嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

bay storm 2009.4.26.

はぁ~っ、また?

はい、こんばんは。嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『子持ちのにのみ』さんからいただきました。
ご紹介しましょう。えーーっと。

「にのみぃ、またまた、単発ドラマ、主演おめでとうございます。」と。
 朝起きて、携帯見たら『二宮和也主演、初精神科医アンド子持ちパパ役』って言うメールが来ていて、
 びっくりした時の一言です。」と。
「永遠の17歳と言われていたにのみが、パパ役なんて、何かビックリでした。」と。

なるほどぉ~。
まあね、そうなりますよね。
しょうがないよねっ、そんなの、歳取ってくものですから。

オーグッシさん:そうですね。

ねえ~。

オーグッシさん:年齢相応の…

そうそうそう。

オーグッシさん:役…

そんなこと言ってる自分も歳とって行くからね、これはね。

オーグッシさん:そうですね。

大変だよっ。
しょうがないよねぇ~、もうねぇ~、これはねぇ~。
そう、また単発ドラマを、やるわけでございますけど。
スペシャルドラマ「天国で君に逢えたら」うぅ~ん、なるほどね。
2005年に癌で亡くなった世界的プロ・ウィンドサーファーの飯島夏樹さんの小説だと。
飯島さんの、生涯を、ね、映画化したよねっ? あの~~。

オーグッシさん:はい。

大沢さん…

オーグッシさん:大沢さんで。

がねっ。
そうなんですよ。
わたくし、精神科医の役やってるンですけど。
すぅ~~、全くお医者さんっぽいことしてないンですね。

オーグッシさん:ホントっすか。

うん。普通…普通に話をしてるだけなンですけど。

オーグッシさん:へぇ~。

ホントそんなの、「へぇ~」とかしか言わないンですよ。セリフ。

オーグッシさん:そうですか。

うん。
「そうですか。」とかもあったな。

オーグッシさん:いや、いや。んっふふふ(笑)

出来るンじゃないスか?あの役。

オーグッシさん:いや、いや。あの~わたくしは滅相もないっすよ。

でも、ホントに、ほとんど喋ってない。み…なんか、来る人が喋るから。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

僕、全然喋ってないっす。アドバイスとかもしないし。

オーグッシさん:ふぅ~ん。今、収録は、順調に?

順調に。もう終わりますね。

オーグッシさん:なるほど。

そうだな。ああ、ああ。

オーグッシさん:楽しみですよね。

そうそう。まだ全然未定だから。
まあ、まあ、ぜひともね、えーー、またなんかありましたらお伝えしますので。
すぅ~、チェックしていただきたいなぁ~ということでますけど。
まだまだ、オープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それでは、カズナリ・ニノミヤのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
スキマスイッチで「虹のレシピ」

♪虹のレシピ/スキマスイッチ♪

お送りした曲は、スキマスイッチさんの「虹のレシピ」でした。

それではここからは、【お願い!新コーナー】から生まれたこちらのスペシャルコーナーに行ってみましょう。

【空耳の嵐】

さあ、ほらっ、もうタイトルどおりですよね。

オーグッシさん:そうですね。

うぅ~ん。空耳ね、ちょっとね、嵐の曲の中で、歌詞とは違う聞こえ方をしたというのをですね、えーー募集しました。
それを聞きながら確認してみよう、というコーナーでございますけど。
まずは、ペンネーム『まゆ』さんから、いただいたのは、嵐の…。

「A・RA・SHI の『check it check it so』という翔くんのラップ。
 これは、翔くんも正しくはなんて言ってるかわからないと言っていましたが、
 私はずっと、『次期尚早(じきそうしょう)、時期早々(じきそうそう)』と言ってるものだと思っていました。
 ああ~まだデビューしたばっかりだから、謙遜してるんだぁ~って思ってました。」と。

へぇ~~。
どこのこと?オープニングのこと?

オーグッシさん:オープニングっすね。

ああぁ~~ぁ~~。ド頭ねっ。
なんか、そんなコト言ってる人多かったですよね。

オーグッシさん:うぅ~~ん。・・・僕も、実は…んふっんふっ(笑)

これ、翔くんも何言ってっかわかンんないンだもんね。

オーグッシさん:そうですね。んっふふふふ(笑)

よく、そんな曲が売れたよね?

