嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

bay storm 2009.4.19.

バコン!

はい、こんばんは。嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『にのたんとめぐたん』からいただきました。
ご紹介しましょう。これはですね。

「妹が、友達と春休みの…」えーー。
「英語の宿題をやっていた時に、聞いた一言です。」と。
「妹の友達が、『ベーコン』を『バコン』と読んでしまった瞬間、思わず笑ってしまいました。
 ニノちゃん読み違えとかしたことありますか?」だって。

ああ~わかるなぁ~。
初めて知ったもん、bacon(ベーコン)ってこう書くンだって。

オーグッシさん:うぅ~ん。B.A.C.O.N

でもさ、ベーコンってさぁ~、習ってどうすンの?って思いません?

オーグッシさん:ベーコンって…習ってないっすよね?

いやっ、でも、習うわけでしょう?だって、習わなかったら宿題でやってるわけだから。
だっ(だから)こういうのをさぁ~、学校でさぁ~、先生がベーコンつって、みんながベーコンって言うじゃん。

オーグッシさん:へへへへ(笑)

そぉ~んな時間必要ありますぅ~?

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)まあねぇ~。

それじゃ、トイレどこですか?とかの方が、全然…

オーグッシさん:いやぁ~、まぁ~、そりゃ、ねぇ~。

でも、まあ~使える英語と、まあ、習う英語とは、またちょっと変わって来るンでしょうねぇ~。

オーグッシさん:ああ~そうかもしンないですねぇ~。

レタスとか、絶対なるでしょう、この後。
トマト。

オーグッシさん:キャベツ、とかねぇ~。うぅ~ん。

もう、それをさぁ~、みんなでさぁ~、復習して…だからオレ英語、たぶん嫌だったンだろうねぇ~。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

13…この人は?19で妹が…あれだろうなぁ~?ベーコンとか言ってるぐらいだから…

オーグッシさん:中学生~。

中学生…中1ぐらいでしょう。

オーグッシさん:うぅ~ん、そうですねぇ~。

中1…13,4ぐらいの人たちがさぁ~、ベーコンとかさぁ~、トメェ~ト(Tomato)って言うンですよ。

オーグッシさん:トメェ~トォ~はいはい。

あの時間、ホントにシュールで嫌だったのは、覚えてるなぁ~。
日本で言うと何でしょうね?

オーグッシさん:日本で言うと?

外国の人が、日本語学校来て、うめぼぉ~し(梅干し)って言ってるみたいなコトなンですかね。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)そういうことですね。オニギィ~リとか。

おほっおにぎりぃ~(笑)んっふふふ(笑)おにぎり。

オーグッシさん:ふふふふ(笑)はい。

そぉ~ですよね。

オーグッシさん:ですよね。

だって、おにぎりってライスボールですよ。

オーグッシさん:そうですね。

なんか、ちょっと、もう既におもしろく出てますもんね、ライスボールって、んっふふふふ(笑)

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

ね?

オーグッシさん:確かに。

ねぇ~~~~。
でも、やンなきゃいけないンだよねっ。

オーグッシさん:やはり、基礎と言うことで。

やっぱ、社会性を学ぶよね、こういう学校ってのは。

オーグッシさん:うぅ~ん。組織っぽい。

こういう~なんか、組織…組織力って言うかさぁ~、んふっ(笑)なんて言うの?

オーグッシさん:共同のねっ。

うん。

オーグッシさん:はい。

なんて言う…別に、そんなン、だって、こんなん卒業したって、使いました?今まで?

オーグッシさん:ベーコンですか?

うん。

オーグッシさん:いや、普通にベーコンって言う風に、んふっ(笑)

それで伝わりますもんねっ。

オーグッシさん:そうですね。

でも、そういうコト言っちゃいけないンだろうね。たぶん。学校ってのは。

オーグッシさん:そうですよ。これを通じて、なんかこう~学ぶもんが。

ベーコンを通じてですか?

