オーグッシさん:いやっ、違います。違います。

4回?

オーグッシさん:すぅ~~。ちょっと、こういう状況…んふっ(笑)あの~~急に汗がいっぱい出てきまして…

ぐふっ(笑)
かわいそ過ぎる、この『のりっこかずこ』さん、16歳!

オーグッシさん:いやっ、ちょっとねぇ~~。

歌詞が知りたいって、もう一度お願いします。

オーグッシさん:はい。あの~~、あっ、ちょっと…

ムテキ。

オーグッシさん:あの、プロモーターの方に、ちょっと…

いやっ、そんなン頼ンないで。
頼っちゃダメだよ。

オーグッシさん:えっ!?頼っちゃダメですか?

だって、そりゃそうだよ。

オーグッシさん:ムテキでしょう?

ムテキ。

オーグッシさん:求めるキミは

求めるキミは、手に届かない。

オーグッシさん:♪手に届かないぃ~~。えーっとね、そン次、はねっ。

うん。えーっとその次はね、って歌詞なの?

オーグッシさん:いやっ、違います。

えっ!?

オーグッシさん:♪タ、タ、タ、タラ、タタラァ~ン、タラララタララァ~タララララァ~♪

ハミングなの?えっ!?

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

タラタラタラってことなンですか?

オーグッシさん:いやぁ~、いやっ、コレはねぇ~、何回も聞いてるンすけど、ちょっと…これ以上今日やるとね…

なんすか?
えっ!?覚えにくい歌詞ってコトなンすか?

オーグッシさん:いやっ、そういうわけじゃなくって、ねっ?はい…

だから、もう~

オーグッシさん:皆さん…はい…二宮さんが…

もう、なんか。

オーグッシさん:ちょっとこれ、問題なのでぇ~。

問題ですよ。

♪ムテキのサビ♪(バックで掛けてくれてます)

オーグッシさん:あっ!

歌って、歌って。

オーグッシさん:♪届かないぃ~~♪
      ♪ってく愛を…♪(TKOの知ったかぶりネタみたいです)♪…ようにぃ~♪
      ♪2人はぁ~太陽と月になるぅ~♪

ねえ。

オーグッシさん:そうですね。

すり抜けてく愛は、って言ってるよ。
振り向くなんて…

オーグッシさん:あっはははは(笑)

誰も…
誰も言ってなかった。
だって、今、すり抜けてく愛は、だったような気がする。

オーグッシさん:はいっ、そうですねっ。ちょっと、あの~勘違い…してまして…

しかも、振り向く、か、振り向け、かで、どっちかで悩んでた勢いだけど。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

そのフレーズ自体が、んふふふ(笑)もう~全然違って。
なんなのぉ~!!ちょっとぉ~~~。

オーグッシさん:いやいやいやいや。これはあの~ちょっとあの~~。諸々…まっ、はいっ、仕事の面で…

ホントだねぇ~~。大変な事が起きちゃったよ。

オーグッシさん:イヒヒヒ(笑)

もうホントにぃ~。

オーグッシさん:失礼いたしました。

ホントにぃ~。ちゃんともう次までには、どっちも覚えといて下さい。

オーグッシさん:わかりました。いやっ、もちろんっ。はいっ。

まあまあ、こういうコーナーでございますけど。
質問を募集していますので、ぜひともね、【裏嵐】のコーナーまで送って来ていただきたいと、思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきたいのですが。これっ!

オーグッシさん:はいっ。

ねっ。

オーグッシさん:これは、今日が、初めて、bay stormでオンエアーさしていただける、ということで。

新曲、クイズショウの、主題歌。

オーグッシさん:そうです。櫻井さんの。

ねっ。
まずは、聞いていただきたい、と。
嵐で「明日(あした)の記憶」

♪明日の記憶/嵐♪

死神が好きそうな曲調ですよね?

オーグッシさん:そうですね。素晴らしい、曲ですねぇ~~。

とまどいながら、の、流れを組んで、行く、と。

オーグッシさん:そうですねぇ~。

あと、何が好きなの?(死神に質問)
1位とまどいながら、でしょう?
ああ~、JAM。

オーグッシさん:うぅ~ん。

おお~JAM。
えっ?これは?