オーグッシさん:あっははは(笑)いやぁ~~。
 
ホントに。ビックリしちゃうよね。
そして!・・・
いやっ、わかるもん、これ。大丈夫。オレ、わかンの聞いてかないからねっ。

オーグッシさん:あっはははは(笑)

えっ!?オレわかって…聞く? いやっ、いいよ聞いても、それ、みんな聞きたいなら

オーグッシさん:ははは(笑)ディレクターさんが…ねっ。

じゃあ聞きましょうよ。





♪A・RA・SHI♪(始まりのみ)

これ、テイクイットじゃなかったっけ?
的な、フインキ(雰囲気)で、みたいな感じで言ってたンじゃなかったっけ?

オーグッシさん:いやっ、チェックイットじゃなかったン…でしたっけ?

そうだっけ?
なんか、テイクイット的な、ノリで、みたいな感じだったンじゃなかったっけ?

オーグッシさん:と、当時?

何だろうね?じゃあ?

オーグッシさん:いやっ、でも、ご本人がおっしゃってるンだから。そっちぃ~かもしンないですね。

どうなンだろうね?
まあ、そんな感じだったンだよっ。A・RA・SHIって。

オーグッシさん:うぅ~ん。

何なんだったろうね、みたいな。

オーグッシさん:んふふふふ(笑)

んっふふふふ(笑)感じだった。

オーグッシさん:これ、でも、次期尚早って、言う風に最初、当時は思ってましたね。

でも、そんなコト言われてもさ、謎過ぎない?

オーグッシさん:次期尚早…んふっ(笑)

バレーボールの、イメージソングでさ。

オーグッシさん:そうですねぇ~。

そんな、悲観的な、応援歌もないよね。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)早すぎる、っていうね。

うん。
早すぎるって、何が早いか全くわかンないもん。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

もうずーっと日本で行われてる。大会で。

オーグッシさん:確かに。

次!

「サクラ咲ケの『打った点が分ける結果、陰と陽』を、ずっと『打った点が分ける結果、インド洋』だと思っていました。」

オーグッシさん:んっふふふ(笑)

「翔くんも随分グローバルに出たな、と、思ってました。」ということで。
聞いてみましょうか。

♪サクラ咲ケ♪

ああああ~~~。

オーグッシさん:うぅ~~ん。インド洋。

わかる。わかる。わかる。
でも、そう考えると、やっぱ、空耳ってのは。

オーグッシさん:はい。

みんな、やっぱ、歌詞を見ないで、最初に聞くのかな?やっぱり。

オーグッシさん:そういうコトですよねっ。うぅ~~ん。

そういうコトか。
そうだよねっ。
やっぱり、本人たちって、空耳ってないのかもね、そう考えると。

オーグッシさん:そういうコトですね。

ねっ。

オーグッシさん:本人たちは…はい。

オレ…なんでだろう?って今思ってたンだよ。
そうだよ。オレ、たぶん、歌詞見て聞いてるから、そう思うだけなんだよ、ただ単純にね。
なるほど、みんな、すごいね。そうやって聞かないとダメなんだ。

オーグッシさん:んふふふ(笑)

ペンネーム『2009年もスパンパンプシュー』さんからいただきました。

「嵐さんのアルバム『HERE WE GO!』収録されている『ALL or NOTHING Ver.1.02』ですが、
 45秒付近で、『you know what I mean』が、『まさかのラーメン』に聞こえました。
 一瞬耳を疑いましたが、何度聞いても『ラーメン』にしか聞こえません。
 ぜひ、一度聞き直してみて下さい。」と。

聞いてみる?

オーグッシさん:はい。

なんで、これ、バージョン1.02なんだろう…

♪ALL or NOTHNG Ver.1.02♪

ああ~~↓

オーグッシさん:いっひっひひひひ(笑)

それは、わかるな。
こんな…あ~んなんで、こんないっぱいゆってるンだね。

オーグッシさん:ねえ。

ねえ、なんで、そもそも…、ちょっと全然違うコト聞いていいですか?
なんで、これ、1.02なんですか?

オーグッシさん:これね?なぁ~~ンでなンすかね?

えっ!?なんも知らないンですか?

オーグッシさん:いや、いや、これは…

んっふふふふ(笑)なんかフインキ的に、さっきから言ってるのに…

オーグッシさん:バージョン、1.02番目ってコトですよね?

いやっ、それは書いてあるコト言っただけだから。

オーグッシさん:いっひひひひ(笑)

誰でもわかるンだけど。
じゃあ、1ってのは存在してるンですかね?