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

んっふふふふ(笑)いやっ、なんか、絶対あるンですよ。これって。

オーグッシさん:ですね。

でなきゃ教えないもん。ねぇ~~。

オーグッシさん:はい。

まあ、このように、まだまだ僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それでは、カズナリ・ニノミヤのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
嵐さんの「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」

♪Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~/嵐♪

さあ、こちらは、5月の27日。

オーグッシさん:はい。

に、発売される両A面シングルでございます。
嵐の?26枚目のシングルでございます。

オーグッシさん:はい。

えーー、お聴きいただいた曲は、嵐さんで「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」でした。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm、続いてはこちらのコーナーをお届けしましょう。

オーグッシさんコール:ドォ~ッカッ、オンビンニッ!!

はいっ、まずこの人、ペンネームは、『みき』さんからいただきました。

「二宮さん、こんばんは。
 私は、この春から大学に行くため上京して来ました。」と。

へぇ~~。

「今まで田舎に住んでいたので、東京の人の多さについてけず、渋谷にある大きい交差点を渡ろうとしたら…
 渡ろうとして、人を避けながら進んでいたら、信号が赤になった時に、気づいたら横にしか移動出来てませんでした。
 あそこは、どうやったら向こう側に渡れるンですか?
 東京の人は、あれぐらいは普通なのですかね? やはり、自分が田舎者だからなのでしょうか?
 二宮さん、どうか穏便にまとめて下さい。」だって。

あります?

オーグッシさん:あの~~~スクランブル交差点ですよね?

うん。

オーグッシさん:いやっ、なんとか、強引に…

いやっ、でも、出てきた…出てきた1回目とか、は?

オーグッシさん:ビックリしましたね。あまぁ~りの人の多さに。んふっ(笑)

びーーっくり!しますよね?






オーグッシさん:します。

人ってこんないるンだって言うぐらい。

オーグッシさん:はい。

いますよね。

オーグッシさん:いますね。あの~~外国の方…も、よくね、あっこ写真撮られてますよね。

へぇ~~。

オーグッシさん:あの~会社が渋谷なンで。よく、あっこ通るンですけど。

ああ、ああ、まっそうだよね。
まっ、この、4つのさ、四角く横断歩道で囲ンでるわけじゃないもんねっ。
そこにクロスしてる訳だもんね。

オーグッシさん:そうです、そうです。

またさらにね。

オーグッシさん:はい。

あそこ、一気に、開けるってのが、スゴイ、だろうねっ。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)

あれは、怖いだろうなぁ~。

オーグッシさん:全方向から、こう~ねっ、ギュッと、来ますから。

そう、そう、そう。
でも、逆に、東京の人が田舎行って、あの、夜…

オーグッシさん:はい。

夜って言うか、年中、黄色が点滅してる信号とかのが怖い気がしますけどね。

オーグッシさん:うぅ~~ん。

あの~、こう~、赤、黄色、赤、青?とかじゃなくて、もっ黄色がひたすらに点滅してたり。

オーグッシさん:はい、はい、はい。

夜になると、その点滅が赤になったり、とかって言う方が、たぶん、怖いンじゃないですか?

オーグッシさん:もぉ~逆に。

うん。

オーグッシさん:自分の判断で、ねえ、通ンなきゃいけない…

行く方が。

オーグッシさん:うぅ~~ん。

オレ、あっちの方が、逆に、東京の人は、ねっ。
でも、合宿とか行くと、その、同じノルマでやるンすかね?教習所。

オーグッシさん:ああっぁ~~。教習所は、ねぇ~、よく地方で、合宿免許とか…

なんか…そうそう、早くなるとか言うじゃないですか。

オーグッシさん:はいはいはい。

免許取ると安いし、みたいな。
同じ、なんて言うの?レベルで、まあ、やってるンだろうけど。

オーグッシさん:でも、あの、友達が、昔、それで取ったコトあるンですけども。
       やはり、その、田舎道ばっかりなので、都会走ると、逆に全然怖い、とは言ってましたけども。