オーグッシさん:おお~~なるほど。

ちょっと、マイナー的なのが好きなんだよっ。

オーグッシさん:ねっ。

バーで飲める曲が好きなンでしょうねっ。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)

バーで、1人で飲める曲が好きなンですよ。

オーグッシさん:ああ~~。ですかね。

うん。
これ、新曲。

オーグッシさん:はい。

クイズショウ。

オーグッシさん:ええ、櫻井さんの。

こぉ~んなっ、テイストのドラマで…、なんですかねっ。
ちょっと、なんか、違う感じもしましたけど。

オーグッシさん:そうですね。

僕ん中では。

オーグッシさん:まだ、あの~~1回目しか、ちょっとまだ見てないンですけどね。

うん。

オーグッシさん:あの、曲のテイストは、またちょっと違うンですけども。ドラマとは。

うん。

オーグッシさん:たぶん、こっから、こういうイメージになっていく、かもしれないですね。違いますか?

ねえ、なんで、そんなぁ~心のない会話ができるの?

オーグッシさん:ふっ(笑)、いやいやいや。(笑)

電波に乗ってますよ、今、会話が。

オーグッシさん:そ…そうですねっ。

完全に。うん。

オーグッシさん:でも、やっぱり、ドラマのイメージから、あのディレクターさんはちゃんと作ってるので。

こう言ってるわけだからねえ?

オーグッシさん:はい。

そういう感じに、なってクのかなっ。

オーグッシさん:うぅ~ん。

まあ、ドラマの方もね、皆さんね、楽しみに見ていただきたいと思います。
これが嵐の、20?

オーグッシさん:えーー、6枚目です。

6枚目のシングルでございます。
お送りした曲は、嵐さんの「明日(あした)の記憶」でした。

さて、えーーー、もう今週もお別れでございますけれども、今日の大賞は、ペンネーム『にのんちょ』さん。オープニングの方にVol.2を。
そして、ペンネーム大賞は、『のりっこかずこ』さんに、山崎さんを、あげたいと思います。大事にして下さい。
そして、それぞれのコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp  からbay stormに、アクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックして下さい。

ということで、そろそろお別れの時間なのですが。

オーグッシさん:はい。

まあ、明日の記憶。

オーグッシさん:ええ。

と、Crazy Moonが。出るということで、す、よぉ~~、ね?

オーグッシさん:はい。

27日。5月の27日に出るということで。
何か月経った?

オーグッシさん:すぅ~~。2ヵ月…半。

2,3…

オーグッシさん:3か月…近いっすね?もう。

ちょっと早くないですか?ペース。

オーグッシさん:ちょっと早い…っすね。

ねえ。
すごいなぁ~~。
それが出る、と。

オーグッシさん:そうですね。

これ、何?3曲目みたいのないの?

オーグッシさん:すぅ~。今回はね、ない、ンすよ。

あっ、ないンだ。

オーグッシさん:珍しく。

はあ~じゃあ、通常盤は売れないですね。

オーグッシさん:いや、いやいやいや。

えっ!?

オーグッシさん:通常盤も、一般の方々が…やはりお買いいただけるンで。

ああ~そうなの。

オーグッシさん:はい。

ああ~ちょっと値段が高いからねっ。

オーグッシさん:いやいやっ、値段はでもDVD付きですからっ。

そうそう。プロモ-ションビデオとかでしょう?

オーグッシさん:そうです。そうです。

ああ~じゃあ、そうだねっ。

オーグッシさん:これぐらいはねっ。

うぅ~ん。

オーグッシさん:しちゃいますンで。

そう。
あと、あしたの記憶ね。

オーグッシさん:はい。

明日(あした)の記憶!
なるほど。覚えました。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

ああ~覚えました。
ということでね、そろそろお別れだってコトでねっ。
まあ、まあ、ぜひとも、来週も聞いていただきたいなっという風に思います。
ということで、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週!
by arashic-ageha | 2009-05-04 01:32 | bay storm