オーグッシさん:たぶん、最初に1っていうのがあって、ちょっと進化バージョンじゃないですかね?これは。

ああ、そうなんだ。まっ確かにねっ。
英語とかって、やっぱ、そう聞こえてくるよね。うん。
続いて、ペンネーム『1周り上のいのしし年』さんからいただきました。

「『RIGHY BACK TO YOU』の、あす来る晩も…」あくる晩もだな。うん。
「『明くる晩もまだまだ包囲内』が、『あっ、車もまだまだホーリーナイト』だと思ってました。」だって。

もっ、どこのこと言ってンだか、さっぱりわかンない、オレ。

オーグッシさん:っひっひひひひ(笑)

ちょっと、聞いてみましょっか。

♪RIGHT BACK TO YOU♪

オーグッシさん:ああ~~。

ああ~~。
オレ、今、全然、こっちの、普通の歌詞のカード、で、聞いてた、今。
へぇ~~。

オーグッシさん:そう聞こえましたね。今のも。

聞こえた?

オーグッシさん:はい。

そうなんだ。

オーグッシさん:はい。

やっぱ、ラップだねっ。

オーグッシさん:ラップは、どうも…

なっちゃうね。
次は、ペンネーム『スケッチ2が聞きたい』さんからいただきました。

「『RIGHT BACK TO YOU』の2番の歌詞で、『独りよがりのイージーゲーム』が
 『独りよがりの宇津井健』って、聞こえてて、なんで人の名前なの?って、ずっと思ってました。」だって。

ちょっと聞いてみましょっか。

オーグッシさん:はい。

♪RIGHT BACK TO YOU♪

ええー、ほんと?

オーグッシさん:んふふふふ(笑)

絶対、最初「い」だけど、オレん中での母音は。

オーグッシさん:うぅ~ん。まあ「イ」ですけど、宇津井健…と、言うから、予備知識があって聞くと、強引にそう聞こえないこともない。

いやっ、よく出て来たよねっ。
まあ、じゃあ、27歳か。
これが、13歳とかだって…

オーグッシさん:まあ、そうですね。うぅ~ん。

宇津井健って出てきたら、そりゃぁ~、聞こえてくるンだろうなって思うけど。

オーグッシさん:いやぁ~おもしろいっすねぇ~。

確かに、そういう平歌ってのは、やっぱ、聞き…易いンでしょうね、嵐の歌って。
そう考えると。

オーグッシさん:ですね。

ほとんど、ラップ…サクラ咲ケ、ALL or NOTHNG…あっ、Believeもあったの?
これ、やめちゃったのぉ~?ちっ、なんだよぉ~~。
そうなのぉ~~。
これ一番良かったンじゃないの?これ?実は。
あんま聞こえなかったの?宇津井健より?ほぉ~んと?
宇津井健の方が聞こえたってコト?
でも、やっぱ、平歌って、ないンすねぇ~。

オーグッシさん:そうですね。

うぅ~ん。
やっぱラップなんすね。
全部、この宇津井健以外は、全部、ラップだもんね。

オーグッシさん:そういうコトですね。

あと、英語ね。
もう、だから、英語が、空耳っていうのが、やっぱ、一番、ベーシックなンだろうねっ、日本に関して言うと。
タモリ倶楽部のおかげですよね。

オーグッシさん:そうですね。んふっふ(笑)ある…ある意味。

うん。ホンットに、だから、あれなンだろうねっ、やっぱりね。
英語、が、日本語に聞こえるって言うコトなんだろうねっ。
そっかぁ~、でもね、日本語が違う形で聞こえるって言うのも、ねっ、新しい感じですよね。
そういうコトで言うとね。

オーグッシさん:はい。

まあまあ、他にも、まだまだあるよ、と、いうね、空耳の嵐楽曲があったら、ぜひ教えていただきたいと思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
中島美嘉ちゃんで「オーバーロード」

♪Over Load/中島美嘉♪

お送りした曲は、中島美嘉ちゃんの「Over Load」でした。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm。続いては、こちらのコーナー。

【裏嵐】

はい、まず、この人。ペンネーム『にのちゃんの…コンシェルジュ』さんからいただきました。えーっと。

「宿題くんで綾瀬はるかさんがゲストだった時、アイライドで胸の風船を割るゲーム」

あっ、おっぱい爆発ゲームか。
あれ、おもしろかったなぁ~~。

「ありましたよね?」と。
「それを見て気になったのですが、ニノは風船苦手ですか?教えて下さい。」だって。

得意な人いる?じゃあ、逆に。あそこ。

オーグッシさん:風船…

おっぱい爆発ゲーム、得意な人っていンのかな?