ねっ。だっ(だから)オレの先輩も、だから右折が出来ないンですよ。
すげぇ~自慢してたンですけど。全然、右曲がンないンで。
なっかなか着かないっすよ。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)自慢…

グゥ~ルグルして。

オーグッシさん:ああ~~なるほどね。

どんなに時間掛ンの?って言うぐらい。

オーグッシさん:なるほど。

そういうのある…そういうの。
でも、慣れてくンだよっ、でも、こういうのねっ。

オーグッシさん:そうですね。

不思議とね。

オーグッシさん:この方もいずれ。

で、帰った時に、やっぱ田舎ってイイなっとか言っちゃうンですよ、たぶん。

オーグッシさん:うぅ~ん、うん、うん、うん。
 
絶対、そうなっちゃうンだよねっ。
続いて、この人、ペンネーム『フーテンの寅年女』さんからいただきました。

「先日、海外に行くためにパスポートを取り出したら、パスポートに穴が開いてました。
 同じ引き出しに入れてた為、間違えて古いパスポートを持って来てしまいました。
 頭が真っ白になり、急いでお父さんに電話したら、お父さんは仕事をキャンセルして持って来てくれました。
 1時間半で届いたので、飛行機には無事乗るコトが出来ました。」と。
「一緒にいた友達、やきもきさせてごめんなさい。
 お父さん、ホントにごめんなさい。そして、ありがとう。
 ニノにも、こんな経験ありますか?」だって。

これ、絶対しちゃイケナイじゃないですか。

オーグッシさん:パスポート。

パスポート。

オーグッシさん:はい。

だから、オレ、もう、事務所に渡してます。

オーグッシさん:あっ!頭イイっすね。

僕、あの、プライベートで、絶対、日本から出ないンで。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)ホントですか。

絶対、出ないンで。もう。
帰って来た瞬間に渡しますよ、もう。

オーグッシさん:ほお~~。

マネージャーに。
なあ?ファミコン?

オーグッシさん:んっふっふふふ(笑)ファミ…ファミコン…さん。

絶対。

オーグッシさん:はい。

だっ、究極、誰かと一緒に行かなきゃイケナイってなった時に、事務所に返してもらって、旅行に行くってコトは、たぶん、あると思いますけど。
オレ、持ってらンないンですよ、怖くて、パスポート。

オーグッシさん:まあね、確かに。

あれ、無くなったら?

オーグッシさん:はい。

アメリカで、無くなったら、あれどうしたらイイすか? 大使館に行くしかないンすか?
そっか。
大使館…そっか。
オレ、今のパスポート、一番気に入ってるンですよ。

オーグッシさん:はい。

ICチップが、入ってない、最後の代、なンすけど。

オーグッシさん:へぇ~~。

なんか、4月からICチップが入る、パスポートになります、みたいな。
だから1回考えなさい、みたいな、ポスターが貼ってあるンですよ。

オーグッシさん:へぇ~~。

有楽町んトコに。

オーグッシさん:はい。

交通会館だっけ?ね?そこに貼ってある訳ですよ。
オレ、もう、行かなきゃいけなかったから。

オーグッシさん:はい。

映画で。

オーグッシさん:ええ、ええ、ええ。

で、もお~スキンヘッドなンすよ、僕、その時。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)

ユーイング肉腫って言う病気の、役やってて。

オーグッシさん:はい。はい。はい。

で、その抗がん剤打ってる役だったから、ずっとスキンヘッドにしてたンですよ。
スキンヘッドにしてたら、なんか、わかンないンすけど、なんか、ストレスで頭に、なんか、色んなブツブツが出来ちゃって。

オーグッシさん:へぇ~~。

ちょうど、オデコに、真ン中に出来たンですよ。

オーグッシさん:ブツブツが。

できモンが。

オーグッシさん:はい。

すっごいデッカイのが。
だっ、なんか、ちょっと少林寺の…

オーグッシさん:んふっ(笑)

達人みたいなパスポートなンすよ、オレのパスポートが。

オーグッシさん:あっ!今の、写真がそれなンすか?

