嵐の5人を応援してます ★あげは


by arashic-ageha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

bay storm 2009.3.15.

あぶらっコ

はい、こんばんは。えー、嵐のカズナリ・ニノミヤです。
今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『もうすぐジャスフォー』さんからいただきました。
紹介しましょう。

「ラジオで『お豆ちゃん』の話がありましたよね。
 関東では『おまめ』、関西では『ごまめ』」

ゴマメだっけ?

オーグッシさん:はい。ごまめです。

「東北の福島では『あぶらっコ』と言うのですよ。」と。
「私は、末っ子だったので、よく姉に付いて行き、缶蹴りやかくれんぼで、
 あぶらッコになっていました。」と。
「ラジオで『お豆ちゃん』の話を聞いて、当時の事を懐かしく思い出しました。」だってさ。
(私の田舎では「お味噌ちゃん」だったなぁ~)

やっぱ、ほら、いろんな呼び方あるンだよっ。

オーグッシさん:ねっ。みたいっスねぇ~。

ねぇ~。なんでこんないっぱい……なんで、いっぱい、さぁ~、意味が同じなのに、言葉が違っちゃうンでしょうねぇ~。

オーグッシさん:まっ、いろいろ方言…ってヤツですよねっ。

共通語ってあるじゃん。

オーグッシさん:共通語?

お茶って、絶対お茶でしょう?

オーグッシさん:ほぉ~なるほど。

お水って絶対、お水でしょう?

オーグッシさん:はい、はい、はい。

なんで「お豆ちゃん」は、お豆ちゃんのトコ行けなかったンだろう。

オーグッシさん:うぅ~~ん。

もう、発祥してたのかな?
なんで、こう~違うクなっちゃうンだろうねぇ~。いつなンだろうねぇ~。
へぇ~~。でも、お豆ちゃんについての反響たくさんいただいたの?へぇ~~。

オーグッシさん:へぇ~~。

やっぱ、あるんだよっ、いっぱい色んなコトがねぇ~~。
まあ、このようにですね、まだまだ、僕がオープニングで叫ぶ一言をですね、皆さんから募集しておりますので、詳しいエピソード付きで送って来ていただきたいと思います。
それでは、カズナリ・ニノミヤのbay storm、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
ロッカトレンチで「マイシャンシャイン」

♪My SunShine/ROCK’A'TRENCH♪

お送りした曲は、ロッカトレンチさんの「My SunShine」でした。
さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm。
続いては、こちらのコーナーをお届けしましょう。

【神が来た!】

さあ、今週から本格的にスタートするっていう、この【神が来た】っていうこのコーナー。
思いがけないラッキー体験とかね、通常ではありえない不思議な出来事。
そういうのをねっ、ぜひとも皆さんに送って来ていただきたいということで。
じゃあ、ねっ、ペンネーム『まーぼん』さんからいただきました。

「ある朝、学校へ行く前にテレビを見ていたら忘れ物に気づき、2階に取りに行きました。
 そして家を出ようと、靴を履いた瞬間、また忘れ物に気づきました。
 部屋に戻ってみたら、コンポの電源が入っていたから、それを切ることも出来ました。」と。
「朝だけで3回も救われたので、神が来たと思った日でした。」だって。

ああ、なるほどねっ。こういうコトかっ。

オーグッシさん:うぅ~ん。

イマイチ、理解してない上で、進めてた、オレ一人で。

オーグッシさん:んっふふふ(笑)

なるほどねっ。なるほど。なるほど。
忘れモンとかするよね。
何でするンだろう?

オーグッシさん:ねえ。

こないだ鍵忘れちゃって。

オーグッシさん:家の鍵ですか?