オーグッシさん:いやぁ~~。やっぱ、怖いすよね。

怖いよ。破裂って怖いよね。

オーグッシさん:う~ん。

でも、最近、オレ、お気に入りでさ、綾瀬はるか。

オーグッシさん:綾瀬はるかちゃん。

の、バラエティーに出てるあの人、すごい天才的だなって、ちょっと思いました、最近。

オーグッシさん:すごい天然…

天然…なんかねっ、こないだねっ、何見たンだっけな?

オーグッシさん:はい。

あれ、それこそ、バニラ気分かな?出てたよね?前半戦。
オレ、ドラマの昼休憩かなんかン時に、見てたンだけど。
おもしろ…ホントにおもしろい人なンだなって。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

あのね、一緒にこう~絡んでる感じじゃないンだよねっ。
第三者から、見た時に、なんて、この、変わってるコト言ってる人なンだろうって、ホントに思うの。
その、全部の、ひとつの出来事をゆってる中に、2・3個、なんか摩訶不思議な出来事が起きてるン…だよ。
あの人の喋ってる感じ。
聞いてる感じ、いちおう意味不明なのがいっぱいあンの。
それがすごいおもしろいンですよ、あの人。

オーグッシさん:なるほど。

あの人、絶対バラエティー出た方が…

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

絶対イイよ。すごいおもしろいもん、見てて。
続いてペンネーム『5月27日楽しみにしてます』だって。
何があンの?5月27日?

オーグッシさん:ああ~もちろん、この…

ああ~CDか。

オーグッシさん:はい。

なるほど。
さん、からいただきました。

「ニノがこの前、『グータンヌーボ』に出てた時、タイツフェチだと言ってましたが、
 正確にはどんなタイツが好きなンですか?やっぱ網タイツですか?
 嵐のメンバーで、そういうコト話したりしますか?」

オレね。

オーグッシさん:はい。

あの~、ルーズソックス派、ハイソックス派、みたいのあったじゃん。

オーグッシさん:ええ。

オレ、あん中で、唯一タイツ派だったの。

オーグッシさん:あっ、当時から?

そう。

オーグッシさん:へぇ~~。

タイツ派ってのが、なかった…なんでないンだろうって、ずっと思ったぐらい…

オーグッシさん:タイツ好き。

そう。

オーグッシさん:ほお~~。

やっぱ制服だろうねっ。

オーグッシさん:制服が?

制服が、じゃなくて、制服とタイツでワンセットあの、たぶん、好きなの。

オーグッシさん:なるほど。ふぅ~ん。

あの~、なんだろ、じゃあ、冬が好きなのかなぁ~?

オーグッシさん:まあ、真夏にはさすがに履かないですから。

あの、制服で、タイツ履いて、マフラーとかしてる感じがすごい好きなンだよ。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

可愛いの。

オーグッシさん:可愛いっすねぇ~。

うん。
っていう、セット。

オーグッシさん:なるほど。

っていう話をしてたンだけど、全く使われてなかったよね。

オーグッシさん:あっ、そうだすか。

うん。
あっそうだすか、って言ったけど、今。

オーグッシさん:いっひひひひ(笑)いやっごめんなさい。そうだったンですか、と、そうですか、が混じっちゃいました。

混ざっちゃった。そうだすか。ベンゾウさんみたいになってたよ、今。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

そう。

オーグッシさん:ああ~そうですか。じゃあ網タイツはどうですか?

網タイツは、でも、あれは、楽しまなきゃ失礼なのかな?

オーグッシさん:最近減りましたね、残念ながらね。

残念ながら、んふっ(笑)なの?

オーグッシさん:はい。んっふふふ(笑)

まあ、残念ながら減ったけどさっ。

オーグッシさん:はい。

うん。
やっぱ、あれってさ、ビジュアルでしょう?の、モノなンじゃないのかなって、やっぱり、と思うンだよねっ。
あれに、タイツの機能って備わってるのかな?
あったかいの?

オーグッシさん:いやぁ~寒そうですよね。まっ、網のぉ~あれにもよりますけども。網の種類?

うん。
網タイツって何なの?

オーグッシさん:ビジュアルですよね?やっぱりね。

って思うンだよねっ、オレも。

オーグッシさん:うぅ~ん。おっしゃる通り。

網タイツねぇ~。
ねえ、タイツと、パンストは何が違うの?
えっ!?