そうなんです。

オーグッシさん:わっ!見てみたいなぁ~~。(見たい!見たい!超見たい!)

でも、なんか、アジアでツアーやってるじゃないですか?

オーグッシさん:はい。

だから、なんか、就労ビザみたいのが貼ってあるンすよね。

オーグッシさん:ふぅ~ん、ふんふん。

韓国だったり、タイだったりとか。

オーグッシさん:はい。

あと、アメリカのも貼ってありますし。

オーグッシさん:ええ。

働いてるな、お父さんって言うぐらい。

オーグッシさん:ホントっすか。

すげぇ~いっぱい貼ってありますよ。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

だっ(だから)、相葉くんとかも、すごいンだろうね。

オーグッシさん:ああ~~。行ってますもんねっ。

アフリカとかのハンコとか持ってンだろねっ。

オーグッシさん:ねえ。世界各国に。

飛び回ってるもんね、あの人。
続いて、この人、ペンネーム『開花の嵐』さんからいただきました。

「先日、私は電車の中で、知らないおじさんに話しかけようとしていました。」

んっふっふふ(笑)なんでだろうね?

「それは本人が気づいてい…」あっ、なるほどね。

「本人が気づいていない、あるコトを教えてあげるためなのですが、
 その事とは、おじさんのカバンにブラジャーが引っ掛ってた事です。」と。へぇ~。
「その日は、風が強かったので、おそらくどっかの洗濯物が引っ掛ってしまったのだと思います。
 結局、私はその事を教えてあげることが出来ませんでした。
 おじさんより早く、奥さんがその事に気づいたらと思うと、ゾッとします。
 おじさん、ごめんなさい。」と。

どぉんなカバン使ってたンでしょうね。

オーグッシさん:っひっひひ(笑)いやっ、電…車ですよね?これ?

電車ですね。

オーグッシさん:すごい話ですねぇ~~。

ねぇ~~~。

オーグッシさん:ネタぁ~?じゃないっすよね?

ネタじゃないですよ。
そんな職人で作りあげてないですからね。このラジオ。

オーグッシさん:はい。いやっいやっ、もちろんそうですけども。その…おじさん自体が、ネタの…

なンなンですかねっ。でもね。
ブラジャーが引っ掛かるって。

オーグッシさん:いやぁ~~、わたくしも、あの、電車通勤しておりますけども。
      まっ、ブラジャー、ねっ、剥き出しで、歩いてる人いない、ですよねっ。

いやっ、んふっ(笑)ブラジャー剥き出しで歩いてる人はいませんよ、そもそも。

オーグッシさん:んふふ(笑)いやっ、いやっ、あの~。

そもそもいないですよ。

オーグッシさん:はい。ダイレクトにねぇ~、この、カバンに…言うのも…

カバンに引っ掛ってンだよ。

オーグッシさん:はい。はい。カバンにね。

ブラジャーの、なっ、どこが引っ掛ってたンでしょうね。

オーグッシさん:こう~すぅ~~。

どこが引っ掛る?

オーグッシさん:ホック?

そぉ~んなミラクルありますか!?

オーグッシさん:んっふふふ(笑)まあね、ちっちゃいですからね、ホックは。

でもさ、カバンにブラジャーが引っ掛かってたらわかるでしょう?

オーグッシさん:普通は、はい。普通はわかりますねぇ~~。

上に置いたりする時にさぁ~、カバンを、あれ?ブラジャー付いてるな、とか思わないンですかね?

オーグッシさん:あれじゃないすか?あの、メッセンジャーバックみたいな、こう~背中に斜め掛けして。

それこそさぁ~、座ってたりしたら、もう~、カバンを膝の上に置いたりするわけじゃないですか?