うぅ~ん。
開かないからさっ、すぅ~、帰って来るのずっと待ってて。

オーグッシさん:っへっへ(笑)

3時間ぐらい、一人でいたでンすよ。喫茶店で。

オーグッシさん:ほぉ~~。

コーヒー4杯ぐらい飲んで。

オーグッシさん:はい。

だいぶ!・・・・コーヒーのニオイが、した、おしっこ出ました。その日。

オーグッシさん:うっわぁ~。

帰って、おしっこしたら。

オーグッシさん:あっ、二宮さんでも…

うん。

オーグッシさん:おしっこを…出るンすね。

まあ、そりゃそうだろうなっ。
神が来たよ。そン時は。
続いてこの人、ペンネーム『もみとん』さんからいただきました。

「今日、バイト先に神が降臨しました。
 私は書店でアルバイトをしているのですが、本日レジに入ってる時に、
 エッチな本を買って行ったおっちゃんに『釣りはいらねぇ~』と、100円もらいました。」と。
「ラッキィー!」と。
「エッチな本を裏っ返しで持って来たおっちゃんの為を思って、袋を入れるまで裏っ返しのまま、
 やり過ごしてあげたおかげかなぁ?粋だぜ、おっちゃん」と。へぇ~~。
「注、100円はちゃんと店長に、報告して預けて来ました。」

こういうのって、どうするンすかねぇ~。
やっぱ、もらっ…担当した人が貰うのかなぁ~。
お店なの?
でも、そうすっとさぁ~、その、その、日、計算とかも合わなくなって来るでしょう?
100円多くもらってる、みたいな。

オーグッシさん:そうですね。

ねえ。

オーグッシさん:この子に貰う権利が、ある。

ぐっふっふふ(笑)なんで知らないのに、喋り出したの、今。

オーグッシさん:んふふふ(笑)いやっ、いやっ。

ビックリするぐらいの、見切り発車して、今。

オーグッシさん:ああ~。

ああ知ってンだと思って、ね?
今の、テンションだとね。

オーグッシさん:はいはい。

すっげーハキハキ喋ってたからねっ。

オーグッシさん:はい。

あっ、別に、知らなかったンだ。

オーグッシさん:そうですね。

でも、オレ、この子に絶対あると思うンだよねっ。釣りはいらねぇ~ってパターン。
違うのかな?

オーグシさん:でも、おっしゃった通り、その~ねっ、仕入れと、売上の、諸々がたぶん、合わなくなってくるので。

合わなくなってくるよね。

オーグッシさん:はい。100円、これは、もう~この『もみとん』『もみとん』さん。

にぃ~。

オーグッシさん:はい。

入るよね、絶対、ねぇ~。

オーグッシさん:思います。

思うよね。
へぇ~~。
こういうことしたことあります?釣りはいらねぇ~って。

オーグッシさん:タクシーとかで…たまに、やりますね。

それ、どれぐらいの範囲っスか?

オーグッシさん:数十円とか。

じゃあ、1980(イチキュッパ)で、2000円出して釣りはいらねぇ~ってこと?

オーグッシさん:まっ、そんな感じですかね。

ああ~~なるほどね。
そう、これ難しいよね。釣りはいらねぇ~って。
どれぐらいが、釣り…まっ1円でもそうなンだろうけど。
すげぇ~難しいよね?
オレも、すげぇ~言いたいンだけど。

オーグッシさん:はい。

これっ、いくらぐらいで言うのが相場なのかな?って。
釣りはいらねぇ~の相場が知りたいよね。

オーグッシさん:ですねぇ~。

うん。
あれとかもそうじゃないっスか?
海外行って、チップとか置くじゃないですか?

オーグッシさん:はい。

ベットの上とかに。

オーグッシさん:ええ。

あの基準とかもわかンなくないですか?
たぶん、紙になったら、受け取るンでしょうけど。
小銭とか・・・

オーグッシさんん:国によって…なんか。

でもさぁ~、なんかさぁ~、札、たとえば、じゃあ、1ドル、1ドル札を置いとくじゃん。

オーグッシさん:はい。

それは、受け取る・・・じゃん。

オーグッシさん:はい。

でも、小銭で、5ドルぐらい置いといても、受け取ンないンすよね。絶対。

オーグッシさん:あっ、そうなンすか?

うん。
オレ、すげぇ~何回…、な、な…、いろんなパターン試したンだ、オレ。

オーグッシさん:へぇ~~~。

あまりにも、海外行ってやるコトなさすぎて。

オーグッシさん:はい。

でも、小銭は絶対、あの、ベットの脇の、ランプのトコに置いてあるンすよ。

オーグッシさん:あっ、枕の下に置いても?

あっ、枕の下に置くの?チップって。

オーグッシさん:はい。

へぇ~~。
なんで、そんな、なんで、隠しアイテム的な。
うれしいのかなぁ? 棚からボタ餅的なコト?