オーグッシさん:パンストは、肌色ですよね?基本的に。

えっ、色の問題なの?

オーグッシさん:えっ?違う?違う?

それだったら肌色でイイじゃん。

オーグッシさん:ああ~~そうかぁ~。
      あっ!わかった!タイツは毛糸、と、言うか…ちょっとこう~

毛糸!?んっふふふふ(笑)

オーグッシさん:毛糸と言うか、あの~なンすか?あの…あの…

毛糸!?じゃあ、わかった。じゃあ。

オーグッシさん:分厚い…

わかった。わかった。
タイツは、ね、毛糸だとしよう。

オーグッシさん:はい。

じゃあ、パンスト何なの?

オーグッシさん:ナイロン。どうすか?違う?あっ、違うみたいっすね。

違うンじゃないかなっ。

オーグッシさん:あっ、すいません。

なンなンだろうねっ。
オレ、パンストってかぶったことしかないから、わかンないンだよっ。

オーグッシさん:あっはっはっはははは(笑)

基本。

オーグッシさん:ああ~~。そうかぁ~~。

だから、オレん中では、もう、基本、かぶるモノになっちゃってるのよ。

オーグッシさん:パンストはね。

帽子と変わンないよ。

オーグッシさん:はい。はい。はい。

もう、どんだけかぶったか、スゴロクやりながら。

オーグッシさん:そういうコトですかぁ~。

もう、オレ、2枚かぶったコトあるもんっ。

オーグッシさん:パ、パ、パンストを?

うん。パ、パ、パ、そんなぁに~さ、こすらなくても良かったンだけど。
止まるマス、止まるマス、パンストだったからさぁ~。

オーグッシさん:まじですか?

まじ、1回。

オーグッシさん:ああ~~。

だっ、履いたことないから、パンストも、かぶったことしかないから。

オーグッシさん:そうそう。履き心地が違うンですか?

だっ、やっぱり用途が違うンじゃないの?あれ。

オーグッシさん:うぅ~ん。

難しいよね。(くだらないよねっ笑)
そっ、でもね、やっぱり、そうなのよ。
1時間に、4本とか5本とかしか来ない、駅で、立ってて欲しいの。

オーグッシさん:へえっ!?タイツを履いて?

そう。タイツだけじゃないよ。
それ、そうやるとさ、エガちゃんになるから。

オーグッシさん:いっひっひひひひひひ(笑)

あの、制服着て、タイツを履いて。

オーグッシさん:ああ~なるほど。

ローファーで。

オーグッシさん:はい、はいはい。

白いマフラーをして。

オーグッシさん:うんうんうん。

そう、1時間に4本か、5本ぐらいの、割合の電車の、ホームで、電車を待ってて欲しいンだよねっ。

オーグッシさん:細かいっすねぇ~~。まあ、でも、気持ちはなんとなくわかります。

それを、だから、反対…対向の。

オーグッシさん:対面の。はい。

たぶん、ずっと見れンじゃないかなっ、その子が電車に乗るまで。

オーグッシさん:っひっひひひひ(笑)なるほど。

あの、だから、うん。
生地の厚さで分けるンですって。

オーグッシさん:タイツとパンスト。へぇ~~。

うん。
そうだよねっ、タイツはやっぱりかぶれないもんなっ。
苦しそうだもん。

オーグッシさん:タイツ……ちょっとねえ。

そう。そうやって言われてみると。

オーグッシさん:はい。

そうだよね、かぶった時に、見えなそう、前が。

オーグッシさん:前は見えないっすよね、うん。

もう。
あっ、そう、でも、厚さなんだ。
でも、やっぱ、そうなンだよねっ。
オレ、的には、全身真黒に、1コ、差し色で白が入ってるってのが、たぶん、可愛いンだよねっ。

オーグッシさん:うぅ~ん。マフラーですか、それが。

そうそうそう。

オーグッシさん:うぅ~ん。

だっ、あのバランスが、たぶん、最高に、可愛い、可愛い。

オーグッシさん:なるほど。

だから好きなンだよねっ。
でも、勉強になりましたね。
タイツとね、パンストの違いが。

オーグッシさん:ホントっすね。はい。

まさか、日曜のこんな時間に知れるとはねっ。
ちょっとピンク過ぎたかなっ。

オーグッシさん:いや、いや。

今日は。
ピンク強かったかな?

オーグッシさん:大丈夫っす。

ねっ。
いやいや、やっていきましょう、やっていきましょう。これからもね。
まだまだねっ、嵐や僕の質問、大募集してるって書いてある…
あれ?じゃあなんでタイツの話してたの?