オーグッシさん:そうですね。

膝、カバン、ブラジャーな訳じゃないですか。そうなると。

オーグッシさん:膝、カバン、ブラジャー、はい、そうです。

それでも気づかないモンすかねぇ?

オーグッシさん:うぅ~ん。

まあ、ありえない物が付いてると、そんな感じになるのかなぁ?

オーグッシさん:か、もう、わざとやってるか、ですよね、この人。そりゃないか。

何プレイですか?そしたら。

オーグッシさん:いやっ、いやっ、いやっ、んふふふふ(笑)

んふ(笑)だったら。

オーグッシさん:わかンないすけど。普通気づきますよねぇ~~……

そんなコトあるンだねぇ~~。いやいやいや。
まあねっ、今日はここまででございますけど、この【どうか穏便に】のコーナーではですね、皆さんの「ごめんなさい」エピソードを募集しておりますので、ぜひとも、送って来ていただきたいなぁ~と言う風に思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
Greeeenで「刹那」

♪刹那/Greeeen♪

お送りした曲は、Greeeenさんの「刹那」でした。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm。続いては、こちらのコーナー。

【裏嵐】

はい、まず、この人。えー、ペンネーム『明日(あした)の記憶』さんからいただきました。

「翔くん主演のドラマ『ザ・クイズショウ』の主題歌が、嵐の『明日の記憶』になったそうですが、
 カップリングに『season』は入りますか?
 友達や彼氏が大好きなので、ぜひ、CD化して下さい。お願いします。」

オーグッシさん:はい。はい。

で、CD入ってるンですか?season?

オーグッシさん:ああ~~、season…残念ながら、入ってないンですよぉ~↓

うわぁ~↓

オーグッシさん:評判…すごく良くて、season。

おお、じゃ、出しましょうよ!

オーグッシさん:そうですよねっ。僕も大好きですし。メンバーの皆さんも、結構…これは気に入ってらっしゃるので。

そうですよ、だから、出しましょうよ。
なんで出さないの?

オーグッシさん:じゃあ、ちょっと、持って帰りますよ、この話はねっ。

いやいや、だって、持って帰ったって、ほらっ。

オーグッシさん:はい?

そんなに力ないしぃ~。

オーグッシさん:いひひっひ(笑)バレましたか。ひひひ(笑)

バレちゃうよ。

オーグッシさん:ぜひ。

こういう声来てますよ。ぜひCD化して下さい、と。
これは、もう、たぶんオークシさんに言ってるとしか思えない

オーグッシさん:なるほど。

メールですよ。

オーグッシさん:はい。がんばります。

ちょっと、お願いします、ホントに。

オーグッシさん:ありがとうございます。

えーっと、ペンネーム『クラクションは鳴らしたいだけ』さんからいただきました。

「先日、Yahooで、エヴァンゲリオンの実写版をやるなら、の、投票で、シンジ役の5位に」んふっ(笑)
「二宮くんが入ってました。
 私はピッタリだと思いましたが、二宮くんは、もしシンジ役の話が来たらどうですか?
 ちなみに、1位は神木隆之介くんでした。」と。

また5位ってね。

オーグッシさん:微妙ですけれどもねっ。

5位って、頼まれても、すごい、あれですよね?

オーグッシさん:はい。

もう、4つ周って来たンだなって思うでしょうね。

オーグッシさん:んっふふふふ(笑)まあ。

たぶんね。
4つ周って来て、みんなダメだったンだろうな、つって。

オーグッシさん:いやっ、そんなコトはないと思いますけども。

話来たら、そう思いますね、僕は。
でも、エヴァンゲリオンって、なんか…難しそうですよね。お話。

オーグッシさん:エヴァンゲリオン、僕はね、よくわかンないですよ。

んっふふふふ(笑)なんで、今、よくわかる風に、話したンですか。
そうそうそう。
僕ね、郭くんがね、エヴァンゲリオンすごい好きで。
郭くんが、よくね、見て下さい、つってたンだけどね。