オーグッシさん:まあ、あの、コソっとあげる、ねっ、感じ…

へぇ~~。
で、レストランとかでも、渡すですよね?なんかね。

オーグッシさん:ああ~そうっすね。

あれなぁ~相場いくらなンだろうなぁ~~。




ペンネーム『マリオ+(ぷらす)ルイージ』さんからいただきました。

「私は、毎週、塾に自転車で通っているのですが、ライトの部分が壊れちゃって、
 付けようとすると、ガガッと変な音がしてました。
 親に相談してみたら、とりあえず乗りながら付けてみたら?と言われ、試してみたら、
 なんとガガッという音が、偶然に偶然を重なって、マリオのテーマソング、
 ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガガッ。と鳴ったンです。」と。
「家族で大爆笑でした。」と。
「この瞬間、私はマリオの神が付いてる、と思いました。」って。

オーグッシさん:んっふふふ。すごいですね。

ライト付ける時、ガガッって言う?

オーグッシさん:あの~~ダイなもの・・・

ガガッって言う?

オーグッシさん:ウィーン、みたいな感じですけど。すぅ~。こう・・・

そうなんだ。

オーグッシさん:あれじゃないですか?当たったり、離れたり。

当たったり、離れたり。

オーグッシさん:ガガッとこう~。

ぐふっ(笑)んっふふふふふ(笑)へぇ~~。
マリオのテーマソングかっ。ああ~~ありますなっ。
でもさ、マリオのテーマソングに聞こえるのがすごくない?
だって1音な訳でしょう?

オーグッシさん:はい。

♪タラッタ、タラッタ♪じゃ、ないってことでしょう?

オーグッシさんん:そうですね。

それでも聞こえるンだなぁ~。やっぱりね。
家族中大爆笑だったってコトは、家族で乗ってたのかな?
あれ、ジデンシャ(自転車)の漕いでる、感じで。

オーグッシさん:はい。

自家発電、みたいのしてるの?
ってこと?

オーグッシさん:このタイプは…

ライト?

オーグッシさん:そうですね。

昔もそう?

オーグッシさん:昔もそうです。

あの~、黒いさぁ~、なんか、踏むトコみたいの、付いてる、ヤツだよ、オレが言ってンのは。
あの~、乗って、足でカチンッって、下に下げるとぉ~。

オーグッシさん:そうです、そうです。

付くヤツも、あれ、自家発電的な屋ヤツ?
へぇ~~。
そうだよねっ、あれ、電池変えたコトねぇ~もんな、オレ、そういえば。
続いて、ペンネーム、『WINDOW TO WINDOW』さんからいただきましたよ。

「私の学校の最寄りの駅は、1時間に1本しか電車が来ません。」と。
「この前の放課後、友達と話していたら、乗ろうとしていた電車の時間をすっかり忘れてしまいました。
 電車が来るまで残り5分。学校から駅までは、歩いて約15分。
 全力で走れば間に合うと信じた私は、ものすごいスピードで走りましたが、
 結局10分近くかかってしまい、落ち込んでいたその時、ホームに電車が現れたのです。
 なんと、車両点検のため、電車が遅れていたのです。」と。
 思わずこの感動を、友達にメールしてしまいました。」と。

何歳?
17歳か。
すごくない?
オレ、全力で10分走りきれる自信がないわ。

オーグッシさん:ふふ(笑)っひっひっひ(笑)

どれぐらいだろう?

オーグッシさん:うぅ~~ん。

全力で10分走って。

オーグッシさん:全力ですよね?3キロぐらいですかね?これ。2,3キロ。

の、それ、全力の平均値って出てるわけ?