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

あっ、タイツフェチだって話か。

オーグッシさん:そうです。

わかりました。ぜひとも送って来ていただきたいと、【裏嵐】のコーナーまでねっ、えー待ってますンで、送って下さい。
ということで、ここで1曲聞いていただきましょう。
嵐さんで「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ」

♪Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの新曲でございますね、「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ」でした。

さあ、今日の大賞は、えーーっと、タイツの話ね、した人にサカナくんを。
そして、ペンネーム大賞は、『スケッチ2が聞きたい』さんに、サカナくんを、あげたいと思います。大事にして下さい。
えー、今、曲中に話してたンだけど。
なんだっけ?銀座?

オーグッシさん:銀座だったか、どっか…

東京…の、銀座に、都内制服が全部集まってる店があって、私服の学校が多いから、それを組み合わせて制服にしてる子が多い、と。
なぁ~んらテンション上がンなかったンだけど。
アズちゃん(ベイストのスタッフ?)すげぇ~テンション上がってて。

オーグッシさん:ねえ。

かわいぃ~とか言いながら。

オーグッシさん:はい。

それ、可愛いの?
でもさ、それが許されるってコトはさ、あの、ミニスカポリスとか買ってさ、登校しても怒らンないのかな?

オーグッシさん:んふっ(笑)いやぁ~~。

私服ですって、言いきった瞬間に。
そうすっと、もう、私服の高校とかでさ。

オーグッシさん:はい。

もうなんか、ジャンヌダルクみたいな、戦士とか出てきたり、する。

オーグッシさん:んっふっふふふふ(笑)

する、可能性もあるってコトでしょう?

オーグッシさん:コスプレ系…ですよね?すぅ~。

コスプレ化しちゃうよね。そうなるとね。

オーグッシさん:そうですな。まっでも、制服ぅ~~。

でも、まあ、世界に一つしかない、みたいなコトなンだよ、そういう価値観なのかな、やっぱりな。

オーグッシさん:そこに、外国人の観光客の、方々が来て、なんか、来て喜んでましたよ。

ああ、そうなんだ。

オーグッシさん:女性の方が。んふっ(笑)

へぇ~~。

オーグッシさん:やっぱ、制服って、なんかあるンでしょうね。女の子は。

ねえ。
ナース服とかでも行ってもイイのかな?学校。

オーグッシさん:学校?

あっ、今、オレ、高校に、すごい戻りたくなったな。

オーグッシさん:あっはははは(笑)ああ~~。

うちの高校も私服だったから。

オーグッシさん:はい。

もちろん制服もあったンだけど、私服でもいいですよって学校だったの。

オーグッシさん:うぅ~ん。

そういうので行っても、全然怒られなかったのかなぁ~?
試してえぇ~~。ねえ。
でも、そういうのが流行ってンだ。最近は。

オーグッシさん:みたいですね。

でも、そういうのがあるってコトなんだ。
なるほどねぇ~。
まあまあね、色々あるわけだ。
あと、ダジャレ!あっじゃない。グッズ!ダジャレ先行になってきちゃった、今。
グッズね。
グッズを5名様にプレゼントということで。
クリーナー、巾着、ビリーブなどを使ったダジャレを書いて応募していただきたい。
来週…じゃなくて、あと4日、だねっ。4月の30までですから、締切は。
ぜひともね、送って来ていただきたい。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp  からbay stormに、アクセスして、いただきたいで、ございます。
携帯電話からはですね、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックして下さい。

ということで、bay stormはそろそろお別れの時間なのですが。
なんかありますか?

オーグッシさん:はい。えーー5月27日に、嵐26枚目のニューシングルが発売される…

絶対ねぇ~、ミニスカポリスで行っても

オーグッシさん:と、いうことで…

大丈夫だと思うンだよ。

オーグッシさん:いや、いやっ、あの~明日の記憶と…

制服だし。

オーグッシさん:クレイジームーン…

だから、パイロットとかで行っても全然おかしくないンだよっ。

オーグッシさん:曲は、もう~素晴らしい曲になってますから。

究極な話。

オーグッシさん:ぜひ、みなさん。

車掌とか。ねっ。
ということでね!えーー。
あっ、もう終わりました?

オーグッシさん:はい。

あっ、はい。ありがとうございました。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)

ということでね、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週!
by arashic-ageha | 2009-04-27 01:29 | bay storm