オーグッシさん:ほお。

見れないンだよなぁ~。エヴァンゲリオン。
なンでしょうねっ。
今までなかったアニメっぽいですよね。でもね。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

その、ビジュアルどうこうじゃなく、内容的なモノを言うと。
なんかみんなが言って…みんながって言うか、郭くんが言ってる感じ、そういう感じがしますけどね。

オーグッシさん:ホントっすか。うん。

難しそう、すごく。

オーグッシさん:ほお~~。

答えが出づらそうですよね。

オーグッシさん:なるほど。

こういうの、だから、たぶん、みんなで話し合っりするのには最適の作品なンしょうね、たぶんね。こういうのって、きっと。
えーー、ペンネーム『はもとも仲間バンザイ』さんからいただきました。

「先日、発売された『ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO』のDVDを買って、さっそく見ました。
 メイキング映像など、前半の40分ほど収録されていて、普段の嵐の姿が見られて、すごくうれしかったです。」と。
「レコーディングで、ニノは、座ってトランプをいじりながら収録していましたが、いつもあんな感じでやっているンですか。」と。
「みんな、それぞれレコーディングスタイルが違うンですね。
 他に、レコーディングでやってる事など教えて下さい。」だって。

ながぁ~い、メイキング入ってましたね。

オーグッシさん:そうですね。

これ、基本的に座って歌ってますね。

オーグッシさん:座りで。

そう。
いやっ、立って歌うって、すごいなって思いますよ。

オーグッシさん:ほお~~。

みんな、だいたい2時間ぐらい歌うじゃないですか。

オーグッシさん:はい。

僕ね、人よりちょっと短いですけど。(んふふふ笑)
2時間立って歌ってるって、すごくないスか?

オーグッシさん:うぅ~~ん。まあ、そうですね。

オレ、たぶん、酔っ払ってても出来ないですよ。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)ああ~そうですかぁ~。

カラオケでも、たぶん2時間歌いっぱなしで、立ってられるってスゴクないですか?
立ちっぱだよ、だって。

オーグッシさん:2時間…ちょっと腰にもキそうですよね。

酔っ払ってもないのに。

オーグッシさん:はい。

さらに、同じ曲歌ってるンですよ、ずーーっと2時間。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

ダメなンすよね。だから。
だから座っちゃう、いつも。

オーグッシさん:なんすかねぇ~、素人ですけど、カラオケ歌う時に、なんか立って歌った方が、こう~声が出る気はしますけどね。

でも、立ちますよね。
でも、立った方がカラオケは、たぶんイイと思います。

オーグッシさん:あっ、そうですか。

いやっ、レコーディングも、たぶんイイんだと思うンすけど。
オレね、なんか、ゆったら、たぶん、一番レコーディングしてるンですよ、僕が。


オーグッシさん:一番、レコーディング…

レコーディングしてるンですよ。
家でもやってるから。

オーグッシさん:あっ、そうか。

で、家が座ってンすよ、オレ。

オーグッシさん:なるほど。

ずーっと。

オーグッシさん:はい。

というのは、本出し出来ないンですよ、あの~~。
例えばじゃあAメロ録ろう…あっBメロ録ろうと思ったら、Aメロのケツから、音を出そうと思った時に。

オーグッシさん:はい。

その、パソコンのキーボードで打たなきゃイケナイんで。
座ってないと、その、いちいち、こう~しゃがんだり立ったり、しゃがんだり立ったり、しなきゃいけないから。

オーグッシさん:はい。

もう座って歌ってるンです。
たぶん、それが最大の、たぶん、1番の癖なンでしょうけど。

オーグッシさん:なるほど。

ずっと座ってンですよねぇ~。
だっ(だから)立って歌ってる人って…でも、よくよく考えると、さっき言ったような理由が。
すごいな、みんな、と、思いますけどね。

オーグッシさん:ですね。××▽(聞きとれません;;)ね。

ねえ~~。
それで、もう慣れちゃってるってのが、また凄いよな。
みんな慣れちゃってるンだよ、たぶん、絶対。
続いて、ペンネーム『かっかん』さんからいただきました。