オーグッシさん:いやっ、あの~~。

今、3キロぐらいって。ポンっと出てきたけども。

オーグッシさん:いやっ、今ね、言われると思って、計算したンです。

うん。

オーグシさん:昔、1500メートル走ってのがあって。

ああ、あったよね。

オーグッシさん:あれがたぶん5分・・・5分ぐらい。

そんな早かった? オレ、7分ぐらいかかってたけど。

オーグッシさん:あっ、だいぶ、手ぇ~抜いてはる、感じですね。

うん。たぶんね。

オーグッシさん:はっはっは(笑)

運動会とかで走って。
ねえ?運動会とかで、1500メートル走とかあった?
ないでしょう?
オレ、誰に聞いてもないンだけど。
うちの学校あったンだよねっ。

オーグッシさん:ああ~ハードな、競技が・・・

うぅ~ん。
やっぱ、あれ、「ガンバレ、ガンバレ」って言うのは、トラック1周ぶん…1周分ぐらいがちょうどイイんだろうなっ。
7周ぐらい走ってたからさ、なんか、みんなトイレとか行っちゃってさぁ~。

オーグッシさん:ああ~。

んん、なんのための、うん、競争、んふっ(笑)なんだろう?みたいな。

オーグッシさん:短距離がね、普通、多いですけどもぉ~。

そうそう。
400メートルリレーとかさぁ~。
んふっ(笑)1500メートル、ふふふ(笑)誰も、応援してくンなかったもんなぁ~~。
未だにそれ覚えてますね、僕ね。
7分かかり過ぎかぁ~。

オーグッシさん:まっ、掛り過ぎ、というか、まっ、手ぇ~抜いて走ってる、感じですね。

ですよね。
でも、すごいよね、1時間に1本しか来ないのに、車両点検をしてたってのがすごくないですか?

オーグッシさん:うぅ~ん。

確かにそれは神が来たって感じだなっ。
まっ、まっ、まっ、ねっ、今日は、ここまでございますけど。
まだまだ、皆さん、【神が来た】って思った出来事、どんなコトでもオッケーですので、たくさん、えーーお待ちしております。それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
ドリームカムトゥルー「グッバイ・マイ・スククール・ディ」

♪GOOD BYE MY SCHOOL DAYS/Dreams Come True♪

お送りした曲は、Dreams Come Trueさんの「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」でした。

えーー、さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしておりますbay storm。
続いてはこちらのコーナー。

【裏嵐】

まず、この人。ペンネーム『花粉症でクシャミが止まらないよぉ~』さんからいただきました。
あれ?オークシさんといっしょじゃないですか?

オーグッシさん:あっ、そうですねぇ~。

花粉症でクシャミが止まンないってさっ。

オーグッシさん:はい。

ああ~~。
「この間、楽しみにしていた嵐のカレンダーが届きました。」と。
「ダイアリー式のカレンダーは、とってもほのぼのしてるなぁ~って思いました。
 次に、蜷川さんが撮影してるという壁掛け式は、
 嵐のみんながとってもセクシーでカッコ良かったです。
 蜷川さんんとは、どんな風に撮影したンですか?カレンダーの裏話をぜひ教えて下さい。」だって。

なんか、蜷川さんが、すごいぃ~、テンション高くて。

オーグッシさん:はい。

すげぇ~いっぱい撮ってるみたいな感じで。

オーグッシさん:へぇ~~。

オレは、入った時には、もう、1時間ぐらい押してたンですよ。

オーグッシさん:ああ、そうなんですか。

予定より。
1時間ぐらい多くかかってて。
やっとオレの番来たなって思ったら、に…20枚ぐらいで終わっちゃったンですよ。

オーグッシさん:20枚!?

20枚ぐらいでね、「もう、いいでぇ~す」みたいな。

オーグッシさんん:へぇ~~。

ちょっと、心なしか疲れてましたよ、蜷川さん。

オーグッシさん:ああ、そうなンですか?

うん。
相葉くんか、なんか、撮ってたンじゃないかな?
そう、なんか、蜷川さんっぽい、写真だって、みんな言いますね。
うぅ~ん。その「ぽさっ」が、あんまわかンないから。

オーグッシさん:なんスかねぇ~。こう~色の、感じだったりとかぁ~。

なンすかねぇ~。

オーグッシさん:ええ。

でも、オレ、そんな時に、あの~携帯の写真で、久々に蜷川幸雄、見たンすよ。

オーグッシさん:んふふふ(笑)はい。お父さん。

うん。
あの~、実花ちゃんの、子供を抱いてる蜷川幸雄見たンすよ。
あんな!いい笑顔するンだ、と思って、ちょっと、ビーーックリしました。

オーグッシさん:ああ~。

もう、おじいちゃんですねっ。やっぱり。

オーグッシさん:孫ですもんねっ。

他の子供も、持っても、あんな顔しない訳なのに。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

やっぱ、自分の孫を、持つと、やっぱ、自然と、も~おじいちゃんになっちゃうンすね。

オーグッシさん:ふぅ~~ん。

あんな、あんな笑うンだと思って。

オーグッシさん:へぇ~~。

僕、軽く、ショックを覚えましたよ。あン時。びっくりしたなぁ~。
続いてこの人。『曇りのち、嵐』さんからいただきました。

「いつもバナナを食べながら聞いています。」と。
「ところで、先日、大野くんがミュージックステーションに出ていましたが、
 ニノちゃん、初めて一人で出る大野くんに、メールや電話をしてあげましたか?
 また、オンエアーは見ましたか?気になるので教えて下さい。」だって。

なるほどなぁ~~。
あの1時間だけ忙しかったンだよなぁ~~。
そうだっ。ちょうどハードディスクもパンパンで。

オーグッシさん:はい。

録画してたンだけど、パンパンで録れませんでしたって。

オーグッシさん:なるほど。

言われちゃって。

オーグッシさん:ふぅ~ん。

ハードディスクの方から。

オーグッシさん:ハードディスクから、くっくっく(笑)はぁ~残念、ですねっ。

うん。
すいませんって、パンパンで録れませんでしたって。
すぅ~~~~、いやっ、最善の手は尽くしたンだけどねっ。
まったく、1ミリも、うん、むしろもう~1フレも見てないっすね。

オーグッシさん:なるほど。

この回。
どうだったンすか?

オーグッシさん:あの~~。

どんなコト喋ったンですか?
一人は違うンで。(他のスタッフが教えてくれたみたいです)

オーグッシさん:ああ、そうそう、そうですよ。

そんな感じなんだ。

オーグッシさん:嵐、5人の時と、1人とどうなの?みたいな、タモリさんの方からフリがあって。
      やっぱり、みんな、と居る方がイイ、みたいなコトを確か・・・言ってたような。

んっふっふふふふ(笑)
今から1人で歌うのに。んっふふふふ(笑)
今から歌おうって男が、やっぱみんなが一緒がイイ、つったンですか?

オーグッシさん:って言うような、形なコト、確か、言ってた、はい。

そっか、もう、そろそろ、ドラマも… もう終わった?

オーグッシさん:えっと、13が最終ですから、終わってますね。

終わったンだ。
終わるンだな、やっぱ、ドラマってのはなっ。
8回だもねっ。リーダーのはね。
見てる人はあっと言う間だったろうね。
続いてこの人、ペンネーム『嵐ラブ』さんからいただきました。

「コーセーさんのCMで」

すごいね、この人、コーセーさんって、ちゃんと「さん」付けるって。
業界向きだよっ。

「コーセーさんのCMで、嵐の『クレイジームーン~キミ・ハ・ムテキ~』が流れていますよね」と。
「テンポが良くて、気に入っています。
 しかし、サビが聞き取れなくて、覚えたいので、ぜひ、教えて下さい。」

ということで、オークシさん。

オーグッシさん:はい。

サビの方をですね、教えてあげてもらってもいいですか?

オーグッシさん:えっ!?

あの、歌って。

オーグッシさん:いやっ、いやっ、いやっ、いやっ。

あの、オークシさん、究極な話、オークスさんが覚えてる、今、今の段階で、覚えてる、フルを活用してもらって。

オーグッシさん:歌詞ですよ、ねっ。

歌詞です。
だっ(だから)今、フル。

オーグッシさん:はい。

覚えてる、ここまでわたしは覚えてるぞって言う、この、『嵐ラブ』さんとの、差を、見せつけてやりましょうよ。

オーグッシさん:汗が、だいぶ、出て来てますけどもぉ~。

『嵐ラブ』さんは、サビが聞き取れない、と。

オーグッシさん:はい。

でも…

オーグッシさん:サビですよね?

そう。ちょっと、歌って教えてあげて。

オーグッシさん:あの~~、じゃあ、いきますね。

はい。

オーグッシさん:♪きみはぁ~、チャラ・チャッチャッチャチャチャ、チャラ・チャチャチャ♪

そこ、たぶん、たぶんですけど。
そこ、ムテキじゃないっすか?