「私は、この春休みに台湾に行きました。
 そこで、嵐の人気を肌で感じました。」と。
「CDショップで嵐のCDとDVDのコーナーがあったり、地元民が行く市場的な所で『truth』が掛ってました。」と。
「あと、コーセーのCMも、街中で流れてました。
 それに去年の春に、韓国に行った時には、空港で『Love so sweet』が流れてました。」と。
「別の国でも、嵐の曲が聞けてホントにうれしかったです。」と。

オーグッシさん:素晴らしいっスね。

素晴らしいですね。

オーグッシさん:うぅ~~ん。

なんか、台湾語とかになってないンすかね?

オーグッシさん:カバーみたいな、感じで?

そうそうそう。

オーグッシさん:すぅ~~。ひょっとしてあるかもしンないですね。

そう、オレ、1回ね、アイズ…ウィズ、デライト(Eyes With Delight)?って曲ありますよね?

オーグッシさん:はい。

あれの、なんか、韓国語版?か、なんかを聞いたことあるンすよ。

オーグッシさん:ほお。へぇ~~。

翔くんが聞かせてくれたンですけど。

オーグッシさん:はい。はい。はい。

だから、その、オレ、有名どころだったらあるンじゃないのかなって思ってて。

オーグッシさん:うぅ~ん。

ないのか。

オーグッシさん:いやっ、あるンじゃないんすか?

絶対、でも、存在するンでしょうね。

オーグッシさん:そうですね、聞いてみたいですね。

聞いてみたいよね。そういうのね。

オーグッシさん:うぅ~ん。

まあ、今日はね、ここまででございますけども。
ねっ、僕の個人的な質問であったりね、嵐の質問、大募集しておりますので、ぜひとも送って来ていただきたいなと、言う風に思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
コブクロさんで「虹」

♪虹/コブクロ♪

お送りした曲は、コブクロさんの「虹」でした。

さて、えーーー、今日の大賞は、えーーっと、ペンネーム『みき』さんね、この、交差点がなかなか渡れないって、この人に、えーー、Vol.1を。
そして、ペンネーム大賞は、『フーテンの寅年女』さんに、vol.1を、あげたいと思います。大事にして下さい。
そして、それぞれのコーナーへのメールもお待ちしております。
パソコンの方は、www.bayfm.co.jp  からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただきたい、と、いう風に思います。

ということで、bay storm、そろそろお別れの時間なのですが。
なんか?嵐情報ありますか?

オーグッシさん:はい。

翔さんがドラマやる、と。

オーグッシさん:はい。そうですね。4月の…えーー18日…

あれ?潤くんのドラマも、もう始まってンじゃない?

オーグッシさん:17日ですね。潤くんの…

あっ、じゃあ、もう2人のドラマ始まってるじゃない。

オーグッシさん:そういうことですね。金、土、と。

初回が終わって?

オーグッシさん:はい。

なるほどね。
そっか、そっか、じゃあ、もう~4月ドラマも続々と始まってくわけですね。

オーグッシさん:そうです。

じゃあ、ホントいよいよ、あの、明日(あした)?の記憶?

オーグッシさん:はい。

明日(あす)の?

オーグッシさん:明日(あした)の記憶。はい。

もう、じゃあ、もう…

オーグッシさん:流れてます。

流れてンだ。そっか。
それが、5月の27日に。

オーグッシさん:そうでございます。

出ると。

オーグッシさん:はい。

Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~と一緒に出るということでございますね。
楽しみにしていただきたい、と、いう風に思います。
ということで、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週!
by arashic-ageha | 2009-04-20 01:32 | bay storm