オーグッシさん:キィ・・・ムテキ・・・

そこ ♪ムゥ~テキ♪でしょう。

オーグッシさん:あっ、そうです、パンパン(手を叩いて)んふふふふ(笑)

君は~な訳ないでしょう。

オーグッシさん:しまった。

ええ、なんで・・・

オーグッシさん:ムテキ~♪チャラ・チャッチャッチャチャチャ、チャラ・チャチャチャ♪

歌詞カードなんていらないよっ!そんなの。

オーグッシさん:チャチャチャラチャ~♪

チャラチャチャチャじゃなくてさ、もうドラゴンボールみたいになってるから。ねえ。

オーグッシさん:もう、すいません、だいぶ汗が・・・

ねえ。

オーグッシさん:はい。

歌詞は?

オーグッシさん:歌詞は・・・

はい。歌って。ほらっ、歌って。

オーグッシさん:ムゥ~テキ~♪

うん。

オーグッシさん:キミ、ハ、ムテキさぁ~~、あっ、違います?

んふふふふふ(笑)

オーグッシさん:ごめんなさい、あの~、ちょっと、今、Believeの事で頭がいっぱいで。

ちがっ、ちがっ、この人は、もう、だって「キミ・ハ・ムテキ」が知りたいンだもん。
Believeは、もう、みんな知ってるわけだから。
歌詞カードなんて・・・あっ!じゃあ、オレにちょうだい。

オーグッシさん:いやっ、いやっ、いやっ、ちょっと、こん、な……

えっ!? 1番、この『嵐ラブさん』1番でいいね?
2番とかじゃなくて、1番でいいよね?
じゃあ、1番の歌詞。
じゃあ、今から、オークッシさんが、教えますので。

オーグッシさん:あの~、ちょっと、全く・・・全く・・・・ねぇ~

ぜひとも皆さん、聞いて。

オーグッシさん:あの~~

参考にしていただきたい。
オークスさん、もっかいお願いします。

オーグッシさん:出だしだけ、ちょっと。

ぐふっ(笑)じゃあ、出だしだけ言ったら、わかるンすかね?
わかるンすね?
チャラッチャも、なしッスよ。そしたら。

オーグッシさん:なんとか~そぉークレイジー・・・

ソークレイジーなんてどこにもないよっ。

オーグッシさん:あれ?違いましたっけ?

ソークレイジーなんて、どこにもないけどなっ。

オーグッシさん:いやっ、あの~~、はい。CMをね・・・

じゃあ、じゃあ、歌いましょっか。

オーグッシさん:あああ、じゃあ、ぜひ、ちょっと・・・

あの~、ムテキ、求めるキミは、手に届かない。
これが・・・

オーグッシさん:♪ムテキィ~求めるキミは、手に届かない~♪じゃなかったでしたっけ?

いやっ、だからぁ~、その、あの、さぁ~、んふっ(笑)
メロディーラインを教えてくれっつってンじゃないの、この子。
歌詞のぉ~、サビのぉ~。

オーグッシさん:あっ、サビっすね。

サビが聞きたいっつってンの。覚えたいからね。

オーグッシさん:あっ、えーっと、ムゥ~テェ~キ♪求めるキミは、手に届かない~チャラチャチャチャチャチャ~♪

だから、んふっ(笑)ドラゴンボールになってるから。
チャラチャッチャって。
チャチャッ、チャチャッ、いうとドラゴンボールになっちゃうから。

オーグッシさん:ちょっと、い、いっしょにぃ…二宮さん。

なんだ、結局、見せなきゃわけわかンないンだもん。

オーグッシさん:あっ!ああ~~すいません。

ヤになっちゃうよなっ。

オーグッシさん:えっと、あっ。わかりました。

じゃあ、お願いします。

オーグッシさん:はい、すいません。
      あの~、はい、(エコー付きで)♪ムテキ~求めるキミは手に届かない。
      すり抜けてく愛を あざわらう・・・、よう、に、2人は~太陽と月になるぅ~~♪
      こんな感じじゃなかったですか?

んっふふふふふ(笑)まっ、まっ、伝わる、そんな感じです。

オーグッシさん:いやぁ~~すいません。

じゃあ、来週は、後半のサビを歌いまっしょっか。
今、前半だけだったので。
太陽と月になるまで、だけだったンで、次から「焦る」から、来週、歌いましょっか。
だっ(だから)来週まで持っといた方がいいよっ。ねっ。

オーグッシさん:はい。

よしっ、じゃあ、オッケー。
まあね、個人的な質問だったり、嵐の質問をね、いっぱい送って来ていただきたいと、いう風に思います。
それでは、ここで1曲聞いていただきましょう。
嵐で「Beleive」

♪Beleive/嵐♪

お送りした曲は、嵐さんの「Beleive」。

さて、嵐のカズナリ・ニノミヤがお送りしてまいりましたbay storm、そろそろお別れの時間なのですが。
最後に今日の大賞は『嵐ラブ』さんにVol.1を。
そして、ペンネーム大賞は、『WINDOW TO WINDOW』さんに、えーーーとぉー、Vol.1。大事にしていただきたい。あげます。
えー、ということで、新しいコーナーへのメールもお待ちしております。
【お願い新コーナー】番組内でやってもらいたいことの企画を随時募集するコーナーでございます。
【神が来た!】今日もやりましたけど。日常で、神が来た、と思う瞬間を教えていただきたい。
えーー、パソコンの方は、www.bayfm.co.jp  からbay stormにアクセスして下さい。
携帯電話からは、BayFMの公式サイトにアクセスして、番組一覧からbay stormをクリックしていただいたいと、思うわけでございますけども。
なんか・・・?

オーグッシさん:はい。

お知らせがあれば。

オーグッシさん:はい。おかげさまでですね、皆様の嵐の「Believe」が・・・

ということでねっ、ヤッターマンが。

オーグッシさん:いやっ、いやっ。はい。ヤッターマン。

いよいよ、公開だということで。

オーグッシさん:はい。大好評、公開、はい。

ねっ。見どころドコですか?ヤッターマンの。

オーグッシさん:やはり、あの~、主演の櫻井翔さん。

うん。

オーグッシさん:大活躍・・・けんダマジックとかですね。

はい。

オーグッシさん:あと、ヤッターキングとかも、ヤッターワン、色々出て来ますから。

そうですね。

オーグッシさん:すごい、あの~~。

あぁ~んま言えないンだよねっ。
なんとなぁ~くねっ、見てからの方が、イイよねっ。

オーグッシさん:そうですね。

楽しいよね。

オーグッシさん:大人も子供も楽しめますからねっ。

あのねぇ~~、世界観が、やっぱイイですよねっ。
CGって、こんなにも進んでるンだなって言うのをねっ、ホント見せつけられますよ、あれは、まじで。

オーグッシさん:ですね。うぅ~~ん。

ね。
CGと、その、リアルなのが、全くわかンないですもんね。

オーグッシさん:うぅ~ん、わかンないです。

あの、トップシーンとかはリアルに作ってるンでしょう?

オーグッシさん:すげぇーリアルです。

オープンセットで作ってるわけでしょう?

オーグッシさん:渋谷・・・を想定したトコロなンですけども。

ねえぇ~、すごいよね。
それが公開されてる、と、言うことで、あとは?

オーグッシさん:あとは、おかげさまで「Believe」

だっ(だから)やっぱりね、ヤッターマンなわけなンですよ。

オーグッシさん:と、曇りのち・・・あれ?いやっ、いやっ。ヤッターマン・・・

やっぱ、あの、意外に。金髪、ちょっと長めだった。

オーグッシさん:1位、オリコンで1位・・・

知ってました?ヤッターマン1号って。

オーグッシさん:獲らせていただいて。

1号意外に髪の毛長いンだなって。

オーグッシさん:1号、そうですね。

えっとね、それもね、帽子かぶってない瞬間とか、は、ありますから、1号が。

オーグッシさん:あっ、そっか。

衣装、衣裳、なる瞬間に、一瞬だけね。

オーグッシさん:はい、はい、はい。なるほど。

なるンですよ。それ、ね、ぜひともね、見ていただきたい、ということでね、お相手は、嵐の二宮和也でした。また来週。
by arashic-ageha | 2009-03-16 01:39 | bay storm